マルメロシロップ 

20170118230540293.jpg201701182305552f8.jpg
20170118230612f04.jpg20170118230715842.jpg




週末、私と娘が風邪をひきました。



私は発熱だけで済み、一日で下がって回復!
あー、よかった。
娘は初日は熱に苦しみ、次の日は下痢をし、そのまた次の日は鼻水と咳、
という感じで、4日間どっぷりと体調不良でした。



娘は久々の風邪、とにかくゆっくり休ませました。
ナーサリーが始まって、かなり疲れや緊張があったのでしょう。。。
4日間ずーーっと「ママ、ママ」と言って、私のそばを離れませんでした。
いつもは「抱っこ」と言うはずなのに、「だっちゅ」と、
何故か言葉をうまく話せなかった時の言い方に戻っていました。
きっと24時間一緒にいた時のように甘えたいのかな〜と感じて
たくさんたくさん「だっちゅ」をしました。



娘は熱がある時にはとにかく寝るので、水分補給だけさせて寝かせました。
家にQuince(クインス、マルメロ、西洋かりん)があったので
急いで蜂蜜に入れてシロップを作り、それをお白湯で割って飲ませました。
クインスシロップは数日漬けておいた方がエキスは出ますが、
今回は急遽必要だったので薄切りで漬けてみました。
煮ても固いかりんとは違って、クインスは熟すと包丁で簡単に切れます。
効能は似ていて、クインスも咳止めや風邪予防にもいいのです。
種の部分にその効能が多くあるようで、
お手当茶としてクインスの種だけが販売されていたりもします。
(種を煎じて飲む、お好みではちみつなどを入れる)



クインス、普段は買わない果物です。
イギリスでも普通のスーパーでは見かけません。
今回のはたまたま数日前に遊びにきたトルコ人の友人が
手土産で持って来てくれたのです。
今思うとなんていいタイミングだったのだろう!!!
「トルコではジャムはもちろん、これとお肉を煮込んで食べたりするんだよ。
マキだったら色々とアレンジしてお料理してくれるかなと思って。」
と、トルコ食材店で仕入れてきてくれたのです。




娘が下痢をした日にはミネラルを補うべく、
クインスシロップ&お白湯に梅干しを足してみました。
身体の水分とミネラル補給にもなる、即席我が家のスポーツドリンク!
これがお気に入りだったようで、よく飲んでくれました。
そういえば、去年は大根やキンカンで蜂蜜シロップ作っていたな〜



りんごのすりおろしが食べたいと言うので、
りんごを切ったら中がほんのりピンク色❤️
主人が買ってきてくれたので、種類がわかりませんでしたが
春を感じて嬉しくなってしまいました♪
すりおろしてもピンク❤️、ひとつまみのお塩を入れて
少し火を通して葛でトロミをつけました。




りんごは普段のおやつから体調不良のお手当食材として
本当に重宝しています!!!
発熱やお腹をこわすことが多い子供には特に、
りんごの水分と整腸作用の効能は助かります。
甘くて食べやすいですしね。
必ず備えておきたい食材のひとつ、今回も助けてもらいました〜!




娘はすっかり元気になったので、
明日はナーサリーに送り出すつもりです。
またドラマがありそうですが、頑張れ〜!!!






新たなスタートの一週間! 

20170109045743973.jpg20170109045806f19.jpg
20170109050144686.jpg2017010904572254f.jpg





遅ればせながら、おけましておめでとうございます!



我が家は先週の一週間で色々なことがありました。
なんと娘が卒乳!!!
「おっぱいいらないの?」と聞くと、
「もういらないよ」とのこと。。。私が急に寂しくなり、何度も確認したのですが
「いらなーい」。
そしてお水を飲んで寝てしまいました。
卒乳の一週間前から遊び飲みのようになってはいたものの
あまりにもあっけない卒乳で、涙も出ませんでした。



しかもその日は大晦日。
一年最後の日に娘は自らおっぱいに幕を下ろしました。
その日以降おっぱいに触れもせず、執着なしで
その潔さ、切り替えの素早さに拍子抜けしています。




寝る前の母娘密着タイムは授乳だけでなく
一日の終わりに肌を触れ合って静かな時をすごす癒しの時間でした。
娘の爪を切ったり、耳掃除をしたり、髪の毛をとかしたり、
また近くで娘を見るからこそ気づいた肌の変化などもありました。
ありがたい事に全くトラブルもなく授乳させてくれた私の胸、
約2年の授乳ライフに感謝です!!!
幸せな時間だったな〜




私はというと、母乳=血液を吸い取られないので
いつも授乳後にあった疲労感が全くない!!!
大晦日は久々に12時以降まで夜更かしできて、
主人と一緒に新年の花火を見られました♪
徐々に母乳を生産しなくなったからか、胸もほとんど張らず。
今日になってほんの少し張りがあったので、数滴搾乳したら
それだけでおさまりました。その時の母乳をなめてみたのですが
甘みが薄くなって塩気が強い味でした。血液に近い感じ。
この後私の胸は放っておいていいのかな?調べてみます!



そして、今週から娘のナーサリーが始まりました!
午前中だけですが、毎日行くことになりました。
以前ブログで紹介したモンテッソーリの園です。
家から徒歩5分と近く、娘の友達も3人いるので心強い♪
木や天然素材で作られた教室、オーガニックのおやつ、
石けんやペーパーなども生態系への影響が少ないもの、
そして思いやりに溢れた先生達。
私も主人もここなら自分たちも通いたいと思ったナーサリーです。



初日、娘は主人と一緒に登園しました。
教室に入ってすぐに遊びを見つけて楽しんでいたようです。
主人は2時間ほど教室を出たり入ったりを繰り返し、
娘がお友達や先生と楽しんでいるのを確認して
帰宅しました。
初日は緊張してずっと主人のそばを離れないのだろうなと思っていたので、
主人が帰ってきてびっくり!
「すごく楽しそうで、笑顔だったよ〜」と聞いて
安心していいはずなのに、なぜか私の目に涙が溢れてしまいました。。。




卒乳して、ナーサリーにも通い始めて、
まるで全速力で娘が遠くに行ってしまったようで
心にぽっかり穴が空いた感じでした。




13時に主人と二人でお迎えに行きました。
外で待っているママ友達と談笑していたら、
大きな声で泣きながら先生に抱っこされた娘が出てきました。
「ランチの時までは全く大丈夫だったのよ〜。
食べ終わったら急に淋しくなったようで、泣き出しちゃったの。
でもね、本当にいい子に楽しんでいたの!」
と、先生も悔しそう。
私に飛び込んできた娘は怒っているようにも見えました。



笑顔で受け止めたものの、泣き止まない娘を抱っこしていたら
私にも涙が。。。
こんな状況になることは予想できていたものの、
やはりショックで涙が止まりませんでした。
付き添いを主人にお願いして正解。
私が一緒についていくと泣いてしまいそうと言ったら
主人がナーサリーへの付き添いをかって出てくれたのでした。




ママ友、先生、主人に励まされながら帰宅。
娘が落ち着いてきたので、なぜ泣いたのか話を聞いたら
「ママがね、お弁当の時ね」としきりに言っていました。
お弁当食べ終わった頃にお迎えに行くね!と伝えてあったので
食べ終わったらすぐ来ると思っていたようです。
(12時にランチが始まるので、食べ終わりは12時半前)
よく話を聞いて、自分なりに頑張っていたんだな〜
ナーサリー2日目は12時半にお迎えに行ったら笑顔で出てきてくれました。



ナーサリー3日目はパパのそばをずーっと離れず。
結局主人はずっと付き添っていました。
さて、明日の月曜日はどうなるでしょう!



5日は主人の誕生日でした。
特別なディナーもプレゼントもないけれど、
娘と一緒にカードを書きました。
そして彼にたくさんの感謝を送った一日でした。
九星気学が好きな主人、九紫火星の彼の2017年は
実りの一年になりそうです。
過去に種まきをしたものが実をつけ、結果が表れる時期。
仕事に対しても家族に対しても全力で走ってくれる主人、
今年の上昇気流の運気に乗って有意義な一年を送ってもらいたいです!
↓私と娘のキスマークをつけたカード♪
20170109050204430.jpg



今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!





今年もありがとうございました!!! 

20170101091812159.jpg
スイスとフランスの国境付近上空




日本からロンドンに戻って一ヶ月が過ぎました。
留守中に溜まっていた用事を済ませ、
1月から始まる娘のナーサリーの持ち物準備などをしていたら
あっという間に年末!!!
大晦日はロンドンの自宅で静かに過ごしています。




イギリスはEU離脱が決まり、アメリカはトランプ氏が当選し、
「激動の一年だったね」と、主人が言いました。
イギリスに住みながらアメリカの会社に勤務している主人には
何かしら影響が出そうですが、、、
それが悪いことではないことを祈るばかりです。




私にとってこの一年は、家族が大きく体調を崩すことなく
健康に過ごせたことが何よりも一番嬉しかったこと!
そして、辛かったことも。。。
ここ数年ずっと気になっていることがあり、徐々に問題は大きくなって
「真綿で首を絞められる」ような一年でした。
考えるだけで不安とストレスがたまり、
夫婦の仲が険悪になったこともありました。




負のエネルギーって強くてびっくり!
気力も頭脳も筋力も全てフル回転でネガティブなことに向かうので、
人相まで変わってほうれい線や眉間のシワが増えました(苦笑)。
そして大して動いてもない日でも、1日の終わりの疲労と言ったら!
気分も口角も視線も下がっているからか、姿勢も悪くなってしまいました。
姿勢の悪さは内臓も影響を受けているから、
身体の中も弱っているんだな〜と実感。




ある日、イタズラもしていない娘に当たってしまい、
娘の泣き声を聞きながらハッとしました。
このままではマズイ!!!
ネガティブな坂を転がり落ちている自分を起こして
ポジティブな自分を取り戻そうと心に誓いました。




そう決めた日から運動と砂糖断ち。
血流が滞っていると、気も滞る。
目覚めたら寝たままストレッチとピラティス、深く呼吸をしながら。
身体全体に酸素と良い気がまわって気持ちが良い〜♪
起きたら視線を上げ、お腹を引っ込めて、肩を落とし、
力は抜くけど気を出す。口角もあげる。
合気道の教えを思い出しながらやっています。




砂糖断ちは、市販のケーキなど。
悩む日々が続いた時には食後にガツンとしたスウィーツが食べたくて
夜に主人と一緒に楽しんでいました。
寝る前に固くなって心と身体をほぐしたくて。
楽しい範囲だけだったらよかったのですが、
砂糖は麻薬と同じで中毒になるのですよね〜。
そしてストレスとイライラは悩み事からだけではなく、
砂糖を摂取しすぎることで誘発されたりします。
私は一度大きな砂糖断ちをしているからか、
運動が増えてそれによりストレスを発散しやすくなったからか、
今回はあっさりと止められました。
たまにマクロスウィーツを作りますが、それで十分。



嬉しいことに、主人も砂糖断ちを宣言!
今のところ4ヶ月続いています!!!
疲れにくいし、急に眠くなることもないし、イライラも減ったし、全く風邪ひかないし、
と、主人も自分でびっくりしています。
主人の砂糖断ちのきっかけとなったのは、
私がマクロビオティックを学んだアメリカのKIで同じく勉強された
三宅裕之さんが開いたオンラインセミナーを受講したこと。
私が自分を取り戻したくてセミナーに参加、主人も一緒に受講しました。
三宅さんは教育学、心理学、大脳生理学などを専門に研究し、
個人のみならず法人向けのトレーニングやコーチングも
多数行っていらっしゃいます。そしてマクロビオティックの知識ももちろん豊富。
今回のセミナーは脳、心、身体、食、あらゆる面からのアプローチが
まさにマクロな考えで、とっても充実した内容でした!↓三宅さんのブログ。
http://ameblo.jp/synergyplus/




日本への一時帰国では、家族の愛に触れられて
張り詰めていた気持ちがほどけました。
帰ってくる場所を与えてくれて本当にありがたい。
ロンドンで私たちを待っていてくれている主人への感謝の気持ちも強まりました。




という訳で、ネガティブな気持ちは2016年において、
清々しい気持ちと共に2017年を迎えられそうです!




みなさま、新年もどうぞよろしくお願いいたします!!!







一時帰国しています! 

201610300015426ae.jpeg20161030001856ccb.jpeg
20161030002517b19.jpeg20161030001338760.jpeg
写真上;母校の校庭にて、実家の柿の木
写真下:近所の公園、母校にて甥っ子と



栃木の実家に来ています。



秋の日本は空が澄んでいて気持ちがいいですね〜
晴れている日が多くて太陽を感じられるのも嬉しい!!!
イギリスは10月末で夏時間が終わり、暗くなる時間も早まります。
暗く、寒い冬の始まり。



手頃な航空券が取れたので、急遽決めて飛んできました。
娘を抱っこして飛行機に乗れるのも最後です。
2歳間近になって、娘は自分の意思表示をたくさんするようになりました。
これ食べたい、自分でやる、ママはしないで、この服は着ない、、、
一つ一つの場面で色々と考えますが、
同時に自分が幼少の時にどのように育てられたかの記憶がよみがえります。




嬉しかった、有り難かった、こうして欲しかったのに、気持ちを汲んでくれたら、、、
懐かしい実家の景色を眺めながら幼少時の色々な気持ちを抱きしめています。
子育てをしていて、まさか自分の幼少期のことをこんなにも思い出すとは予想外でした。
イヤだったこともあれこれ思い出しましたが、
それも今の自分を作ってくれた一つの経験。
両親や周りの人たちが自分の為に尽くしてくれたことを一つ一つ反芻しては
ただただ感謝の気持ちが溢れてきています。
娘には彼女の心を満たすべく、自分のできることを尽くしてあげよう!




あと2週間、日本の秋を楽しみます♪



実りの時期 

201609090613171db.jpg20160909061336b62.jpg
20160909061406b47.jpg20160909061427d3f.jpg




夏のホリデーから人々が戻ってきて、ようやく学校も始まり
夏が終わったな〜という感じがしています。
、、、が、今日のイギリスは過去105年の観測史上最も暑い9月の日でした!!!
ロンドンも32度まで気温が上がったので、しまいそこねていたプールを出して
中庭で娘を遊ばせました♪

20160914062712c85.jpg



上の写真は立て続けに頂いた季節の恵み。
太陽をたくさん浴びて育った作物達が
実に栄養をたっぷり蓄える時期がきましたね!




プラムとりんごは上に住む大家さんの庭で採れたもの。
「あの子に収穫の体験をさせてあげなさい」と、
大家さんは娘にりんごのとり方を教えてくれました。
1歳10ヶ月の娘は自分で大好きなりんごをもぎとったのが相当嬉しかったのか、
その時の様子を片言ながら毎日のように話してくれます。
食べ物がどのように育って自分の手にやってくるのかを
見て触って肌で感じるのって、すごく大切なことだなと思っています。




写真下の小松菜とカブは畑をお持ちの生徒さんから頂いたもの、
大きなビクトリアプラムはケンブリッジの友人からの頂きもの。
それぞれ無農薬で大切に育ててくださったありがたい農作物です!




数年前にアロットメント(割り当ての家庭菜園)を借りて
いちご、ルッコラ、ネギなどを育てていたことがありますが、
長期留守にできず、毎日天候を気にして、水やりに虫対策だけでも
精一杯だったことを思い出しました。
結局2年しか続かず、、、妊娠と同時にやめてしまいました。
こんなに立派な農作物を頂くとその努力と自然の恵みにただただ頭が下がります。




実りの秋が始まりましたね!