スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿 

20161117155305442.jpg



りんごの木があるおうちが多いイギリス。
イギリスだけでなくヨーロッパで広く親しまれているりんごの歴史は古く、
スイスでは4000年以上前のりんごの化石が見つかったとか。
白雪姫などの童話に登場したり、聖書の禁断の果実がりんごという説があったり、
ニュートンが万有引力の法則を説くきっかけになったのもりんご。
イギリス人にとってもりんごはとても身近な食べ物であり、
フルーツとして、おやつとして、スウィーツの材料に、
お肉料理の付け合わせに、など一年を通して食されています。




昨日、近所の方に大量の渋柿を頂きました。
干し柿にしようとむいている時に、
「イギリスにおけるりんごは、私の地元だと柿なのかな〜」と思いました。
私の地元では庭を持っているとが柿の木があるお宅が多いです。
柚子の木も結構あるかな。



そういえば、世界一周旅行をしている時に各地で食べ物市場によく行きましたが
柿を見つけることもありました。
その品名は「KAKI」と書かれていることが多かったのです。
柿は日本から世界へ広がったものなのだなと思った出来事でした。




柿は生の柿にはビタミンCが、干し柿にするとビタミンAが豊富。
「柿が赤くなると 医者が青くなる」との言い伝えが示すように
風邪予防や二日酔いなど身体にもいい効能があります。
ただ食べ過ぎると体を冷やしてしまうので注意。
大根と人参のなますに柿を入れると栄養もとれて
身体も冷やさないのでいい食べ方ですね。



最近姉が食べたもので美味しそうだなと思ったのは
冷やしたバターと干し柿を合わせたもの、
ワインに合って美味しかったようです!




実家のみんなは子供達も含めて柿が大好き!
今の季節は実家の庭になった甘柿を毎日食べています。
食べきれそうにない分は皮をむいて薄く切って干して保存。
頂いた渋柿は皮をむいて枝の部分にヒモをつけて干します。
枝がついていない渋柿は薄く切って干します。
渋柿は干すと甘柿を干したものよりも甘くなるようです。



今年は柿酢も仕込みたかったのですが
甘柿はそのまま食べて、渋柿は干し柿でなくなりそうなので
また頂いた時に。



イギリスに帰る前に柿を存分に楽しみます!
201611171555102fb.jpg








スポンサーサイト

よいお年をお迎えください! 

20151231143508247.jpg201512311435397b6.jpg
201512311533280b0.jpg201512311434445c8.jpg




日本に来ています〜♪



12月初めに来たのですが、時差調整が長引き
さらに風邪もひき、そうこうしてる間に年末!!!



御蔭さまで今年も健康で有意義な時間を過ごすことができました。
娘がきっかけでつながるご縁が多く、
その中でも食やライフスタイルで共通点が多い方々との出会いは
私の世界をさらに広げてくれました!
主人も仕事で新しい分野のプロジェクトを始めたのもあり
我が家にはフレッシュな風がふいているのを感じます♪



ただ、娘のお世話、家事、少しの仕事、自分の時間、家族の時間、
それぞれに対する時間とエネルギー配分が
上手にいかなかったかな〜。
事はスムーズに運ぶのですが、
身体に負担をかけて燃え尽きることが多かったように思います。。。
年齢のせいもありますが(悲)、しみじみ疲労を感じる一年でした。
ブログの更新もあまりできませんでした。
訪問してくださった皆様、申し訳ありません!!!



来年はまず日常の活動を通じて基本の体力を復活させなくっちゃ!
そしてなんでも自分でやろうとせず、身の程をわきまえた上で
日々の生活を充実させていけたらいいなと思います。
ブログの更新もがんばりたいです!




親戚宅でお餅つきをしました~♪
もち米は自家製で、それを薪のかまどで蒸し上げます。
そして50年以上使っているという臼と杵で餅つき!
勢いよく「ぺったん!」と杵を下ろすと
その音は山に響いてやまびことなります。
なんて豊かで気持ちのいい時間なんでしょう~!
手作りこんにゃくも頂きました。
出来立てはしょうがとネギで刺身こんにゃく。
あー、体にしみ渡るおいしさ。
命の洗濯です。

20151231143604520.jpg201512311434239dd.jpg




自宅では母と味噌作り!
8人家族+お店のお弁当でも使うので
出来上がりで20キロの量を仕込みました。
大きなお鍋でユラユラとゆであがる大豆。
そのままで食べても甘くてほっくり美味しい~♪
ロンドンでもお味噌を仕込むため、
今回もたくさんの麹を取り寄せました。
ロンドンでお味噌を仕込むのも6年目、
来年も美味しい味噌を作ろう!

20151231143644577.jpg





来年もみなさまにとって最高の一年になりますように♪
今夜は素敵な年越を!







日本での気付き 

20150609224209343.jpg
20150609224942066.jpg20150610061522459.jpg
野菜寿司、Fちゃんちでご馳走になったマクロランチ、AWキッチンの前菜ビュッフェ




日本へ行った時に感じたことや気付きを
記憶がフレッシュなうちに書き留めておこうと思います。



2年ぶりの日本、住んでいた時とは違った感覚で
気付いたことが色々とありました。
住んでいるとあらゆることが当たり前になり
改めて気にしなくなります。それはそれで良いのですが
「気付き」は脳を活性化し、「学び」につながり、
よりよい毎日へとつながると思うのです。



イギリスに来た当初、普段の生活の中で気づいたほんの些細なことを
メモに残しておきました。主に食べ物のことが多いのですが、
今となっては当たり前になってしまったこと。
そのメモを見返すと・・・
塩とオイルだけというシンプルな味付けが多い、
粉製品や硬水で入れたお茶が美味しい!、
お肉の色が違う、
野菜はクタクタになるまで火を通して食べることが多い、
などなど。
当時の私は小さなことにも感動したり考えさせられたりして
刺激を受けていたのが分かります。



今回の日本トリップで改めて気づいた嬉しいことの一つ、
旬の食材が豊富で美味しい〜!!!
実家は山の恵みがたくさん、たらの芽、ふきのとう、ふき、うど、タケノコ、、、
毎日誰かが採れたてを持ってきてくれました!
それをすぐに食すことの贅沢さ、あ〜今思い出しただけでもヨダレが。
この「直送感」、苦みがするくらいフレッシュな味、
さっきまで生きていたものを頂いている有り難さ、
今住んでるところではなかなか味わえません。



海の恵みも旬を感じました。
お刺身の豊富さと新鮮さは言うまでもなく
春採りワカメや春に美味しいカキなど、旬のものを頂けてなんともラッキー♪
心がウキウキしていた自分を思い出します。嬉しかったな〜。
日本にずっと住んでいたらこんなに感動しただろうか?!と思う程、
一口一口をありがたく噛みしめて頂きました。



そして食べ物のことでもう一つ気づいたこと、「食品添加物」の多さ。
化学調味料、着色料、保存料などなど、
外で食べ物を買う時にはこれらを避けるのはとても難しかったです。
添加物を使った食品のメリットは見た目がキレイなこと、保存がきくこと、
味がはっきりとすること、そしてお財布にも有り難い価格。
食品添加物が全て「悪」であるとは思っていませんが、
今の私はできる限り避けたいのです。




先日、日本を旅行したトルコ人の友人から
日本の感想をアレコレ聞いたのですが、その中に
「ラーメンの食べ歩きをしてすごく美味しかったのだけど、
やっぱり化学調味料使ってるんだよね?
どうしてあんなに食材が豊かで美味しい国なのに使うの?」
というのがありました。
利便性、コストカット、安定した味などの思いつく理由を説明したのですが、
私もこんなに美味しい食材がある日本で
添加物の恩恵の方が勝ってしまうのはもったいないな〜と思いました。




食べ物のこと以外にも少し。
娘を連れて東京を歩いてみて、バリアフリーにはとても助けられました!
ロンドンの地下鉄ではエレベーターやエスカレーターがないところもあり
あったとしても段差も多く、ベビーカーを押している時には
周りの人のヘルプにいつも助けてもらっているのですが、
それに比べたら東京の電車はとてもスムーズ♪
そしてどうしても階段でないと行けないところでは
少し年上の女性に2度ほど助けてもらいました。
お二人とも「私も同じような思いしたから」と言って、
快くべビーカーを持ち上げてくださいました。




娘を抱っこして電車に乗った時は、混雑しているにも関わらず
とっても静かで、娘の「あーあー」という声だけが響いていました(苦笑)。
公共の場所での静けさ、改めて気付きました!
乗ってから5分くらいして、優先席に座っていた20代の男性が慌てて立ち上がり
「気付かなくてスミマセン。。。」と、小さな声で言って
恥ずかしそうに席を譲って下さいました。
男性は気恥ずかしさが先に出てしまうのかな。
でもとても嬉しかったです!




今度はいつ行けるかな〜♪
その時の発見も今から楽しみです!!!




ロンドンへ戻りました 

image1(4).jpg201505041453134ac.jpg
201506051948203d6.jpg20150605020842a5d.jpg
写真上:実家にて、写真下:東京にて




一ヶ月も更新が滞ってしまいました(汗)!!!
日本から帰ってきて約二週間、
ようやくロンドン生活のペースが戻ってきました。
あ〜、日本がすでに懐かしい!



日本に着いた時には意外と楽に調整できた娘の時差、
それはきっと栃木の田舎での〜んびりしていたからでしょうか。
東京に出てからは打って変わって朝から夜までスケジュールがびっしり。
ロンドンに戻ってからも留守中にたまった用事が盛りだくさんで
最近まで時差を引きずってしまいました。



日本滞在はとても充実した日々でした〜!
今回の最大の目的は「人に会う」こと。
時間を目一杯使って大切な方々にお会いすることできました!
貴重なお時間を頂いて会って下さったみなさま、
本当にありがとうございました!!!
まだまだ会いたい人がた〜っくさんいらっしゃったのですが、
それは次回の帰国の楽しみにさせて頂きます♪



人とのつながりは財産だな〜と思うことしばしば。
東京ではホテルに滞在していたのですが
外食続きの私たちを気遣ってご自宅に招待してくださったり、
手作りのヘルシーなお食事をホテルまで持ってきてくださったり、
娘との移動が手間取るので部屋まで会いにきてくださったり、
友人達の心遣いに毎度感動しっぱなし。
大切な人の顔を見て、言葉を交わして、優しさをもらって、
人との触れ合いでは学ぶことはたくさん!
娘がこうして有り難い思いやりに触れながら、
人を思いやれる子に成長していってほしいなとしみじみ思いました。



バタバタしていてちょっと気に留めていない間に
娘はしっかり成長していたようです。生後6ヶ月を迎えました。
ロンドンに戻ってからはコロコロと寝返りをするようになり、
下の歯も見え始めました〜!!!
そろそろ離乳食を開始する時かな。
おっぱいでつながっていた一心同体感が薄らぐのかと思うと
少し淋しい気もしますが、やはり成長は嬉しいものです♪




ロンドンも6月に入り、夏らしくなってきました。
夏の勢いに乗ってブログ更新頑張ります!





日本 その3 

download-191.jpgdownload-214.jpg
download-241.jpgdownload-205.jpg







写真左上:里岡美津奈さんと。

 以前勤めていた会社の誇るべき先輩で、皇室の方々や
 各国のトップVIPのフライトを長年担当されてきた美津奈さんと
 久々にお会いすることができました!



 美津奈さんは一緒に仕事をした人なら誰もが認めるプロフェッショナル。
 いつも頭の先から指先まで気を配られていて、
 会う人全てに対しての気遣いが表れています。
 その上人をあっという間に引き寄せてしまうチャーミング且つ
 スマートな会話をされる方で、
 私はいつもその人間性とプロフェッショナルな姿勢に感心しっぱなしでした。
 


 この日はお忙しい中予定を合わせてくださって、
 贅沢にも美津奈さんと、もう一人の憧れの先輩Mさんの
 お2人にお会いすることができました。
 Mさんはまだまだ未熟な私に仕事のことはもちろん、
 社会での上手なコミュ二ケーションなどを辛抱強く指導してくださった方で
 大変お世話になった&大好きな先輩。
 会社を辞めてもこうして関係が続くことに感謝せずにはいられません。
 人は財産ですね。
 


 美津奈さんが2010年に退職されて、昨年の秋に本を出版されました。
 「『また会いたい!』と言われる女(ひと)の気配りのルール」
 日本に帰ってようやく手に入れ、あっという間に読みきりました!
 


 まさに美津奈さんがそばで話しているかのように書かれているので
 そのリズミカルで読みやすい文章がすんなり入ってきます。
 また、実際の例がたくさん書かれているので、
 自分の日常と照らし合わせてすぐに活用できるものが多いと思います。
 約24年のご経験をギュッと濃縮したこの本、
 接客業の方はもちろん、それ以外の方でも
 毎日の人とのコミュニケーションをより豊かに、より楽しくするために
 おススメの一冊です! 
 


 美津奈さん、Mさん、
 お忙しいところお目にかかれてとっても嬉しかったです!
 有意義な時間をありがとうございました♪







写真右上:短大の時の仲間と。

 学生時代、私は学校直属の寮に住んでいました。
 立地は最高、食事も全て手作りでよかったのですが、厳しい寮で有名でした。
 7時起床(授業がなくても)、お祈りをして賛美歌を歌ってから食事、
 担当区分の掃除、そして学校に行くという毎日。
 お風呂も食事の時間も決まってて、
 門限の夜9時に帰ってくると食事はなく、お風呂にも入れませんでした。
 


 二人部屋でテレビも携帯電話も禁止、
 そんな中で楽しかったのは規則ギリギリで(笑)寮生活を謳歌すること。
 電気が消えてしまってからでも懐中電灯片手に集まっておしゃべりしたり、
 門限ギリギリの時には助け合って門を開けておいたり、
 クーラーがきく部屋に忍び込んで寝たり(当時は自分の部屋にクーラーなし)、
 そんなことを共にした仲間は今も大切な友人です。
 きっと当時の寮長や先生方は全てご存知で、
 それでも見逃してくださったのかな〜



 卒業後はそれぞれの人生を歩み、
 住んでいるところもバラバラになってしまいましたが
 寝食を共にした仲間との再会はいつも嬉しいものです!
 企画してくれたS、ありがとう!!!
 
 




写真左下:美穂ちゃんの家族

 アメリカで一緒にマクロビオティックを学んだ美穂ちゃん、
 今は日本に住んでいて、今回の東京滞在でお泊りさせてもらいました。



 イギリスに住んでいた頃もよくお泊りに行かせてもらって
 美穂ちゃんの美味しい手作りご飯を堪能していたのですが、
 今回もお言葉に甘えてお世話になりました!
 優しいご主人も可愛い子供達もいつも温かく迎えてくれて本当に嬉しい限り。
 季節の素材をふんだんに生かした、体が温まる料理を
 たっぷりご馳走になりました!!!



 美穂ちゃんのお料理を見ているといつも学ぶところがあるのですが、
 今回改めて気付いたのは日々変わる子供達の体調と成長に合わせて
 フレキシブルに素材や料理方法を変えているところ。
 素材だけでなく調理器具、火の使い方や環境までも考慮に入れて
 それぞれのエネルギーを丁寧に見てささっと判断していくのが
 上手だなと思いました。



 例えば子供達に軽やかさが出るように、ごはんを五分づき米にしたりして
 一番よく食べる穀物を中心に調整していました。
 私も飲んでいた梅肉エキスも活用してて、
 幼稚園でウイルスが流行っていた時に子供達も飲んでいたらしく
 そのお陰か、ウイルスにもかからず元気に過ごせたと言っていました。  
 


 マクロビオティックを一緒に学んだ仲間で、
 今回の帰国でもう一人お会いできたのが
 蒲田と銀座でお教室をしているはりまや佳子さん。
 佳子さんは昨年秋に銀座にキレイ料理レストラン「G&V」をオープンし、
 お教室からだけでなくレストランからも体と心に良い食事を広めています!
 素敵な店内は五行陰陽に基づいたインテリアも散りばめられていて
 居心地のいい空間でした♪残念ながら定休日だったので
 お食事は頂けませんでしたが、次回はランチコースを楽しみたいです〜!
 昼間はレストラン、夜はお教室として運営しているようです。
 詳しくはhttp://g-veggie.com/gandv/こちらからアクセスしてご覧下さい。 


 アメリカでの出会いから約7年、
 同志が更に学びを続け、変化を遂げていくのを見て刺激をもらいました!
 
 

 
 


写真右下:4番目の甥っ子

 姉家族に4人目の男の子が誕生しました!
 家族が増えるのは嬉しいですね♪
 赤ちゃんの笑顔、ふにふにした柔らかい肌、無垢な目、癒されます〜
 


 最近は実家に帰る度に違和感を感じます。
 甥っ子達に「僕のうちに泊ってもいいよ」と言われたりすると
 私の家だったのがいつの間にか彼らの家になったんだなと
 ちょっと淋しさも感じます。
 


 でもこうして新しい家族を迎えて、形を変えながらも
 家が笑い声で満ちあふれているのはとっても嬉しいこと。
 私もこんな家、家族を作りたいな〜と改めて思いました。
 





ここに書ききれませんが、日本でお会いした方々、
みなさんのお陰で日本滞在がより豊かなものになりました♪
貴重な時間をありがとうございました!!!





 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。