スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デキソコナイ納豆の行方 

20140528193103d4a.jpg
201405281931336c7.jpg20140528193139cbd.jpg





栄養たっぷりで大好きな納豆。
毎日食べたいのですが近所では手に入らず
販売しているお店でまとめて買っては冷凍保存し、今までやってきました。
でも、主人も大好きなので二人で食べるとあっという間になくなります。。。




納豆は大豆食品の中でもすごく優秀です。
豆腐や豆乳は大豆の「一部」であるのに対し、納豆は「全体」です。
さらに納豆菌の発酵力&酵素力はとても強く、その納豆菌が
身体に吸収しにくい大豆の成分を細かく分解してくれる為
発酵していない大豆食品よりも納豆の方が消化吸収がよいのです。
体内では作れない必須アミノ酸も、ごはん+納豆の組み合わせにすることで
理想的な形でとることができます。
さすが「畑の肉」と呼ばれるだけある!!!



年末年始のグアテマラ帰省で義母に納豆作りを伝授してもらったので
(30年以上も現地で手作りしているのです)
そのメモと記憶を元に納豆作りにチャレンジ!
まずは大豆をキレイに洗って、たっぷりの水で12時間以上浸水させます。
圧力鍋に水を張って蒸し器を置き、さらしを敷いた上に大豆を乗せます。
圧が上がってから約60分蒸し、出来上がりが固い場合には
さらに水を足して再度圧をあげて二度蒸しします。
ちなみにグアテマラシティは高地なので、長時間火かけないと柔らかくなりません。
水、大豆、調理器具の状態で差が出るので、固さは都度確認します。



豆をきれいな容器に入れ、納豆菌をお湯で混ぜたものを全体にふりかけます。
湯たんぽや電気毛布などで保温しながら約12〜24時間発酵させます。
我が家はAGA(オーブン)があるので、そこの低温の場所で発酵させました。



成功したら作り方を詳しく書こうと思うのですが、
今回はいまいちな出来上がり。。。たぶん温度管理が適当でなかったのだと思います。
というのも、他にも料理を同時進行していて
オーブンの中から納豆を何度か出し入れしてしまったのです。
糸は引いているけどかなり弱く、豆も若干固い感じ。
義母の手作り納豆をずっと食べ続けて育った主人に味見をしてもらったら
「う〜ん、、、食べられないことはないけど、何かが足りない」とのこと。
そうだよね、そうだよね、粘りが全然足りないし、旨味も少ない。



初めて作るのに乾燥大豆500グラムも仕込んでしまったので
大量の出来損ない納豆ができてしまいました。。。
捨てるにはモッタイナイ、、、こういう時にはとりあえず小分けにして冷凍。
その間に対策を考えます。



先週末、ランチに天ぷらを揚げようと冷蔵庫&冷凍庫を見て材料を選んでいたら
この納豆が目につきました。
かき揚げにして、入れちゃおう〜!!!
ということで、タマネギ、人参、納豆、ひじきのかき揚げが完成♪
そうめんを茹でて、薬味の生姜やネギを用意して、かき揚げそうめんランチ。
この納豆そのままだと失敗作丸出しですが、かき揚げに入れると全く違和感なし!
ボリュームも出て美味しかった〜!!!主人も喜んで食べてくれました^^



この他にはチャーハンに入れたり、春巻きや餃子の具に入れたり、
玄米ご飯の残りと混ぜておやき風に焼いておやつにしたり、
・・・何かと工夫して消費してみましたが、かき揚げが一番美味しかったかな。



次回は失敗しないように、一つ一つの工程を丁寧に作ってみます〜!




スポンサーサイト

ビギナーレッスン全6回終了しました! 

20131126195358759.jpg201311261953530fb.jpg
20131126195455739.jpg201311261955581b8.jpg




すっかり更新が滞ってしまいました。。。
レッスンに加えて、ビザの更新手続き、立て続けのゲスト、
お味噌作り、フラットの修復などなど
毎日何かしらに追われてすでに師走の忙しさ!
ブログに訪れてくださった皆様、申し訳ありませんでした。



さて、先日ビギナーレッスン第6回の最終回が無事に終了しました!
ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!!!
今回作ったものは、

・玄米ベジ巻き寿司
 母や寿司職人の伯父に教わった太巻きの握り方を伝授。
 各所に散りばめられたちょっとしたコツを丁寧にこなすことで
 崩れずキレイな太巻きができます♪
 バジルが入ったお豆腐の加工品を具材にしました。

・キドニービーンズのフリホーレス
 フリホーレスはスペイン語でお豆のことですが、ペースト状に煮たお豆や
 お豆の煮込み料理のことも指します。
 お豆料理は作るのも食べるのも苦手な方が多いかもしれませんが、
 このフリホーレスは今の所万国人受けしています♪
 男性が喜んでお豆料理を食べてくれるのが嬉しいですね。
 
・スティーム野菜の味噌マスタード和え
 昨年仕込んだ我が家の玄米味噌を使いました。
 野菜は今が旬のロマネスコと紫タマネギで彩りよく。
 上の写真にもあるロマネスコはカリフラワーの仲間で味はカリフラワーとほぼ同じ。
 独特の形に私は気品さえ感じてしまい、
 見ているだけでうっとりしてしまう大好きなお野菜です♪
 スパイラル状に形作られた状態が見れて、自然の美しさも感じます。

・ソイチョコムース
 ココアとキャロブを使った「チョコ」味に仕上げました。
 キャロブはいなご豆の粉末、チョコに似た風味と色はありますが、
 カフェインゼロ。栄養価も全く違います。
 寒天とアロールートでふるふる&クリーミーに出来上がりました♪




一人一本ずつ巻き上げてくださった巻き寿司は、さすがお見事〜!
当たり前ですが外国人対象のレッスンとは違い、安心して見ていられます♪
私は海外に住んで外国人ゲストを家に招く機会が格段に増え、
日本にいる時よりお寿司(手まり、巻き、手巻き、握り、ちらし等)
を作る機会が多くなりました。
巻き寿司はおもてなしに使えるだけでなく、
残りものでも巻いて普段の食卓に、移動のお供に、
ピクニックに、と活かせるのも良い所!




今回のレクチャー内容は個人、季節、一日のバランスの取り方と
食材や調理方法の選び方、そしてマクロビオティック基本食の背景にある
法則や自然の摂理などをお話しました。
イギリスは日本と気候帯が若干違うので、基本食も少しだけ異なります。
でも、大切なのはルールに従うことではなく
法則を理解して自分の判断力を高めることだと思っています。




6回のレッスンを終えてほっとしております。
終わってみると、始める前の不安はどこへやら。レッスンを進めていくにつれ
受講者お一人お一人がご自身の体験を活発にシェアしてくださって、
疑問や質問を積極的に発言してくださって、
はたまた私がすっかり抜けているところを補ってくださって、
とても質のいいレッスンに仕上げてくださったのは
一重に受講者のみなさまのお陰、感謝感謝です〜♪
ロンドンにてこんなにも素敵な出会いに恵まれたことは本当にラッキーでした。



これまでに何度も教室の引っ越しを重ね、
その都度その場の環境と人々のニーズに合わせて学びを広げ、
テキストを作り直し、内容をより深いものにしてきたことが底力となって
以前よりもパワーアップしたものを提供できたかなと思っております。
これからも日々の努力と気付きを重ねて、より一層質の良いレッスンができるよう
頑張りたいと思います!!!



*次タームのビギナーレッスンは来年1月以降を予定しております。
具体的な日にちは未定ですが、決まり次第こちらのブログでご紹介させてください。
メールご希望の方にはアドレスに詳細を送らせて頂きます。






自家製ペスト作り 

download-789.jpgdownload-787_20130822193423415.jpg
download-788.jpgdownload-790.jpg





今年の夏は太陽の恵みが燦々と降り注ぎ、ミラクルな夏になったお陰で
ガーデンのバジルも大量に実ってくれました♪
夏の香りを保存するべく、セリーヌと一緒にペストを作りました。




私と違って必ずレシピ通りにお料理するセリーヌは、何を作るにも料理本をみながら。
30年以上使っている本はボロボロだけど
セリーヌのメモが書き込まれていたりして歴史を感じます。
今回は「イタリア料理の基本」と書かれた35年前の本を使いました。
それにしてもこうして使ってもらえる料理本は本当に幸せですね!




「計量するならこれを使いましょう」と言ってセリーヌが出してきたのは
天秤ばかり(写真上)!!!懐かしい〜!
私が幼少時に祖父母が畑で収穫してきたインゲンを量るのに使っていました。
今でもこれを使ってるの?ときいたら「そう、私はクラシックが好きなの」とのこと。
プラスティックなものに囲まれた現代で彼女の家がとても落ち着くのは
クラシックなものがたくさんあるからなんだな〜



さてさて、私が作ったペストの主な材料は以下の通り。
バジル      100g
オリーブオイル  大さじ8
松の実      35g
にんにく     2片
塩        適量
パルメザンチーズ 30g




パルメザンチーズを使った本格的なものですが、全てオーガニック食材!
私はセリーヌが作ったレシピよりも松の実を多めにしてチーズは半分以下にしました。
塩気の多いパルメザンもハーブと組み合わせることで消化しやすくなるかな。
乳製品ゼロで作りたい方はオリーブオイルや松の実、くるみ、アーモンドなどの
ナッツを多めに入れてコクを足すといいと思います。
シソで作っても美味しそう!(シソ、食べたい〜)




作り方はパルメザン以外の材料をミキサーで滑らかになるまでかくはん、
それをボールに移し、手で削ったチーズを加えます。
個人的には松の実はローストしない方がクリーミーなコクと香りが出て好きです。
塩の量はチーズの量や質にもよりますので味見をしながらきめてください。




この日の夜はみんなでガーデンサパー♪
パスタを茹でて出来立てペストを絡ませて。
サラダのグリーンは畑で取れたレタスやカブのつまみ菜を使いました。
(ルッコラの後にカブを育てています)
バジルの爽やかさ、エキストラバージンオイルの香り、
ナッツとチーズの濃厚さ、あー美味しい〜!!!
チーズは頻繁に食べないのでこういう時には美味しいチーズの味わいが身にしみます。
火を通さないシンプルなペストは素材の味が素直に出ます。
とれたて新鮮なバジルに厳選材料の組み合わせで、住人全員に大好評でした♪


download-792.jpg





ニューヨーク〜人〜 

写真 3(10)写真 5





ニューヨークでのフリータイムはほんのわずか。
自分がやりたかったあらゆる食と街のリサーチや買い物で
ほとんどの時間を費やしてしまったので、
ご挨拶したかった方々全員にご連絡することはできなかったのですが(涙)
忙しい中予定を合わせてくれた友達や主人の親戚に会うことができました!



上の写真はマクロビオティックを通してお友達になった
きみちゃんとキャロル。
アメリカのクシインスティテュートで一緒に学んだ仲間です。
きみちゃんはマクロビオティックを幅広く学んでいて、
カリフォルニア在住の頃はシェフとしてレストランの立ち上げもし
成功させた腕前の持ち主です。



今回ニューヨークで会ったきみちゃんはさらに飛躍していました!
日常の仕事に加えてプライベートレッスンの開催もしていて
さらに今は本を執筆中!!!すごいな〜
きみちゃんのお料理は色がとても上手に配置されていて
見た目の魅力がたっぷり、食欲そそられます♪
素材の使い方もセンスがあり、素材の新しい料理方法を試したい方にも
おススメです!
出版が決まったらイギリスでも販売してほしい^^



クラスメートの活躍がとても嬉しく&刺激になりました。
きみちゃん、予定が詰まっている中会いに来てくれてありがとう!!!
イギリスから応援しています〜♪





キャロルは先日結婚したばかりの新婚さんです♪
彼女は7年前に会った時よりスリムになっていて
幸せとエネルギーに溢れる彼女のその姿が
とても健康的に見えました。
 


その謎を聞いたところ、毎日のジムと食事。
「ヨガでもストレッチでもウォーキングでも呼吸法でも、
何かしらのエクササイズを毎日決まった時間にやることにしている。
彼も私も食べることが大好きだから、
マクロビオティックのバランスの取り方で
とにかく食事を楽しむことを大切にしてるの!」
と言った彼女を見て、大げさですがマザーテレサの言葉が浮かびました。
 



 「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
  言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
  行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
  習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
  性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」



7年の歳月は彼女の思考を形にし、はっきりと私の前に現れました。
頻繁に会っていると人の変化に気づくというよりも受け入れて
見慣れていくのかもしれないけど
彼女に会わなかった7年間に彼女がどうやって時間を過ごしてきたかが
そのまま現れているようでした。
よくも悪くもゆっくりと変化を遂げていく私たち人間は
どうせ変わるなら素直にいい思考を持って、
心身共にして行動していきたいなと思いました。



彼女が自宅に招待してくれました♪
作ってくれたのはローズマリーと美味しい塩のポップコーン、
Coho Salmonと呼ばれる天然銀ザケのフィッシュケーキ、
ルッコラとフェンネルのサラダ、
リンゴとラズベリーのノングルテンクランブル。
全てできる限りのオーガニック素材を使い、素材を生かして調理は最低限。
ご主人が作ってくれたポップコーンが美味しくて手が止まらず、
フィッシュケーキもサラダもたくさんおかわりをし、
クランブルは何としてでも食べたくて別腹を広げて収まりました。
幸せディナーで、大満足!!!キャロル、ありがとう♪
  
写真+2(1)_convert_20120912204036





下の写真は夫のいとこファミリーです。
彼のおばさまのご主人様がアメリカ人で、
いとこは台湾系アメリカ人と結婚し、今はマンハッタンに住んでいます。
普段はワシントンにお住まいのおばさま達が
偶然にも私たちと同じ時期に、娘に会いにニューヨークに来ているとのこと!
思いがけず大人数での嬉しい再会になりました♪
181丁目にあるSaggioというイタリアンでお食事、
地元の人で大にぎわいでした!フレッシュ素材を生かしたメニューが多く、
特にシーフードが美味しかったです♪

 写真 1(13)




モデルのカップルのようなYさんとSさんご夫婦にもお会いしました。
夫が以前在籍していた会社で一緒に働いていたYさんは
とても頭のきれるスマートさとチャーミングさを持ち合わせる魅力溢れる方。
ニューヨークでバリバリお仕事をこなす傍ら、
とあるきっかけでマクロビオティックに非常に関心を寄せていると
おっしゃっていたので、色々とお伝えしたいことがあったのですが
結局ガールズトークに花を咲かせてしまいました(笑)。
Yさんに連れていって頂いたモンドリアンホテル、
ゴージャスなインテリアがYさんにピッタリの、とても雰囲気のいいところでした〜
お料理は上品な量ですが、素材の組み合わせがおしゃれで大満足!
Yさん、夜中までお付き合いしてくださってありがとうございました♪
写真 2(9)写真 4(7)






主人の仕事に付き添って、Mさんにもお会いしました。
ニューヨークで長年広告関係のお仕事をしていらっしゃる方で
年々ご活躍の範囲が広くなり、
今は新しいオフィスへの引っ越しを計画中とのこと!
競争の厳しいニューヨークで信頼を得て確実に仕事をこなすのは
本当に大変なことだと思います。
こうして頑張っている日本の方に出会うと嬉しくなりますね!!!
ランチには、なんと「大戸屋」に連れていって頂きました♪
さすがニューヨーク、なんでもあるな〜
清潔で和風モダンな店内、海外であることを忘れてしまうような美味しい和食、
久々のとろろごはんやホッケが食べられて、幸せでした!

image.png写真 4(5)




お忙しい中、お会いしてくださったみなさま
本当にありがとうございました!!! 

 

 


 

妊娠前の準備:妊娠・出産のイメージ 

  IMG_9071.jpg
写真:甥っ子たち






ここのところ、街を歩いていると
妊婦さんや赤ちゃん連れがよく目に入ります。




 お腹が大きい人、
 ベビーカーを押している人、
 子供と手をつないで歩いている人、
  「赤ちゃんがいます」のキーホルダーを付けている人、



よく見かけるな~ もはや少子化ではないな~
って勝手に思っていたのですが、自分の中で


   「子供を授かること」


を意識し始めたようで、
目のフィルターが「子供」をひっかけるようになっているみたいです。
10年前「子供は産まない」って言っていた自分が懐かしいです。。。




夫に話しをしたら
 「授かったらそれはいつでも嬉しい!!
  でも、今は少しこのままでいたい気もする・・・」

と言われました。




子供を作る、時期を考えて計画的に、いまできたら困る・・・
という風に考えるのはあまり好きではありません。
なので、いつでも大歓迎なのです。




そうだ!
いつ赤ちゃんが宿っても良いように、
いつでも赤ちゃんが来てくれるように、
今から自分自身の準備をしよう!!!




妊娠・出産について少しずつ勉強していこうと思っています。
なんせ経験のないことなので、先輩方からの知恵を学ぼうと思っております。



たくさんの妊娠・出産の雑誌や本が出ていますが、
私は主に「自然」をキーワードにした文献を集めて読んでみました。




それから、今までに聞いた講演会の資料やメモを読み直してみました。
身近にいる出産を体験した人々、マクロビオティックの先輩方など
たくさんの人に話しを聞きました。



マクロの先輩の特に橋本ちあきさん、宮里未央さん、中島デコさんのお言葉は
とても心強く、自分が想像している妊娠・出産に近いものを感じています。

 妊娠も出産も日々の営みの一ページだということ、
 新しい生命の誕生は深い感動と大きな喜びだということ、
 


私はこうした先輩方、友人・知人、家族など、あらゆる方々の経験を伺うことにより、
それらは大きな学びを得ていると思います。




それから、読み聞きしているだけでは
かなり頭でっかちになっていることも客観視しなければなりませんね。




こういう話題は繊細でプライベートなのかもしれませんが、

 陣痛が長くて辛かった、
 陣痛促進剤を使ってやっと出産した、
 切られた傷が痛い、


という話もよく聞きます。




もちろん、大きな感動に包まれなかった訳ではないし、喜びも大きかったでしょう。
現にそういう経験をシェアーしてくれた友人達も姉も
子供たちと一緒にとっても楽しそうな生活を送っています。




そういえば、私の中では妊娠・出産は
「我慢、忍耐、激痛・・・」という言葉も当てはまっています。
小学生の頃に聞いた「出産は鼻からスイカ・・・」という話から始まって
自分が生まれる時の話、メディアからの情報などで
そのようなイメージが作られたのでしょう。




我慢、忍耐、激痛」から「日常、感動、喜び」の間には
何があるんだろう?




まだまだ何も分かっていませんが、
少しずつ、色々な意見を伺いつつ、考え、
勉強していきたいと思います。





*このカテゴリーは自分の記録で、少しずつ書いていこうと思っております。

  不妊・妊娠・出産のご相談などは大変申し訳ないのですがお受け出来かねます。
 どうぞご了承ください。
 アドバイス、ご意見、ご感想などはコメントにて受け付けておりますので、
 どうぞ宜しくお願いいたします!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。