スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本:チョコレートからヘロインまで 






毎日のニュースが「覚せい剤」やら「ドラッグ」やらで賑わっていますね。





うちの本棚に

 「チョコレートからヘロインまで」

 チョコレートからヘロインまで


というのがあるのを思い出して読んでみました。




主人の本なのですが、以前から読むように勧められていました。
私はドラッグなんて縁のない世界・・・って思っていたので
なかなか読む気にならなかったのです。
が、読んでみてけっこう面白かったです。





ドラッグのことがこれでもかと詳しく書かれているので、
各種の詳細が知りたい人にはお役立ちの本と思います。
情報は古いのですが、基本的なことは使える知識かと思います。




私が興味をそそられたのが

 「食べ物、薬物、毒物などには明確な区分はないこと

という記載。




都合よく「食べ物」は人に危険が及ばないととらえがちですが
砂糖、お茶、コーヒー、チョコ、酒、タバコ、スパイス、化学調味料・・・
などは、取り方によって中毒になったり依存性があったりしますよね。





ある人々が一般的だと思っている食べ物でも、
別の人々にとっては非常に刺激的だったり、ある理由から
禁止されているものもあります。




例えば・・・
 あるイスラム教宗派ではその昔、儀式でコーヒーを使うことを奨励。
 でもアルコールは禁止。

 かたやコーヒーがヨーロッパに入ってきた時、ローマ教会は
 「悪魔の薬物」として反対。
 でもワインは伝統的な神聖なものとして大切にされてきた。



というように。




ボリビアやペルーではコカの葉をお湯に入れてコカ茶を飲みます。
私が訪れた時も標高が高いところではコカ茶を飲んで
過ごしやすくしたものです。
コカインの原料であるコカの葉はもちろん日本に持ち込み禁止です。



イエメンでは「カート」と呼ばれる神経を興奮させる生の葉が好まれています。
でもサウジアラビアなどでは禁止されています。




人の欲求・必要はそれぞれですね。
ある部分で禁止し、ある部分で認めています。




ここで大切なのは、
薬物でも食べ物でも、「体に取り入れるもの」は
それらがどのようなものから作られ、
どんな成分が入っていて、どんな特徴をもっていて、
人が摂取するとどう作用するのかるかということを
知ることだと思いました。




筆者は

 「・・・これらの物質に関する公平な情報を提供することで、(中略)
  私達の目的は薬物が存在する世界で傷つくことなく暮らすことを
  学ぶ助けとなることである。」

と言っています。




もちろん、私はいわゆる「薬物やドラッグ」を手にしたこともないし、
決してやってはいけないと思っています。
でも、それらはあるのです。
なぜなくならなくて、なぜそれに魅了される人がいるのか。





そして中毒になるという視点では、身近な食べ物も関係してきます。
本の後ろの方にはチョコやコーヒー中毒者の経験談も載っています。





自分と関係なさそうなものをブラックボックスに入れてしまうのでなく、
ある程度の知識を持つことも有意義なものですね。





なんだか怪しいくらいにドラッグの知識が増えました。。。





スポンサーサイト

晴耕雨読 

  IMG_6448.jpg
写真:手作りの炭




今日の東京は雪ですね。



相変わらず栃木⇔東京の生活を続けています。



東京では主に仕事と家探し。
いくつか部屋を見ては、そこに住んでいる自分を想像しています。



   食器はここにしまって、テーブルはここ、カーテンの色は明るめがいいな♪
   駅までの距離と買い物をするお店の確認して・・・



今は引越しシーズンでたくさんの物件が出回っているようなので、
自分達が納得できるまで見まくろう!
と、毎回楽しく部屋探しをしています♪




細々と、自宅での教室が再開できるといいな~







栃木では、畑仕事や山仕事を覚えたくて
父母や小さい頃からお世話になっている隣のおじちゃまに
いろいろ教わっています。




上の写真の炭は、となりのおじちゃまが作ったものです。
「初めて作ったから」
と言って、ちょっと細かい炭を恥ずかしそうに見せてくれました。




節分の後にこの炭で七輪に火をおこし、
鍋でコトコトと鮭の魚の頭を煮ていました。
何を作っているのか、、、栃木の人だったらすぐにわかるかも!?




しもつかれという栃木の郷土料理です。
鮭、炒った大豆、酒粕、大根、人参、油揚げなどが主な材料で
あとは家々で変わってきます。

 IMG_6486.jpg



見た目はゴチャっとしているんですけど、、、
私にはあったか~い懐かし~い味で、ごはんがすすむんです♪





まだ寒いので山も畑も活発に仕事はしませんが
山では椎茸栽培やなめこ栽培を手伝い、
畑は今のうちに草を取って、耕しておきました。




おばあちゃんの畑なのですが、足がもたつくようになり
昨年秋から畑仕事はほったらかしになっているのです。




彼も農作業をしたいようで、
栃木にいる時は毎日畑仕事をして汗を流し
山道を散歩しています。




栃木に行くと毎日のように通っている温泉があるのですが、
どうやら、そこでみかける田舎のおじちゃん達が
強靭な肉体美を持っていることに興味をもったようです。




外食が多く、まだ旅をしているような生活をしているので
体がなまっているみたいです。。。




私の体もだいぶなまっているな~と思いますが、
寒い時期には冬眠しよう!とも思っています。
暦の上では春ですが、まだ寒い。




動物達が冬をしのぐように
私も必要以上に活動的にならず、
温めてくれる少しの食料で体を休めています。




せっかくの冬、堂々と「冬眠」の看板を掲げ
春に軽やかに行動できるように、エネルギーを蓄えるのもいいかな~





オフの寒い日や雨の日には家にこもって読書。
ジャンルがばらばらですが、少し紹介させてください。



 「グアテマラの弟」片桐はいり
   ・・・片桐はいりさんの文才にびっくり!面白かった~
      グアテマラの濃い水色の空をまた見たくなりました。

          
 「食堂かたつむり」小川糸
   ・・・大失恋した少女が食堂を開き、全身全霊をかけて料理を作る。
     それは「食」を超えて生活・生き方・夢にまで広がるもの。
     薄れかけていたものを思い出させてくれた大切な本です。

 
 「かもめ食堂」群ようこ
   ・・・映画の原作本。フィンランドで食堂を営む女性と、そこに集まってくる人々のお話。
     おにぎりが食べたくなる~


 「3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術」マーク富岡
   ・・・あらゆる交渉術が具体的に書かれています。
     アラブ人の場合、アメリカ人の場合、フランス人の場合など、
     それぞれの文化背景と特徴についても学べる。
     

 「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」勝間和代
   ・・・勝間和代の本を読んでいる、と友人に言ったら
     「カツマーだね」と言われました。いまや国際的にも有名な女性です。
     仕事・生活の中で活かせる「効率化」術がたくさん盛り込まれています。


 「道は開ける」デール・カーネギー
   ・・・誰もが抱えている悩み、解決の切り口がたくさんのっています。
      超有名な一冊。




上記3冊は短時間で読める本です。
冬眠中にぜひ^^




今から家探しです。
今日はどんな物件に出会えるかしら♪
雪の日でも心が晴れるような家が見つかるといいな~





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。