夏の食事にカレーはいかが♪ 





7月に行われるG-Veggieさんの1dayレッスンをお知らせします~♪




来月のテーマは「カレー!」だそうです。待ってましたっ
陰性よりのカレーと、陽性よりのカレーを作って両方楽しんですって~♪
陰陽を見て、食べて、体で体験する良い機会でもあると思います!




私は玄米ごはんで陰陽を比べたことがあります。
圧力鍋で炊いたものと、土鍋で炊いたもの。
比べてみると、、、
 
  圧力をかけたものはギュッとつまっていて食感もモチモチ、味もぎっちりしている感じ。
  土鍋の方はホロっとしていてふっくら、たんぱくな味。



そして、見た目にも違うのです!
圧力ごはんの方が米の粒が小さくて、土鍋の方が大きい。
たから見た目の量も土鍋の方が多く見えます。




食べすぎが気になる時には土鍋で炊いてふっくらさせ、見た目にも多く見えるようにします。
お茶碗に入る量が少ないとついついおかわりしちゃうのですが、
土鍋炊きだと空気や水分が適度に入ってふんわりなので食べすぎも防げますよん♪




さてさて、今回のG=Veggieさんのクラスでは
ナンを手作りするそうですーーー!



ナン、大好きです。
でも市販のものだと、その質が気になります。。。


手づくりナンを覚えて、夏のカレーをもっともっと楽しんでくださいね♪





*****************************************************************



7月はクッキング・クラスと、
久しぶりのヨガ・クラスの2本立てです♪



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 Macrobiotic School G-veggie 7月の1Dayクラス

     手作りナン&陰陽カレーでパワーアップ♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



 講 師:佳子ヴォス(G-veggieインストラクター)
 
 日 時:7月13日(日)
     7月16日(水)
 
 時 間:11:00~14:00
 
 受講料:5250円(税込) 
 
 定 員:各クラス20名



この講座は…
●マクロビオティックを初めてみたいけど、
 何から初めていいかわからない方、

●マクロビオティックをすでに実践しているけれど、
 自己流なのでちょっと不安という方、

●マクロビオティックと暮らしているけれど、
 制限にばかり目がいってしまって、
 最近とってもつまらない!!という方

 大歓迎のクラスです。



最初の1時間15分は、私、佳子ヴォスが
「マクロビオティックの基本理論&
 上手に楽しくマクロビオティックと暮らすコツ」
をお話しします。

そのあとは2班にわかれて調理実習!
カンタンにできる手作りナンと、
同じ鍋、同じ調理法で、中の具材を変えるだけの2種のカレーを作ります。


そして最後はみなさんで一緒に作ったお料理を楽しくいただきます。
一つのお皿に盛った2種のカレーの味を食べ比べてみてください。
きっと陰陽の不思議を心と身体で感じることができると思いますよ。

マクロビオティックは頭で考えるのではなく、
心と身体で感じることが大切。
この1Dayクラスで、陰陽の力を体感してみてください。

きっとあなたのマクロビオティック生活が、
びっくりするほど明るく楽しくなるでしょう♪

  当日のメニューは…
  ●陰陽カレー&手作りナン
  ●さっぱりコーンスープ
  ●夏野菜の美人サラダ
  ●穀物コーヒーゼリー
  ※メニューは仕入れにより変更する場合がございます。


《Time Table》
  11:00~12:15 
  (講  義) マクロビオティックの基本理論&上手に暮らすコツ
  12:15~13:30 
  (調理実習) 陰と陽の2種類のカレーを作りましょう♪
  13:30~14:00 
  (Lunch time)ゆっくり、楽しくいただきましょう



【お申込み方法】
※受講をご希望の方はメールで、ご住所・氏名・電話番号と
 希望の講座の日程をお知らせくださいね♪
 macro@g-veggie.com

※お申込みいただいた場合、必ず翌日までにお返事をいたします。
 もし返信がない場合には、お手数ですがご一報いただけますようお願い いたします。

 たくさんのご参加、お待ちしています♪


*****************************************************************





精進料理を学ぶ 

  IMG_9378.jpg  IMG_9329.jpg

  IMG_9336.jpg  IMG_9386.jpg

写真:三光院の精進料理教室にて






先週の土曜日、精進料理教室に行ってきました。




今回お邪魔したところは、武蔵小金井の三光院という尼寺です。




今年に入ってから、精進料理を学びたいと思って色々調査しておりました。
何かに興味を持ち始めると、とにかく突っ走ってみます。。。



お寺で何ヶ月か修行させてもらえないかな~と、
のほほんと考えていたのですが
もちろんそんな生易しいものはありません。



実際にお寺で修行をした友人の話だと、初めの一年は掃除!
その後でお料理を手伝えるかどうか・・・という話でした。




それならば教室を開催しているところに行こう!と、
本を読んだり、レシピを見たりしながら、教室に行ける日程を伺っていました。





なかなか予定があわず、冬、春という季節を逃してしまったのですが、
ようやく機会がめぐってきました~♪





雨の隙間をくぐり、三光院に入っていくと
初夏を喜ぶ緑の香りがふわーと薫ってきました。

 IMG_9373.jpg  IMG_9366.jpg




元々幼稚園だった建物で精進料理教室は行われています。



玄関で靴を脱いでいると、KMAに通われているTさんを発見~!
Tさんはご家族の体調をきっかけに、お料理やあらゆる代替医療などを
とても熱心に勉強されていらっしゃる方なのです。




一人で行ったので不安があったのですが、Tさんと一緒に座れて楽しい食事になりそう♪
席は4席づつのテーブル席で、椅子に座って食事をします。
私たちの相席にはおしゃれなおばあちゃま2人も加わり、賑やかになりました☆




まずは食事を頂きます。
その後休憩をはさみ、お料理の作り方を説明・デモしてくださいます。
デモとレシピのプリントは、季節のお料理3品だけでした。
その他のお料理は説明なしですが、質問をすると応えてくださいます。




一品ずつ、一番美味しい状態で持ってきてくれます。
その時に講師:西井香春さんの簡単な説明もあります。




最初に運ばれてきたのは、もなかとお抹茶。
  IMG_9324.jpg  IMG_9326.jpg



ご参加の方が揃う頃を見計らって、餡をつめたのだそうです。
皮の型押しの模様にもこだわりがありました。


上品なこし餡と塩気のアクセントが絶妙!





次にお煮しめ、煮梅、インドのうさぎ・・・と続きます。

 IMG_9327.jpg  IMG_9334.jpg  IMG_9338.jpg



インドのうさぎ?
白く優しい色と形がうさぎには似ているけど、なぜインド??



こちらの住職さんがつけた名前なのだそうです。
住職さんはお料理にセンスの良い名前をつけるのが得意!


このお料理を食べた時に、インドの神話に出てくるうさぎを思い出して
この名前をつけたのだそうです。


うさぎはある偉いお方の為に、燃え盛る火に身を投じて自身を捧げようとしてところ
そのお偉い方が救って差し上げ、うさぎを月に送ってあげたという話・・・



うさぎの純でまっすぐな心と、真っ白な豆腐のお料理が重なって
そのようなネーミングになったのだと思います。




なんておシャレなのかしら♪
お料理の名前や由来をきくことが好きな私は、すっかり感心してしまいました。




シンプルな白いお豆腐料理が
ぐっと存在感を増して、ただのお料理に見えなくなってきます~





フランス料理でも、ネーミングにこだわっているところがありますよね。


 “有明海でとれた新鮮な魚介にプロヴァンスの香りと夏野菜を添えて・・・”


とかなんとか書いてあると、お料理の想像を超えて
自然と一体になるような、大きなものに恵まれたような、
とても豊かな感覚を覚えます。




次のお料理の名前は「こがらし」

 IMG_9343.jpg




このお料理は茄子の形が平家物語を語る為の平家琵琶に似ていることが、ネーミングの由来です。


あるお寺に所蔵されている有名な平家琵琶の一つが「こがらし」という名前で、
このお料理を食べた時に住職さんがそれを思い出して、「こがらし」とつけたそうです。




講師の西井さんは
 
  「料理は食べるだけでなく、作る過程も楽しむものです。
  
   すり鉢の音に耳を傾けてみてください。
   野菜を切った時の香りを堪能してください。

   ネーミングも楽しんでくださいね。

   世の中全て早く動いていく中で、旬を大切にし、
   この時だけという自然のスピードも五感で感じてみてください。」


そういって、お料理の楽しみ方を教えてくださいました。




私達のテーブルはおしゃれなおばあちゃま達が精進料理に詳しかったので、
色々学びながら、女性4人でおしゃべりに花を咲かせてお料理を頂いていました。




お二人はとても上品なオーラをかもし出していて、
懐石料理のことや精進料理のことを色々教えてくださいました。
“先生”と呼ばれている片方のおばあちゃまが、何の先生なのか聞いてみました。

 「貴女たちが聞いたら驚いてしまうわよ。ご兄弟もそれはそれは有名なのよ~♪」

と言って、フフフ♪と二人で笑って答えてくださいませんでした。




他の参加者も、ウフフ、アハハ、と会話を楽しみながら食べていたら・・・



  「外のうぐいすの声が聞こえますか。
   お料理を食べ終えた後のお皿の絵にお気づきですか。

   おしゃべりはいつでもできます。
   自然と一体になりながら旬の味を楽しむことは今しかできません。

   ぜひ余すところなく、精進料理を楽しんでくださいね。」



という、西井さんのお言葉にハっとさせられました。



私はおしゃべり好きなので、それもお料理を楽しむためには大切だと思っています(笑)。

それとは別に
生きている素材を頂くという謙虚さや、
それを育んだ自然を敬う気持ちや、
作ってくださった全ての人に真摯な態度も、とても大切だと思います。




ごく当たり前のことかもしれませんね。
私は、ハっとした自分を客観的に見てみて、、、反省しました。

  
  

お料理は、一口吸い物、生麩のおでん、こんにゃくの天ぷら、生姜ごはんと続きました。

  IMG_9345.jpg  IMG_9353.jpg  
  
                       
IMG_9358.jpg  IMG_9365.jpg




一つ一つの素材の生かし方、お味のつけ方、盛り付け方、お皿の選び方・・・
学びつつ、味わいつつ、適度なおしゃべりをしつつ(笑)
お料理を自分の口までたどり着かせてくれた全てに感謝しながら楽しみました。






・・・・・



精進料理を学び始めて間もないですが
その奥深さと尽きることない面白さにどんどんひきこまれています。


と、同時に
生活のあらゆるシーン、マクロビオティック、合気道、・・・
などの中に共通点を見つけることも多くなりました。



根本に同じものが流れているんだな~と感じます。



陰陽とか、天地の流れとか、そういうものだとも思いますが
言葉では説明できないような、自然の壮大さも感じるのです。






収穫の多い一日。
美味しい一日でもありました♪





そそ、最後まで“先生”の正体は分からず。。。

 「またどこかでお目にかかれたら嬉しいですわ~」

と言って、二人のおばあちゃまは静かに去っていきました。

かっこいい~!!!





********************************************

昨日無事にテンペレッスンが終了しました♪
いらして頂いた13名のみなさま、ありがとうございました!

今日はあいにくの雨で気温が下がっているかと思います。

25度以下だと発酵しにくいこともありますので、
発泡スチロールで保温をするなど工夫してみてくださいね。

美味しいテンペができあがりますように・・・^^!!!


********************************************

いんげん七変化 3 

  IMG_9243.jpg  IMG_9248.jpg






七変化にちなんで、七通りのお料理をご紹介しようと思っていたのですが
さすがの大量いんげんも底をついてきました。





今日はオーソドックスな胡麻和え。





素材の味が生きます。






いんげんの胡麻和え

【材料】
 いんげん     10本
 白炒り胡麻    大さじ1.5
 しょうゆ      少々


【作り方】

 1、鍋にお湯を沸かし、いんげんを茹でる。

 2、盆ザルに上げ、水気を切って冷ます。適当な大きさに切る。

 3、フライパンを温め、ゴマを軽く炒る。
    *この一手間で風味がぐっと増します

 4、すり鉢にゴマを入れてすりこ木で優しくする。
    *100%ごまをつぶす必要はありません。8割くらいでOK

 5、しょうゆを加え、いんげんを混ぜ合わせる。







シンプルなお料理こそ、素材、調味料、調理器具、加える手間、自分の体と心の状態
などが反映してくると思います。





足し算と引き算が短すぎて、ごまかしがきかないんですよね(笑)。





茹で野菜、プレスサラダ、玄米ごはん、味噌汁、
などの日常のお料理がとても上手くいくと、勝手に自分の成長を感じたりします(単純)。




で、次の日にごはん焦がしたりするんですよね~^^;




日々学び、日々気付き。




**************************************
☆☆☆6月のレッスン☆☆☆

テンペを作ろう!テンペを食べよう!

・6月28日(土) 11:00~
・神谷町「メリッサ」
・テンペ菌と仕込みテンペのお持ち帰り♪
・¥5250


**************************************
















いんげん七変化 2 

  IMG_9243.jpg  IMG_9273.jpg





はい、今日もいんげん料理のご紹介です♪



いんげんと夏野菜でラタトゥユを作ってみました~



入れる材料はなんでもOKな煮込み料理は、オールシーズンいろんな素材で楽しんでいます☆



今はまだ涼しい日もあるので、温かいまま食べています。





夏野菜のラタトゥユ

【材料】
 いんげん   10本くらい(半分くらいに切る)
 玉ねぎ    中1個(大きめのさいの目)
 人参      1/2本(小さめの乱切り)
 ズッキーニ  1本(輪切り)
 パプリカ    1個(さいの目切り)
 
 しょうが        1片(みじん切り)
 オリーブ油      適量
 バジルやオレガノ  お好みで適量
 塩           小さじ1~
 しょうゆ        小さじ1
 ホールトマト缶    1/2缶分
 水           約1/2カップ




【作り方】
 1、鍋にしょうが、ハーブ類(乾燥だったら)、オリーブ油を入れて弱火にかける。
   良い香りがしてきたら玉ねぎを入れて炒める。
   時々塩を少々ふって甘みだしながら。
 
 2、玉ねぎが透明になって甘い香りがしてきたら、パプリカを入れる。
   2~3分炒める。
   残りの野菜を入れて炒め合わせる。

 3、ホールトマト、水、ハーブ類(生のもの)を入れて煮立たせる。
   ホールトマトはつぶしていれるか、鍋に入れてからトマトをつぶす。

 4、弱火にしてふたをし、約15~20分煮る。

 5、塩、醤油で味を調える。再度ふたをして約5~10分煮る。
   途中味見をして味を調える。

 

 ◆アレンジ◆
  ・味つけに味噌をつかっても美味しい~
  ・ハーブ類、香味材料はお好みで (にんにく、タイム、ローズマリーなど)
  ・夏は冷たく、涼しい時には温かく
  ・大量に作ったら・・・次の日そうめんに絡めたり、
               パスタと一緒に炒めたり、
               カレー粉を混ぜてカレーっぽくしたり、
               パンと一緒に食べたり、
               辛くしてみたり、・・・



またまたいんげん活用レシピでした。
明日も続きそうです。。。





**************************************
☆☆☆6月のレッスン☆☆☆

テンペを作ろう!テンペを食べよう!

・6月28日(土) 11:00~
・神谷町「メリッサ」
・テンペ菌と仕込みテンペのお持ち帰り♪
・¥5250


**************************************






 

いんげん七変化 

  IMG_9243.jpg   IMG_9286.jpg







先日、ナチュラルハーモニーさんのセールに行って来ました。





前にセールの葉書を頂いていたので、それを持っていくと
「野菜のつかみ取り一回無料!」という嬉しい特典がありました♪




たまねぎ、ピーマン、空豆、いんげんがあったので、いんげんとたまねぎにチャレンジ!
私はたまねぎ、彼はいんげんをつかみ取り!

  たまねぎは小さめのものでしたが、コロコロっと手から逃げてしまう~
  両手で約8個くらいとりました。

  いんげんは片手で。
  お店の人に促されるまま、彼が容赦なく手を広げてガシっとつかみました。
  写真を見てお分かりのように、たくさん取れました~♪
  
  うしろで並んでいたおば様に、「あら、良い助っ人ね~」と言われて
  ちょっと恥ずかしかったです・・・笑




もちろん、すべて無農薬です。




大量のいんげん。
いろいろなお料理にしてみました。




とても簡単でレシピというよりアイデアなのですが、一つずつご紹介いたします~!





いんげんのペペロンチーノ

【材料】写真の量
 いんげん     約10本(ななめ切り)
 にんにく     1/2片(みじん切り)
 唐辛子      1/2本(小口切り)
 塩         適量
 オリーブオイル  小さじ2


【作り方】
  1、火をつけない状態で、フライパンにオイルを敷いて、にんにくと唐辛子を入れる。

  2、弱火をつけ、徐々に温めてにんにくと唐辛子が焦げないように香りをオイルに移す。

  3、いんげんを入れて炒める。中火くらいで。塩で味を調える。
    少ししんなりしてきたらできあがり~♪





いんげんの歯ごたえがシャキシャキしていて、食べると口に初夏の香りが広がります!
にんにくと少しの唐辛子が食欲をそそり、ごはんにもお酒にも合うかも。




いんげんをななめに切る時に、切り口が大きくなるように切るとおしゃれな感じです。
パスタに混ぜてもいいですね~




脇役になりがちないんげん、こんな風にするといんげんだけで十分美味しい!!
ぜひ作ってみてくださいね♪




**************************************
☆☆☆6月のレッスン☆☆☆

テンペを作ろう!テンペを食べよう!

・6月28日(土) 11:00~
・神谷町「メリッサ」
・テンペ菌と仕込みテンペのお持ち帰り♪
・¥5250


**************************************










KMAでの一日 

  IMG_9292.jpg

  IMG_9298.jpg  IMG_9297.jpg

写真:もちきびのトルティーヤ、アマランサスのサラダ、アボカドディップ、フムス、
    ライスコロッケ、オートミールプディング、ブラックビーンスープ





今日はKMAに見学に行ってきました。



午前中のクラスは1dayクラス、夜はパトリシオ先生のレクチャーでした。






今日の1dayは「穀物料理でメキシカン♪」、濱田瑞穂先生でした。

瑞穂さんはとても経験豊富!
アメリカのクシハウスに3か月滞在し、その間久司先生について
講演会やKIに行ったりして勉強されていました。
有名人のプライベートシェフやご病気の方にお料理をされていたこともあるのだそうです!



瑞穂さんがかもし出す穏やかな雰囲気と素敵な笑顔は、そこにいる人全てを包み込むような優しさ♪




お料理はインターナショナルな経験をふんだんに生かしていて、
どれも簡単なんだけど、新鮮な美味しさでした!

  もちきびを挽いて粉にしてトルティーヤに入れたり
  コーンをつぶしたり
  オートミールを煮てプディングにしたり
  アマランサスのプチプチを生かしてキャベツと混ぜたり
  ・・・


などなど、興味深い工夫がいっぱい!





瑞穂さんはKMAでのクラス担当は今回が初めてでした。
次回のクラスも乞うご期待です!!!






・・・・・



夜はパトリシオ先生のレクチャー。
今日はBasic2の最終日でした。




テーマは・・・

 「食事をどのように合わせていくか?」
 
  性別に
  地理に
  社会環境に
  年齢に


陰陽、食材、調味料、調理方法・・・
様々な観点から調節することができます。





例えば家族でお住まいの方の調整は
 
 男性にはちょっと味を濃くして、ボリュームも多めに・・・
 女性には味は薄めで、葉物などのフレッシュなものを多く・・・
 子供には陰性の穀物料理で、塩分は少なめに・・・
 高齢者には柔らかくして消化によくし、カルシウム豊富なものを・・・



などなど、いろんな工夫なできますね。





これから季節は暑い夏に向かいます。
陰性よりの食べ物で、調理方法も陰性よりにして、体をクールダウン!!





でも、冷房で冷える時期でもあるんですよね。。。





生徒さんから冷房で冷える環境にいる場合の調整法について質問がありました。
パトリシオ先生の話でとても印象に残ったのが、



  「体の声を聞くこと




具体的にたくさんの情報を頭に入れて自分の体に合うものを探っていくことも大切です。
ですが、頭がでっかちになりすぎると体の声や直感も脳で考えてしまって
体が欲していないものを食べて、体に無理をかけていることもあると思います。




夏だし外は暑いからと言って、陰性の冷たい甘ーいデザートを食べていると
冷房の室内に入ったとたん、冷えに悩まされることになったりします。




夏は陰性のものを食べてクールダウン、ということだけで決めずに
体の状態を観察して、負担をかけないような質の良い陰性さを摂る事が大切ですね。





私は夏になると、甘酒をよく作ります。



玄米麹がなかなか手に入らないので、私はスーパーで普通の麹を買ってきて作ります。
気温が高いと土鍋で発酵も簡単できますし、栄養価も高い!



たくさん作って冷凍してしまいます。
暑い日には冷たいままちょっと薄めて飲むと、体を適度にクールダウンしてくれます。
果物を入れて一緒に凍らせて、シャーベットにしても美味しい♪





フルーツも良いですね~
マクロスウィーツばかりでなく
素材そのものが季節を取り入れているフルーツもおすすめです。






そうそう、帰り道にビワを買ってきました。
季節を味わいます♪





**************************************
☆☆☆6月のレッスン☆☆☆

テンペを作ろう!テンペを食べよう!

・6月28日(土) 11:00~
・神谷町「メリッサ」
・テンペ菌と仕込みテンペのお持ち帰り♪
・¥5250


**************************************

忘れてはいけない 

  IMG_9259.jpg  IMG_9263.jpg

  IMG_9260.jpg  IMG_9268.jpg

写真:左上ー「不都合な真実」DVDのパッケージはすべて紙で作られています。
    左下ー私にできる10のこと(下記で紹介)




昨年の2月に映画「不都合な真実」を観ました。





こうしている今も、
地球上での私達の活動によって二酸化炭素は大量に排出され続けていますし
それによって環境破壊も進んでいます。





先日、この映画のDVDを買いました。




地球温暖化という言葉が当たり前になってくると、
初めてそれを知って影響を感じた時のショックと
その後自分なりに進めてきた「温暖化対策」が少しなあなあになってきて・・・




いまだ日本が目指しているCO2排出量の値には達していません。




まだまだ努力する必要はありますし、私の生活でもまだまだ努力できる余地はあります。




改めてこのDVDを見て、背筋が伸びました。




未公開の映像がいくつかありました。
映画公開以降に分かったこと、変わったこと、メイキングシーンなどが入っていました。

  気温上昇
  ハリケーン・台風・サイクロン
  山火事
  氷河が解ける
  人口増加
  地表の水分
  永久凍土の決壊
  ・・・


様々な視点から地球温暖化の新たな影響を話しています。




食の問題も関係していますし、それは燃料の問題にも関連づいています。




「風がふくと桶屋が儲かる」というように、
一見なんの因果関係のなさそうなことでも、つながっているのですね。





悲観する事実ばかりではありません。

映画公開後、アメリカでは世論が大きく変わり、もちろんその他の国々でも
政治家、宗教指導者、財界人、俳優、企業のトップ・・・
あらゆる人々が地球温暖化対策に取り組んでいます。





そしてもっとも大切なのは、「一般の人々の意識と行動だ」とゴア氏は言っています。





温暖化が引き起こした事実を知り、家族や友達たちと話し、
自分達の生活中でできる対策をすぐにでも始めること。




自分達が作り出した状況」を「自分達の努力で良い環境にしていく」という意識をもっともっと広めていきたいと思います。




  We just have to summon the will to act ! ! !
    by Albert Arnold Gore, Jr.



 ◆省エネルギー型の電化製品や電球に交換しましょう

 ◆停車中はエンジンを切り、エコ・ドライブをしましょう

 ◆リサイクル製品を積極的に利用しましょう

 ◆タイヤの空気圧をチェックしましょう
   車の燃費基準を上げれば、無駄なエネルギー消費を防げます

 ◆こまめに蛇口をしめましょう
   水道の送水に使用されるエネルギーを削減することができます

 ◆過剰包装、レジ袋を断りましょう
   買い物はリサイクル・エコ・バッグを使いましょう

 ◆エアコンの設定温度を変えて、冷暖房のエネルギーを削減しましょう

 ◆たくさんの木を植えましょう
   一本の木は、その生育中に1トン以上の二酸化炭素を吸収することができます

 ◆環境危機について、もっと学びましょう
   そして学んだ知識を行動にうつしましょう
   子供達は、地球を壊さないで、と両親に言いましょう

 ◆映画「不都合な真実」を見て地球の危機について知り、友達に勧めましょう




**************************************
☆☆☆6月のレッスン☆☆☆

テンペを作ろう!テンペを食べよう!

・6月28日(土) 11:00~
・神谷町「メリッサ」
・テンペ菌と仕込みテンペのお持ち帰り♪
・¥5250


**************************************

テンペを作ろう!テンペを食べよう! 

  IMG_6631.jpg  IMG_6275.jpg

  IMG_6277.jpg  IMG_6068.jpg







久々のレッスンです♪



テーマはテンペーーー!!!
大好きな食材です。




テンペを作って、テンペを食べて、テンペを知って、テンペ菌を持ち帰って・・・
という盛りだくさんの内容です。



さらに、テンペ菌をまぶして仕込んだ大豆もお持ち帰りしていただきますので、
ご自宅で発酵させてくださいね♪




詳細を下記に記載します。
(レシピは昨年Natural Flowで開催したクラスと同様です。)




**********************************************************************
◆◆◆テンペを作ろう!テンペを食べよう!◆◆◆  講師: 小堀真紀子


【日程】 6月28日(土) 11:00~13:00


【内容】
     ・大豆を煮てテンペを仕込む
     ・テンペについての話(栄養、特徴、バリエーションなど)
     ・お料理
      ◇素揚げテンペのおろし添え
      ◇きのことテンペの照り焼きゴハン
      ◇テンペとナッツのクランチサラダ
     ・テンペ菌と仕込んだテンペのお持ち帰り♪

【場所】オーガニックカフェ メリッサ(神谷町駅から徒歩3分) 



【受講料】 ¥5,250


【お申し込み先】  TEL 03-3587-1831
            FAX 03-6416-0319
            MAIL info@organic-melissa.com


【持ち物】 エプロン、三角巾、筆記用具、必要な方はタッパーなど



*********************************************************************






皆さまのお越しを、心よりお待ちしております!






ナチュラルハーモニーのセール♪ 

  IMG_4060.jpg

写真:シアトルのマーケットにて






いつもお世話になっている自然食料品店のセールをご紹介します♪




 お店: ナチュラルハーモニー Natural Harmony

 場所: 東急東横線 学芸大学駅 徒歩5分
     東京都世田谷区下馬6-15-11

     *詳しい地図はお店の名前をクリックして、ホームページをご覧ください。


 セール期間: 6月12日(木)~14日(土)


 営業時間: 11:00~20:00(月~金)
         10:00~20:00(土)






こちらのお店では野菜、調味料、大豆製品、乾物、などの食べ物の他、
生活用品や化粧品も販売しています。



自然栽培野菜も、もちろんありますよ~



野菜には一つ一つ自己紹介とも言うべき札がついています。

  どこの誰が育てたのか、
  肥料は使ってるか、
  肥料の種類は何か、
  自然栽培をどのくらいの期間実施しているのか、
  種の種類は何か、
  
  ・・・


ナドナド、たくさんの情報を見せてくれます。




このお店では、毎週土曜日にも野菜10%割引セールをやっています。
今日からのセールでは、野菜だけでなくて
その他の商品も日替わりセールをやるようです♪




行かれる際は、お買い物バッグを忘れずに。
袋は有料です。





私も大きなエコバッグを持っていこーっと!








九星気学を学んでみませんか♪ 


  IMG_7844.jpg

写真と記事は関係アリマセン





G-Veggieさんのクラスをご紹介します♪




私は九星気学を大自然のデータのようなものだととらえています。
アメリカのKIでは九星のクラスになると、みんな身を乗り出して聞いていました。
外国人にもとても人気!



ハンガリー人の友人は「九星を学んでからビジネスを始めるの♪」と言って、
いつもクラスを楽しみにしていました。
彼女はビジネスパートナーを見つけるのに九星の知識を使っていました。




日々の生活、引越し、仕事、旅行・・・色々なシーンで活用できる九星気学。
宇宙のダイナミックを知ることで、マクロビオティックライフの視野も広がるはずです♪



下記に詳細を記載しますね。





************************************************************************





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 G-veggie九星気学コース 第二期生募集のご案内

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

九星気学はパワフルに生きるための究極の開運学!!
運命に惑わされることのないよう、自分の幸運・不運のリズムを学び、
簡単に実践できる九星気学を基礎から学べる月1回1年間のコースです♪

九星気学とは…
古来より中国に伝わる学問で、
マクロビオティックでもおなじみの「陰陽五行説」に強く影響されて確立されました。


九星気学はマクロビオティックと密接な関係があり、
クシ・インスティテュートでも重要な科目の一つとして教えています。

 
マクロビオティックとは天地自然の理にのっとり、
心と身体の喜ぶ食べ物を選択していく智恵を学んでいくことにより、
身体の中のエネルギーいわゆる「気」の流れを良くして健康になることをですが、


九星気学は身体の外、つまり私達を取り巻く環境の気の流れを理解する学問で、
自分の「気」の流れを地球上の「気」の流れに合わせることによって
体内バイオリズムを安定させ、良好な運気を身につけるというものです。


自分の気の流れを判断する基準として生まれた年から本命を、
生まれた月から月命を知ることができます。


九星気学では「運」というものは自然界に存在するバイオリズムに対して、
その人のバイオリズムが一致しているかどうかで判断します。


バイオリズムに合った行動をすれば良い結果に導かれ、
バイオリズムに反した行動をすると悪い結果になってしまうと考えられているのです。




たった一度しかない大切な人生を有意義に過ごすために、
マクロビオティックを実践して健康な心と身体をつくり、
九星気学を学んで自然界のバイオリズムを理解し、
毎日をもっと楽しく幸せにしてみませんか?




【講師紹介】阿部多江子先生
株式会社自然治癒力研究所 
代表取締役NPO法人「おむすびママの会」理事長
朝日カルチャーセンター 講師 
G-veggie九星気学コース 講師
http://mother-taeko.com/plofile.html



【授業の内容】 
第1回 九星気学とは何か ~歴史、本命、月命の求め方、九星の相性、相克関係
第2回 気学用語を覚えよう~九気の特徴、吉凶用語の解説
第3回 気学の分類&判断法~九気星性格の特徴、男女の差
第4回 祐気取り実践法  ~年、月、日、時盤の算出法、祐気取りの方法
第5回 気学活用法 ~仕事、人間関係、恋愛に活かす九星気学
第6回 気学現象  ~旅、転居、転職etc…移動によって生ずる現象
第7回 手帳をフルに活用して、今年の運気をアップする方法
第8回 これからの人生の道しるべとしての手帳の活用法
第9回 お水取りの時間と場所を割り出す方法/関東近県のお水取りのポイント
第10回 毎日のコンディション、ラッキー方位、時間の割り出し方
第11回 陰陽五行と九星気学をマクロビオティック・ライフに活用する方法
第12回 総まとめ
※内容は受講生の方の理解の度合いによって変更する場合がございます。



【募集の内容】
★土曜クラス&火曜クラス(2クラス)の開講となります
 土曜クラス 7/19、8/23、9/6、10/4、11/1、12/6(全12回)
 火曜クラス 7/22、8/19、9/2、10/7、11/4、12/2(全12回)
※2009年1月以降の開講日は11月にお知らせします。
※振り替えて授業を受けることができます。
※欠席した場合はDVDに録画したものを有償(2000円)でお分けしています。

★時 間 
 土曜クラス 17:00~20:00(3時間、講義のみ)
 火曜クラス 14:00~17:00(3時間、講義のみ)

★定 員 各クラス22名
★受講料 一括105,000円(税込み)/ 2回分割 57,750円×2回(税込み) 


【お申込み方法】
本日より受付、先着順で受付させていただきます。
受講をご希望の方は、メールまたはFAXで、
氏名・住所・電話番号・生年月日・希望のクラス・お支払い回数をお知らせくだ
さい。



メール macro@g-veggie.com
FAX 03-3734-4788



※お申込みいただいた場合、必ず翌日までにお返事をいたします。
 もし返信がない場合には、お手数ですがご一報いただけますようお願いいたします。 



九星気学を一年かけてじっくり学び、
思う通りに生きられるパワフルな人生を手に入れてみませんか?

お申込みお待ちしています♪



***********************************************************************

田舎日記 

  IMG_9180.jpg  IMG_9197.jpg

  IMG_9181.jpg  IMG_9183.jpg







写真左上・・・ジャガイモときくいも

  先月に植えたジャガイモときくいもがこんなに大きくなりました!
  芽が出た時の記事はコチラ
  
  台所の隅で眠っていた芋たちが、ここまで育って次の生命をつなぐなんて・・・!
  
  
  上に大きく伸びたら、下の土を山のようにかぶせて補強してあげるんですって。
  小さなクワで周りの土をちょっとすくって柔らかくして、根元にかぶせていきます。


  一つの種芋から、5~7本くらいの茎が出ています。
  それを4本くらいに絞ってその他を抜いてしまい、残った茎の芋を丈夫に
  大きく育てるようにします。


  細い茎を引っ張ってみると、小指の爪くらいのちっちゃな芋が出てきました~
  かわいいーーー♪
  
 
  7月の収穫が楽しみです!







写真右上:栃木県益子町のJAMU LOUNGE

  IMG_9195.jpg  IMG_9193.jpg


  久々にジャムラウンジに行ってきました。


  栃木県に何件かしかないマクロビオティックのお料理が食べられるお店です♪
  相変わらずかわいらしい店内。
  どっしりとした益子焼きにのせられたお料理は、どれも一手間が嬉しい品々でした。


  カレーも野菜の甘みとスパイスの辛味が良い味をだしていました~


  彼のお母様がグアテマラからいらしていたので
  ご近所観光ということで益子にお連れしました。


  ひょうたんをくりぬいて作られたランプに感動されていました♪
  

  彼のお母様は歴史・考古・民族関係の翻訳をされたり、
  グアテマラの伝統的な織物を復活させて、現地の人々に教えたりしています。
  

  織物は本当に昔ながらの方法で作っているようです。
  綿花を家の畑で栽培し、そこから糸をつむぎ
  手動のハタオリ機で織っているんですって~
  

  綿から栽培しているなんて、すごいっ!!!


  グアテマラの人々は昔から織物をしていますが
  最近はどのように織るのか忘れてしまっている人も多いようです。
  

  彼女はその伝統を大切に守り、現地の人々に指導し
  伝統的な織物文化を復興させています。




  おばあちゃんに織物の話をしたら、「昔は当たり前のこと」。
  私の世代だと、多くのものは「出来上がったもの」として受け入れ
  「出来上がるまで」の長い行程を見ないで育ってきているんだな~と
  改めて感じました。




  グアテマラでもひょうたんはたくさんあるようなので
  「このアイデアもグアテマラの人々に教えられるかも!」と言って嬉しそうでした。


 



写真下:那珂川にかける簗を作っているところ

  那珂川の河川敷に鮎を食べに行ってきました。

  夏になると、この川に簗と言われる仕掛けがかけられます。
  川の瀬を両岸から石や竹などでせき止めて流れを中央により集め、
  そこに竹で作った簾を張り、流れを上り下る魚をその上で捕らえるものです。

  今はその仕掛けを作る準備段階です。
  おじさまが何人か集まって仕掛けを作っていました。
  
  山から何百本も竹を切りとってきます。
  それをナタで割いて、縄で縛ったり
  細く割いたものを編んでカゴを作ったりしていました。

  おじさまたちに「この方法は他の人たちは知っているんですか?」と聞いたら
  「俺の息子も知らないよ。みんなやりたがらないからね~」
  と言って笑っていました。

  
  後継者がいないのです。


  こういった状況はここだけではないと思います。
  父も「近所の神社のしめ縄を作れる人がいなくなってしまう」と心配していました。
  

  


・・・・・・




  伝統的なものを失うことは、ある意味この社会の流れとして
  避けて通れないのかもしれません。

  


  私は自分ができる分野を通じて、伝統や原点を受け継いでいきたいなと思いました。





  

愛しのハナダロッソ♪ 

  IMG_6985.jpg  IMG_9169.jpg

  IMG_7939.jpg  IMG_7115.jpg








花田美奈子先生がプロデュースしているお店が、目黒区の祐天寺にあります。




ハナダロッソ
最寄り駅は東急東横線の祐天寺駅です(渋谷から各駅停車で約6分)。





家から歩いて行けるので、よくお世話になっております。
ご近所だから、玄米菜食だから、だけでなく美味しいのです~♪

 ベジバーグは定番メニューで、大好きです!
 体のお掃除には竹墨のパスタ(たまに登場します)~ 次の日ビックリです^^
 夜もちゃんと玄米とスープとメインが食べれらて、バランスばっちり。




見た目の華やかさは、さすが花田先生。
そして昼も夜もバランスのとれたメニュー、嬉しいボリューム♪、男性にも喜ばれるお味、
でも決してしょっぱすぎない。
手間ひまかけてソースなども作り、ちょっとしたところにも小技を利かせているのがわかります。




そしてそして、美味しいだけでない。
素材にもこだわっているのは勿論ですが、花田先生の心意気が好きです。
下記↓ハナダロッソにおいてあるお店の紹介記事から抜粋・・・



  そして、なぜ私財を投じてこの仕事続けるか・・・
  「私は、これからの世代にちゃんとした食を残したい!
   だから美味しく、彩り良く、おしゃれじゃないとダメなの!!
   それが昔、洋食グルメを広めてしまった、私の償いなの・・・」




あらゆる「名店」を海外から輸入し、プロデュースを続けてこられた花田先生。
世間の美食ブームを作り出し、社会現象を起こした高級外食。
その償いと言って、美しくて美味しいヘルシーな玄米菜食を広めていらっしゃいます。





社会的な責任は、誰もが持っているものだと思います。





その責任を素直に受け入れて、ウソをつくことなく
人と社会と自然の動きをよく観察しながら自分の歩むべき道を進む人って
すごいな~と感心してしまいます。




ウソがない、正直っていうのも、このお店の好きなところです。





お料理にオーガニック食材や調味料を使っているといっても、100%は難しい。
家で自分が選んだ食材でお料理する時でも、限界を感じます。




無農薬栽培やオーガニック栽培をしている農家さんが圧倒的に少ないのです。
その現状を、隠さずに公表し、そして「美しくて美味しいお料理」を通じて
農家や食料を供給している状況を社会に向けて発信しています。




スタッフの井上さんはしょっちゅう千葉の農場に出向いて、野菜の状態をチェックされています。
育てている状態を見て、自分達で食べて、お客様に美味しい状態でお出しする・・・

自慢の食材が入ると、プレートメニューのサイドメニューにも登場します。


  この野菜、なんだかわかりますか~?
  昨日農場で取れたんですよ。
  天気が良かったから、良い状態で育っているんです♪



なんて、井上さんやシェフからお話されることもよくあります。
気に入ったメニューがあると、何が入っているかを聞くのですが
井上さんはいつもちゃんと把握していらっしゃいます。



これって、当たり前のことかもしれませんが
手作りでなかったら何が入っていて、何で味がついているかも分かりませんよね。




こんなハナダロッソが、私はとても気に入っています♪
もちろん、他にも素晴らしいお店はたくさんあります。

 
 我やさんもお気に入り~
 先週も行きました♪

 アカデミー下のマルシェも好きだし、神谷町のメリッサは雰囲気抜群です~
 表参道ではブラウンライスカフェやクレヨンハウス、ピュアカフェではよくお茶します。

 カフェエイトは中目黒を散歩しながら休日のブランチに♪
 アスカやベースカフェにはまだ行ったことがなく、早く行きたーい!



身近なお店はこんなところですが、書ききれないくらいたくさんのお店が
社会に向けて素晴らしい「食」を広めていっています。
 




気持ちよく、安心して外食ができるお店がもっともっと増えていってほしいなと思います。







*レシピ* かぼちゃと小豆のお饅頭 

  IMG_7250.jpg







焼いた粉のお菓子がとても好きなのですが、
春以降は蒸した粉のお菓子の優しい味にはまっています。




お菓子というか、おやつですね。
お饅頭は簡単に作れておいしいので、大好きです!




和のおやつって、シンプルな材料でできるのが気に入っています。
洋菓子と比べて、の使用量が全然違う。





蒸すと、油を使わなくてもしっとり優しい仕上がりになります♪





マフィンやパウンドケーキも、油の量を減らして生地を作って蒸してみると
焼いたものよりもしっとりフンワリとして、体に穏やかなお菓子ができます。





今日は、お饅頭をご紹介します~!
かぼちゃを入れたバージョンです。





小豆かぼちゃを作った残りものでもできますよん♪
色々アレンジしてみてくださいね~






かぼちゃと小豆のお饅頭♪ 

【材料(約6個分)】 

  地粉           150g
  てんさい糖        20g
  ベーキングパウダー  小さじ1
  水             大さじ3
  かぼちゃ        100g(皮つきで蒸す)

  小豆            ½ カップ
  レーズン         ¼ カップ(みじん切り)
  米飴           大さじ2
  水             250cc
  昆布           一片
  塩             一つまみ     
   

【作り方】
 1、圧力鍋に小豆、水、昆布を入れてふたをし、火にかける。圧がかかったら弱火にして
   約20分煮る。
   圧が下りたらレーズンと米飴を加えて混ぜ、火にかけて煮詰める(中の餡になる)。
      
 2、ボールに地粉、てんさい糖、ベーキングパウダーを入れて混ぜる。
   かぼちゃは皮をとり、水を混ぜ合わせてなめらかにする。
   上記二つを混ぜ合わせ、生地を作る。

 3、蒸し器を用意し、蒸気を上げておく。
   生地を6等分する。手の平に広げて1の餡を入れて形成する。

 4、蒸し器に並べ、蒸気が上がった状態で約10分蒸す。
 










Body Work 

  body1.jpg  IMG_0195.jpg

  body2.jpg  IMG_0320.jpg

写真:アメリカの指圧のクラスで使った模型
    右下ーNYのSOHOにある無料で使える瞑想ルーム







今日はレベル2シティスタイルの見学に行ってきました。






調理実習やレクチャーではなく、ボディワークの日でした。





アメリカのKIでも学ばれた中川美恵先生が教えてくださいました。

美恵さんは普段は小淵沢のKIJのスタッフとして働いていらっしゃいます。
その他にもアカデミーの講師もされており、その上東京の東洋医学・整体の学校にも
行っていて、とても勉強熱心な先生です。



美恵さんは、いつもその真摯な姿勢でとても良いクラスを作り上げているので、
今日も勉強を兼ねて見学をさせて頂きました。






アメリカのKIでのクラスでは、「指圧 SHIATSU(ボディワーク)」の時間をかなり多くとっています。


初めは「マクロビオティックって、主に食べ物のことじゃなかったのかしら?」
と、思っていたのでたくさんのボディワークのクラスに驚いていました。




マクロビオティックは単なる食事法ではなく、生活全体のことなんですよね。




エネルギーは食べ物や空気などになって体に入ってきます。

 料理だけに熱中しているだけ
 勉強して知識を頭に入れるだけ

というように偏っていてはエネルギーは上手に体に入ってきません。




日常生活の偏り、ゆがみ、クセによってできた滞りなどが体にたまっています。




ボディワークをすることで、そのトドコオリをなくし
日々の生活の中で体を動かすことでエネルギーの循環を良くすることができます。




知識も頭に溜め込んでいるだけでは滞ってしまいます!
行動にうつす」というエクササイズをすることで、そのエネルギーは高まっていくんだと思います。




私はアメリカのKIでSHIATSUのクラスを受けるまでは、
「食べ物だけでどうにかなる! 食べ物だけ変えれば体はキレイになっていく!」
と、思っていました。



でも体を動かすこと、体を動かしてあげることを大切に行うと、
食べ物と同じくらいの効果をもたらしてくれるのだと気付きました。




例えば、お腹をのの字にさすること。
 へそから下に行き、右に行って上行結腸を上がり、横行結腸を横になぞって、
 左の下行結腸を下がります。


これを丁寧に行うだけでも体の自然治癒力を高め、
不調に感じていることの半分くらいは改善されるんだそうです。






あと簡単にできるボディワークとしてご紹介したいのが
足と手のマッサージです。



足先、手先は体の内臓の奥に対応していると言われています。

 足の指を一本一本マッサージして足の裏を刺激します。
 手の指、手の平も同様にマッサージします。


内臓の奥までは手が届きませんが、足・手の先は簡単に触れますよね。
内臓は弱ってきたり機能が低下すると固くなるようです。


肩こり、肝硬変とか、コリや硬いって言葉が使われますよね。
筋肉や内臓が固くなるということは、生命である「流れ」が阻害されていくということ。
体のどこにもコリやシコリのない、柔らかな状態が健康であるしるしとも言えるのでしょう。




私は人が多いところや混雑しているところにいると、
肩がこったり体がこわばるように硬くなるのを感じます。



そういう時には、カフェでお茶したりのんびり座れるところに行って深呼吸をすると
ほぐれていくのが分かります。



NYのSOHOのあるビルに瞑想できるスペースがあって、
(ごめんなさい、住所は忘れてしまいましたっ)
買い物や散歩に疲れた時によく利用していました♪



ふかーく、ながーく呼吸をすると、自分の体の隅々に空気が行き渡って
細胞一つ一つにエネルギーを与えてくれます。




自分の内面を見つめることで、体の偏りや滞りに気付いたりします。




合気道を始めてから、呼吸をもっと大切にするようになりました。
ちょっと疲れた時、深呼吸もおススメですよ!!!








・・・・・


先日、おじいちゃんの記事を書きました。



その際はたくさんの方にご心配頂き、皆さまの心温まる優しい言葉をありがたくいただきました。
ありがとうございました!



今現在、まだ病院にいますが日に日に回復しています☆

 私の顔も見えるようで、行くとくしゃくしゃの笑顔を見せてくれます
 ゴハンは柔らかいものを食べています
 起き上がって手をしっかり握ってくれます




ここまでくるのは平坦な道のりではありませんでした。




あの記事を書いてから2週間後、また人工呼吸器をつけることになってしまいました。
いきなり心臓が止まってしまったようです。



看護師さんがすぐに気付いてくださり、心臓マッサージをしたら
どうにか命がつながりました。



また、人工呼吸器。。。




その時は家族もかなりへこみました。




私は私ができることをしてあげよう!と思い、おじいちゃんの手を足をマッサージしてあげました。
 
 手の指を一本づつ、手のひらをすこし刺激して
 足の指をつまんでもんで、足の平も押して



少しでも、おじいちゃんのエネルギーが元気に巡るように・・・
私のエネルギーがおじいちゃんに入っていくように・・・





そんな私を見ても、母は弱気でした。
看護師さんに弱音を吐いて、「もうだめかしら・・・」と言ったら

  「おじいちゃんは意識はないですが、人工呼吸器が苦しいので薬で強制的に
   眠っているだけです。
   声かけてくださいね。手を握ってあげてくださいね。伝わっていますよ。」

と、看護師さんは笑顔でこたえてくれました。




母は一気に明るい顔になって、私と一緒にマッサージを始めました。
母は「縁起でもない事言ってごめんね~」と言って、怒ると怖いおじいちゃんの
機嫌をとりながら、二人で笑っておじいちゃんの手足をマッサージしました。




その3日後くらいに、おじいちゃんの呼吸がしっかりしてきて
人工呼吸器が取れたのでした。




今もお見舞いに行くとマッサージしてあげます。
しばらく歩いてないので、足の平だけでなくふくらはぎの方も軽くもんであげます。





 心臓が弱いからどこのツボを押せばいいのだろう?
 肺も弱くなっているから、肺のツボも押さえて・・・
 糖尿の気があるからすい臓も?肝臓も?腎臓も?


と、難しいことを考えたらキリがありませんっ。




要は、おじいちゃんが気持ち良いことが大切♪




おじいちゃんの嬉しそうな顔、笑い声、気持ちよさそうな寝顔・・・
それを見れたら私は大満足です☆




人に指圧をしてあげる時、技術やテクニックも大切だけど
相手を思いやる気持ち」はもっと大切だと教わりました。





相手の状態を知って、相手の表情や体調を見ながら
丁寧に手を当てます。
痛い?弱い?強い?など、コミュニケーションをとりながら行うと良いですね。




今月は父の日があります。
お父さんにやってあげようかな~




お父さんの背中なんて、最後にいつ触ったかしら?
手や足なんて、間違って触れてしまうくらいかも(笑)!