子供のアートイベント 

20170425194022a58.jpg20170425194052a24.jpg
201704251937337a9.jpg20170425193758b6f.jpg




イギリスの美術館・博物館の多くでは、週末になると
子供向けのアートイベントを開催しています。
(平日開催しているところもあり)
そしてさらに嬉しいことに無料イベントがたくさん!




今月前半は娘のナーサリーが休みということもあり、
立て続けに二つ参加しました。
上の二つの写真はナショナルギャラリーの「Magic carpet storytelling」(無料)。
魔法のカーペットが降り立った絵の前に座って、
その絵にまつわるお話を聞きます。
この日はジャン・シメオン・シャルダンの女教師と生徒を描いた作品でした。




集合場所から全員でその絵の前に移動するのですが、
「魔法のカーペットはどこに飛んで行ったかな〜?」と、先生が誘導し
子供たちと一緒に館内を歩きながら探します。
カーペットをみんなで広げて座り、先生がお話を始めます。
「この人は何を持ってる?」「何色の服かな?」
など、子供たちにたくさんの質問をしながら絵の説明。
その他にも
「ららら〜♪、こんな風に歌ってたのかもね。みんなで歌ってみよう!」と、
常に子供たちを参加させてくれます。




娘は初め恥ずかしがって私と主人から離れなかったのですが、
先生が名前を呼んでくれたのが嬉しかったようで少しずつ打ち解けていました。
大きい子供たちが黙ってお話を聞いたり、発言している様子を見たりすることも
いい刺激になったようです。
娘は絵画自体に興味がある様子ではないのですが、
自分の知っているもの(馬、犬、食べ物など)を見つけると嬉しいようで
立ち止まってみています。



ナショナルギャラリーのイベントは娘が赤ちゃんの頃に何度か参加しましたが
部屋に閉じこもって遊ばせるもので、物足りない感じでした。
マジックカーペットのイベントはなかなか予約が取れずだったのですが、
念願(私と主人の)叶ってようやく参加できました〜!
(事前にネットで予約)
次はマジックカーペットの音楽版に参加したいと思っています。





先週末はバービカンでのイベントに行ってきました!
バービカンでは戦後の日本住宅建築展を開催していて、
それに付随した子供たちのイベントがあったのです(無料)。
(The Japanese House Architecture and Life after 1945)
201704251943211c5.jpg




コンクリートジュエリーを作っているデザイナーの方が主催した
小さなコンクリートと木片で民家を作るワークショップや、
和紙を使って茶室を作るワークショップ、
そして影絵を作るワークショップもありました。
201704251939043fc.jpg



私たちは友人家族と共に影絵を作ってきました!
針金ハンガーを伸ばして、わら半紙を張り
そこに黒い紙を切り取ったモチーフを張りつけ、
裏に透明の色紙や柄のついた紙、シールなどを貼り付けていきます。
光にかざすとカラフルな色紙は透けて見え、黒いモチーフを際立たせてくれます。

20170425193848791.jpg201704251938184ac.jpg




身近なものを利用した影絵のアイデア、家でもできそう!!!
はさみを使ってチョキチョキ紙を切り取り
ノリやテープを使ってペタペタ貼り付ける作業は
娘も大好き!
大部分は主人が作りましたが、、、
娘も工作を楽しんでいました♪




話は変わりますが、、、
一緒に行ったのは以前私のマクロビオティッククラスに参加してくださった
イギリス人夫婦。今や二人のパパとママになっているのですが、
ご主人のサーシャが参加しているバンドが日本でCDデビューをするとのこと!!!
サーシャはFormationというバンドのキーボードを担当しています。
https://www.youtube.com/watch?v=BRadZghXBz8
5月には来日して東京でライブをするそうです♪
ロックだけど透明感があってカッコイイ音楽です、是非聞いてみてください〜!

20170425194243856.jpg


娘は2歳になりました 

20161119155128bbe.jpg20161119155205cab.jpg
2016111821194608e.jpg20161119155439d4b.jpg





「誕生日は家族で過ごせるね!」
主人にそう言ってロンドンを出た私と娘。
出発前にイギリスでビザ延長を申請したのですが、
弁護士さんの話では申請後10日で入国に必要なカードが届くはずでした。
申請はスムーズにいったのに、待てど暮らせど新しいカードが届かない。
そのカードがないと入国の時にややこしくなるのでどうしても必要!
けっきょくは申請後6週間かかって、ようやく手元に届きました。





という訳で、帰り便の予約を月末に変更し
私と娘はまだ日本におります。先日娘は2歳に。
国際線は2歳から小児運賃になるので、帰りは誕生日の前にしていたのですが
日系の航空会社の場合は出発時の年齢が反映されるので
誕生日をまたいで旅行をし、帰りが2歳になってしまっても
幼児運賃のままでオッケーのようです。
(今後変更あるかもなので適宜お調べくださいね)
航空会社で働いていたとは言え、10年以上も前のこと。
すっかり忘れてオリマス。



 
さて、娘は無事に2歳になりました!!!
ここまで生きていてくれて、毎日元気に笑っていてくれて、
貢献してくださった全ての方々に感謝感謝です。




娘は食べることが好きなので、基本的にはなんでもよく食べます。
マクロビオティックを実践していると動物性食品の有無についてよく聞かれるのですが、
犬歯が生えてからは魚、卵、ヨーグルト、ごくたまに鶏肉などを食べさせています。
環境も考えた上で、天然もの、オーガニックのものを選んでいます。
イギリスの気候風土では、量や質を考慮した上で
動物性食品を取り入れる方が心身の状態がいいので、我が家ではそうしています。




私が娘の食べ物で気をつけているのは、白砂糖や人工甘味料などの糖分、
添加物が多い加工品、清涼飲料水やジュースなど。
特に甘いものには注意しています。
子供は甘いものが大好き!
すぐにエネルギーになるからです。
糖が血糖値を上げて脳に栄養が行って活発になり
身体も元気になったかのような状態にさせてくれます。
でも強烈な糖分でいきなりグンと上げられた血糖値は下がるのも早い。
身体が疲れた状態になったり、落ち着きがなくなったり、集中力も切れてしまいます。
子供に限らず、大人も同じですよね〜。




それに甘いものって、あまり「噛まない」ものが多いですよね。
清涼飲料水やジュースなどは歯を使わずしてカロリーを摂れるので
「噛む」ものが億劫になってしまうこともあるかな〜。
噛むとあごの筋肉が鍛えられ、脳に行く血流も流れがよくなるので
脳の働きも活発に。
娘には私のように「噛まずに早食い」や「虫歯」の習慣をつけてほしくないので(汗)
自分の反省を踏まえて噛むことを奨励していきたいです




こぼさないで、触らないで、早くして、などなど
こうしてほしいと思うとそうならないことが多くなってきたこの頃。
家族に甘えられる今は、かーっとなったりイライラしたりも少ないのですが
やはり自分の願望を押し付けてしまうと叶わないことが多いです。
最近はできる限りの環境作りをしてから
(こぼしてもいいように、触られてイヤなものは置かない、時間に余裕を持つ)
彼女の観察を楽しむように心がけています。




私も母業2年経ちました。
正直言って、母業でこんなにも心身が疲労すると思っていませんでした。
妊娠前、3歳の男の子を持つ友人に
「3歳なら言葉も通じるし、自分でできることも多いし、
どうしてそんなに疲れているの?」
と言って怒られたことがありました。
今はその気持ちが痛いほどわかります。
身体だけでなく、心まで疲れてしまうことも。




まだまだ未熟な母ですが、
これからも彼女の成長も自分の成長も楽しんでいきたいです!
2歳、おめでとう〜!!!







幼稚園見学 

201609160537251a1.jpg20160916053856397.jpg
20160916052451fa8.jpg201609160537471b0.jpg




近所にはいくつかの保育園、幼稚園があります。
ここではまとめてナーサリーとしますね。
イギリスのナーサリー事情は日本のそれとは異なり、少し複雑。
私は実際に子を持つまではよく理解できていませんでした。




簡単に説明すると公立と私立があり、
3歳以下の公立ナーサリー(無料)は世帯ごとの収入によって
入れるかが決まります。(我が家は入れない)
一方私立は誰でも入ることができます。
でも人気の保育園は生まれた次の日に申し込みをしないと入れないほど。
友人は娘が生まれて2ヶ月目でナーサリーに申し込みに行ったら
「2ヶ月遅いわね」と言われたようです。
「でも、2ヶ月前の今日は私はまだ病院にいました」と、冗談めいて言ったら
「その時どうしてショファー(おかかえ運転手)を呼ばなかったの?」と、
冗談半分本気半分で返されたとか。




さてさて、我が子は今年の11月で2歳になります。
春を過ぎた頃から体調を崩すこともなく
毎日元気いっぱいに外遊びを楽しんでいて
お友達との触れ合いも楽しそう。
娘にもそろそろナーサリーの準備をしたいなと思い、
(我が家の近所でも人気のところは1年待ちなど)
近所にあるいくつかのナーサリーに見学に行ってみました。




写真上の2枚は森の中のナーサリー!
見学の申し込みをしたら
「春夏は外にいますので、ここの森に来てください」との指示。
森?あんなところにあったっけ?と、友人と一緒に半信半疑で行ったら
住宅街とテニスコートの間の小さな森の中から子供達の声が聞こえてきました。
森の中に入ると防水の服と長靴を履いた子供達が
水も泥も気にせず自由に走り回り植物や虫を触ったりしています。
先生同士はトランシーバーで連絡を取り合い、居場所をチェック。
唖然と口を開いてる私たちをよそに、
娘と友人の子は子供達に混ざりたくで仕方ないと言った様子。



「トイレはこのテントの中、荷物はこのシートの上。
ごはんはこの広場でみんなで食べます。
ここは本を読み聞かせする場所。
毎朝子供達が到着する前に森を巡回して、
危険なところにはオレンジ色の目印を置いて
近寄らないように指示しています。」
と、園長先生が説明してくれました。
友人の子供達が2人このナーサリーにいるのですが
見学に行った時にも二人共楽しそうに遊んでいました。




「あまりにも雨が激しい時や秋冬は室内とお庭のある本拠地へ移動する」
とのこと。
それ以外は基本的に外、森です。ワイルド!!!
山、畑、田んぼを走り回った自分の幼少期の記憶が頭に浮かんできました。
人間は自然の一部、全てがつながっていて全てが大事。
そんな感覚がこういう自然にふれる事で養われたらな〜。




写真下2枚はモンテッソーリのナーサリー。
ここも2人の友人の子供達が行ってるところで、
オススメだったので見学を申し込みました。
モンテッソーリの哲学は人に聞いたり、ネットで情報を得たりしていて
知ってはいたのですが、実際に教育の現場を見るのは初めて。
自然素材に溢れる室内は入った瞬間からいい気を感じました。




おなじ哲学でも園によってカラーは違うと思うのですが、
ここの園長先生はクリエイティブなこと、本物の触れさせる、
自然に触れさせることに力を入れている印象を受けました。
週に一度はプロのミュージシャンを呼んで音楽の時間があったり、
ここはお庭が狭いので、週に3日は自然溢れる林などに連れていってくれます。




この見学の時、娘はすぐに飛びついたものがあって
それは麦を粉にする手動の石臼製粉機でした。
自分で麦を機械に入れてハンドルを回すと粉が出てきます。
楽しくて、何度もやっていました。
園児達はこの粉でパンをこねて焼くのだそうです。
なんて楽しそうなんだ〜!!!



ここに通っている友人の子が「昨日はひよこが生まれたんだよ!」と
言っていたのですが、確かに、園内の隅にピヨピヨと鳴いてるひよこを発見!
卵からひよこが孵る様子をみんなで観察したのだそうです。



他にも見学したのですが、この二つのナーサリーが魅力的でした!
仲良しのマキシムと一緒に行けたらいいな〜♪









ナニー2回目 

20160701061652c09.jpg




先日のイギリスの国民投票で「EU離脱」支持が「残留」を上回り
この10日間でイギリスは激動しています。





今のところ我が家に直接影響はないですが
ロンドンは7割以上の有権者が「残留」を支持していたので
ショックが大きく、友人との会話もこの事が目立ちます。
ただ、状況を紐解いていくにつれ、地方、首都圏、EU、政治など
それぞれの問題点が見えてきて
今は少し冷静に現実を見られるようになりました。
とにかく今後の動向をしっかりと見て
私たちも近い将来のことを考え直したいと思っています。



さてさて!先週、またナニーさんに娘を1時間預けました。
前回の1回目は前夜眠りが浅いほど緊張していて
お迎えに行った後から様々なことを考えさせられました。
メールやメッセージ、そしてフェイスブックではたくさんのコメントを頂き
みなさんの経験談をシェアして頂き、本当にありがとうございました!




今回はナニーシェアではなく、一対一で
いつもの公園に連れていってもらいました。
前日から
「明日はダニエラと一緒に公園で遊ぶよ〜!
とっても楽しいよ。ダニエラは抱っこもしてくれるし、
お歌も歌ってくれるし、ブランコも一緒にやってくれる。
ママは一時間後に必ずお迎えに行くからね。」
と、ダニエラがとってもいい人で楽しい時間を作ってくれることを
言い聞かせし、私が迎えに行くことも伝えました。
娘は黙って聞いていました。表情も変えず何も言わずに黙っていました。




当日、「ママは一緒に公園に行けないから、ダニエラと行こうか♪」と
言い聞かせ。
毎日のように会うママ友でさえ抱っこされるとすぐに「ママ〜」と言うのに
ダニエラが抱っこしたら全く抵抗せず、何も言わず、少し緊張した笑顔を見せました。
玄関先で別れる時には泣き顔で「ママ!」と手を伸ばしていましたが、
公園を見たらすぐに泣きやんだ様子。
玄関からのぞいたら、ダニエラに抱っこされて何やら話しをしてる。
10分後、ダニエラからメッセージ。
「今日は全然泣かないし、大丈夫そう!」とのこと。ほっと一息。
送られてきた写真を見ても笑ってる!よかった〜!!!
↓玄関先で
20160701060640331.jpg




1時間後、娘を迎えに公園へ。1時間ってあっという間!
遠くから見える娘が楽しそうにダニエラと歩いていました。
私が見えると、キャキャキャ〜と声を上げながら走ってきました。
「ずっとご機嫌だったよ〜!」との報告。
娘も「ダニエヤ、ダニエヤ」と言って何か話したい様子。
2回目でこんなに慣れるなんて!!!
なじみの公園、そして一対一だからダニエラを独占できたのがよかったのかな。




ダニエラが「りんごとおにぎりを食べて、それからこのお菓子も食べた」
と、食べたものを説明してくれました。
なるほどね〜!
食いしん坊の娘なので、何か食べていたからご機嫌だったのもある!
「これはどうしてもっていう時の緊急用ね」と言って渡しておいた
オーガニックのスナック菓子(一度あげた時にぺろりと完食したもの)も食べさせて
もらったらしく、そういえば口の周りに人参パウダーがついていました^^;




とにかく、元気に楽しい時間を過ごしてくれて本当によかった〜!!!
娘が本当に楽しかったかどうかはわからないけど、
私の為に娘が協力してくれて、とっても助かりました。




育児をしていて、娘にどう接していいか迷いがあった時、
私は上の写真の本を読み返します。
もう何度も読んでいるのですが、
その時その時の状況に呼応する部分しか頭に入ってこないので
また読み直し。
語りかけられるように書かれているので読みやすく、
視野が狭くなって神経質になりがちな私をほっとさせてくれる言葉が多くて
いつも学ばせて頂いています。




たくさんのことが書かれていますが、軸にある教えの一つは
「子供は自分の欲求がいつもしっかり受けとめられ
十二分に愛され保護されることで、自分が生まれてきた世界への
基本的信頼感と、自分の存在に対する自信を獲得して成長していく。」
ということ。
この教えは私も主人も大切にしています。




この本は大好きな先輩からのプレゼント。
(Yさん、いつもYさんを思い出しながら読ませて頂いてます!)
前回の記事を読んで下さり、
ご自身の経験から温かいメッセージをくださいました。
「まず、子どもは、預ければやはり泣く(笑)。
そして泣くのは辛いけど、それは良い育児をしているという裏返し
でもあると思う、、、(中略)
子どものためではなく、子どもに頑張ってもらう、が、預ける時の
正しいというか、心構え。」
私の背中をぽんと押してくださったような気がして、
とても有り難いメッセージでした!



二人の息子を持つイスラエル人の友人からは
「劣悪な環境と最悪な人に預けるわけでないし、
マキが思っているほどこの子は辛くないと思う。
もしかしたらママと離れて、新しい世界を見られたら子供も喜ぶんじゃない。
ダニエラ、私を連れ出してくれててありがとう〜♪って言ってくるかもよ!」
と、言われて気持ちが楽になりました。



一つの山を越えた気分。
きっとこんな思いも娘が大きくなったら
ちっぽけなことだったな〜と思うのかもしれませんね。





最後に見た顔は笑顔だったけど 

201606202220286a7.jpg




今日、初めてベビーシッター(ナニー)さんに娘を預けてみました。




近くに住んでいるウジェニが約半年前に
「ナニーシェア(複数の家族の子どもをナニーさん一人にみてもらう)
をしよう!」と誘ってくれていたのですが
今日、ようやく一歩を踏み出しました。



娘は一歳7ヶ月、私の周りではこの月齢まで
ナニーに預けたことがないというのはまれです。
ロンドンではナニーを雇うのはごく普通のことで
たとえ時間が自由になる両親が近くに住んでいても
子守りの全てを自分やその家族だけでするわけでなく
ナニーというプロに依頼します。
ちなみに友人のほとんどは家のお掃除もプロに依頼しています。
時給は10ポンド前後が相場。



私は娘が2歳くらいになるまでは自分が側にいたかったし、
それにより私の仕事もセーブしなきゃいけないのは主人とも合意の上。
何しろ毎日をカラフルに彩ってくれる娘との時間はとても面白いもので
預けようとも離れたいとも思っていませんでした。



ですが、「何でも自分でやりたい」という「やる気」はあっても
身体の疲れには勝てず、、、疲労は溜まる一方。
主人は出張が多いので、それが重なると倒れ込むように寝る日も。
お料理も思うようにできないこともどうにかしたいな〜と思っていました。
両親学級の友人たちからは会う度に
「いつ預けるの?クリーナーも頼んでいないんでしょ?!
自分一人で抱えるのは危険!ちゃんと自分を管理しなくちゃ。
小さい頃にやらないと子どもがナニーに慣れてくれないから
大変だよ。」
と、言われ続けていました。



預かってくれるのはよく知ってるマキシムのおうち。
一週間前にはナニーのDさんと3時間ほど一緒に過ごし
慣れてもらう時間を設けました。
Dさんとは図書館や公園などで何度も会ってるし、
娘も彼女をみかけると手を振ったりしていました。



昨日の夜から「明日はマキシムのおうちに行くよ〜」と言い聞かせ。
今朝は「今日はマキシムとDさんと遊ぼうね〜♪」と。
マキシムのおうちに着き、娘に
「ママは2時間後に必ずお迎えに来るからね。
楽しく遊んでね!」と言って玄関を出ました。



ドキドキしながらも窓を見たら、
Dさんに抱っこされた娘が。
涙が出そうになっていたを顔を無理やり笑顔にして手を振ったら
娘も少し笑顔を見せて手を振っていました。



なーんだ、泣かないじゃんと拍子抜け。
そのまま振り返らずに帰宅しました。
最後に見た景色が目に焼き付いていました。
娘の顔が笑顔で私は救われていました。



30分後、Dさんからメッセージが。
「大声で泣いてる。たまに泣き止んで遊んだりおやつを食べるけど、
また思い出してママ、ママ、と言って泣いてる。
2時間の予定だけど、今日は初日だし1時間でお迎え来る?」



歩いて1分の距離で娘が泣いてる。
娘には見せなかった涙が一気に溢れてきてしまいました。
すぐにでもお迎えに行きたかったけど
1時間頑張ってもらうことにしました。



1時間後、窓を覗いたらやはりDさんに抱っこされていました。
ヒックヒックと肩を動かし、彼女の不機嫌な顔が見えました。
私が笑顔で手を振ると、思い切り手を伸ばして泣き出しました。
玄関からも泣き声が聞こえました。
Dさんが何やらスペイン語でなだめていました。
玄関を開けて倒れ込むように抱っこ。
泣き止んでいるけど、不安そうな息遣い。



マキシムは娘と遊びたいので、彼女の手を引っ張って
リビングへ行こうとしました。
娘はそれを振り払って泣いていました。
帰る時、マキシムは娘をぎゅーっと抱きしめてくれました。
201606202219114b3.jpg



「初日はこんなものだよ〜。大丈夫大丈夫。
でも次回はもっと大変ね。私の顔見ただけで泣きだすよ、きっと!」
と、Dさんは笑っていました。



家に帰って、娘が頑張ったことをたくさん褒めてあげたました。
そしてDさんとマキシムがとてもいい人で
娘と楽しく遊んでくれたことを説明してあげました。
「マーム(マキシムのこと)、ダニエヤ(ダニエラ)、ばいばい」
と、言っていました。
さっき別れたことを説明をしてるのか、
「もう会いたくない」という意味のバイバイなのかはわからないけど(笑)。




こうして親離れ子離れしていくのでしょうね〜。
辛いけど、頑張ります!!!