スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のダブリン  

20140721185336a85.jpg201407211854072c0.jpg
201407211847237a9.jpg20140721185420ec1.jpg




先週ダブリンへ行ってきました。
前回は初春でしたが、今回は気持ちのいい爽やかな夏!
ロンドンがちょうど猛暑だった頃に脱出したのですが、
ダブリンは晴れやかでも暑くないので快適〜♪




今回は3泊できたので、前回行けなかったところを歩いてみました。

ーAvoca
20140721190559421.jpg2014072118541870a.jpg

AvocaはAvoca村で織られたウールブランドとしてスタートしてから
温かみがあってセンス溢れる衣類や雑貨、
そして食までデザインしているお店です。
お店の中はカラフルで、選び抜かれた商品は質もテイストも抜群!
いるだけでいい気持ちになるお店♪
食に関してはなるべくアイルランド原産のものを使用していて、
しかもオーガニックにもこだわっているのが嬉しい〜!!!



ーKilkenny
20140721190606646.jpg20140721185417e73.jpg

Kilkennyはアイリッシュブランドを取り扱うお店です。
お店の中はアイルランドの誇るべきブランドや商品が一杯!
アイルランドならではのものを探したい時には便利ですね〜
写真にあるのはユニクロともコラボした
アイルランド人のデザイナー:オーラ・カイリーのコーナー。
イギリスでも有名なデザイナーです。
その他にはウール製品、素朴な陶器類、リネン製品などなど
Made in Irelandがたくさん見つかります。



ーBlazing Salads
20140721184455870.jpg201407211844546d6.jpg
20140721184452ac6.jpg201407211844384fb.jpg

ヨーロッパでも北の方に位置するアイルランド、
地中海地方と比べると野菜の消費量はずっと少ないです。
デンマーク、ノルウェー、スウェーデンなどもそうですが、
レストランのメイン料理は動物性食品が多く
みずみずしいお野菜の付け合わせなどはあまり期待できません。



今回もホテルのレストランでシーフードチャウダーをオーダーしたら
濃厚なミルクたっぷりのスープにシーフードミックスがどっさり。
飾りのディル以外、野菜は全く入っていませんでした。
お味は美味しかったのですが、あまりに濃いのと
その濃厚さとバランスを取るものがないので二口くらいで十分。。。
野菜が恋しい!!!
ということで、野菜をたっぷり食べるべく「Blazing Salads」というお店に行きました。



ここはベジタリアンのお店。
もちろん添加物や化学調味料などは一切使っていません。
ビーガンのチョイスもありますし、それだけでなく
砂糖なし、イーストなし、グルテンなし、小麦なしなどのチョイスもあるのです。
しかも!サラダとホットフードの両方に使われている調味料は
味噌、しょうゆ、玄米酢、梅干し、練りゴマ、精白してない油など
伝統的なもので質がよく、マクロビオティックでおなじみなものばかり!!!
フレッシュ且つ手作りのパンもケーキもあります♪
あー、、、幸せ♡ ↓サラダバー、量り売りです。
2014072118444966d.jpg


私は色々な種類のたっぷりのサラダと、ラタトゥイユやお豆のシチューなどの
ホットフードを頂きました。
それに玄米のライスボールもつけて(写真)。
柔らかく炊かれた玄米の中に、小豆と野菜を醤油で味付けして煮たものが
入っています。そしてそれを揚げたもの。
生姜醤油を付け合わせで頂きました。
少し油っぽかったけど、玄米も小豆も恋しかったのでお腹に染み渡りました!
美味しかったな〜
滞在中、2度も行きポイントカードも作ってしまいました(笑)。
またダブリンに来たら寄りたい!!!




今回も主人は仕事で忙しかったので、一人で街を歩きました。
前回も感じましたが、ダブリンで出会う人は気さくで温かい人が多いな〜
少し冷たさを感じることが多いイギリス人と比べてしまうのですが(笑)
久々に人情を感じるような場面もあって
人との触れ合いが心地よいステイでした!





スポンサーサイト

ダブリンへショートトリップ 

20140129192006825.jpg201401291923201b7.jpg
201401291921393e7.jpg20140129192002a7f.jpg
ダブリン城、テンプルバー、オシャレなカフェ、
ブラックプディング(血のソーセージ)



アイルランドのダブリンへ行ってきました!
実質丸一日だけしか自由な時間がなかったので
アイルランドのほんの一部しか見られていませんが
ダブリンで見たもの食べたものを中心にレポートいたします〜♪




ロンドンから飛行機で約1時間、国内旅行かと思ってしまうのは
その近さだけでなく、聞こえる言葉も家々の風景も
見慣れたチェーンのスーパーもイギリスとほぼ同じだからでしょう。
でも、よく見ると道路標識に読めない文字が、、、
アイルランドにはアイルランド語の表記があります。
イギリスが植民地化した影響で今や英語を母語とする人が多いですが、
今でもアイルランド語はアイルランドの第一公用語となっています。



ちなみに私のアイルランド人の友達の名前は
アイルランド語の名前でCaoimheと言い、発音はキーヴァ。
アルファベットからは想像できない発音をします。
今日では英語の方が多く使われアイルランド語話者が激減してるそうです。
長年使われてきた民族の言葉でも使われなくなっては消えてしまう。。。
政府も公職の名称をアイルランド語で表記するなど、
あらゆる場面でアイルランド語を推奨し保護しているようです。



さて、アイルランドを代表する食品と言えば、、、
ギネス!!!黒ビールです。
空港からホテルへ向かう時のタクシー運転手さんが
ギネスについて色々教えてくれました。
約250年の歴史を持つこと、黒色と独特の香りは大麦を焦がすことで出る事、
今やアフリカでも人気のビールとなっていること、など。
「本場で飲むギネスはロンドンで飲むのとは味が全然違うから
絶対飲んでいって!」と強く勧められ、
到着したホテルのバーでさっそくお味見♪

20140129193825796.jpg



アルコールが全般的に苦手なので全部は飲めませんが、ギネスを注文した時に
泡がキレイに整うまでグラスを覗いている時間がなんとも好きです〜♪
確かに、新鮮さがあってシンプルで美味しい!
ゆっくり味わいながら飲みたいビールだな〜。
アイルランド産の大麦を使い、アイルランドの井戸水を混ぜ合わせ、
無駄なものは一切加えずに地元の空気をたっぷり吸ってできたビール、
それを本場で頂けばそりゃ美味しいはず!!!
これぞ旅の醍醐味です♪




ギネスの右横にちょこっと写っているパン、レストランに行くと
大体パンが出てきますが、ダブリンのレストランで食べたパンには
必ずソーダブレッドが入っていました。
ソーダブレッドとは、イーストでなく重層で膨らませたクイックブレッドです。
通常、普通のパンは強力粉を使いますが
ソーダブレッドには薄力粉を使っているようで、
グルテンが少なくて口当たりが軽いです。
なので、パンという感じもせず、軽いのにもそもそとした食感があり
私の「主食」とするには難しい感じかな〜。
やっぱり主食は大切!



アイルランドの主食といえば、ジャガイモも大切な役割を果たしています。
コロンブスがアメリカ大陸に上陸して以降、新大陸からヨーロッパに伝わった
様々な食品や嗜好品の中でも、ジャガイモとトマトはそれ以降の
ヨーロッパの食を変えた(救った)主要な食べ物だと思います!
イギリスと同様、アイルランドでも以前からジャガイモはよく食べられています。
19世紀半ば、アイルランドにジャガイモの疫病が流行って枯死してしまい
大規模な食糧難に陥った「ジャガイモ飢饉」がありました。
主食をジャガイモに頼っていた人が多かったので、
これにより多くの人が餓死し、人口の約20%が国外へ脱出したと言われています。
ちなみにアメリカへ移民した者の中にはケネディ大統領の先祖もいたのですよ〜。




さて、今回の旅で是非購入したかったもの、それは「海草」です。
スコットランドに行った時、波打ち際にたくさんある海草を見て
何かに利用していないのかなと思い地元の人に聞いたことろ
肥料として畑で使う以外にも海草を食べる文化があると聞きました。
「アイルランドでも海草を食べるよ」と言っていたのを覚えてて
行く事があったら是非アイルランドの海草を食べたいと思っていたのです〜!



自然食品店に行ったら海草発見!!!
下の写真はダルスと呼ばれる海草で、赤紫色をしている柔らかい海草です。
アメリカでもよく見かけました。
ダルス以外にも寒天の原料となるテングサも売っていました。

20140129191947caf.jpg




ダルスの調理の仕方がパッケージの後ろに書かれているのですが、
とてもアイリッシュ〜♪
ソーダブレッドの生地に細かく切ったダルスを混ぜ込み焼くというもの。
海草を食べたことない、もしくはビギナーという方には
細かく切ってソーダブレッドやお料理に混ぜ込んでしまう方法は良いアイデアかも。
でも、私はシンプルに海草そのものを味わいたいので
サラダやおすましに入れて使ってみようと思います!




食べる以外でもアイルランドにはデトックス効果のある海草風呂がある施設や、
海草パックなどもあるようで、
私の大好きな海草がこんなに活躍しているのが嬉しい!!!
次回は海草風呂にチャレンジしてみたいな〜♪




今回はダブリンの町並みをちょこっと歩いただけですが、
フレンドリーで優しい人々と、透明感のある新しい音楽と温かい伝統音楽に包まれて
とっても心地よい町歩きでした!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。