ウキウキ♪ワクワク♪ fermentation!! 

 IMG_6245.jpg IMG_6281.jpg

 IMG_6363.jpg IMG_6366.jpg

写真:左上ー甘酒、右上ーテンペ、左下ー発酵前の天然酵母パン、右下ー発酵後の天然酵母パン


日本が世界に誇れる食文化の一端を担っているのが、「発酵」の技術なのではないでしょうか。

味噌、しょうゆ、みりん、納豆、甘酒、塩辛、漬物、鮒寿司、などなど・・・
保存食の文化から発展していった発酵という方法。
いまや当たり前のようにネバネバした納豆や匂いのきつい漬物を食べてますが、初めに食べた人ってかなり勇気があった人なんだろうなと思います(笑)。

ともあれ、発酵というのは微生物の働きで食材に含まれるデンプンや糖分、タンパク質などを分解・合成し、新たな成分を作りあげてくれます。
この代謝活動が「発酵」で、これにより人間にとって有益な食べ物と変化したものが「発酵食品」です。

微生物の力によって、もとの食材にはない美味しさや、有効成分を加えて栄養価が高くなっているんですね。

生命力溢れた、素晴らしい発酵食品!!

マクロビオティックの食事を始めてから、手作りの美味しさを実感し、発酵食品も自分で作れるものはチャレンジしています!

発酵食品を作る時にいつも思うこと、「自然の時間の流れ」「生きている」ということ。

時間を追う毎にどんどん変化していく食材を見ると、「元気だよー 働いているよー」って話しかけているように感じます^^


写真の甘酒やテンペは時間がある際によく作っています。
パンはおかゆパンをたまに作ります(玄米の力だけで発酵させる)。

昨日、頂いた天然酵母の種があったので、今回は生種で初チャレンジ!

おかゆパンより時間も短く(4~5時間、おかゆパンは12~18時間くらい)、簡単&失敗しにくいと思いました♪

今は発酵に適した温度も一定に温かい時期ですので、早く発酵が進みます。
ドンドン膨らんでいく生地を見て、自然の力生きているものを頂く尊さを感じました。

出来上がりの写真は、焼き上がりにとっとと食べてしまい(笑)、残念ながらアリマセン。。。失礼しました。次回は必ず!!
根菜をゴロゴロ入れたカレーと一緒に頂きました。
噛めば噛むほど酵母の色んな味がして、甘い香りが漂い、とても味わい深いパンでした♪

本当に美味しかったー!

各々の作り方はまた時間のある時にアップします♪


発酵食品。
時間はかかりますが、簡単且つ手作りの方が断然オイシイ♪
(手間暇かかった分自画自賛が増します)

********************************************
Natural Flow
8月のレッスン受付中!(こちらをクリック!)
・テンペを作ろう!テンペを食べよう!!
・Late Summer Cooking~秋に向けての暮らし~
・Organic Beerとマクロブランチ
********************************************

夏のごはんアレコレ 

IMG_6336.jpg IMG_6333.jpg

IMG_6315.jpg IMG_6300.jpg

写真:左上ー全粒そうめん、右上ーとうもろこし、左下ームラサキ芋とかぼちゃのスープ、右下ーフルーツトマト


ジメジメした日々が終り、急に暑くなってきましたね。

本格的な夏が始まった感じです。



アメリカのKI(Kushi Institute)に行っていた時、普段はとても涼しい避暑地なはずなのに6月に30度を越す夏日が続いた時がありました。

ちょうどその頃、道夫先生がKIにいらしてました。

暖房はあるけどクーラーなんて一つもない施設の中で、扇風機を回したり、窓やドアを全開にして風通しをよくしたり、工夫をしながら過ごしていました。

そんなある日、道夫先生は私達の様子を見て、キッチンのクッカー達にこんなアドバイスをしていました。


  「みんな陽性になっている。良い陰性さを取り入れるためにもっと夏野菜を使って体の内側からクールダウンした方がいいね。」


それまでの食事は気温が上昇する前に組み立てられたメニューだったので、私たちは食べていくうちに重く感じたり、長く煮込んだ豆料理などは食べにくくて手を出したくないと感じていたのです。
ましてやクーラーもないところですから、熱いお味噌汁を一口飲むのも辛いこともありました。


でも!
道夫先生のアドバイスのお陰で、次の日のメニューから「トマト」「アボカド」「生野菜」など、今までビュッフェ台で見たことない食材(笑)が並びました♪
 *KIの食事は基本的に病気を患っている方でも安心して食べられるような中庸の食材を使用していて、刺激の強いスパイスや調味料などは使いません。


それらの多くはみんなが大好きな食材だったので、今までの食欲のなさがウソのように食べていました。


暑い夏、軽い全粒穀物や夏野菜を上手に取り入れて体の中からもクールダウンすれば冷房も最小限の使用ですみますよ。

 
 私の最近のおやつは、もっぱら「とうもろこし」です♪

********************************************
Natural Flow
8月のレッスン受付中!(こちらをクリック!)
・テンペを作ろう!テンペを食べよう!!
・Late Summer Cooking~秋に向けての暮らし~
・Organic Beerとマクロブランチ
********************************************

ビールを楽しみましょ♪ 

IMG_4148.jpg

写真:クリスマスパーティでの一コマ



今月、来月とNatural FlowでYUKARIさんのビールの会があります。

夏はビールが美味しい時期ですよね♪



私も恵比寿のアカデミーで

  「ビールを愉しむマクロビオティック♪」
  8月2日(木) 18:30~21:30

 5250円 詳しくはコチラをご覧ください。
  
というクラスを行います!
ワインのクラスに引き続き、アルコールのクラスに関してたくさんの方々からリクエストを頂きました。

マクロビオティックの食事を実践していて、「アルコールはNGよね・・・」と思ってしまう方もいらっしゃると思います。

もちろん、深刻な病気がある、何かの症状を改善したい、妊娠中、などの方にはおススメしません。

でも、適切な量・飲む頻度などを考慮して、お酒も楽しく味わって頂きたいと思っています♪

メニューは・・・・
 ・さしみこんにゃくのオードブル
 ・根菜のビールフリット
 ・お楽しみ春巻きスティック
 ・ごま風味の蕎麦サラダ

まずはさっぱり系でスタート♪
刺身こんにゃくはお刺身風にアレンジしてお出しします。
ビールを使ったフリットはサックサクの歯ごたえで、一押しメニュー!
春巻きスティックは揚げずにオーブン焼きします。中身は野菜も海草もたっぷり♪
胡麻もエゴマもたっぷりの栄養満点蕎麦サラダで穀物もしっかり摂りましょ^^
 もちろん、オーガニックビールもつきますよ~


まだ空席があるようですが、ご興味のある方はお早めにお申し込みください♪

********************************************
Natural Flow
8月のレッスン受付中!(こちらをクリック!)
・テンペを作ろう!テンペを食べよう!!
・Late Summer Cooking~秋に向けての暮らし~
・Organic Beerとマクロブランチ
********************************************



クシマクロビオティックアカデミィ  

IMG_6240.jpg

  IMG_6232.jpg IMG_6242.jpg

写真上:こんにゃくの味噌漬け、バラのように飾ってみました♪盛り付け楽しい~

 *こんにゃくを湯通して味噌としょう油を混ぜたものをこんにゃくにぬる。冷蔵庫で約2日間寝かせる。



今月は恵比寿のアカデミー講師が7回!と、今までになくハードスケジュール。

Natural Flowは定員8名の小さな教室です。
に対して、恵比寿のアカデミーは40人!!

先週は3日連続のクラスでした(上記写真は1日目と2日目)。
始めはちゃんとやり遂げられるか(笑)心配だったのですが、始まってみるとご参加の方々の素敵なパワーが後押ししてくれて、アシスタントの優しいフォローもあり、毎回いろんなエネルギーをもらいながら有意義に過ごすことができています♪


たくさんの出会いを通じて、

「マクロビオティックはオーダーメイド」

40人いたら40人のマクロビオティックができるんだなあ、と改めて実感しました。


********************************************
Natural Flow
8月のレッスン受付中!(こちらをクリック!)
・テンペを作ろう!テンペを食べよう!!
・Late Summer Cooking~秋に向けての暮らし~
・Organic Beerとマクロブランチ
********************************************


やってみま笑(しょう)! 

IMG_6279.jpg

写真:30秒で世界を変えちゃう新聞


最近、食に関するニュースが増えています。

牛肉偽装問題、中国からの輸入品食品問題、食肉・とうもろこし製品の値上がり、などなど。

はやりのニュースや特集で終るのでなく、ずっと報道されていますよね。
これからもドンドン出てきそうな勢いを感じます。

食に関しての問題が大きくなってきているのだろうと思いました。


そしてそれは「食」だけの問題ではありません。

この新聞に書かれている内容をご紹介しながら書き進めます。

  ・・・・・・・・

日本は飽食の国です。
「便利」「選択」という利点を得ている代わりに、たくさんの食べ物を捨てています。

その量は一日に500万人分、6000トンの食糧にも及ぶのだそうです。。。
食料不足の地域がある一方で、日本はこんなにも食べ物に溢れているです。

ハンバーガー一つ作るのに、穀物が1キロ、水が1トン必要です。
そしてたくさんのCO2を出して地球の反対側から運んでくるのです。
「肉」を育てるの為に、森林を伐採して牧場を作って貴重な緑を壊していきます。

何を食べるかよりも、それだけのエネルギーを使って作られた食べものが結局捨てることになっていることが大きな問題だと思います。


となると、この問題は「食」という枠を超えて、国を越えて、環境問題にもつながりますね。

上の写真の新聞に
「あとはコレさえやれば地球温暖化は止まっちゃうリスト」
というのが掲載されています。

簡単にできるものもあれば、これは無理かなと思うものもアリ・・・でも全部できないから全て放棄!ではなく、我慢やストレスなしのことから始めませんか♪

下記にご紹介します。

●買い物の時は「このままでいいです」と、レジ袋を断り風のように立ち去ろう♪
●毎日一個はゴミを拾って、そんな自分を褒めたたえよう♪
●お尻を拭くとき、トイレットペーパーはちょっぴり短く使おう♪
●宴会・パーティは、マイ箸、マイカップ、マイ皿でゴミゼロに挑戦しよう♪
●週に一度はテレビレスの日を作り、会話を楽しもう♪
●週に一度はマイカーレスの日を作り、公共の交通機関を使おう♪
●移動手段は歩いたり、自転車を使ったり、あいのりをしよう♪
●お風呂は愛する人と電気を消してろうそくの灯りで一緒に入ろう♪
●シャワーの時間を毎日1秒づつ減らすゲームをひそかにしよう♪
●買い物をする時、奥の賞味期限の新しいのを買わず手前から買おう♪
●鼻水や手拭にはティッシュよりハンカチーフを使おう♪
●スイッチ付きコンセントで待機電力をカットしまくろう♪
●窓やすだれや緑(植物)のカーテンをして部屋を涼しくしよう♪
●食べ残しをすると懐かしのもったいないおばけがでたらかなり怖いので完食しよう♪
●エレベータよりも階段登り好きになろう♪
●買い物のおつりは恥ずかしがる自分を愛おしく感じながら募金しよう♪
●冬は厚着をして暖房の温度を下げ、夏は部屋を「ここはサウナだ」と言い聞かせよう♪


私が心がけていることは
エコバック(食品・雑貨・洋服etc)、ゴミの分別とリサイクル、できるだけ「新しいもの」を買わない(thinking about consumptionの記事をご覧ください!)、電気は必要な灯りだけ考えて使う、水を汚さないような洗剤と石鹸を使う、手・足・頭を上手く活用する(運動にもなります♪)・・・などなど。

この新聞を読んで実践することが増えました。こんなアイデアもあるんだーっと、楽しく実行しています♪



上記のリストにはフフフっと笑ってしまいそうなものもありますね^^


でも、まだ笑えるだけマシだとも思います。
笑えなくなっちゃう時が迫っています。


ある人は
「しょうがない」を漢字で書くと「笑がない」
と言ったそうです。

笑いのない世界にしないためにも、今できることを始めましょう!
そしてそれを周りの人にも広めていきませんか。
「やってみま笑!」って笑顔で多くの人たちが動き出したらその影響力は世界を変えることにつながっていくはず。

笑顔でできること、負担にならないこと、小さなこと、そんなことの積み重ねで地球を守れるのです。


  今日から、今から、始めてみませんか♪

IMG_6280.jpg



********************************************
Natural Flow
8月のレッスン受付中!(こちらをクリック!)
・テンペを作ろう!テンペを食べよう!!
・Late Summer Cooking~秋に向けての暮らし~
・Organic Beerとマクロブランチ
********************************************





食を通して世界を知ろう!~Cuba~ 



写真:キューバの小さな町・トリニダーにて



ラテンアメリカのレッスン、恵比寿のメキシカンクラスも無事に終了しました。

いらしてくださった沢山の方々、本当にありがとうございました!

レッスンは終りましたが、前回のペルーに引き続き「食を通して世界を見る」という視点で、今回はCUBA編を書いてみようと思います。

building.jpg 20070511134010.jpg



       ・・・・・・・・・・・・・・・

ラテンアメリカに興味を持ち始めてから、キューバはずっと行きたいと思っていた国でした。
チェ・ゲバラが好き!というのも大きな理由です(笑)。

キューバ共和国(República de Cuba)・・・首都はハバナ(La Habana)。人口約110万人。面積は日本の本州の約半分。主な産業は「砂糖」「たばこ」「観光」など・・・。


夜の飛行機から見たキューバの第一印象は「真っ暗の大地」と一つ一つの明かりの「明るさ」でした。街灯はほとんどなく、建物の必要な明かりだけが灯されていました。

東京の夜がいかに明るいか(それは本当に必要な電気なのか?!)再認識しました。

空港にて。人々が自分の荷物がベルトに乗って回ってくるまで待つ風景は良く見ますが、キューバでは独特の雰囲気を感じました。

人々はところ構わずタバコや葉巻を吸っています。荷物を待っている間もスパスパ。

そしてすぐ近くの国であり、世界どこに行っても見かけるアメリカ人の姿は見渡す限り全く見られません(アメリカとキューバは正式な国交がありません)。

 今までとは一味違う旅になりそうと、期待と少しの不安を抱きつつ、初めての土地を少しずつ把握しようとしていました。

20070706134025.jpg

       ・・・・・・・・・・・・・・・



  さてさて、キューバの食事情!!
  あらゆる面から見ていこうと思います

キューバは砂糖きびの生産が主な産業です。
キューバと言って思い出すものが「ラム酒」などという方も多いかと思いますが、ラム酒の原料は砂糖きびです。

キューバ革命以前のキューバ経済はサトウキビの単一栽培が行われていて、国民総生産の約25%が砂糖の生産、総輸出額の80%も砂糖が占めていました。
当時、砂糖生産の60%以上がアメリカ資本に依存しいました。
砂糖は輸出量の3/4がアメリカに輸出されていたのです。
1902年にスペインから独立したと言っても、それは同時にアメリカによる支配が始まったと言うことができます。。。

革命以後、カストロ議長は農地改革と土地国有化を勧めて計画経済をしてきました。

あらゆる経済危機と国際情勢の変化によって、キューバは食料危機に陥ることもありました。

現在、農業分野においては砂糖生産依存から脱けだそうと、有機・無農薬農業(organoponicos)へ力を入れ始めたのです。
こういった農業政策や観光に力を入れ始めたことなどにより、キューバは長年の経済沈滞から少しずつ抜け出してきました。

有機農業の増大によって、最近では日本の生協などとの農産物取り引きも行なわれるようになっているそうです。

 キューバの経済状態が不安定→他国との輸出入がうまくいかない→農産物だけでなく、農薬や化学肥料も入ってこない→・・・

  だったらキューバは自給自足を目指そう!
  
  しかも農薬や化学肥料に頼らない・健康にも良い無農薬&有機栽培の農産物を作ろう!有機農業によって国民に安全安心なものを提供し、健康も自然も守れるのなら願ったり叶ったり♪



・・・という考えのようです。


素敵なシンプル発想だと思いませんか(笑)。


私はこういうラテンの明るい前向きな発想が大好きです。

キューバ人は素直に明るい!というのが私の印象です。

そしてすぐに怒ったりしないのです。
もちろん人によります。程度の大きさにもよります。

でも他の国の人と比べたりキレる人が多くなったといわれている日本人に比べると、すぐに怒ることなく、人との触れあいを楽しんでいるように見えます。

青い空に燦々と笑っている太陽、サルサのリズム、そして家族が笑っていたらそれだけでハッピー♪

20070714103758.jpg


そこにラムや葉巻があったら、もっともっとゴキゲン!

幸せと感じることに「モノ」は必要ないんだなという印象を強く受けました。
壁が壊れていたり窓がないような家はたくさんありますが、毎晩のように家族が集まって笑顔でサルサを踊っているのが通りから見えます。

 家族をとても大切にし、家族それぞれが大切にする人たちも大切な仲間。

ハバナでお世話になったセルヒヨのCASAを出てトリニダーに行く時、まだ宿が決まっておらず困っていたら
「トリニダーには叔父さんがいるからそこのCASAに泊まると良いよ」
と紹介してくれました。
トリニダーで迎えてくれたセルヒヨの叔父さん。でも彼の家はすでに先約がいたのです。なので叔父さんは自分の息子を連れてきてくれていて、息子さんの家に泊まれることになったのでした。

鮮やかな連携プレー。そしてその優しさに心が温かくなりました。

キューバ人の印象でもう一つ感じたのが、人なつっこいこと。

初めは裏があるのではとかなり注意していました。セルヒヨの家族もそうでしたが、やたらと構ってくれるのです。

道を歩いていても
「日本人?」
「どこか探しているの?」
「こんにちはー! ありがとー! さよならー!」(知っている日本語を並べる)
と、話かけてきます。

いつもの旅のパターンだと、“チップを狙っているかだまそうとしているか・・・そんなところでしょう。。。”と思ったので、あまり関わりを持たないようにしていました。

でも、道に迷った時に本当に親身になって助けてくれたり、宿のこと一つとっても温かいおもてなしをしてくれました。
「チップやモノ」といった見返りを期待してのことではなく、そこにはホスピタリティーを感じました。

senor.jpg

       ・・・・・・・・・・・・・・・


  次はキューバの家庭を見ていきましょう。
  
 スペイン語が話せる友人を頼りに、現地の人々に色々な話を聞いてみました。

現地ではホテルではなく、一般家庭に泊まりました。「CASA」と言う制度で、一般家庭がルームシェアのように部屋を貸してくれます。食事も希望によって作ってくれますし、空港への送り迎えをしてくれるところもあります。

値段はあってないようなもの・・・全て交渉次第(笑)。何泊するかにもよります。
ちなみに私は食事込みで泊まった際、「Veganだから肉も卵もミルクもいらないよ」と言ったら少し安くなりました♪

キューバは社会主義の国です。
配給制度があり、食料や生活必需品が支給されます。
人々は配給手帳を持って配給所に行き、米や豆、肉、卵、パン、塩などをもらうのです。
配給だけでは足りないので、人々は仕事をすることで得たお金でプラスアルファの食料を買っていました。

CASAの主人、陽気なセルヒヨに頼んで配給手帳を見せてもらいました。
食べ物一つ一つの項目には数や量が書いてあって、子供の数や年齢によってパンの数や肉の数も上下します。

配給のお米は白米です。玄米も販売されているようですが、高いそうです。

前述したように、経済援助が減ったせいで農薬などがキューバに入ってこないため無農薬野菜は当たり前なのですが、野菜をたくさん食べているかというとそうでもないのです。。。

問題は
 
 ・野菜を作っている農家があまり多くない
 ・「教育」が行き届いていない

と、言っていました。
農家より、需要が多くなって観光客も好きそうな豚・鳥などの畜産業を営むところが増え、野菜を作る農家が少ないのだそうです。

教育という点ではまだまだ改善が必要ですが、影響力のある国家元首・カストロ議長の発言や行動で少し思考が変わってきている人もいるのではと思いました。

というのも、カストロ議長は自身の健康を考えて長年吸っていた葉巻をやめました。また、

 「肉や脂肪分が多いものは健康を害する」

と演説で言ったとか言わないとか、、、病気になってからはベジタリアンのような食生活をしているそうです。

カストロ議長のチカラは非常に大きく、国民は彼の言動や動きに敏感です。

何十年も前に、彼の演説で

 「圧力鍋はとても便利。野菜の栄養を丸ごと取れる。短時間に調理が出来て光熱費の節約にもなる。」

と言って、圧力鍋を安い値段で国民に提供したそうです。

古いものは20世紀初めから使われているんです!!
20070706140148.jpg

↑親子3代で使っているもの。

圧力鍋は一般家庭にはほとんどある、とてもポピュラーなもの。
ごはん、豆、肉、・・・なんでも圧力鍋で調理するのです。
電気圧力鍋もありました。


 次は外食!

ハバナにはいくつかベジタリアンレストランがあります。
車で30分くらい郊外に行くと広大な敷地の国立公園の中にあるベジタリアンのガーデンレストランもあります。

ハバナにあるのビュッフェスタイルのベジタリアンレストランには、大豆たんぱくで作られたお肉もどきのお料理もありました!
約600円くらいで食べ放題です。
茄子に大豆たんぱくのミンチを詰めて焼いてあったり、豆とジャガイモでコロッケを作ったり、創意工夫が見られて予想以上のお料理に嬉しい驚きを感じました!!

あまりポピュラーではないようですが、観光客向けではなくキューバの人向けに作られた店だそうです。

店員さんに「Macrobiotics(スペイン語ではMacrobiotico)」のという言葉を知っているか聞いてみましたが、知らないとのこと。違うキューバ人にも聞いてみましたがやはり知らない・・・ベジタリアンやビーガンという言葉は知っていてもマクロはポピュラーではないようです。


 その他、食事全体を通して感じたこと・学んだこと
   ・辛いものはほとんどない(だからすぐに怒る人も少ないのかな~?!)
   ・化学調味料は高い
   ・ハバナ(首都)は外国からの物資や影響が強いので、油や調味料には化学的な要素が入っている
   ・米は中国からの寄付がある
   ・野菜の配給はない
   
       ・・・・・・・・・・・・・・・


キューバの歴史は他のカリブの島々がそうであったように、侵略や征服を長年経験しています。

植民地化された土地で人々がどのように立ち上がり、今を生きているかは様々ですが、キューバにも血が流れた歴史があるのです。

人々が手を取り合い、右往左往しながら築いてきたキューバという国。

不平等をなくし、人々の最低限の生活を保障するという社会主義が築かれた背景には、キューバの人が深いところで持っている明るさと人なつっこさとサービス精神などが関係しているのではないかと思いました。



 キューバ、もう一度行きたいです!!

20070706140334.jpg 20070706140157.jpg


 *革命家「チェ・ゲバラ」
  “マクロ”で“小さな”革命をおこしていきたいものです。

********************************************
Natural Flow
8月のレッスン受付中!(こちらをクリック!)
・テンペを作ろう!テンペを食べよう!!
・Late Summer Cooking~秋に向けての暮らし~
・Organic Beerとマクロブランチ
********************************************

佳子さんのレッスン♪ 

IMG_5761.jpg

写真:栃木のオーガニックカフェ「Jamu Lounge」にて


レッスンの告知が続きます。

蒲田にあるマクロのお教室「G-Veggie」の、7月1dayクラスをご紹介したいと思います!

今月のテーマはとっても興味深い「ダイエット」だそうです♪

詳細は下記をご覧ください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

7月のG-veggie 1Dayクラスのテーマは…
自分に合ったマクロビオティック生活で、健康マクロ美人に!

おいしく食べて効果的にウエイトダウンしたい方のための1Dayクラスを企画しました。

夏は新陳代謝が活発になるシーズン!
この季節にこれまで身体に溜め込んだ余分なものを、一気に落として心も身体もすっきりしてみませんか?


G-veggie 7月の1Dayクラス
「マクロビオティックでおいしくダイエット with マクロビオティック・ランチ」

やせて美しくなりたい!! これは女性の永久の願望です。
でもダイエットのしすぎで体調を崩してしまったり、リバウンドしてしまって、結局は目的を達せずに何度も失敗をした方が多いはず。

ダイエットで大切なことは、体重を落とすことだけを目的にせずに、体質を改善し健康になること。
そして、あなたにとってBest体重になるのが本物のダイエットです。

マクロビオティックでは肥満には二つのタイプがあると考えられています。
まず、あなたがどちらのタイプの肥満かを知り、その上でおいしく食べながら効果的に目標を達成していく方法を身につけてみませんか?

ランチタイムには、私、佳子ヴォスが一人ひとりのお顔を拝見させていただき、効率的にダイエットできるコツをアドバイスさせていただきます!!

自分に合ったマクロビオティック生活を実践して、
     もっともっと健康マクロ美人になりましょうね♪

   講 師:佳子ヴォス
   開催日:7月23日(月)11:00~14:00
   スケジュール:
    11:00~13:00 佳子ヴォスの講義
    13:00~14:00 マクロビオティック・ランチ

       

※お食事の最中に一人ずつお顔を拝見させていただき、効果的にダイエットするコツをアドバイスさせていただきます!!

 受講料:5,250円  / 定員:各クラス 22名

※受講をご希望の方はメールで、ご住所・氏名・電話番号と希望の講座の日程をお知らせくださいね♪
   macro@g-veggie.com
  
⇒お申込みいただいた場合、必ず翌日までにお返事をいたします。もし返信がない場合には、お手数ですがご一報いただけますようお願いいたします。

よろしくお願いします

Macrobiotic School G-veggie@東京・蒲田

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

主宰の佳子さんとはアメリカKIのクラスメートです。
とても仲良くさせて頂いて、共にマクロを広めるべく目標を持って前進している仲間なのです♪

みんなを笑顔にさせてしまうパワーを持っている佳子さんのクラス、私もおススメです^^

********************************************
Natural Flow
8月のレッスン受付中!(こちらをクリック!)
・テンペを作ろう!テンペを食べよう!!
・Late Summer Cooking~秋に向けての暮らし~
・Organic Beerとマクロブランチ
********************************************

8月のレッスン♪ 

IMG_5807.jpg

写真:玄米ロール♪

いつのまにやら7月も中旬にっ 
更新が滞っておりました。。。

 
 梅雨が明けたら、夏本番ですね!

 Natural Flowより8月のレッスンをお知らせします♪

******************************************************************
◆◆◆テンペを作ろう!テンペを食べよう!◆◆◆ 講師:小堀真紀子

 Think GLOBAL! Eat LOCAL!!
7月と同様のレッスンです。多数のリクエストありがとうございます!
テンペは豆でからできるインドネシアの発酵食品です。大豆を煮てテンペを作る工程をお見せしていきます。簡単な実習では手作りテンペを調理し、みんなで食べましょう♪ご自宅でも作れるように、テンペ菌のお土産付き!ホックリ美味しいテンペを楽しみましょう♪

【日程】
  8月19日(日)12:00-14:30→満席です。キャンセル待ちで受付中!
  8月22日(水)12:00-14:30→満席です。キャンセル待ちで受付中!
  8月22日(水)19:00-21:30→満席です。キャンセル待ちで受付中!

【内容】
  ・大豆を煮てテンペを仕込む(デモンストレーション)
  ・テンペについての話(栄養、特徴、バリエーションなど)
  ・実習menu
   ◇素揚げテンペのおろし添え
   ◇きのことテンペの照り焼きゴハン
   ◇テンペとナッツのクランチサラダ
  ・テンペ菌のお持ち帰り♪

【受講料】 4,500円(テキスト代、税込み)

******************************************************************
◆◆◆Late Summer Lifestyle~秋に向けての暮らし~◆◆◆ 
講師:小堀真紀子

 刺激的な夏を過ごした後は、秋に向けての体作りです。
対応している臓器、出やすい症状、それに合った食べ物、調理方法などをご紹介していきます。マクロビオティックの食事と体作りで夏から秋へ、上手にシフトしていきましょう。
お料理は基本食をひとひねり。こちらでご用意したものを召し上がって頂きます。レシピもお持ち帰りください♪

【日程】 8月26日(日) 12:00-14:30→まもなく定員です        
     8月28日(火) 12:00-14:30
      8月28日(火) 19:00-21:30 →満席です。キャンセル待ちで受付中!

【内容】
   ・レクチャー・・・「夏の終わりから秋に向けての暮らし」について
            弱りやすい臓器と出やすい症状
            取り入れたい食べ物や調理の仕方など
            
   ・Menu: ◇カボチャとあらめのグリルコロッケ
         ◇甘い野菜のラタトゥユ仕立て
         ◇ひよこ豆とコーン入りごはん
         ◇さつまいもの簡単スウィーツ

   ・試食、Q&A

【受講料】 5,000円(材料費、テキスト代、税込み)

  IMG_5820.jpg

*写真は実際のmenuとは異なります。
 
******************************************************************
◆◆◆Organic Beerとマクロビオティック・ブランチ♪ 英語バージョン!◆◆◆
講師:YUKARI

 7月と同様の内容で開催します。
今回はご好評頂いております【英語でマクロ】バージョンです!!YUKARIさんの分かりやすく丁寧な英語で、マクロもビールも満喫してください♪

【開催日】 8月4日(土) 12:30-15:00→満席です。キャンセル待ちで受付中!

【内容】
  ☆ 夏の食事の仕方&お酒の飲み方の講義
  ☆ 調理自習: 
        ・夏野菜の春巻き
        ・野菜たっぷり玄米ビーフンヌードルのピーナッツソース風味
        ・ごぼうのポタージュスープ
        ・ひよこ豆のディップ (フムス)
        ・ココアパウンドケーキ
        ・オーガニックビール付き!

【受講料】 5,250 円(テキスト代、税込み)


*****************************************************************
◆お申し込み方法:ご希望のレッスン、日時、お名前、ご住所、連絡のとりやすい電話番号 をご記入の上、下記のメールアドレス宛てにご連絡ください。
  
naturalflow2006@yahoo.co.jp   
 
◆場所:東急東横線 都立大学駅 徒歩5分 (※追って詳細をお知らせします)
◆定員は8名です(先着順とさせていただきます)
◆材料の調達状況により内容の一部が変更になる場合があります
*****************************************************************

7月31日(火)の「Vagetable Snack~甘いものレクチャー」12:00~の回にまだ若干の空席があります。
甘いものレクチャーでは添加物の実情などもお話させて頂きます。
ご一緒に美味しいおやつを作りましょ♪

詳しくはコチラをご覧ください。


みなさまの笑顔にお会いできる日を楽しみにしております!!

Natural Flow 小堀真紀子

   IMG_2429.jpg