Let's enjoy TOFU !! 

  IMG_7252.jpg  IMG_7248.jpg

  IMG_7258.jpg  IMG_7259.jpg
写真:味噌漬け豆腐のカツレツ、おからタブレサラダ、
    おいなりさん、キノコ入り手作り豆腐!







今日は昼間に恵比寿のアカデミーでクラス、
豆腐を作るクラスを英語で行いました~







外国人向けのクラスはKMAにとっても私にとっても初の試み!
しかもこのクラス開催が決定してからあまり時間がなかったので、
今日はほんとーに緊張しました。





私のぎこちない笑顔を見てか、私が"I'm nervous..."を連発してしまったからか、
終始参加者の方々に笑顔で励まされ続けました。




みなさんとても雰囲気良くて、質問も活発!!
質問してくださることは良い緊張を頂くし、
講師としてはとっても嬉しい反応だと思っています。





会話を楽しみながら良い空気と流れでお料理されると、
そんな「気」が作っているものに入りますよね~♪




彩りもキレイに、とても美味しく仕上げてくださいました!
豆腐と豆腐製品ばっかりのお料理でしたが、
あきることなく楽しく頂けました。




いつか日本語でも同じクラスができたらいいな~と思います。
豆腐を大豆から作るのって、ちょっとした良い体験で面白いですよー




そして英語でのお料理クラスもまた開催できたら嬉しいです。
レシピ作り、試作、そして英語の勉強も頑張らなきゃっ




最後に、このレシピ英語訳に協力してくれたG-VeggieのGeorge、
本当にありがとう!!!!!
Georgeは英語会話も学べるマクロのクラスを開いています。
ご興味のある方はG-Veggieにお問い合わせください♪





Thank you all so much for coming to my class today !!!
I hope to see you again next English class in the near future!


↓絹豆腐を使ったガトーショコラと豆腐クリーム
IMG_7263.jpg


今日のおやつ 

  IMG_7220.jpg





彼が家で仕事をすることが多くなったので、
毎食のごはんとおやつを作っています。





今日のおやつは白玉を使いました。

  白玉粉を適量ボールに入れて、豆腐を水分にしてこねます。

  熱湯でゆでて冷水にひきあげます。
 
  小さな鍋に水、てんさい糖、しょうゆを入れて火にかけ、水溶き葛でとろみをつけます。
 
  それを白玉にからめて、クルミをトッピング!




とっても簡単!
そして豆腐を使っているから冷やしても次の日でも柔らかいんです♪
午後に食べるのが楽しみ~





「毎食作っておやつまで作るなんて~大変!」と言われます。
確かに。
暑くなってきて台所にずっと立っているのが辛いですよね~



一回一回の食事でレシピを使ってその通りの材料を集めていたら大変です。



でも家にある材料を把握しておけば、買い物も料理も楽!
乾物の有効利用とまとめ作りなどで、料理時間はそれ程かからないかな。
冷凍も冷蔵もうまく使って多めに作ったものを変化させて使います。



揚げ物は多めに作って冷凍します。
豆料理も日持ちするしパンにもパスタにも合うので、多めに。

キンピラは、
ごはんに混ぜたり、スープに入れたり、サンドイッチにはさんだり、サラダにしたり・・・

蒸し野菜は、
和え物にしたり、つぶしてパンのペーストにしたり、炒め物の具にしたり・・・




朝は軽めの食事で、
昼は残り物を利用したものやものが多く、
夜だけおかずを増やしてちゃんと?作っています。




今日のお昼はパスタかな。
春菊がワサワサ残ってるから
オリーブオイルとくるみでジェノベーゼを作ろうっと♪





シネマちゃんの結婚式 

  IMG_7209.jpg




昨日は、デコ先生の長女:子嶺麻ちゃんの結婚式でした。




中島デコ先生は長年マクロビオティックを実践されていて、
5人のお子様がいらっしゃいます。
千葉で「ブラウンズフィールド」と名づけて農を営みつつ、
たくさんのイベントを実施されていて、自然一杯の暮らしをされています。




結婚式はそのブラウンズフィールドで行われました。

  IMG_7201.jpg  IMG_7208.jpg




雨の中たーっくさんの方々が集まっていました。
式や披露宴は庭でお料理はみんなの持ち寄り、
と、参加している方もパーティを作り上げている感じです♪




そして、
ウェディングドレスも花束も指輪も引き出物も・・・、
全部ご縁のある方々の手作りなんですって~!!!




そこにはつながりを大切にしている人々のカタチが見えます。
心から祝福していることの表れがカタチになって、花嫁花婿を彩っていました。




本当に幸せそうな二人、
そして周りの方々もみんな幸せそうだったのが印象的でした。
ほっこりした笑顔がこぼれてて、笑い声が聞こえて、
子供達がおもいきりはしゃいでいました。


 

歌あり、太鼓あり、餅つきありで催し物は盛りだくさん!!!
ちょっと冷える雨だったけど、
みんなの熱気とあったかーい雰囲気が良かったな~♪




私たちはまだ式やパーティは計画していないのですが
手作りのパーティの温かさを実感し、
こんなパーティができたらいいな~と夢見てきました。




とにかく!家中のダンボールを片付けなければっっっ




NY行き(だったはず)の荷物 




世界一周旅行から帰ってきたら、ニューヨークに移り住むはずでした。






金融危機が起こる前までは・・・



彼はニューヨークの会社から日本に転勤していて、
旅が終ったらNY本社に戻るはずだったのですが。。。
NYの会社の経営が危機的状況になったらしく、解雇者が続出。



旅以前とは全く状況が変わり、
私達は日本でとりあえず「待機」している状態になっていました。



最近やっとクリアーになりし、正式にNY行きは中止に!
彼の仕事も日本でやることになり、しばらくまた日本に住みます♪
と、ようやくはっきり言えます!!



それが決まったら、さっそく引越し荷物が出てきました。
約9か月ぶりの再会です。



この9ヶ月、ほとんど旅をしていた時の荷物しかない状態。
いつ引越しになのかも分からなかったので余計なものは買わずに、
冬服も実家にある少しの洋服で生活していました。



もちろん、家族の支えがあったからこそなのですが、
生活に本当に必要なものって、案外少ないんだな~と実感しました。



旅の途中、あらゆるところでモノをなくしたことから執着もなくなったし、
バックパック1個に十分入ってしまうほどの荷物で生活できちゃうんです。



仕事に必要な書類や本やテキストも、あったら当然頼りにしているけど、
なかったら自分から振り絞るしかない。
初めは心配だったけど、今思うととっても良いアウトプット!
今の自分から出てくるものを見逃すことなく、大切にできるな~って思いました。



彼も仕事道具?がなくて大変そうだったけど、
シンプルな旅生活にすっかり慣れてしまった私達。



昨日届いた大量の荷物に囲まれて、
いまだに右往左往、ダンボールと共に寝食しています。。。
  
  IMG_7159.jpg



1.5トンもあるんです。
でも、なくても9ヶ月過ごせちゃったのです。



無責任ですが、この荷物を見ないでぜーんぶどこかに消えちゃっても、
それはそれで良かったかもしれません。
今は「捨てる」、「リサイクル」、「とっておく」を
一瞬で判断して整理してくれる魔法が欲しいと、本気で思っています。



荷物を減らしてシンプルな生活を続けていくことも良し、
でも素敵な出会いがある買い物も楽しみたいですわよね~♪



その為にも、
「思い出のもの」だけでとっておいた「もの」は捨てて「思い出」を残し、
新たに思い出を作っていこーーーー!





日本での生活、またどうぞ宜しくお願いいたします♪




Food Journal 

  IMG_7121.jpg  IMG_7077.jpg

  IMG_7070.jpg  IMG_6991.jpg



写真左上ー公園でランチ

 昨日は天気が良かったので、公園に行ってランチをしました~♪
 外で食べると、美味しい空気も一緒に食べられるから幸せだわ。


 作ったものは、

 ・チャパティ(7月のKMA1dayでご紹介します!)
 ・カリフワラーのカレーソテー・・・カリフワラーをウォーターソテーし、
  そこにカレーパウダーと塩で味を調えて、少量の水溶き葛でとろみをつけたもの
 ・ゆでかぼちゃ
 ・大根と人参のゆず胡椒和え・・・大根と人参をウォーターソテー、
  オリーブオイルと塩で調えてゆず胡椒をピリっときかせる



 

写真右上ーセミドライトマトが食べたーい!


 中目黒のレストランN-1155で食べたセミドライトマトの味が忘れられなくて、
 トマトの美味しい季節がきたら作ろうと思っていたのです!


 今回はプチトマトよりも少し大きめのトマトを使いました。
 写真では種付きで切ってそのまま干していますが、
 このあと種を取りました


 一日では出来上がらなかったので、次の日も干すとなると、
 水分の多い種の部分から腐敗してしまうような気がします。


 初夏のような陽気になったら、夏野菜も上手に食べたいものです。
 冷えが気になる方は、このトマトのように陽性化すると良いかも。

 
 乾燥させたり、火を通したり、塩分を加えたり。

 
 このトマトはシンプルに、オリーブオイルと塩で食べてもよし、
 パスタに、サラダに、活躍してくれそうです。


 夏野菜、美味しく食べましょー






写真左下ー天然酵母の玄米おかゆパン
 
 レーズン酵母を引き続き育てています。
 このおかゆパンはおかゆを作ったわけではなく、余ったごはんを使いました。


 地粉、塩、玄米ごはん、水、レーズン酵母、てんさい糖で作りました。

 
 ふんわり、もっちりで美味しかった~♪

 
 天然酵母のパンって、温めたい時にはトーストでなく蒸すと美味しいですね。





写真右下ー餃子

 カラフルな雑穀の高きびを使いたくて、餃子に入れてみました。
 高きびはアフリカ原産の雑穀。
 マクロの五行では夏の雑穀とみなしています。



 高きびは少し多めに圧力鍋で炊き、餃子に使わなかった分は冷凍。



 ひき肉代わりのように使えるのでコロッケやハンバーグ、麻婆豆腐に、
 また、パウンドケーキやマフィンに入れても良いアクセントになります~



 高きびと、生のままのニラとキャベツ、味噌、オートミールを混ぜて中身を作り、
 皮で包んで焼きました。


 
  
・・・・・・ 



今は毎日の食事の記録はしていないのですが、
記録つけていた頃は体調に変化があると見直したり
逆に調子が良い時にも参考になりました。



材料や調理方法の偏りも客観的に見れて面白いんですよね~
食事が体調を作り、そんな体調や気分の自分が料理を作っているので
相互に関係し合っている様子がなんとなく見えます。



食事日記で思い出したのですが、
ノーベル賞に乗じてイグノーベル賞っていうのがあるのです。



ウィキによると、イグノーベル賞は
「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に与えられる賞で
97年には「たまごっち」がイグノーベル経済学賞を受賞しているんです。




その何かの賞で、自分の食事を20年くらい記録している人が選ばれたんですって~。




昨年には、牛の糞(ふん)からバニラの香りと味のする物質を抽出した
日本人の女性にイグノーベル化学賞が贈られていたりして、
笑えるけど、ノーベル賞よりも身近なところに影響がありそうな内容で面白いですよね!







コーン好き 

  IMG_7066.jpg
写真:義父にもらったグアテマラのとうもろこし





暑い日が続いて、なんだか食欲が落ちました。
ちょっと嬉しいけど、暑くて火を使ったお料理も面倒になると
パンとかお菓子とか、簡単なものに手が伸びちゃいがち。




そうなると体調壊すんですよね~




この気温の変化に、日々のごはんも変化させなきゃと思い
さっそくごはんにとうもろこしを入れて炊きました。




地場のものが出ていない時には、缶詰や冷凍のものでも美味しいですよ~
プチプチとした食感とさわやかさを与えてくれて、
ほんのり甘ーいとうもろこし、大好きな野菜です。




ごはん以外にも、
  
  お味噌汁に入れたり、
  キンピラや海草の煮物に入れたり、
  豆乳とかくはんして寒天で固めたデザートにしたり、
  

様々なところで使えて、良いフレッシュさを与えてくれると思います。

  



写真のとうもろこしは、グアテマラで食べられているとうもろこし。
赤、黄色、黒などがあって、カラフルなんですよー♪
これは一般的に日本で知られているスウィートコーンではなく
主に穀物として食べるとうもろこしです。




グアテマラに行った時、義父母に教えてもらったのですが
栽培方法が面白い!




とうもろこしの畑には、豆も一緒に植えてあるそうなんです。




豆が育って草の繁殖を抑え、
とうもろこしのグンっと伸びた茎に豆が絡まり、
お互いが支えあって育っているらしいのです!




そして、栄養的にも支えあっている!




とうもろこしも豆も、それぞれでは必須アミノ酸というのは不十分。
でも、二つを合わせると食事に必要とされる全ての種類のアミノ酸を
十分に摂ることができるんですって。




日本で言うと、米(ごはん)と大豆(味噌汁)が同じ土壌で育つ感じ?!




そそ、とうもろこしに関わる映画が公開されているようです!

 KING CORN

4月に行ったアースデイでこの映画のキャンペーンをやっていて、
気になっているんですよね~。





自分がどのくらいコーンに依存しているのかをチェックする質問があって、
これに答えていくと自分がどのくらい「コーン人間」かが分かるらしいです。


 ①炭酸飲料を良く飲む
 ②スナック菓子をよく食べる
 ③ファーストフードをよく食べる
 ④栄養ドリンクをよく飲む
 ⑤牛肉をよく食べる
 ⑥牛乳をよく飲む
 ⑦ガムをよく噛む


以上の質問で「はい」だったものを計算していきます。
①②③④1つにつき20%
⑤が10%
⑥⑦1つにつき5%
で計算するそうです。





いまやコーンはそのまま食べるだけでなく、
お菓子にも、調味料にも、動物の飼料にも、甘味料にも・・・
あらゆるところに入っています。




この映画をの予告を観るだけでも、

遺伝子組み換え技術、
世界の食料・農業事情、
食料過剰供給と不足
病気と食べ物・・・

などなど、色々と考えさせられるだけでなく、
自分は食べなくても身近なところにもコーンの影響があり
それは深刻なものだと気付きました。




スーパーサイズミー、いのちの食べ方などに続く
面白そうな映画、観にいこーっと♪




りなろび!さんの6月クラス 


天王洲アイルでマクロの教室をされているりなろび!さん、
6月のクラスをご紹介します~




******************************************************


 マクロビオティックでイタリアン 

 もちきびのカルボナーラ風
 玄米ピザ
 野菜のグリル バルサミコソース
 りんごと大根のプレスサラダ
 ブラウンライスプティング


6月6日(土)11時~14時 申し込み6月1日までです
6月29日(月)11時~14時 申し込み6月22日までです


定員人数各4名です  レッスン料金 3,500円です



 マクロビオティックを始めていこう

 アマランサス入り玄米
 基本の麦味噌汁
 テンペの照り焼き
 旬のスチーム野菜
 豆腐マヨネーズ
 玄米甘酒プティング


6月9日(火)11時~14時 申し込み6月2日までです


定員人数4名です  レッスン料金 3,500円です



場所家は、
りんかい線 天王洲アイル駅 徒歩10分
又は、バスの場合
JR品川駅からバスで5分です

お申し込みは、
お名前・ご希望のレッスン名・日程・ご連絡のとれる
電話番号をご記入の上、下記の☆を@に変えて
ご連絡お願い致します

kawabe323☆u01.gate01.com

皆様のお越しを心よりお待ちしております

素敵な日になりますように!


****************************************************






キレイに料理写真を撮ろう! 

  料理1  料理2

    料理3  料理4





G-Veggieさんの6月のクラスをご紹介します♪

私も通いたいな~




◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 
   
    【6月の新講座】
    
    とびきり美味しそうな写真を撮ろう!!
 
    プロのカメラマンに学ぶ 料理写真 基礎コース(全3回)

              
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

4月に開催し大好評だった料理写真のクラスが3回のコースになりました!!


たった3回のレッスンで心を込めて作った素敵なお料理を、
ポストカードのように美味しそうな写真に撮れるようになりますよ♪


写真家を目指すわけではないので本格的に教室に通うつもりはないけれど、
「上手に撮るコツを学んで、素敵な料理写真をブログにアップしたい」
と思っている方に最適な3回完結の料理写真専門のクラスです。


このコースでは自然光での撮影、蛍光灯や電灯などの室内での撮影、
ライティングをしての撮影の仕方を三回に分けてみっちり学んでいただきます。


この講座の特徴は…

 1.プロのカメラマンのお二人がわかりやすく上手に撮れるコツを解説します
 2.実習では写真の撮り方を二人のプロのカメラマンが丁寧に指導します
 3.2回の品評会により、プロような素敵な写真が撮れるようになります


講師のタケさんとタクさんは現役のプロカメラマンさんで、
ソーシャル・ネットワーキング サービスの『mixi』 では、
「Food Foto Factory(料理写真)」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4005669
というコミュニティの管理人と副管理人をつとめていらしゃる方たちです。


今回のコースではカメラの基礎知識はもちろんのこと、
プロのお二人が撮影の現場で培った美味しい写真を撮るノウハウも
たっぷりご紹介させていただきます。


二人のカメラマンさんに教えていただけるとってもお得なコースです!!



《コースの詳細》

  講 師:福原毅&福岡拓(写真家)
      佳子ヴォス(マクロビオティック・コンサルタント)

  日 時:
   【土曜クラス】
     第1回目 6月13日 11:00~14:00
     第2回目 7月25日 17:00~20:00
     第3回目 8月29日 17:00~20:00

   【木曜クラス】
     第1回目 6月18日 11:00~14:00
     第2回目 7月16日 13:00~16:00
     第3回目 9月 3日 13:00~16:00 
 

    ※第1回目のみ開催時間が異なりますので、ご注意ください!
    ※各クラスの定員は16名です
    ※振替受講ができます
  
   入会金:10,500円(消費税込)
   受講料:31,500円(消費税込み)

 
《講座の内容》
第1回 自然光で美味しい写真を撮ろう&マクロビオティックLunch
第2回 室内でも上手に写真を撮ろう&みんなの写真品評会
第3回 ライティングを学んでプロっぽい写真を撮ろう&みんなの写真品評会


※第1回目はお食事をご用意させていただきますので、
 お腹ををすかせていらしてくださいね。
 第2&3回目はG-veggie特製のスイーツとお飲み物を、
 ご用意させていただきますのでお楽しみに!!


《講師プロフィール》
福原毅(フクハラ・タケシ) http://www.takeshi-f.com/
福岡拓(フクオカ・タク)  http://www.takufuku.com
佳子ヴォス(ヨシコ・ヴォス)http://g-veggie.com


【お申込み方法】
※受講をご希望の方はメールで… macro@g-veggie.com
  1.ご住所
  2.お氏名
  3.電話番号
  4.希望のコースの日程(土曜または木曜)
  をお知らせくださいね。
 
 
※お申込みいただいた場合、必ず翌日までにお返事をいたします。
 もし返信がない場合には、
 お手数ですがご一報いただけますようお願いいたします。



皆様のご参加を心よりおまちしております♪


*********************************************************




美味しいお料理を、美味しそうに撮りましょー!




肥満と早食い 

  IMG_6965.jpg
写真:試作の豆腐のフライ、残り物巻き寿司





彼から勧められて、たま~にNew York Timesの記事を読んでいます。





初めは英語の勉強のつもりで読み始めていたのですが、
社会勉強になる記事が多くて面白いです。



興味のある記事を過去にさかのぼって検索することもできます。
例えば「Macrobiotics」についての記事を読みたい時には、
検索にかけるとそれにまつわる記事がたくさん出てきます。



「food」で検索したら、
ある表を元にした短い記事が出てきたので読んでみました。




   Obesity and the Fastness of Food





表には約20カ国のデータが載っていました。
BMI(人の肥満度を表す指数、標準値は22)30以上の人の割合を縦軸にし、
一日の食事時間を横軸にしたものです。



まず肥満の人が多い国を順に挙げると、
アメリカ、メキシコ、イギリス、オーストラリアとなります。
これらの国はBMI30以上の人が国民の20%以上占めています。



そして、食べる時間が短い国を順に見ていくと、、、
メキシコ、カナダ、アメリカ、フィンランド、ノルウェー、イギリス、オーストラリア
となっています。



それらの国の一日の食事時間は90分以下です。



ちなみに日本はBMI30以上の割合が5%以下で、
食べる時間は約120分となっていました。



記者は「原因や因果関係ではなく、相関関係がありそう」とだけ言っています。



この記事にはたくさんのコメントが寄せられていて、
「デタラメだー!」
「何を食べるかの違い、文化の違いも考慮する必要がある。」
「忙しいから作る時間もないし、食事の時間がない。」
・・・
などなど、コメントも興味深いです。



確かに、食事の文化はそれぞれの国や地域でかなり違いますよね。
インドに行った時には一日に4回くらい食事してたし、
マダガスカルではおかずはほんのちょっとでお米を山盛り食べていました。



ここで、ある興味深い実験を思い出しました。
FOODという言葉から連想されることを潜在意識の中に突き詰めていくと、
ある言葉にたどり着くというもの。



それは各国それぞれに違いがあって、例えば・・・

 日本人だったら【MEDICINE:薬
 フランス人だったら【PLEASURE:楽しみ
 

そして、アメリカ人は【FUEL:燃料】!




日本では、
「これは肝臓にいいのよ~」「カルシウムにはこれを食べよう!」
なんてよく聞きますよね。



まさに医食同源の精神が芯に流れているんだな~と思いました。




フランス人が食を楽しみとして考えているのも納得!
テレビでアルピニストの野口健氏が言ってたのを思い出したのですが、

  「ヒマラヤ登頂の時でも、フランス人やスペイン人チームのテントはとても賑やか。
  ワインやチーズを持ってきて食が豊かで楽しそう。
  吹雪で頂上に登れなくても、
  “仕方ない”って笑ってパーティをして楽しそうに帰っていく。」

と言っていました。



フランスの食事ってコース仕立てになっていますよね。
レストランでちゃちゃっと軽く食べようとしても、
前菜、メイン、デザートを選んで順番に出てくるから時間がかかる。。。
一度に持ってきていいよ~って気軽に言ったら
変な顔されたのを覚えています。





アメリカ人が食を“燃料”ととらえているのも
なんだかよく分かるな~


何でも良いから、大量に、掃除機のように詰め込む!
って感じで食べている人をよく見かけました。


そして最後はコーラで流し込んで、チャージ完了!


こういう傾向はアメリカだけじゃなく、
今やたくさんの国に広まっている気がします。





他の国でも、食に対する意識を調べてみると面白そうですね~




母の愛 

  IMG_9759.jpg







今日でゴールデンウィークも終わりですね。
久々にのんびりした日を送っています。
みなさんはいかがお過ごしでしたか。





先日、義父に私の実家を紹介してきました。
父と母、姉家族、祖母に会ってもらいました。



甥っ子はすぐに義父になついてくれて、
「一緒に折り紙しよー!」と言って離れません。
義父も私の家族との会話を楽しんでいるみたい♪



すっかり打解けたみんなを見て安心したのか、疲れが出たのか、
実家を離れる時になって熱と頭痛に襲われました。。。



寒気と頭痛が辛くて横になっていたら、
東京に帰る義父と夫が
「今日は実家に泊まって、ゆっくり休んで」
と言ってくれました。



妻として嫁として義父のお世話もしなきゃいけないのだろうけど、
体調不良に甘えてそうさせてもらうことに・・・



内心ホッとしていました。



ソファで休んでいると、母がきました。

   「まきちゃん、みんなと一緒に帰りなさい。
    ここで実家に残ったらただの人だよ。
    でもみんなと一緒に帰ったら、お嫁さんだよ。
    辛いかもしれないけど、頑張って!」

そう優しい声で、笑顔で言いました。




私の中から今までに味わったことのない感情がわきあがってくるのを感じました。




悔しい、淋しい、辛い、甘えたい、
そんなものが入り混じったものだったと思います。




私にとって母は、大きな存在です。
いつも前向きで、いつも笑っていて、いつも周りの人のこと考えていて、
そんな彼女には、いつもたくさんの人が集まってきます。




お母さんだったら受け止めてくれるって自分のどこかで頼っているところがあって、
今回も普通に「泊まって休んでいきなさいよ~」っていう言葉を期待していました。




それだけに母の言葉が心の奥底まで響いて、
その音がガンガン私の中で鳴り続けていました。



車に乗って駅に向かいました。
着く頃に、寝ていた私を母が起こしました。
やっぱりこの人本気なんだ、と、わずかな期待がつぶされました。




車を降り、母が義父に挨拶を済ますと、私に

   「じゃ、しっかりね。頑張りなさい!」

と、笑顔で言ってのけました。




私はもうろうとした意識の中、ホームに向かいました。
義父も夫も私の状態に声もかけられない感じ・・・
私には、気を遣って笑顔を見せる余裕もありませんでした。




電車を待っている時、ふいに夫の背中にもたれたら
涙が溢れてきてしまいました。




義父に隠れて、涙は流れるままに夫の背中を濡らしていきます。



私は止まらない涙から出てきた「突き放した母」に対する、
ただただ淋しい気持ちに浸っていました。




その日は母の気持ちを理解できるほどの自分にはなれず、
激しい落ち込みと頭痛と熱と戦っていました。




次の日になっても義父にまともな笑顔も見せられない私。
そんな自分が嫌だけど、体調も悪いし、辛いし、辛いし。




夫にこのことを話したら、

   「お母さんも本当は辛かったと思う。」

と言われました。





  そっかーーーーーーーーー
  お母さんは私以上に辛かったのかも・・・





私が物心ついた時から父方の祖父母と仲の良かった母も、
きっとお嫁さんに来た時は大変なことがたくさんあったはず。



母は19歳でお嫁さんになり、同居を始めて、
しかもその時には自分のお母さんはすでに亡くなっていました。



  
  そんな状態でよく頑張れたなー・・・
  たくさん苦労してきたんだろうな・・・




今更ながら母の苦労を想像し、
自分の状態がいかに甘いかを知りました。
まだまだ嫁としてはつぼみだけど、
いつまでもそのままじゃキレイな花も咲かせられない!




そんな気持ちになったら、次第に頭痛が消えてきました。




母のような、曇りのない笑顔で頑張ろう!!!!!
と、気合を入れて布団から起き上がりました。



家族と一線ひかれたようで悲しくて淋しくて仕方なかったけど
ここはふんばり時だーーーーーー!




その日の夜、母から電話がありました。



すっかり元気になった声で出ると

   「元気そうね、良かったーーーー!
    心配してたのよ。」

と、母が言っていました。




    やっぱり心配しててくれたんだ。
    ありがとう!!!!!!!!




なんだかとても嬉しくて、安心して、また涙が出てきました。



今度の涙は
少しだけ成長した自分への喜びも入っていたように思います。




お母さんが安心して笑っててくれるような娘・嫁・妻になろう♪
来年の母の日にはもっと成長しなくっちゃ。




大らかな義父母と優しい夫にも感謝です、
ありがとうございます!





ガス抜き 

  IMG_6993.jpg  

  IMG_6987.jpg  IMG_6982.jpg
写真:試作のレーズン酵母のフォカッチャ、アスカのケーキとソイカプチーノ!





代官山のナチュラルなレストラン、アスカに行ってきました。





お姉ちゃんのような親友のアヤと一緒にランチしてきました。




アヤは去年CAを辞め、
これまでにも勉強してきたコーチングで接遇の講師として
仕事をしています。



そして二児の母でもあります。



常に新しいことにアンテナを張っていて
勉強会に参加したり、講義をとったり、
前向きな彼女にいつも感心しているのです。




そんな彼女と会うと、「正直」な自分に気付きます。
頑張ったり、飾ったり、フリしたり、背伸びしてないな~って、
そんなチカラが抜けている自分を求めて彼女に会ったりします。





アスカは手作り感が優しい雰囲気の店内!
おしゃれなお料理に囲まれて、心地良い時間~♪




パスタランチとケーキセットを食べ、
気付いたら皮膚呼吸しているかと思うほど
息つぐ間もなく早口で話していました。。





旅のこと、仕事のこと、将来のこと、身近なこと
親戚のこと、結婚のこと、などなど




それと同時に風船がしぼんでいくかのような感覚になり、
自分の中が過ごしやすい空間になっていくのを感じました。




出るところが分からなくなって
充満してしまったガスが抜けたのかしら。




体が陽性なっていると、早口になると言います。
私はそれが典型的にでます。




それから良い悪いではなく
なんとなく緊張が続いていたり、
なんとなく肩や手にチカラが入っていたり、ということは
あまり意識されないことが多く、知らず知らずのうちに
どんどん陽性度が加速してしまうこともあります。




適度なリラックス時間がとれずに、自分の意識も「大丈夫っ!」と意地になってしまうと
気づいた時には結構たまっているものがある、そんなことありませんか??




そんなスパイラルに入り込んでグルグルしてしまう、ような。




私は元々早口なのですが、ストレスフルだった頃と比べたら
ゆっくりになった、と思います、たぶん。




ガス抜きに甘いものや過食に走ってしまいそうだったけど、
ポジティブなおしゃべり心のこもった食事、開放的な空間で解消!




そういえば、最近友だちに会っていなかったんだな~
メールや電話もあるけど、会うって良いですね。