花のこと 

  IMG_5611.jpg

  IMG_4822.jpg  IMG_4824.jpg







約3年間、フワラーアレンジメントを習っていたことがありました。





友達の家で仲の良い仲間と共に習っていたので、
フラワーと、友達ママ特製のケーキと、おしゃべりをいつも楽しんでいました。





将来は自分の家の中を花で彩るのが夢だわ~♪なんて思っていました。





けど、なぜか自分で花を買って自分の為に飾るって、あまりしないんですよね。。。
たぶん田舎育ちのせいで、畑や道端に咲いている花を見ている方が好きなんだと思います。




もちろん、お花をもらうと、嬉しいです♪
      お花を見ると笑顔になります♪
      お花が部屋に飾ってあるとハッピーです♪






彼は花をプレゼントするのが好きなようで、たまに買ってきてくれます。




それを見ていて、思うところがありました。



  花がみんな同じように背筋が伸びていて、色が鮮やかだな
  香りが弱いかも
  どのくらいの農薬や肥料を使っているんだろう・・・





近所に「バラの館」と勝手に名付けているマンションがあります。

道路に面している入り口からロビーまでの共有スペースに、バラのアーチがあるのです。
その他にも両端にはチューリップ、紫陽花、水仙、向日葵・・・などが植えられていて、
季節に合わせて鮮やかな彩りと香りを楽しませてくれます。

散歩ついでに、買い物ついでに、
そのマンションの前を通って花を楽しんでいます♪





花たちは自由に育っています。
それぞれが好きな方向に枝を伸ばし、花をつけ、香りを放ち
緑の葉と共に瑞々しい姿を見せてくれます。





その花たちに比べると、買ってきた花はやっぱり違う。





・・・・・

花の栽培について、興味をもちました。

花は野菜と違って食べるものではないので、農薬のチェックはうるさく言われないそうです。




 ハウスなどの隔離されたところで栽培されていることが多い為
 虫が出ると一斉に広がってしまう

 花は見た目の美しさが一番大切なので
 害虫駆除のため、農薬をかけて対処している




花を食べなくても、農薬の害はあらゆるところに出てきます。



 それをかけている人、
 土、水、空気、
 花を流通している人
 花を触ったり、近くで観賞する人  
 ・・・




ケニアでのバラ栽培農家を取材した番組を、テレビで見ました。



農薬を大量にかけて栽培をしていたら、マスクやエプロンもしないで作業をしている人々の体調に変化が出たそうです。



それから、水の汚染



農薬や化学肥料を施した後、土から染み出た排水を貯水池に貯めていました。
その水は真っ黒で、ところどころに油のようなものが見えました。



以前はその排水をそのまま湖に流していたようです。
もちろん、湖の生態系はすぐに壊れたそうです。




ケニアのバラは日本にも輸入されています。




農薬を使った花の栽培には危険が一杯なんだなと認識しました。
でも、なぜそれでも農薬を使うのか、ということも考えなければなりません。



  ●お客様から見たら花の無農薬栽培は付加価値にならない。
    利益増にはならない。
  
  ●自分の健康問題だけを理由に無農薬栽培の実験に
    お金と時間を使うことが継続できない。
      
    などなど・・・




それからすべての作物は栽培している期間、いつ問題が発生するのかというと、
花が咲いた時なんだそうです。



「切花」は花が商品であるので、無農薬栽培は簡単ではないということになるようです。






・・・・・


どの「商品」にも通じることかもしれませんが、
自然環境や私達の体にも、その「恩恵」も「しわよせ」も巡ってくるでしょう。





大量生産、大量流通、
ニーズに応えられるストックと多様性
経済重視
・・・



乱暴な言い方かもしれませんが
こういったことの追求に、私達は一時的な「便利さと快適さ」という
恩恵を得ているのかなと思います。






・・・・・・


花の無農薬栽培、頑張っている農家さんもいらっしゃいますよ。



アメリカの西海岸では、Raw Foodのお店で花を出すところもありました。
それらは「オーガニックフラワー」として売っているものでした。



MPSという認証システムでは、
「環境に配慮した花きの生産」を掲げて、お花の生産や流通上の環境負荷の低減や鮮度、
品質の管理、社会的な責任に対する様々な取り組みを認証しているそうです。








花がキレイに咲き誇る季節になってきましたね。

見た目のキレイさだけを買うのではなく、
どのようにして自分の手まで来たのか、という経路も考えて
ヘルシーな花作りを応援しようと思います!!!





ベジピクニック☆ 

  ベジピクニック

写真:古い携帯で撮ったので、画像がぼけてますね。。。
    クイックおかゆブレッド、甘い野菜のラタトゥユ、ファラフェル、
    わかめと旬菜のマスタード和え、オートミールクッキー





昨日は恵比寿で1dayクラスでした。





ベジタリアンのピクニックバスケット♪というテーマで、楽しくお料理をしてきました。


  


外で過ごしやすい陽気になってきたので、ランチボックスを持ってピクニック~♪なんていいじゃありませんか^^



前に住んでいたところは駒沢公園が近かったので、友達とお料理を持ち寄っておしゃべりとランチを楽しんだりしていました。



同じお料理を室内で食べるのと、外で食べるのと、けっこう違うなと思うんです。



小さい頃、お出かけの時に外で食べた気持ちよさが忘れられなくて、
庭の芝生の上にレジャーシートを敷いて、お皿を外に持っていって食べたことを覚えています。


太陽と風が最後の演出をしてくれます。


気持ちが良いんだよな~。





東京の部屋には小さなベランダがあります。
椅子を出してくつろごうと思えばできます。




そうだ、ベランダで食べよう!と思って外に出てみると・・・



  網戸の汚れに気付きます。
  窓に付いている茶色の水あかに気付きます。



食事をする気が失せて、すぐにお皿を持って部屋に戻りました。





掃除を怠っている、、、はい。確かに(笑)。
でも!!!それだけじゃありません。





実家にいる時、姉に「窓が汚れているから拭いておいて~」と頼まれて窓掃除にとりかかりました。


東京の窓の汚れを連想していたので
雑巾を何枚も用意して、新聞紙を用意して、
いざ取り掛かると、窓には花粉と透明な水あかが付いているくらいで
サッサと雑巾を滑らせるとそれだけで汚れはキレイにおちました。


雑巾が黒くならない。。。


姉に窓掃除を頻繁にやっているのか聞いたら、そうでもないとのこと(窓掃除を怠るのは遺伝か)。





雨の汚れ方が違うんだなと実感しました。
実家の周りは山や田畑の緑で溢れていて、空気の循環が良いのでしょうか。




空気や水など、見えにくい汚染はとても大きいなと思います。
私達は噛んで飲み込む食べ物よりも、空気や水の方を多く取り入れています。





空気も水も果てしなく大きなものですが、私たちの行動次第で変わっていくものでもあると思います。
それらが汚れてしまうように。




以前にご紹介した、「あとはコレさえやれば地球温暖化は止まっちゃうリスト」
というのを再度記載したいと思います。



簡単にできるものもあれば、これは無理かなと思うものもアリ・・・
でも全部できないから全て放棄!ではなく、我慢やストレスなしのことから始めませんか♪



●買い物の時は「このままでいいです」と、レジ袋を断り風のように立ち去ろう♪
●毎日一個はゴミを拾って、そんな自分を褒めたたえよう♪
●お尻を拭くとき、トイレットペーパーはちょっぴり短く使おう♪
●宴会・パーティは、マイ箸、マイカップ、マイ皿でゴミゼロに挑戦しよう♪
●週に一度はテレビレスの日を作り、会話を楽しもう♪
●週に一度はマイカーレスの日を作り、公共の交通機関を使おう♪
●移動手段は歩いたり、自転車を使ったり、あいのりをしよう♪
●お風呂は愛する人と電気を消してろうそくの灯りで一緒に入ろう♪
●シャワーの時間を毎日1秒づつ減らすゲームをひそかにしよう♪
●買い物をする時、奥の賞味期限の新しいのを買わず手前から買おう♪
●鼻水や手拭にはティッシュよりハンカチーフを使おう♪
●スイッチ付きコンセントで待機電力をカットしまくろう♪
●窓やすだれや緑(植物)のカーテンをして部屋を涼しくしよう♪
●食べ残しをすると懐かしのもったいないおばけがでたらかなり怖いので完食しよう♪
●エレベータよりも階段登り好きになろう♪
●買い物のおつりは恥ずかしがる自分を愛おしく感じながら募金しよう♪
●冬は厚着をして暖房の温度を下げ、夏は部屋を「ここはサウナだ」と言い聞かせよう♪



CO2を減らすだけでなく、空気と水をクリーンにすることだけでなく、
循環しているもの全てに通じるもの。



あらゆる生物にとっても、それらを抱いている地球にとっても、
よりよい環境を作っていけたらいいな~と思います。




ピクニックから、こんな話になってしまいました。
いつも話が飛んでしまい、スミマセンっ





カフェ気分♪ 



蒲田の元気一杯のマクロ教室、G-Veggieから、6月の1dayクラスのご紹介を頂きましたのでご覧ください♪




気温がぐんぐん上がってくると、見た目にもちょっと華やかなお料理が食べたくなります。


G-Veggieさんのお料理は美味しくて、見た目もキレイで、手軽にできるのが嬉しいんですよね~

おもてなしにも、普段の食事にも気軽に作れるメニューを学べると思います♪






**********************************************************************


さて、本日は6月の1Dayクラスの準備が整いましたので、
詳細をお知らせいたします
6月は久しぶりのクッキング・クラスと、
5月に大好評だったピラティス・クラスの2本立てです♪


★☆★☆★☆ クッキング・クラス ☆★☆★☆★

 G-veggie おうちでカフェ気分 Vol.1 
 
 ~ 玄米キッシュでカフェLunch!!~

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 講 師:佳子ヴォス(G-veggieインストラクター)
 日 時:6月14日(土)*キャンセル待ちで受付中
      6月17日(火)
 時 間:11:00~14:00
 受講料:5250円(税込) 
 定 員:各クラス20名

今年のG-veggieの1Dayクラスのテーマは「おうちでカフェ気分」
いつもよりちょっとおしゃれな食事を楽しみたいときに活躍する
レシピをご紹介していきます。

第1回のメインは「玄米キッシュ」
残り玄米を上手に活用して、
ほっぺが落ちそうなほど美味しい玄米のキッシュを楽しみましょう♪

  当日のメニューは…
  ●玄米キッシュ
  ●野菜タップリの洋風味噌スープ
  ●はと麦の美肌サラダ
  ●彩りスチームベジタブル
  ●ストロベリーたっぷりプリン
  ※メニューは仕入れにより変更する場合がございます。

《Time Table》
11:00~11:30 
(講  義) マクロビオティックを上手に実践するコツ
12:00~13:30 
(調理実習) おうちでできるカフェメニューを一緒に作りましょう
13:30~14:00 
(Lunch time)ゆっくり、楽しくいただきましょう

【お申込み方法】
※受講をご希望の方はメールで、ご住所・氏名・電話番号と
 希望の講座の日程をお知らせくださいね♪
 macro@g-veggie.com

※お申込みいただいた場合、必ず翌日までにお返事をいたします。
 もし返信がない場合には、お手数ですがご一報いただけますようお願いいたし
ます。


くわしくはHome pageをご覧ください ⇒ http://g-veggie.com



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
Macrobiotic School G-veggie  Yoshiko Voss(佳子 ヴォス)    
  
〒144-0031 東京都大田区東蒲田2-5-11
tel : 03-3739-7841 / fax : 03-3734-4788
e-mail :  macro@g-veggie.com
Home page :  http://g-veggie.com
携帯Home page :  http://www.just.st/304828/ 
 
Blog : G-veggieでHappyマクロビオティックを…  
             http://blog.g-veggie.com


  paeria.jpg


芽が出た! 

  IMG_9083.jpg

  IMG_8957.jpg  IMG_8959.jpg

写真:ジャガイモの芽、植えているところ






実家の畑は祖母が骨折してから荒れ放題になっていました。




家族で手分けして、草むしりして、耕して、ようやくまともな畑によみがえりました。




何を植えようか?と考えていた時、姉が台所の片隅に忘れられて食べてもらえないジャガイモを見つけました。
芽がニョキっと出ています。





これを植えてみることにしました。





小学校の時、クラスのみんなで畑を耕して色々な野菜を育てていました。
ジャガイモも植えたことがあります。
その記憶をたどって、、、


  確か半分に切っていたな~ 底に灰をつけていたな~ 


と、母と一緒に二人の記憶を信じて植えてみました。







そして2週間後、芽がでましたよーーーーー!!!






小さくも強い生命の息吹を感じました。

自分の手で植えた野菜だから愛おしい!というより、
大自然が育んだ恵みってすごいな~という実感の方が大きかったです。





私の東京での暮らしでは、植物を育てるのはプランターです。
土を買ってきて、そこに入れて、水をやって、時には移動して太陽の当たり加減を調節して・・・
そうやって何かを育てること慣れてしまっていました。

この場合の方が自分で育てているという感じが強いなと思いました。






畑で植物がいきいきとしているのを見て、何十年も肥やしを足して使ってきた土壌と太陽と空気と・・・全てがつながっているんだ~と感じました。





・・・・・


ところで、ジャガイモはより陰性の野菜ですよね。


陰性の特徴は、拡散、分裂、クールダウンさせる、ゆるめる、・・・などなど。


ジャガイモは温かい季節に食べるのが適していると言われています。


私はジャガイモを食べる時にはおでんなどの煮込みにしたり、火をなるべく多く入れて調理します。






育つスピードも早いんですよ。


写真のジャガイモも、7月終わりには実をつけて収穫できるそうです。







収穫が楽しみです~♪





*************************************************************
恵比寿クシマクロビオティックアカデミー 1dayクラス!

ベジタリアンのピクニックバスケット
 実習メニュー
 ・クイックおかゆブレッド(小麦粉使用)
 ・ヒヨコ豆のファラフェル
 ・旬菜とわかめのマスタード和え
 ・甘い野菜のラタトゥユ
 ・オートミールナッツクッキー(小麦粉不使用)

日時 5月27日(火)、5250円
お申し込みや詳細はコチラからご覧ください♪


*************************************************************







クシマクロビオティックアカデミー 

  IMG_9114.jpg  IMG_9115.jpg

  IMG_9116.jpg  IMG_9117.jpg

写真:野菜入りひえ、せいたんシチュー、浅漬け、蕎麦の実スープ





昨日はBasic第5回の調理実習でした。




5回の調理と2回のレクチャーを終えているので、ご参加者同士が良い感じで仲良くなっています。



ご質問を受ける際にも、何人かのグループで来てくださり
みなさんの経験と照らし合わせながら有意義な話ができたことが印象的でした。




同じような悩みや疑問をお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。



それぞれの状態や環境を聞くだけでも、何かの気付きになったり参考になるはずです。



私のマクロビオティックの勉強の一つは、たくさんの人の話を聞くことです。
様々な方にお会いして、話をして、目を見て、経験をシェアーすることは、本当に勉強になります。



教科書には載っていない、生の、今の、リアルな声は貴重です。






水曜日Basic1の皆さま、どうもありがとうございました!
6、7回目の実習も美味しいメニューが待っていますので、楽しみにしてくださいね♪



  IMG_9119.jpg

デザートのアップルクランチ♪



*************************************************************
恵比寿クシマクロビオティックアカデミー 1dayクラス!

ベジタリアンのピクニックバスケット
 実習メニュー
 ・クイックおかゆブレッド(小麦粉使用)
 ・ヒヨコ豆のファラフェル
 ・旬菜とわかめのマスタード和え
 ・甘い野菜のラタトゥユ
 ・オートミールナッツクッキー(小麦粉不使用)

日時 5月27日(火)、5250円
お申し込みや詳細はコチラからご覧ください♪


*************************************************************




マキおば 

  IMG_9072.jpg






先日、姉が男の子を出産しました。



これで小堀家の姉一家は3人の男の子に恵まれました。









姉が家で破水してから入院して、約5日間家を離れました。



その間、二人の子供達はママなしで過ごしました。



二人はパパも、ジイも、バアも大好きですが、
やっぱりママでないと我慢できない時もあります。



夕方に眠くなってくると、「ママと寝る」と言ってきたり
二人で兄弟ケンカするとどちらかが「ママ~!!」と泣きついてきます。





でも、この5日間は二人とも頑張っていました。


  「ママはいないんだ」


ということを、小さい体で精一杯理解しようとしていました。



 泣いても「ママー!」ではなくて、「バア・・・」と、べそをかいて呼んでは抱きしめてもらい、
 「良い子にしてればママは帰ってくるんだよね」と言って笑顔を見せてくれたり、
 夜寝る時も、「ママ」と一言も口にせずに寝てくれたり、

 ・・・・・




子供にとって、ママがいないことは本当に一大事だったと思います。




そんなママが赤ちゃんを連れて帰ってきました!!!





幼稚園から帰ってきて、バスを降りたらママがいました。





眠い中、左右に揺られて乗ってくる幼稚園バス。
ねぼけマナコを開けると、ママが見えました。



ママを見た時の子供達の表情に、なぜか感動して涙が出そうでした。



「ママだあーーーーーーーーーー!!!!!」と言って、
背中に羽がついたように飛び跳ねて、狭いバスから駆け下りてきました。




本当に、嬉しそうな笑顔。







ママを知らない子もいます。
ママに抱きしめてもらえない子もいます。
家族の温かさを感じることができない子もいます。



ママや家族の存在は、当たり前ではないんですよね。



子供達の笑顔を見て、家族の有り難さを改めて感じました。






・・・・・



上の写真は、赤ちゃんと初めて我が家で対面した時に撮りました。




踊って喜んでいます(笑)。




「赤ちゃんカワイイね~」
「赤ちゃんと指きりげんまんするー」
「お兄ちゃんだよ。守ってあげるよ。」


などなど、色々話しかけていました。






そう、私は三人の男の子のオバです。


今は「マキちゃん」と呼んでくれていますが、
大きくなったらなんて呼んでもらおう???と、考えていました。



おばさん、おばさま、おばちゃん、マキおばちゃん、マキおばちゃま、アンティー、ティア・・・







できれば、今のまま「マキちゃん」って呼んでもらいたいな。。。






クシマクロビオティックアカデミー 

  IMG_9095.jpg  IMG_9101.jpg

  IMG_9105.jpg  IMG_9107.jpg

写真:上ー無圧玄米とゆかり、あらめの煮物、にしめ、プレスサラダ、餅ワッフル
    下ー昆布の煮物、ふろふき大根






土曜日は恵比寿のクラスが2回入っていました。







午前中のクラスはBasic1の第4回調理です。



ごはんはステンレスの鍋で圧をかけずに50分炊きました。
仕上がりはパラっと、空気が入っている感じです。



煮しめはかぼちゃ、大根、キャベツ、昆布、しょうゆで作りました。
こういうシンプルさが嬉しいです♪



アラメの煮物、プレスサラダも調味料はしょうゆや塩だけでとてもシンプル。



集中したい時や落ち着きたい時にはこういうベーシックなものが食べたくなります。



夜のクラスも入っているので、試食は少なめにしてみました。
たくさん食べるのは大得意ですが、小食は気をつけてないとなかなかできないものです(笑)。



  たくさん食べると、頭もぼーっとします。
  身体が詰まっている感じで、自分の引き出しをあける隙間もありません
  また外から入ってくるものをキャッチする余裕もなくなります
  


なので、クラスの前は小食かもしくは食べないようにしています。



クラス中はみなさんのエネルギーや気がたくさん入ってくるのを感じます。
そしてその場に応じて自分の引き出しを選んで、応えていけたらいいなと思っています。



私は日頃から小食を徹底できてないので(苦笑)、クラス中にお腹がなってしまうことも多々あります。。。






・・・・・


夜はAdvanced 第4回の調理実習でした。



アドバンスのクラスでは玄米チャーハン、おじやなどの残り玄米の活用メニューや、
豆乳茶碗蒸し、リンゴのコンポートとグラノラなども作りました。



豆乳茶碗蒸しは葛、山芋、ニガリなどで固めて作ります。
滑らかな舌触りが良い感じです♪




コンポートはリンゴを人参ジュースや米飴などで風味をつけて煮ました。
グラノラはカリカリっとしていてくせになりそう~




アドバンスになると、身体の臓器のことや望診なども学びます。
質問も専門的なことが増え、良い緊張感を感じました。




新しい知識を手に入れると、視界が広がります。
同時に制限も増やしてしまいがち。




頭を知識で一杯にするイメージではなく、術や方法として手に入れたものを使いこなすような気持ちで、マクロライフを楽しんで頂きたいと思っています。




迷ったら基本に戻る、私はいつもそう心がけています。

  一物全体
  身土不二
  You are what you eat.
  基本食
  ・・・



元にあるもの、ゆるぎない軸、シンプルな発想などをいつも忘れないようにしたいものです。





土曜日Basic1、Advancedのみなさま、どうもありがとうございました!
これからも宜しくお願いいたします。




*************************************************************
恵比寿クシマクロビオティックアカデミー 1dayクラス!

ベジタリアンのピクニックバスケット
 実習メニュー
 ・クイックおかゆブレッド(小麦粉使用)
 ・ヒヨコ豆のファラフェル
 ・旬菜とわかめのマスタード和え
 ・甘い野菜のラタトゥユ
 ・オートミールナッツクッキー(小麦粉不使用)

日時 5月27日(火)、5250円
お申し込みや詳細はコチラからご覧ください♪


*************************************************************








野崎ユリカさんのワークショップ 




KIのクラスメート、飯田さん主宰のワークショップをお知らせします!



*********************************************************************



こんにちは!
ここちgoodnessの飯田夏代です。
3月20日に行った、ハワイ島在住の野崎ユリカさんのワークショップ。
大好評をいただき、6月8日はコラボが実現します。

野崎ユリカさんはなんと、
「結婚したい!」
と思ってから、たったの半年で素敵な男性と結婚されたそうです。

すごいですね!

「私もその方法を知りたい!」
そして、
「きっと私のように願っている方も多いはず!」
と、今回はベストパートナーを引き寄せるワークショップをしていただくことに
なりました!!!

会場は前回と同じで、自由が丘のソフィアハーモニーです。
あたたかみのある、とても居心地の良い空間です。

もちろん今回も、代官山Asukaのお弁当とマフィンもご用意します。
今回は、お弁当を食べていただきながら、
私が食のミニレクチャーをいたします。
題して【デリシャスな自分になるための食事とは?】。
もっと幸せになるための食事法をご紹介します。




ユリカ野崎マクラクリンの
『ベストパートナーを引き寄せる方法
         ~デリシャスな私になる!』


運命の人に出会いたい!
と思っていませんか?
それなのに心のどこかで「私なんて・・・」
と自分を否定したことはありませんか?

私たちはもっと美しくなって良い、輝いて良いのです。
ありのままの自分を受け入れ、本来の輝く自分を取り戻して、
理想のパートナーをGetしましょう!
心と体を磨く食事のミニレクチャーも行います。


【日 時】6月8日(日) 10:00~16:30 (9:45開場)

【場 所】自由が丘・ソフィアホール(ひのきのフローリングと珪藻土の壁が心
地良い空間です)
     http://www.sophia-jp.com/studio/rent_hall/map.htm

【参加費】<事前振込み> 19,000円 <当日払い> 20,000円
     ※2,000円相当のおいしいマクロビオティックお弁当とマフィン付

【持ち物】筆記用具、水(普段より喉が渇きやすいです)

【参考書】『イルカが導いてくれた幸福 ベストパートナーとめぐり逢う方法』
野崎友璃香
     

【内容】
10:00~12:00
 ラブ・ユア・セルフ~自分を認めてデリシャスな自分になる
 ハワイ式風水で恋愛運up など

12:00~12:45
 昼食+食のミニレクチャー【デリシャスな自分になるための食事とは?】

12:45~13:30 
 休憩+【ハワイ島直送】イルカグッズ等をお買い物いただけます

13:30~16:30
 ベストパートナーの見極め方
 ベストパートナーをリクエスト! など


【お申し込み】 ここちgoodness 飯田
お名前、〒、ご住所、電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。
info@kokochi-goodness.com  090-4439-9083

詳細はこちらからもご覧いただけます。
http://blog.kokochi-goodness.com/?day=20080502


ユリカ野崎マクラクリン:
DLコミュニケーションズ代表。ハワイ島在住。著述家。ブレナン式認定ヒーラー

東京生まれ。大手広告代理店退社後、イルカと泳ぐことに魅せられ世界の海でイ
ルカと泳ぐ。数々のヒーリング体験で、ありのままの自分
を取り戻し、人生の大変革を体験。以後、人がその人らしく輝いて生きていかれ
るための各種プログラムをハワイ、日本、バハマで提供。
愛に溢れ、常識にとらわれない自由な発想と生き方は多くの人の共感を呼び、ワ
ークショップ、ツアーはいつも口コミでいっぱいになる。
2001年よりハワイ島在住。2006年フロリダのバーバラ・ブレナン・ヒーリングス
クール卒業。
著書に「イルカと泳いだみたいに気分がすっきりする本」、「ハワイアンリラッ
クスのすすめ」、「イルカが導いてくれた幸福」など。


お申し込みをお待ちしています!

************************************************************************






5/20 九星気学 at G-Veggie 

  正月・鎌倉・栃木 005

写真:畑のねぎ坊主




G-Veggieのクラスをご紹介させてください♪





******************************************************************


5月20日(火)の1Dayクラスに素敵なお客様が参加していただけることになり
ました。


そのスペシャルゲストとは…
アメリカのKI(クシ・インスティテュート)の講師で、
日本で有名なパトリシオ先生のお母様の旦那様でもある、
坂口直樹先生です。

直樹さんはKIで九星気学も担当されている人気講師。

実は私も直樹さんに九星を教えていただき、
すっかりその神秘的な魅力に取り付かれてしまい、
帰国したら絶対に九星気学を勉強しよう!!
と心に誓ったのです。

そして日本に帰ってきて友人の紹介で多江子先生に出会い、
基礎から九星気学が勉強したかったので、
お忙しい先生に無理に願いをして
G-veggieで講座を開講することが実現したのです。

今回は多江子先生と坂口先生の両方に会える、
めったにないチャンスです!!
まだ数席だけですがお席をご用意できますので、
ぜひこの機会をお見逃しなく♪


   G-veggie 2008年5月の1Dayクラス

   パワフルな運勢をつかむ 九星気学入門
 

講  師:阿部 多江子先生(G-veggie九星気学コース講師)



開催日時:
       2008年5月17日(土) 17:00~20:00 *キャンセル待ちで受付中
       2008年5月20日(火) 12:00~15:00


受講料:5250円      


定 員:22名



  ♪マクロビオティック・スイーツ&Tea付き♪

 
 九星気学は究極の開運学!
 九星気学を学んで運気をアップ
 そして、パワフルでHappyな人生を手に入れてみませんか?


九星気学とは古来より中国に伝わる学問でマクロビオティックでもおなじみの
「陰陽五行説」に強く影響されて確立されました。

九星気学は自分の「気」の流れを地球上の「気」の流れに合わせることによって
体内バイオリズムを安定させ良好な運気を身につけるというものです。

よく「運がいい」という言い方を耳にしますが、「運」とは何のことでしょうか?

九星気学では「運」というものは自然界に存在するバイオリズムに対して、
その人が合った行動をすれば強い運勢をつかむことができ、
反対に反した行動をすると悪い結果を生み出すと定義しています。

自分の「運」を判断する基準として九星気学では、
生まれた年から本命、生まれた月から月命を割り出します。

本講座ではみなさんがご自分の本命、月命を割り出し、
ご自分がもって生まれた運勢と自然界のバイオリズムを理解することにより、
強い運勢をつかむコツやあなたにとってのラッキー方位などを、
楽しくわかりやすく説明いたします。

九星気学はあなた人生を切り開く最強のツール!!
積極的に運気を上げて、最高の幸せを手にいれましょうね♪



【講師紹介】阿部多江子先生
株式会社自然治癒力研究所 代表取締役NPO法人「おむすびママの会」理事長
G-veggie九星気学コース 講師/朝日カルチャーセンター 講師
著著「願いをかなえる九星オーラ術」成美堂出版

阿部先生は九星気学のエキスパートでかつ、スピリチュアルな才能も備え持つ、
とっても素敵な先生です。先生のホームページもご覧くださいね。
●阿部多江子オフシャルサイト http://mother-taeko.com




《お申込み方法》
※受講をご希望の方はメールで、ご住所・氏名・電話番号・生年月日と
 希望の日時をお知らせくださいね♪
macro@g-veggie.com
※お申込みいただいた場合、必ず翌日までにお返事をいたします。
 もし返信がない場合には、お手数ですがご一報いただけますようお願いいたします。




《耳寄り情報》
 本講座に参加していただいた方には、7月に開講を予定している
 九星気学コース(1年間)への優先入学のご案内をさせていただきます。
 7月からのコースにご興味のある方はぜひお早めにお申込みくださいますよう、
 お願い申し上げます。

**********************************************************************





直樹さん、ありがとうございました! 

  IMG_9041.jpg






土曜日は直樹さんの講演会でした。




冷たい雨が降る中お越し下さった皆さま、ありがとうございました!




直樹さんには2年半ぶりにお会いしました。
元気そうな笑顔と優しい声は全く変わっていませんでした。




『「環境」という食べ物』 という題でお話をしてくださいました。




 自分の内側の環境とは?

 身体の中の環境はどのように調えていったらよいか?

 外側の環境とは?

 刻々と変わりゆく外側の環境は変えることができるのか?

 内側と外側の環境を合わせていくこととは、どういうことか?

 ・・・





陰陽理論や具体的な食べ物の例を挙げながら、直樹さんのお話は進んでいきました。




KIのクラスで頭にたくさんの豆電球が光ったことを思い出しながら、直樹さんの興味深い話を聞いていました。






直樹さんの話を聞いて、色々考えさせられました。






私達の身体の中の「環境」は食べ物・取り入れるもので出来ています。
その取り入れる食べ物などの「環境」は、どんどん変化していっています。




身体の環境は外側の環境を凝縮したもの、と言うこともできると思います。
環境が急速に変わっていくことで、私達の身体にも精神的・肉体的な変化があわられていますよね。
新しい病気が増えていることもその一つだと思います。





地球環境は明らかに窮地に立たされていると思います。
あらゆる生物も、植物も、人間も、空気も、水も。




私達は

 何を食べてきたのか?
 どういう環境で生活をしているのか?

ということをひもといていくと、自分自身の内側の環境を知ることができます。




外側のあまりにも大きな自然環境を変えようという視点で考えていくと、途方にくれてしまうかもしれません。
でも、私達の内側とつながっているのです。



私たち一人ひとりが自分の環境を整えていくという考えで行動していくことは、外の環境を整えていくことになるはずです。





一人ひとりの力は大きな力を生み出します。

すぐにできることは、
 
 自分自身を変えていくこと。
 自分自身を大切にすること。

もちろんそれはエゴではなく、大切にするという気持ちが自分から発信して大きなスパイラルとなって周りに影響していくような力が生まれると思うのです。





・・・・・




KIにいた時、直樹さんはたくさんの宿題を出しました。


「トマトはなぜ赤いの?」
「大陸はどうして上の方が広がっているの?」
「エゴって何?」
「恐竜はなぜ滅びたのか?」
「赤ちゃんがお腹にいる期間はどうして約9か月なの?」



などなど・・・



これらの宿題は自分で納得した答えを出したものもあるし、まだ考え中なものもあります(3年考えています:笑)。



講演会の後、直樹さんは笑って話しました。


 「宿題の答えは用意していませんよ。私もずっと考えています。
  大切なのは、考えること。
  自分で、考えることです。
  考えるプロセスの中で、たくさんの発見があるはずです。
  考えなさい。悩みなさい。ご苦労様です。」


そう言って、とびきりの笑顔で高らかに笑っていました。




直樹さんに答えを伝えにいくドキドキ感、
自分の答えに突っ込みを入れられて、これは答えではないと分かった時の落ち込み、
直樹さんが考えた答えを聞いた時のショック、




KIの思い出話をしながら、直樹さんとの楽しい時間を過ごしました。




直樹さん、ありがとうございました!!!







 

*レシピ* ゴマ風味のそばサラダ 

  IMG_8561.jpg





*********************************************
アメリカKI講師による講演会! 坂口直樹氏
『環境』という食べ物
・5月10日(土)11:00~14:00
・オーガニックカフェ メリッサ
 (神谷町駅 徒歩3分)
・受講料 5250円
満席となりました!キャンセル待ちで受付中です。

*********************************************


ビールのお供メニュー第二弾です。




このサラダは美味しい~♪
私の大好きなメニューです。




ちょっと食欲がない時にでもスルスルっと入ってしまいます。




そしてなぜか外国人にも人気のメニューです。
蕎麦が重たくなくて食べやすいのだそうです。





蕎麦じゃなくても、そうめんやうどんも美味しいですよ!





ゴマ風味のそばサラダ
【材料(8人分)】
 お好みの蕎麦     300g(乾物)
 えごま         大さじ1(炒る)
 ルッコラ         50g(ざく切り)
 きゅうり         2本(半分千切り)
 人参           50g(千切り)
 大根           100g(千切り)
 みょうが         4個(千切り)

 タレ
  白練り胡麻   大さじ6
  白炒り胡麻   大さじ3
  昆布椎茸だし  大さじ2~3(水でもOK)
  梅酢       大さじ2
  しょう油      大さじ2
  玄米酢      大さじ1
  にんにく      1片(すりおろす)
  メープルシロップ 大さじ1
 
 

【作り方】

 1、野菜の下準備をする。タレの材料を混ぜ合わせておく。
 
 2、鍋にお湯を沸かし、蕎麦をすこし固めに茹でる。茹で上がったら冷水に取り、
   ざるにあげて水気を切る。
  
 3、蕎麦と大根、きゅうり、人参、みょうがを混ぜ、1のタレを2/3量を混ぜ合わせる。
 
 4、器に移し、ルッコラを一緒に盛り付ける。
   お好みで残りのタレを上からかけて召し上がれ♪






東京は初夏のような天気が続いていますね。
ちょっと軽めの食事で、過ごしやすい時期を楽しみましょー!






*レシピ* さくさくビールフリット 

  IMG_8563.jpg




*********************************************
アメリカKI講師による講演会! 坂口直樹氏
『環境』という食べ物
・5月10日(土)11:00~14:00
・オーガニックカフェ メリッサ
 (神谷町駅 徒歩3分)
・受講料 5250円
残席3席になりました。
詳細はコチラからご覧ください!
*********************************************






昨日、今日は一気に気温が上がりましたね~


暑い季節にピッタリのビールに合うおつまみをご紹介したいと思います!




さくさくビールフリット

【材料(8人分)】
 ごぼう    160g(短冊切り、下記の材料に漬けておく)
  しょう油   小さじ2
  水      小さじ1
  七味     小さじ1/4

 れんこん   160g(半月切り) 
  ゆかり    小さじ1(食べる時用)

 テンペ  300g(食べやすい大きさに切る)
  青海苔 小さじ2(食べる時用)
  塩    小さじ 1 ( 〃 )
 
 ラディッシュ   8個(飾り)
 
 ころも
  薄力粉           1/2 カップ
  葛粉            大さじ2
  ごま油           小さじ2
  ビール           約150cc

  薄力粉           適量

  揚げ油            適量
 


【作り方】

 1、ごぼうを下味の材料につけておく。
   ころもの材料をボールに入れて混ぜ合わせる。

 2、揚げ油を温める。
   ごぼう、れんこん、テンペにそれぞれ薄力粉をまぶす。余分な粉ははたいて落とす。
  
 3、2をビールの衣につけ、170~180度の油で揚げる。

 4、器に盛り、れんこんにはゆかり、テンペには青海苔と塩を添える。





ちょっと古くなったビールも、フリットに使えば美味しいおつまみに変身します♪

少し冷めてもさっくさく!



甘みの入ってないシンプルな炭酸水でも作れます。

是非お試しくださいね~






田んぼ仕事 

  正月・鎌倉・栃木 040

   正月・鎌倉・栃木 022  正月・鎌倉・栃木 039






今日は田植えをしてきました。





昨年と同じく、隣の家のおじちゃま・おばちゃまの田んぼの田植えを手伝いました。



朝から雨がチラついていたのですが
この日に照準を合わせて他の仕事を休んだそうで、
田んぼの状態も仕事の休みも待ったなしの状況なので、みんなで協力して田植えをしました。



私も全身泥まみれになることを覚悟で、お手伝い!




田んぼの四隅は機械で植えることが難しいので、手で植えていきます。
機械が描いたキレイなラインをたどり、植えそびれた場所にも手を加えていきます。




素手で泥の中に手を入れると、
子供の頃の泥遊びの時にタイムスリップしたかのように楽しい気持ちになります♪



みんなには「手袋した方がいいよー」と何度も言われました。
でも素手で泥を触る感覚がなんとも言えない安心感と開放感を感じるのです。。。




やわらかくて、温かくて、
母なる大地だわ~と、しみじみ感じていました。




苗を3本くらいまとめてつかみ、丁寧に植えていきます。




泥の中は不思議がいっぱい。




 深いのか、浅いのか?
 触れているのは草なのか、昆虫なのか?
 何かが動いてるのは気のせいか、それともなんなの~???!!!




おたまじゃくしはOKなのですが、蛙はOKじゃないのでかなり驚きます(笑)。




足元が不安定なので何かにつけフラフラしてしまい
長靴を田んぼに残したまま足が抜けます。。。




普段使わないような足の筋肉、腰の筋肉をたくさん使わせてもらいました(笑)。




おばあちゃんが田植えした頃は、素足だったそうです。
不思議の国へ、素足で入るにはちょっと勇気が要ります。
田舎育ちのくせに、は虫類系・ニョロニョロ系には弱いんですよね~




・・・・・




去年と変わらぬ風景。
昔から変わらない農作業。



次世代へ受け継いでいくべきものを、私もできるだけ学んでいこうと思いました。




*********************************************
アメリカKI講師による講演会! 坂口直樹氏
『環境』という食べ物
・5月10日(土)11:00~14:00
・オーガニックカフェ メリッサ
 (神谷町駅 徒歩3分)
・受講料 5250円
残席わずかになりました。
詳細はコチラからご覧ください!
*********************************************