スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジル:食べ物観察 

  IMG_3121.jpg  IMG_3222.jpg

  IMG_3230.jpg  IMG_3231.jpg
写真:左上ーマクロレストラン「SATORI」にて。デコレーションされたマクロ料理!
    右上ースーパーでみつけた巨大なナス。
    左下ービュッフェ大好き!
    右下ーきゅうり巻き、にんじん巻き、イチゴ巻き!




ブラジルの食べ物はとても「豊富」です。




種類も量も。





広大な土地を持ち季節も豊かなので様々な農作物がとれます。
もちろん農作物だけでなく、家畜も盛んです。
牛・豚・鳥の肉に加えて、乳製品や卵もよく食べているようです。




ブラジルの代表的な料理の中で、私達がよく食べたのは
 
 ファイジョアータ・・・豆と肉の内臓の煮込み
                         肉類が入っていないものもあります

  IMG_3088.jpg

 
 ごはん・・・白米と動物性の出汁で炊いてある
 
 ファリーニャ・・・白い粉、マンジョカ( キャッサバ)という芋を細かくして
          粉にしたものを乾燥させたもの
          ファイジョアータの汁にかけて食べたりする

   手前の塩の隣。卓上調味料がこんなにたくさんありますっ!
   IMG_3045.jpg


 揚げバナナ・・・バナナに薄いパン粉をつけて揚げたもの




あとは料理ではないですが、フルーツもよく食べます。
朝食についてくる代表選手がパパイヤ、バナナ、スイカ、
みかんのようなオレンジ、パイナップル。

飲み物は、濃いコーヒー、コカコーラをよく飲んでいる人を見かけました。




私達の朝ごはんは、ホテルの朝食ビュッフェに始まります。
ランチタイムもビュッフェのレストランが多く、
夜もシュハスカリア(churrascaria)という串刺し肉の炭火焼に加えて
野菜料理などが並ぶビュッフェスタイルのお店が多いのです。



昼の簡単なビュッフェのお店だと、一人約300円くらいで食べ放題できます。
(↓プラス肉料理もあります。)
  IMG_3263.jpg  IMG_3264.jpg  


夜はちょっと豪華に、生演奏つきの一人約1300円のビュッフェを食べました~♪
本当はシュハスカリアなのですが、「ベジタリアン」と言ったら半額にしてくれました。
生野菜だけでなく、中東料理のフマスやババガヌシュ、
豆料理、豆腐、マリネなどなど、たくさんありました。


イチゴの細巻きにはビックリ!
口の中でイチゴと酢飯がケンカして、食べにくかったな~^^;

  IMG_3232.jpg  IMG_3233.jpg  IMG_3234.jpg  IMG_3235.jpg



一日中食べ放題状態。調子に乗ると太ります。。。
ほとんどの店は時間制限がないので、ゆっくーり味わうことが出来ます。


食べ物が豊富だからなのか、
食べ残しをしてもあまり気にしないみたいです。




しかしながらみんなよく食べる!!!
それでいて若者は細くてスタイル抜群の人が多い!!


肉料理も豊富でよく食べるけど、野菜も豆もたくさん食べるし、
よく動くから体系を維持できるのかな~




ふくよかな人も見かけましたが、
欧米人と比べてふくよかな部分が違うことが気になりました。


逆卵型のような、胸やお腹までは非常に大きいのですが、
腰の辺りからすぼんでいく感じの人が多いなと思いました。




You are what you eat.というけれど、
野菜もフルーツも何でも大きいからかな?
遺伝子組み換えかと思うくらい、大きい野菜が多いです。


卵をよく食べるからかな~?
実際卵はよく食べられています。
そのまま焼いたり、オムレツにしたり、プリン(コンデスミルク使用で濃厚!)にしたり
シフォンケーキにしたり。


朝から夜まで何かしらに出てきます。
私も避けることが難しかったので、よく食べました~。



久々に食べると、そのエネルギーをよく感じることができます。
中東あたりからフルーツばかり食べていた私は、ちょっと弱っていたので
卵でいい陽性さを手に入れた感じ!!



陰陽はこうして使わなくっちゃ♪
旅に出てから、マクロの広く大きな可能性を体で感じています。
そしてマクロの知恵に心から感謝する日々です。





南米のマクロと言えば、
ブラジルから広くマクロを広めた菊池富美雄氏がいらっしゃいます。
(皇太子さま、ブラジルの大統領、菊池氏、2008年6月)
 IMG_3123.jpg


久司氏がアメリカを中心にご活躍されているように、
南米のマクロやベジタリアンの世界で菊池氏はとても有名な方です。



ブラジルではマクロやベジのレストランがけっこうあります。
こちらのサイトを参考に、ホテルに近かったSATORIに行ってきました♪


お店はビルの2階にあります。
(1階には看板がありません)

昼のメニューは定食の一種類のみで、
おかず少なめだと約500円、多めだと約750円です。


その他には味噌、醤油、梅干、タヒニ、
手作りパン、豆腐パイなどのスナック、簡単なデザートも売っていました。


キッチンにいらしゃった方はみなさん女性で、
おしゃべりしながら楽しそうに作っていました。

 IMG_3100.jpg  IMG_3102.jpg



この日のメニュー
 ・圧力鍋で炊いた玄米、白ゴマのごま塩
 ・小豆かぼちゃのスープ
 ・ごぼうと玉ねぎのきんぴら
 ・春雨、わかめ、きゅうり、白ゴマの酢の物
 ・油揚げとウリの煮物
 ・茹でた青菜の塩もみ
 ・バルガー麦のサラダ(オリーブ風味)
 ・ブロッコリー、いんげん、にんじんの炒め物



気になった点は
 ・味付けがちょっと濃い目、塩気が多い・・・店員さん曰く、「いつもではないけど、味付けは
                          このくらい塩気があるかも。」

 ・油ものが少ない・・・この店では揚げ物はあまりしないらしい。
              工夫をしてたくさんの野菜料理を作り、
              基本的なマクロの料理を心がけているみたい。




なにはともあれ、日本を離れてからというもの
こんなにほっとする食事を食べたのは久しぶりです。


もちもち玄米はバンコクでなちゅーるさんにおにぎりを頂いた以来です。


なんとも嬉しい食事に軽く涙がでそうでした(笑)。


毎日こんな食事を食べているみなさん、
うらやましーーーーーーーー!!!


次はいつ玄米にありつけるのかしら?


楽しみしよ~っと♪
(夢に出てきそう)




■最近食べたもの・・・パン、卵&チーズ(少し)、パパイヤ、バナナ、オレンジ、スイカ、
             パイナップル、豆の煮込み、ご飯、キャベツ&トマト&レタスなど、
             大量のポテトフライ、プリン、ババロア、ひまわりの種
             玄米、小豆かぼちゃスープ、野菜の煮物&炒め物&和え物

■最近の体調・・・手がかゆい!指の間や手の甲など
           夜寝むれない!時差のせい?大量フルーツのせい?


スポンサーサイト

ブラジル:イグアスの滝 

  IMG_3165.jpg





サンパウロの街を離れて、Foz do Iguacuにやってきました。
ここはイグアスの滝で有名な場所です。




サンパウロからはバスに揺られて約15時間の旅です。




バスで一泊し、朝には宿にチェックイン。
とりあえず一息ついて、滝にいくぞー!



滝は接しているアルゼンチンとブラジルの両方から見られます。
滝の周辺は国立公園になっていて、園内は無料のバスが走っています。

ブラジル側の遊歩道は約1.2キロ、
アルゼンチン側の遊歩道はかなり長くて2~3時間はかかるとのこと。
私達はブラジル側から行きました。




バスを降りて遊歩道を歩きはじめるとさっそく滝が見えてきます。



ひろーーい!!!



滝というよりも、
「巨大な湖が崩壊して段差ができた」
ような感じです。




遊歩道のハイライトは滝にせせりだした部分です。
カメラをジップロック服に入れて、ウィンドブレーカーを着て、
飛ばされないように手すりにつかまりながら・・・

  IMG_3197.jpg




地球は丸いけど、その表面はデコボコなんだ~
と実感するようなところでした。




基本的に亜熱帯の気候のようですが、この日は厚い雲に覆われて気温も低く
ボートで滝の近くまでいけるツアー(約4000~5000円くらい)もありましたが、

 「確実にビショビショになります」

と言われ、寝不足な体をいたわってやめておきました。




熱帯雨林の遊歩道を歩くだけでも十分楽しかった~♪



豊かな水と緑に、生気をもらいました。






■参考info・・・フォス・ド・イグアスの町からイグアスの滝への行き方。
         terminal rodoviario(セントロの)からParque Nacional行きのバスに乗り
         終点まで行きます。
         
         料金は2.10レアルで、バスターミナルに入る時に払います。

         終点で降りたらチケット売り場に行き、入場料(12レアル?)を払って
         園内のバスに乗ります。
         
         遊歩道の入り口は3つ目の降り場です。


         ブラジルは観光しやすい国だなと感じます。
         見所は広域にわたっていますが、バスなどの移動手段が充実しています。

         そしてどこへ行っても親切な人が多いです!

         空港やバスターミナルには観光インフォメーションもあるし、
         英語やスペイン語も通じることが多いです。




ブラジル:サンパウロにいまーす♪ 

  IMG_2437.jpg  IMG_3065.jpg
  
  IMG_3109.jpg  IMG_3104.jpg
写真:左上ー南アフリカ上空
    右上ーサンパウロの地下鉄にて、ブラジルらしい色使い♪
    左下ーサンパウロのマクロレストランでさっき食べたランチ
    右下ー元気ですっ!!!






ご無沙汰しております!!!





気がついたら一ヶ月も更新してませんでした・・・
好き放題書かせて頂いているブログですが、
見てくださる方がいらっしゃるのは本当にうれしいことです。


ありがとうございますっ!
そしてご心配をおかけしました。





今、私たちはサンパウロのバスターミナルにおります。
夜発のイグアス行きのバスに乗るところです。





スリランカの記事をアップしたのがエジプト。
その後、カイロを出発した後に体調を崩して
ケニアで苦しみ、そのまま南アフリカへ。


ヨハネスブルグでちょっと休憩し、マダガスカルに行きました。
体も心も浄化されてまたヨハネスブルグに戻り、
ブラジルに飛んできました。



インターネットは世界的に普及していますが、
都市ですら環境がよくないところが多いものです。




そして長く滞在したマダガスカルでは電話や電気すらない地域なども旅してきました。



パソコンはもちろん、テレビにも触れていない生活は
意外とすぐ慣れるものです。



彼や旅仲間と時間を忘れて語り合い、
月明かりの影を見ながら散歩し、
現地の食べ物を楽しみながら有意義な旅を続けております。




スラスラっと記事をかけない私は時間が限られていると書けないもので・・・
言い訳ばかりですが、これまでのためておいた記事は
いつか必ずアップしたいと思っています!!!




今後の旅は南米大陸を陸路で横断し、その後中米に飛んで
アメリカ乗り継ぎでタヒチに向かいます。




ネット都合の良い都市に寄るのは短い時間なので、
今までの記事はずっと後に更新することになるかもしれませんが
たまに覗いて頂けるとうれしいです!!!





約100日で世界一周をするのは結構短いものなんだなと実感しています。
地球は想像以上に大きいっ




予定では来月の今頃に帰国します。
あと一ヶ月、南アメリカ大陸を満喫してきます!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。