スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クシマクロビオティックアカデミー 

  IMG_6290.jpg  IMG_6299.jpg

  IMG_6355.jpg  IMG_6353.jpg





先週はKMAでの仕事初めでした。




約半年ぶりのクラスは緊張しましたーーー
しどろもどろ、ギクシャク、、、




でもご参加の皆さんとの触れあいで
感覚が戻ってきたように思います。




Advanced、Basic2のみなさん、ありがとうございました!!!





・・・・・・・



クラスでも話をしましたが、
旅を通じて大きく変わったことがいくつかあります。




食べ物に対しての見方も変わりました。
視野が幅広くなり余裕がでた、という感じでもあります。




旅行前は、

 「何を食べようか?」
 「何で調節しよう?」
 
って、食べ物の選び方や探し方を主に考えていました。



旅が進んでいくうちに、食べ物を「選択する」ということ自体が
とても豊かで贅沢なことなんだなと感じ始めました。




日本での私の暮らしでは、周りにいつも食べ物があります。
スーパーやお店にいくと、たくさんの食料があって
自分で選ぶことが出来ます。




旅行先でも、大きな町や都市では季節や国を越えて
食べ物に溢れていて、お金さえあれば買えます。




でも、そうでないところもあるのです。




 大地が砂漠化してしまって農作物が育たない
 輸送手段がないのでその場で収穫できる食べ物・水しかない
  

このようなところでは、「何を食べよう?」という視点は後回しです。
 



自分の目の前に、食べられるものがあるということ、
それ自体にまず感謝せずにいられませんでした。




次の日の旅へ活力を与えてくれるもの、
お腹を満たしてくれる食べ物、
それはとても喜ばしいもので、本当に美味しく感じられました。




その食べ物がたとえ動物性のものを使っていても、
化学調味料を使っていても、
私にとってはイノチをつないでくれる大切な食べ物でした。




乾燥していて尚且つ暑い日差しが注ぐところでは、とっても喉が渇きます。
長い移動と重い荷物をもっての旅ではお腹も空きます。




飽食の日本にいるとなかなか感じられない
 
 「あ~、、、本当にお腹すいた。歩けない~」
 「しゃべるのが辛いくらい、喉が渇いたー!」

というような感覚を何度も経験したのは、
恥ずかしながら初めてだったかもしれません。




この経験のお陰で、食べ物に対する考えの幅が広がり
本当に感謝することの深い意味を教わった気がします。






スポンサーサイト

Patisserie Simple Modern Macrobiotic 

  IMG_6307.jpg
 
   IMG_6303.jpg  IMG_6309.jpg




様々な場所で活躍されている平田優シェフが
自由が丘にスウィーツのお店をオープンしました!



Patisserie Simple Modern Macrobiotic




G-Veggieの佳子さんに誘われて、
オープニングレセプションに行ってきました。



店内はイートインスペースもあるので
落ち着いた空間で美味しいスウィーツが食べられます♪




ショーケースに並んでいたのは
新鮮な果物と厳選された材料で作られたムース・ゼリー状のスウィーツ。
(verine:ヴェリーヌと言うそうです)




もちろん全てにおいて白砂糖・乳製品・卵は使っていません。




私はオーガニックアールグレイの香りが漂うヴェリーヌを頂きました~



豆乳臭さは全くなく、
品の良いアールグレイの香りが豊かで、
下に敷かれているフルーツがさわやかで、
とっても美味しかったです!!!



プロって違うな~ すごいな~
と実感しました。



焼き菓子はクッキーがありました。
シンプルですが、とても贅沢な材料で作られていました。
スコーンなども販売するようです。




一番上の写真はGlass de Fruit:グラス・ド・フリュイと呼ばれる
フルーツを煮詰めたものです。




これもまた美味しい~!!!
コンフィチュールのように甘過ぎることなく
素材の良いところが生きている感じでした。




自由が丘でのカフェタイムが楽しみになりそう♪
手土産にも喜ばれますね~





ちょっと贅沢なスウィーツを楽しんでみてください★




インド日記 

  IMG_1306.jpg  IMG_1059.jpg

  IMG_1208.jpg  IMG_1204.jpg
写真:左上ージャイプールにて
    右上ーガネーシャ
    左下ークラシックなタクシー
    右下ー昨年テロが起きたムンバイのホテル






インドの記事をアップしました!



インドには心と体準備をしてのぞんだつもりでしたが、
やられたー!って感じでした。




よくも悪くも色んなショックがあり、たくさんの学びがあったように思います。
それが大きかった為に、旅行中はなかなか文字として書き落とせなくて
記事のアップが遅れてしまっていました。




インドを出国してから、「もう二度と行きたくない!」って思っていましたが
今になると、「絶対また行きたい!」という気持ちになってくる不思議な国です。




↓クリックしてご覧ください♪
■インド:Tarika

■インド:ムンバイ・電車編

■インド:ムンバイ・映画編

■インド:初ホームシック

■インド:食べ物観察



旅料理 

  IMG_0793.jpg  IMG_3025.jpg

  IMG_5964.jpg  IMG_6019.jpg
写真:左上ータイの友人宅でタイカレーを作りました。
        オーガニックの野菜が豊富!

    右上ーヨハネスブルグの宿の庭でブランチ。
        全粒粉パン、マダガスカルのはちみつ、インド料理店のベジパコラ。

    左下ータヒチのモーレア島、広い庭で海を見ながら贅沢なお味噌汁。

    右下ータヒチ島のスーパーで。バゲットは一本50円、その他の食べ物は高い・・・




旅行中、キッチンが使えるところでは自炊をしていました。




バックパッカー用の宿ではキッチン使用可のところも多く、
各国の旅行者達が置いていった調味料なども豊富にあって面白いです。




特に南アフリカ共和国のヨハネスブルグで泊まった「M BIZI」
タヒチのモーレア島でお世話になった「Camping Nelson」
この二つはキッチンが充実していて、スーパーも徒歩圏内にあり
とても使いやすかったです。




日本から持っていったもの、途中で買ったもので
役に立った食材をご紹介します!

 ・手作りごま塩・・・「ごはん」があればごま塩だけでとりあえず美味しく食べられる。
              陰性のもので体も気持ちも緩みすぎた時には、特効薬です。


 ・梅干・・・ごはんのお供に、醤油と混ぜて調味料に、
        つぶしてスープに、ピーナツバターと混ぜたり。


 ・ピーナツバター・・・パンにつけて、茹で野菜に、ごはんのお供にも!
               炒め物をする時にも油を買うと持ち歩きが大変。
               ピーナツバターで炒め物をするとコクが出てリッチに。


 ・海苔・・・いつでもどこでもミネラル補給!
        海外では海草になじみがない人が多いので、紹介にもなる。


 ・カット若芽・・・梅干と一緒にお湯を注げば即席スープに。


 ・切干大根・・・外食続だと油の消化が大変、そんな時にお店でお湯を
          頼んでそこに切干大根を入れてエキスを飲んでいた。


 ・三年番茶 ・・・フードプロセッサーで粉末にし、お茶バッグに入れて
            持っていった。

 
 ・味噌、フリーズドライ味噌汁・・・これは本当に持っていってよかった!
                       タイでなちゅーるさんに味噌を頂いて補充できたので、
                       助かった~♪
                       消化器系がおかしい時、日本食が恋しくなった時、
                       一杯の味噌汁に何度も救われた。                     
                         
 ・粉末ココナツミルク・・・簡単に作れてボリュームもあるカレーっぽい料理が
                多かったので、ココナツミルクを入れてクリーミーさを出した。
              
          




嬉しいことに、けっこう多くのスーパーでオーガニック玄米を買うことができました♪



タイ、エジプト(自然食品店)、ケニア、ブラジル、ペルー(自然食品店)、タヒチ。
持ち運びが大変なので、自炊できそうなところで買って使いました。



食べ物は基本的に保存が簡単で、持ち運びやすいものを選んで持っていました。
持ち運びの際に便利だったものは、輪ゴム、洗濯ばさみ、ジップロック



持っていけない時は旅行者にあげたり、共用のキッチンにおいていきます。



そうそう、飛行機に乗る時の液体チェックで、
ピーナツバターを取られてしまいました。



いちおうジェル状だから・・・なんですって。
ピーナツバターを飛行機に持ち込む人も少ないと思いますが、、、
飛行機旅行される時には液体系に気をつけてくださねん。




こんなものを持ち歩き、よく作った料理は

 鍋炊きごはん、
 野菜やきのこのウォーターソテー、
 プレスサラダ、
 スープ、
 野菜のグリル、
 魚のソテー、
 フレンチトースト(豆乳と片栗粉で)、



など、外食に疲れた時や物価が高いところではお料理を楽しんでいました。




他の旅行者達を誘って食事をシェアーしたり、
残り物で次の日のランチを作ってお弁当にしたり、
旅の自炊もなかなか良いものです~♪



M BIZIのキッチン↓
 IMG_2446.jpg





           

*レシピ*大根ステーキ 

  IMG_6231.jpg





大根が美味しい時期ですね~




油の消化にも役立つし、
動物性・植物性のたんぱく質の消化を助けてくれるし、
お餅と一緒に食べると胸焼けを防いでくれたりします。




毎日の食卓に並んでいる大根、今日はメインにしてみました~♪





大根ステーキ
【材料】

 大根   約20cm
 塩     少々
 ごま油  大さじ1.5
 しょうゆ  大さじ2~
 

【作り方】

 1、大根を約3cmくらいの輪切りにする。

 2、フライパンをごま油を入れて中火にかけ、温まったら大根を入れる。
   塩を振ってフタをし、表面に焦げ目をつけつつ火を通す。
   (焦げ目がついたら弱火)

 3、大根を返して、裏面も同様に焼く。

 4、火が通ったら醤油を回し入れ、からめる。

 5、お好みで七味などをかけて召し上がれ!





とっても簡単で、レシピというほどではないのですが・・・



大根がとろ~っとホクホクになるレシピです!



 

零余子:むかご 

  IMG_6206.jpg

  IMG_6210.jpg  IMG_6224.jpg




9月4日 【インド:初ホームシック】 記事を更新しました! 
↑をクリックしてくださいね。





父母が毎日通っている温泉に、産地直売所があります。
そこには近所の農家さんが季節の農作物を持ってきます。




今は大根、白菜、春菊、ねぎ、などの野菜が並び、
乾物系は小豆、黒豆、そばなどが常においてあります。




季節の色がはっきりでるので、旬のものを感じることができます。





昨日、母がむかごを買ってきました。




むかご御飯とか聞いたことはあるのですが
それが何か分からず、お料理もしたことありませんでした。




父に聞いたら、「山芋になる実のようなもの」とのこと。
収穫の時期は12月頃で、1ヶ月くらい貯蔵できるそうです。




山芋の葉の根元につくらしく、一つ一つ手で取るので手間がかかるらしい。
この量(写真上)で250円、安い!





さっそく塩茹でしてみました。
茹でている時から芋っぽい香り~♪




ゆでたてを食べると、さつまいものように甘いんです!
一粒なのにしっかり詰まっていてリッチな食感。




ごはんと一緒に炊きたかったのですが、
すでに小豆玄米を炊いてしまったのでここに混ぜてみました。
これもホクホクで美味しい~♪





オリーブオイルとにんにくでソテーしたらおつまみになるね!
カラッと素揚げしても良い感じ~





山の贅沢な恵み。
栄養もエネルギーもたっぷり取り入れて
冬の寒さに負けないからだを作ろう!






あけましておめでとうございます 

 IMG_6127.jpg  IMG_6136.jpg

 IMG_6149.jpg  IMG_6163.jpg  





みなさま、あけましておめでとうございます!!!
ご挨拶が遅くなりましたが、2009年もどうぞ宜しくお願いいたします。







年末からひいていた風邪は、ようやく治ってきました~
そういえば帰国してからの一ヶ月で、3回も体調を崩したなあ。




気候の変化についていけないのもありますが、
やはり旅でため込んだものは大きかったように思います。




食べ物だけでなく、頭の中のものも心の中のものも、
あらゆるものが消化できずに体にたまっていたのかしら?
弱っていたのかしら?




この体調のお陰(?)で、
グアテマラ辺りから徐々に増え始めた体重も
元に戻りました。ふ~スッキリ!








写真左上:マルソー&パンチョ



 東京に滞在する時には、彼の叔父さまの家にお世話になっています。


 そこには可愛くてやんちゃな2頭のダルメシアンがいるのです。


 丑年にちなんで黒白のものを探していたら、
 彼らの写真が出てきたので載せてみました。
 

 彼らは生野菜もバリバリ食べるし、おからも納豆も食べるんです~。
 純白な毛並みは野菜と豆のお陰なのかな。
 
 






写真右上:お供え用の御餅


 玄米餅をつきたいな~って思っていたのですが、
 体調不良のため断念・・・


 白い御餅と違って、蒸すのにもつくのにも時間がかかり重労働のようです。


 この鏡餅は神棚、キッチン、仕事場など、大切な場所にお供えしました。


 白い紙を敷いて、昆布を挟んで、みかんを乗せて。


 




写真左下:甥っ子

 
 栃木の実家には甥っ子が3人います(7か月、2歳、4歳)。

 
 子供を毎日観察していると、「行動と本能」の関係性のようなものに気がつきます。

 
 2歳の雄大は食べ物に敏感です。
 寒い今の時期には温かくして食べたいようで、
 食事が冷めると「温めて」と言います。
 
 
 おかずは、食卓に並んでいるものから自分が必要なものを選んでいるようです。
 私がおかずを取ってあげようとすると、
 
   「それいらない。これは食べる。」

 と言います。
 それは単に好物を取る時もあれば、バランスを考えたものだったりします。


 
 昨夜はごはんだけしか食べませんでした。
 おかずなし、ふりかけもなし、ごはんだけ一生懸命食べていました。
 


 面白いですね~ 
 子供観察は勉強になります。








写真右下:神社


 近所の神社に初詣に行ってきました。


 幼い頃は正月になるとこの神社で甘酒を飲んでいました。
 

 お酒が染みてる贅沢な酒粕たっぷりの甘酒はキツかったな~


 20年ぶりに神社で飲んだ今年の甘酒は、熱くて美味しかったー!


  これからも守っていてくださいね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。