焼き蕎麦とお汁粉 

 IMG_8224.jpg
 
 

 今日は寒いくらい。
 ランチには蕎麦をゆでました。



 残り物のあらめの煮物と、ニラ、人参、玉ねぎ、
 ソースで焼き蕎麦に♪







 春くらいから、ランチには麺類が主流です。
 玄米ごはんは1日1食です。 



 おススメしているわけではないのですが、
 今の私の体にはこれが合っているのです。
 以前は一日中玄米ばかりでもOKでした。
 それと同時に甘いものも毎日食べていました。



 それでバランスがとれていればいいのですが、
 私は体調は悪くないけど「もうひとこえ!」っていう感じがして、、、
 でも「玄米は食べなきゃな~全粒だよな~」って
 どこかで縛っていた気がするんです。


 
 しつこいですが、あくまで「私の今の場合」は
 主食を麺類や麦類を多くして軽くしたら、全体的なバランスが取りやすくなりました。
 体がストンと落ち着いたような気がします。


 
 冬から比べて体重も3キロくらい減りました。
 (単に旅太りしていたんですけどね・・・) 
 


 習慣のように「玄米を炊いて食べる」ことが当たり前になっている方で
 「もうちょっと調子よくなれるはず・・・」
 と思っていらっしゃる方、
 主食と自分の体調との関係を、客観的に見直してみると良いかもしれません。




 麺類、分づき米、もち米、雑穀類、パン類などの特徴をふまえて
 うまく取り入れるといいですね。



 
 もちろん、食べ方や作り方にも工夫が必要だと思います。
 季節が変わったらまた調子が良くなる食べ物も変わってくるでしょう。
 なんて、簡単に言ってますが私も実験中です。。



 クラスに参加される方で、「玄米を食べないと!全粒よね!」
 って頑張りすぎている感じの方が多いかなと思って
 未熟ながら自分の体験を書かせて頂きました。


 
 バランスのとり方は食べ物だけでなく、多岐に渡ります。
 そして、の状態はそうであっても、天気が毎日変わるように
 自分に合った食べ方も食べ物も
 エクササイズも活動も微妙に変わってくると思います。



 私も日々実験と発見を繰り返していますが、
 一生続くものなので長い目で楽しみながらいこうと思っています。





 IMG_8237.jpg

 

   今日の主人のおやつはお汁粉。
  

  帰省した時に母が持たせてくれたお餅に
  小豆をレーズン・米飴・てんさい糖で
  甘みをつけたものをあわせました。






 母は嬉しいことがあると必ずもち米料理を作ります。
 お赤飯、おこわ、餅など。
 


 ハレの日にはもち米、というのが昔からの習慣なんだろうな。
 4ヶ月の世界一周を終えて帰国した時にも
 成田に迎えにきてくれた姉にお赤飯を持たせてくれてました。
 嬉しくって嬉しくって車の中で食べ過ぎた私は
 その後胸焼けにおそわれたっけ。



 特に白米の餅は、消化を助けるものが必要。
 大根おろしがあると食べやすいですよね。




 お餅はチーズ風になってピザにも登場させてみました♪

 IMG_8103.jpg



 フライパンに餅を薄く乗せて広げ、ピザ生地にするのも美味しいですよ♪


 

 今年は玄米餅作りにも挑戦してみたいな~
 白米のように搗けなくて大変らしいけど。
 新米の季節が楽しみです!!!




おしゃべりランチ 

 IMG_8203_20090830095301.jpg  IMG_8211.jpg

 IMG_8118.jpg  IMG_8217.jpg





都立大の教室で一緒に講師をしていたYUKARIさんが遊びにきてくれました。





とっても勉強熱心な彼女にはいつも良い刺激をもらっています。
マクロのフィールドの勉強もしつつ、
自己啓発関連のセミナーにも積極的に参加していて
常に前に動いているエネルギーに満ちているんです。




8月は家にいることが多かったのですが、
こうして友達が来てくれることで良い気の流れを運んできてた気がします。



夏は心臓が活発になる季節ですね。
体にこもった熱を発散するために心臓が過剰に動いたり、
「熱中」「熱心」になって心がウキウキどきどきしたりする時期でもあります。



また、笑ったり喜んだりすることで血液の流れを良くし、
体の熱や体液の循環をスムーズにしてくれます。



一年の中でこんな楽しい季節は思い切り満喫したいもの!
行楽にはほとんど出かけられなかったけど、
友達との前向きなおしゃべりは私にとってワクワクなイベント♪





ランチで作ったものは・・・

 ・レーズンとミントのおいなりさん
 ・ゴーヤと色々野菜のマリネ
 ・大豆たんぱくのから揚げ
 ・ゆでキャベツ
 ・豆腐のトロトロあんかけ
 ・キャロブ入りオートミールクッキー
 ・くるみとシナモンのパウンドケーキ





そろそろ夏野菜も控えめにする時期かな。
熱を通して食べるといいですね。
ゴーヤは塩もみして茹でて陰性さを抜き、
マリネにしてみました。



苦味は心臓の負担を和らげてくれるもの。
夏に上手に取り入れたい味です。
(そろそろ夏終っちゃいますが)




クッキーは主人のおやつも兼ねて作ったもので、
パウンドケーキはHさんへの手土産に作った時に一緒に焼いたもの。
味見が出来ない手土産は差し上げるのも緊張するので、
そのまま差し上げるパウンドケーキの時には2本焼いて味見をしています。
自分達も食べられるし~♪

 IMG_8115_20090830101851.jpg




そそ、YUKARIさんもキレイなスウィーツを作ってきてくれました!
(上の写真、右下)
ココナツ風味の下のムースと上のとラズベリーソースがマッチして
おいしーーーー!!!
フルフルやわらかな夏の贅沢スウィーツでした♪




おしゃべりは4時間続いたけど、止まらない~
心臓が活発過ぎかしら?!




今日は涼しい風が吹いています。
夏の終わりを感じますね。




地球の反対側での再会 

 IMG_8157.jpg  IMG_8156.jpg

 IMG_8144.jpg  IMG_8138_20090828100240.jpg





昨年の世界一周旅行ではたくさんの出会いがありました。




私達と同じように世界一周旅行券を使って旅をしている人が多く、
お互いに各地の情報交換をしたり、旅の思い出話をしたりと
濃い時間を過ごしたものです。




昨日はボリビアのウユニ塩湖でお会いしたHさんが
13ヶ月の旅を終えて帰国されたと聞き、鎌倉に会いに行きました。




パナマハットに満面の笑みでお出迎えしてくれたHさん。
日焼けの跡が旅の長さと濃厚さを想像させます。




編集のお仕事をされていたHさんは記事を書きながら旅をされていました。
1日に必ず1時間は集中して原稿を書いたり
メモをまとめたりする時間に当てていました。



途中からほとんどブログを更新できず、その時の楽しみに浸りきってしまって
あっという間に時間が経っている状態になっていた私とは大違い。



思いつきで手書きの日記とPCメモで出来事を保存をしていた私は
間延びしがちな旅で秩序を守ってアウトプットの努力をするHさんの姿勢に
いたく感心したものでした。



Hさんは本の虫で、知識の引き出しがたくさんあります。
と同時に、その知識を行動レベルに変換して
世界70カ国を旅してあらゆる人・モノ・コトと絡んでいるので
経験の引き出しも豊富。




そして謙虚で素直で恥じらいがある人なんです。




昨日は鎌倉をじぶんちの庭のように案内してくださいました。
地元を紹介する時の行動力ってそこを大切に思っているかが出る気がします。




裏技ルートを持ったHさんの
人間味のある歴史説明によって見せてくれた鎌倉は
今までに見た景色とは違った特別なものがありました。




初めて訪れた竹寺や雷亭、2年ぶりの大仏と海、
一緒に行く人が変わると視点も変わりますね。




鎌倉を堪能した後はご自宅にお邪魔して
一面に広がる海を見ながらバーベキューというおもてなし!
鹿児島の貴重な焼酎:魔王もある~!!!




しかも!
食後の楽しみとしてシーシャもご用意してくださいました!!!

 IMG_8201_20090828100211.jpg




シーシャ(水タバコ)は中東でよく見かける嗜好品の一つです。
フルーツ等のフレーバーがついた水タバコ専用のタバコを入れて炭で加熱します。
パイプから息を吸うとゴボゴボっと水が鳴り、けむりが口の中に入ってきます。
常習性はないらしく、ニコチンやタールはゼロなんですって。




エジプトでよく見かけたシーシャ、
主人はエジプト人の友達:オマールと楽しんでいましたが
タバコを吸ったことがない私は一度もやりませんでした。
でも経験として試してみるんだったな~って思っていたんです。




まさか日本でシーシャが出来るなんて♪
ドキドキ・・・



初めは口いっぱいに広がる煙にむせました。
でもタバコのような煙のにおいは全くなく、フレーバーの香りがします。




体の反応がどうとかより、エキゾチックな喫煙具から奏でられる水の音と
甘ったるい煙の香りを楽しみながらのまったりした雰囲気が好きでした。




私は雰囲気に飲まれる人なんだろうな~
例えばお酒はたくさん飲めないけど、
飲んで楽しくなっている人が周りにいたら
自分もそれだけでかなり楽しいっていうタイプです。




シーシャの前にお酒を飲んでいた主人とHさんは
まどろんだ感じで眠くなっていました。





極寒のウユニ塩湖の夜、電気もガスも水道もないところで
ありったけの服を着てロウソク1本を灯して語り合った・・・
その出会いがつながって今鎌倉でシーシャを吸っているんですよね~
嬉しい不思議です。




環境が厳しいと、異様な連帯感が生まれるもので
出会ったばかりなのに、会話もふかーい話になるんです。
全行程中、Hさんとの話は忘れられないものの一つでした。




昨日は約10時間もご一緒させて頂いて、尚話しが尽きず
またの再会を約束して帰りました。






難しい話もいっぱいしましたが、つまるところ

 「人の為、世の為、地球の為につながっていくことをしよう。
  それは自分の為にね。」

と言って会話が終わり、それぞれが迷いを捨てて
すっきりした顔になっていたのがよかったな~





人に与えることを躊躇せず、人を褒めることを忘れず、
人と一緒に笑うことが大好きなHさんとの再会は
また私達に新たな気づきをもたらしてくれました。





草津温泉で平田シェフのイベント 






週末、草津で温泉&マクロビオティックなんていかがでしょうか^^




平田シェフのディナーに、スウィーツデモに、
宿泊までついているプランをご紹介します♪




********************************************************



平田 優シェフによる ホテル クアビオ スペシャルディナーと
「Simple Modern Macrobiotic」スイーツの夕べ





ホテル クアビオにてこの度、“シンプル モダン マクロビオティックの夕べ”を
開催いたします。
(ホテルの詳細はこちらでも見られます)


ディナーは、「Simple Modern Macrobiotic」の平田シェフによる
ホテル クアビオ スペシャルディナー


また、ディナーの前には、平田シェフによるスイーツの
デモンストレーションが行われます。



【開催日】
 2009年8月28日(金)~8月29日(土)


【料 金】
 25,000円(お一人様)
 宿泊料、スイーツ デモンストレーション教室
 お食事(スペシャルディナーを含む3食分)
 消費税、サービス料、入湯税込み


【スケジュール】
 チェックイン・・・・・・・・・15:00~
 デモンストレーション・・18:00~
 ディナー開始・・・・・・・・19:00
 チェックアウト・・・・・・・11:00



平田 優(ひらた あつし)プロフィール

1961年
 東京生まれ マクロビオティックシェフ/料理講師
 約20年に渡り、フランス料理の世界と関わる。

2002年
 「クシ・ガーデン」総料理長就任
 日本の伝統食がベースのマクロビオティック料理に、
 フランス料理の技術とエスプリを融合させた
 「シンプル・モダン・マクロビオティック」を創作する。

2006年
 スパイラルLLCを設立。
 自由が丘にて料理教室「Simple Modern Macrobiotic」を主宰。

2009年1月
 世田谷区奥沢にマクロビオティックスイーツ&カフェ
 「Simple Modern Macrobiotic Patisserie
 (シンプルモダンマクロビオティックパティスリー)」を開店させる。

マクロビオティック料理教室URL: http://macrobiotics.co.jp/smm/



お問い合わせ・ご予約はお電話にてお願いいたします。

  0279-89-8181




***********************************************************




エジプト日記 

 IMG_2155.jpg  IMG_2094.jpg

 IMG_1952.jpg  IMG_1902.jpg
写真:左上-ラマダンの時に登場する大きなランプ
    右上-アレキサンドリアの青空とピンクのブーゲンビリア
    左下-ギザのピラミッドとラクダ商売をしている人
    右下-お料理を教えてくれたメイドさん達






昨年の旅の日記はエジプトまできました~。





ラマダンにどっぷり浸りつつ食べ物を満喫し、
主人の親友との再会を果たし、
エジプトをお腹一杯食べてきました。



エジプトに行ったことある方もそうでない方も、
さあ、エジプト日記を楽しんで♪
(↓のタイトルをクリックすると記事が出ます)



■エジプト:スイッチ

■エジプト:大使館と博物館

■エジプト:オマールとエジプト

■エジプト:小旅行~ピラミッド~

■エジプト:小旅行~アレキサンドリア~

■エジプト:食べ物観察

■エジプト:エジプトの最後は・・・






G-Veggieさんの9月クラス 

  IMG_2636.jpg




明るく楽しく、そして分かりやすいマクロのクラスで知られている
G-Veggieさんの9月のクラスをご紹介します。



メニューの内容は盛りだくさん!
米粉入りのトルティーヤはお弁当にも使えそうですね♪




詳細は下記をご覧ください。




*********************************************************



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    手作りトルティーアでまきまきマクロLunch

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 講 師:佳子ヴォス(G-veggieインストラクター)

 日 時:9月12日(土) & 9月14日(月)

 時 間:11:00~14:00

 受講料:5250円(税込) 

 定 員:各クラス20名



トルティーアは小麦やとうもろこしの粉と少量の油・塩・水だけで作れる無発酵
のパンで、イーストを使っていないのでとっても体にやさしいところがおススメです!!

本場メキシコではとうもろしの粉で作りますが、
今回は小麦粉に米粉をまぜてもっちりとした食感が楽しめる、
とっても簡単なトルティーアのレシピをご紹介いたします。

手作りのトルティーアは冷めても美味しいのでお弁当にもピッタリ!
出来たてのおかずをまきまきして、楽しくいただきましょう♪



当日のメニューは…
●米粉入りフラワートルティーア
●蕪のポタージュスープ
●大豆たんぱくのから揚げ 照り焼き風味
●ソイマヨのタルタルソース
●マクロ風簡単ワカモレ
●季節の蒸し野菜サラダ
●ココナッツ玄米プディング
※メニューは仕入れにより変更する場合がございます。



《Time Table》
11:00~13:15
(調理実習) 手作りトルティーア&おかずをみんなでつくりましょう♪
13:15~14:00 
(Lunch time)ゆっくり、楽しくいただきましょう♪




【お申込み方法】
※受講をご希望の方はメールで、ご住所・氏名・電話番号と
 希望の受講日をお知らせくださいね。
 macro@g-veggie.com

※お申込みいただいた場合、必ず翌日までにお返事をいたします。
 もし返信がない場合には、お手数ですがご一報いただけますようお願いいたします。


 みなさんのお申込みを心からお待ちしております。




********************************************************





今日のおやつ 

 IMG_7926.jpg  IMG_7995.jpg

 IMG_8101.jpg  IMG_8087.jpg






最近のおやつ、まとめてご報告いたします~




写真左上:そば粉クッキー

 冷凍庫のお掃除をしていたらそば粉を発見したので、
 在庫処理を兼ねて作ってみました。



 クッキー類はほとんど量らずに作ってしまいます。
 材料はシンプルに、
 そば粉、地粉、菜種油、塩(若干多め)、てんさい糖、水。



 さくっとさせたいなら油多め、
 油控え目にしたかったらつなぎは水で(さくさく感は減る)。
 甘みの量も質も、粉の種類も、その時の気分で変えています。
 オートミール、ナッツ、たね類、ドライフルーツなど入れても美味しい♪



 オーブンで焼くのですが、今回は焼く時間を短め(いつもの2/3くらい)
 にして、あとは熱が冷めるまでオーブンに入れっぱなしにしてみました。



 これはスイス人の知人に教えてもらった方法がヒントで、
 彼女はサッと焼いただけであとは「一晩乾燥させる」という方法で
 しっとりやわからいクッキーを作っていたのです。
 (バターたっぷりクッキーでしたが)



 そそ、NYのローフードレストランで厨房を見せてもらった時は
 扇風機のようなもので乾燥させる機械でクッキーを作っていました。



 今回は消化に悪くないよう火は通しますが、
 カリカリに焦げるまで「焼きしめる」という感じでなく 
 時間はかけるけど、熱は必要以上に加えないというやり方で作りました。



 これが私にはヒット!!!
 クッキー食べるのが疲れないというか、食べやすいというか、
 美味しかったな~
 でも、主人はサクっとカリっとなクッキーが食べたかったようです^^;



 

 
  
写真右上:クレープとかぼちゃのソース

 主人からはクレープのリクエストが多いです。
 作るのも簡単で楽しい♪
 クレープ屋さんが使っている生地をのばす
 木の道具が欲しいとさえ思ってきました。



 材料は地粉、豆乳、てんさい糖シロップ(米飴などでもOK)、塩でゆるい生地を作って
 30分くらい寝かせてから焼きます。
 ソースは豆乳にかぼちゃをつぶしたもの、甘酒を入れて火にかけ、
 なめらかにしたものを使いました。



 豆乳と甘酒を合わせると豆乳くささが減ると思います。
 市販品で豆乳と甘酒が混ざっている「ライスアンドソイ」とうのがありますが、
 それは豆乳よりも断然飲みやすいです。
 


 主人がたまに飲むコーヒーにもミルク代わりに豆乳&甘酒を温めたものを
 入れていますが、豆乳くささは全く気にならないようです。
 (アイスの時には一度温めたものを冷やすと美味しいです)



 



写真左下:きなこのケーキ

 カノウユミコさんのレシピ本に載っているきな粉のチーズケーキを作りました。
 かのうさんが開いていらっしゃる菜懐石「仙」というお店で食べて以来、
 大好きになったケーキです♪


 
 きな粉に豆乳を入れて作るので、大豆の栄養がたっぷり。
 レシピのメープルはてんさい糖シロップと米飴に変えて少な目にし、
 レーズンの甘みを楽しむことにしました。



 これは主人にも大好評!
 きなこの香ばしさと濃厚な感じがいいみたい♪
 


 今度はうぐいすきな粉で緑色のケーキを作ろうかな。
 






写真右下:ブラジル風コロッケ-コッシンヤ

 来月の世界一周1dayクラスは「ブラジル料理」をご紹介します!
 恵比寿のKMAにて、9月16日(水)11時~です。
 詳細はクシマクロビオティックのHPでご確認ください。(←ここをクリック!)
 


 ブラジル料理といえば、シュラスコ!肉!カクテル!豆の煮物!
 と、行く前まではこれくらいしか思いつかなかったのですが、
 じつに食材豊富で料理も豊富なところでした。


 
 写真のコッシンヤはコロッケと言えども、作り方が凝っているんですよ~。
 形にもこだわりがあって、しずく型のようになっています。



 名前のコッシンヤは小さい腿という意味で、
 このお料理は鳥の腿の形をかたどっているんです。


 
 通常は中に鶏肉が入るのですが、
 今回は大豆たんぱくを入れて肉っぽさをだしてみました。
  


 この他にもサンパウロのマクロレストランで食べたものを再現してみたり、
 普通のブラジル料理をマクロ仕様にしてみたり、
 ヘルシーで楽しいブラジル料理を楽しんで頂こうと思っています!
 


 試作品はあっという間に主人の胃に入っていきました。
 おつまみにもおやつにもなるコロッケです♪



 
 

本:チョコレートからヘロインまで 






毎日のニュースが「覚せい剤」やら「ドラッグ」やらで賑わっていますね。





うちの本棚に

 「チョコレートからヘロインまで」

 チョコレートからヘロインまで


というのがあるのを思い出して読んでみました。




主人の本なのですが、以前から読むように勧められていました。
私はドラッグなんて縁のない世界・・・って思っていたので
なかなか読む気にならなかったのです。
が、読んでみてけっこう面白かったです。





ドラッグのことがこれでもかと詳しく書かれているので、
各種の詳細が知りたい人にはお役立ちの本と思います。
情報は古いのですが、基本的なことは使える知識かと思います。




私が興味をそそられたのが

 「食べ物、薬物、毒物などには明確な区分はないこと

という記載。




都合よく「食べ物」は人に危険が及ばないととらえがちですが
砂糖、お茶、コーヒー、チョコ、酒、タバコ、スパイス、化学調味料・・・
などは、取り方によって中毒になったり依存性があったりしますよね。





ある人々が一般的だと思っている食べ物でも、
別の人々にとっては非常に刺激的だったり、ある理由から
禁止されているものもあります。




例えば・・・
 あるイスラム教宗派ではその昔、儀式でコーヒーを使うことを奨励。
 でもアルコールは禁止。

 かたやコーヒーがヨーロッパに入ってきた時、ローマ教会は
 「悪魔の薬物」として反対。
 でもワインは伝統的な神聖なものとして大切にされてきた。



というように。




ボリビアやペルーではコカの葉をお湯に入れてコカ茶を飲みます。
私が訪れた時も標高が高いところではコカ茶を飲んで
過ごしやすくしたものです。
コカインの原料であるコカの葉はもちろん日本に持ち込み禁止です。



イエメンでは「カート」と呼ばれる神経を興奮させる生の葉が好まれています。
でもサウジアラビアなどでは禁止されています。




人の欲求・必要はそれぞれですね。
ある部分で禁止し、ある部分で認めています。




ここで大切なのは、
薬物でも食べ物でも、「体に取り入れるもの」は
それらがどのようなものから作られ、
どんな成分が入っていて、どんな特徴をもっていて、
人が摂取するとどう作用するのかるかということを
知ることだと思いました。




筆者は

 「・・・これらの物質に関する公平な情報を提供することで、(中略)
  私達の目的は薬物が存在する世界で傷つくことなく暮らすことを
  学ぶ助けとなることである。」

と言っています。




もちろん、私はいわゆる「薬物やドラッグ」を手にしたこともないし、
決してやってはいけないと思っています。
でも、それらはあるのです。
なぜなくならなくて、なぜそれに魅了される人がいるのか。





そして中毒になるという視点では、身近な食べ物も関係してきます。
本の後ろの方にはチョコやコーヒー中毒者の経験談も載っています。





自分と関係なさそうなものをブラックボックスに入れてしまうのでなく、
ある程度の知識を持つことも有意義なものですね。





なんだか怪しいくらいにドラッグの知識が増えました。。。





りなろびさんのクラス 




品川でマクロのお教室をされている、
りなろびさんの9月のクラスをご紹介します。




****************************************************************


マクロビオティック アメリカン

9月7日(月)11時~14時 申し込み8月31日までです
9月26日(土)11時~14時 申し込み9月19日までです

定員人数各4名  レッスン料金各¥3,500です


  ・テンペのタルタル玄米バーガー
  ・いろいろお豆のシチュー
  ・野菜の重ね煮~オニオンソース~
  ・ひじきのコールスローサラダ
  ・酒粕のチーズケーキ





マクロビオティックを始めよう

9月12日(土)11時~14時 申し込み9月5日までです

定員人数4名 レッスン料金¥3,500です

 
  ・麦入り玄米
  ・基本の麦味噌汁
  ・テンペの照り焼き
  ・旬のスチーム野菜
  ・豆腐マヨネーズ
  ・もちきびとりんごのコンポート





子どものためのマクロビオティック

9月14日(月)11時~14時 申し込み9月7日までです

定員人数4名 レッスン料金¥4,000です

お子様もご一緒でOK もちろんお母様のみでもOKです


  ・マクロビ風グラタン
  ・甘い野菜のスープ
  ・長芋のポテトサラダ風
  ・甘~い玄米のおやき
  ・ブルーベリープティング



場所は、
りんかい線駅徒歩7分
又は、バスの場合
JR品川駅からバスで5分です


お申し込みは、
お名前、ご希望のレッスン、日程、ご連絡のとれる
電話番号をご記入の上、下記の☆を@に変えて
ご連絡お願い致します。

kawabe323☆u01.gate01.com




***************************************************************






苦手科目 

 IMG_3747.jpg
 ウユニ塩湖、塩のホテルの前で








私は高校、短大と受験を経験しました。
受験勉強のことは詳しく覚えてないですが、
自分の苦手分野の勉強は辛かったな~面倒だったな~
という印象があります。





結果、志望校にいけたので満足していますが
落ちていたら相当なショックだったと思うし、
自分や先生やいろんなもののせいにして後悔していたと思います。






私の夫は、ある試験の為に毎日勉強しています。
合格・不合格というより、高得点を得ようとするものです。




試験科目は数学と英語。
英語は高校からアメリカンスクール、
その後アメリカの大学・就職ということもあり得意のようです。



数学はというと、あまりなじみがないみたい。
アメリカの数学教育は日本のそれよりも低いんですって。
中学までの数学は日本人学校で学んだものの、
受験を経験せずに高校・大学と進み、アート系の勉強をしたので
数学には縁がなかったようです。





そんな夫が必死で数学を勉強しています。





数学が得意な友達に教えてもらったり、家庭教師に依頼したり、
予備校に通ったり、様々な策を講じてきましたが
なかなか点数という結果に結びつかないのです。。。




「繰り返し・暗記」教育にて理由も考えずに数学を「覚えて」きたので、
そんな数学音痴の私が教えられるものは何もなく・・・




でも、夫の為に何かしてあげたい。
ない頭を絞って具体的に力になろうとするよりも、
私のできることをしよう!
夫も望んでいることで私にできることは・・・ 
 ・彼の話を聞くこと
 ・試験・受験に慣れていないので、精神的支えとなること






この二つに絞って支えてきました。
いや、支えてきたつもりでした。
そうやって足掛け2年が過ぎました。





夫が弱音をはいても「頑張って~!大丈夫だよ!」と言っては
励まして、元気付けて、ポジティブな雰囲気にしようとしていたのですが、
時間が経つにつれ、結果がでないにつれ、
彼に対する言葉が変わっていきました。




「基礎が出来たら応用問題を解かないと・・・」
「あのブログにこういう勉強方法が載っていた・・・」など
具体的な勉強方法を言ってみたり、ネットで調べたことを伝えてみたり、
それはまだ良い方だったのですが、
彼の姿勢に対して100%支持するようなことを言えなくなってきたのです。





友達との時間も断って勉強に取り組んでいる彼とって、
テストのことを話す相手は私が主になります。
その私が彼の言葉を受け取らずに流してしまって
しかも支持しない言葉を言うなんて・・・ひどい妻です。。。




彼が私の言葉に敏感になっているのを知って、
「彼の話を聞く」、「精神的な支えになる」という
彼が望んでいることから逸脱してることに気づきました。




と言うより、気づいていなかったわけではなく、
彼の不本意な結果が出るたびに、私は自分を責めていました。
どこか後ろめたいものがあったのにも関わらず、
自分の気持ちばかりを優先してまた同じことを繰り返していました。




この年齢になって自分の苦手な数学をやり直して、
何度も結果が出なくても立ち上がって、
楽しみもお預けで頑張っている姿は、
本当に心を打たれるものがあります。




それなのに、私は言いたいことを言って
夫を支えるどころか逆に夫に受け止めてもらっている・・・
そう、私は夫を影で支えるという苦手科目を克服しようともせずに
自分本位でした。




夫と言えども自分以外の人を思い通りに変えようなんて
一種のエゴだなと思いました。





悪く言うと、私は押し付けたり見返りを期待するような
自己犠牲をしていたんだな~と思います。

 夫の為に自宅教室もしばらくやらないようにしよう、
 夫の為に三度のごはんはきちんと作ろう、
 夫の為に、夫の為に、夫の為に・・・




ありがちな自分中心な考えと行動。
今思うと夫は何度も「僕だけの為になら無理してやらなくていい」って
言ってくれていたんです。
一生懸命に頑張っている夫の為に、一生懸命支えるという行動の
力を入れるところが少々間違っていたように思います。





人それぞれの夫婦・人間関係の形があるので正解というのはないのでしょうが、
私は私と彼との間において、自分がどう変われば良いかを考えてみました。




夫はいつも
「自分のやりたいことをやればいい、それはお互いが尊重しよう」
と言ってくれています。




夫は本当はやりたくないもない勉強を一生懸命やっています。
そして私のライフワークを尊重してくれます。




だったら私もこのチャンスに、
以前から「やった方がいいけど逃げてきたこと(一杯ある!)」
に取り組み、分野は違えど切磋琢磨し合うことで、
お互いが高めあっていけるんじゃないかなって思いました。




つまりは、自分が一生懸命になること
一生懸命な彼を精神的に支えることに通じるのかなって思うのです。




そしてもう一つ大切な、「尊重する」ということ。
夫を信じることだとも思います。
夫の意思を、努力を、行動を、成果を、最大限尊重することを
心に誓いたいと思いました。




お恥ずかしいくらいのダメ嫁ですが、
こうしてさらけ出して記録に残すことで成長できるかもとも思っています。
とにかく自分が変わることはすぐにできる!
自分の魂を磨き、いい「気」を我が家に取り入れていきたいと思っています。




想像以上に気づきや発見が多い新婚生活、
これからどうなることやら。
温かく見守ってください!





帰省 

 IMG_8074.jpg  IMG_8071.jpg

 IMG_8070.jpg  IMG_8083.jpg






早めのお盆休みをとって、実家に帰ってきました。





父母、祖父母が一人ずつ、姉、義兄、甥っ子3人と家族が多い分、
何かと出来事もたくさん起こります。



・・・・・・


 昨年の春、危篤状態になった祖父はあれ以来入院していますが、
 酸素供給チューブか取れて、座ってごはんを食べられるようになりました。


 倒れた時の記事を読んで下さり温かいメッセージをくださった皆さま、
 ご心配をおかけしましたが本当にありがとうございました!!!


 落ち着いたらご報告をしなければと思っていたのですが、
 今頃になってしまい申し訳ありませんでした。

 
 お医者さん曰く「奇跡的な回復」を何度もみせてくれているおじいちゃん。
 冗談を言うと満面の笑みを見せてくれて、元気をもらっています。


 写真は去年の6月に撮ったもの。
 今は酸素チューブもなく、点滴もなく、起き上がれるようになりました♪
 IMG_9450.jpg





・・・・・・




 祖母は定期的に介護施設に通っています。
 祖母の仕事だった畑・山の管理と保存食作りはもう無理そう。。。


 という訳で、畑や山のことは近所の方に手伝ってもらって
 保存食作りは母や私がやっています。


 梅の時期に近所の方にもらった50キロ近い梅(もちろん自然栽培!)を
 母が仕込んでおいてくれたので、天日干しにしました。
 (写真上)


 実家の方では梅干は「三日三晩夜干し」で干すらしいのです。
 はっきりしないお天気でしたがどうにか干しきりました~。


 梅干って干すと赤くなるって知ってました?
 私は知らなかったので干しているうちに赤くなっていく梅にビックリ!


 「赤シソがたくさん無かったので少ししか入れられなかった」と
 話していたら、お茶を飲みに来ていた近所の梅名人達曰く
 「赤シソ入れなくても大丈夫、日焼けをすると赤く染まる。」
 とのこと。


 そのまま干してみると太陽に当たったところが赤く染まっていきました。


 大量の梅干とこれまた大量の梅酢も出来て、
 これだけで来年まで健康に過ごせそうな予感を勝手に感じています♪


 強い毒性という陰性さのある青梅を、時間と塩という陽性さで加工した梅干し。


 陰性の症状にも陽性の症状にも、梅パワーが働いてくれます!




・・・・・・




 畑や山の草取りを手伝ってくれる近所の方が、
 自家栽培のブルーベリーを持ってきてくれました♪
 (写真左下)


 さっそく洗って口に入れると、さわやかな香りと酸味が広がって美味しい~!
 酸味がイヤなのか甥っ子達があまり食べないので、ジャムにしてみました。


 シンプルにブルーベリー、てんさい糖、レモン汁で作ってみました。
 鍋に洗ったブルーベリーとてんさい糖を入れて全体をかき混ぜます。
 フタをしてそのまま5時間以上おいて水分を出します。
 (こうすると余計な水分を入れなくてすみます!)
 その後火にかけて沸騰したら弱火にし、レモン汁を加えて煮詰めます。
 
 
 熱湯殺菌した瓶に入れて保存すれば長く持ちます。


 上新粉のパウンドケーキを作ったので、それと一緒に食べてみました。
 家族にも好評!甘さ控えめで美味しい~


 糖分を増やすほどジャムは保存がきくと思います。



 
・・・・・・



 昨年5月に生まれた甥っ子3号の泰知(たいち)。
 歩けるようになって片言でしゃべりだして、すっごく面白い時期になりました。
 おば馬鹿なんでしょうけど、自分にちょっと似てる甥っ子って可愛いものですね。

 
 泰知は言葉をマネするようになってきて、
 「吟じます」っていうネタがテレビに出ると、語尾をのばすところを一緒に言います。
 首を左右に揺らしながら、
 「う~う~う~、あ~あ~あ~、(いけそうな気がする)るう~~~!」
 (わけ分らないですね)
 
 
 長男・次男はみんなの注目を取られたので、取り返そうと必死!
 「ねえねえ、みんな!僕のことずーっと見てて」と言ってみたり、
 大声出してみたり、派手な動きをしてみたり、・・・
 体を張って弟と戦っていました。
 

 そんなお兄ちゃんたちですが、基本はみんな仲良し。
 お兄ちゃんがテレビを見ているところに泰知が割り込んできても
 ちゃんと自分の前で支えてあげています。
 (写真右下) 
 
 
 
・・・・・




夫婦二人で住んでいると、大家族とのこんな時間がとても愛おしく感じます。



秋には稲刈りをしに帰ろう!
椎茸も出てくるといいな。






デッドライン 

 IMG_8027.jpg  IMG_8036.jpg
 
 IMG_8013.jpg  IMG_8041.jpg






8月は仕事がゆっくり~
この機会に夏のデトックスと勉強をしようと意気込んでいます。





ですが、自分の目標に関しては自分で締め切りを作らないと
ダラダラ間延びになってしまうんですよね。。。




教室を運営していた時には
○日までには新しいメニューを考えて、
△日には告知をして、
月末までに次の月のクラスの試作を終えて、
・・・と、締め切りはいくつもあって
それに乗っかって個人的な目標達成の日程も立てやすかったのです。




大きな会社にいる時には、常に目標設定をし、
それに向かっての日々の具体的行動を明記・実践して
反省を踏まえながらの成果報告というのがありました。




当時はやらされている感がたっぷりあったのですが、
今はそんな体育・教育会系が懐かしくあります。



余裕のある8月に成し遂げたいことを考えているうち、
ゴール点となる日や時間を具体的に決めて
それに向かっての今を作っていくのが私のパターンなんだなと改めて実感。



なので、今はちょっと自分に厳しく締め切りを作り
(それを守らない時の罰も考えて)
主人にも告知・約束することで果たしていこうと考えています。




ここまでしないとやらなそうな自分が情けない・・・
ほどほど、適度、丁度いい、っていうのを目指しているのですが、
ダラ~っとすると思い切りダラダラ。
思い切り突っ走ってしまうと体にも無理をかけそう。




「目標を低めに設定して達成感を味わい、徐々に高いところに上げていくといい」
という主人のアドバイスを元に、
日々の達成感を笑顔で感じていこうと思います♪






写真は最近の食べ物。
上の写真はスウィートポテトのモンブランとベジとんこつラーメン。
夫のリクエストで作りました。



最近はすっかりプライベートシェフ化していますが、
家で仕事と勉強をしている夫の燃料を作っていると思うと、とても勉強になります。



基本的に夫はいわゆる「マクロ料理」にとらわれることなくリクエストしてきます。
基本的に私はそれをマクロの考えに基づいて作ります。




「モンブラン」は栗が無かったので、さつまいもで。
土台は全粒粉、オートミール、なたね油、くるみ、てんさい糖でクッキー状に、
クリームは豆乳、米飴、てんさい糖、寒天、葛で作り、
上のさつまいもクリームは皮付きのまま茹でて豆乳でつぶしました。




「とんこつラーメン」は
桜井食品の純正ラーメンを基本に、ちょっとだけアレンジ。
生椎茸、キャベツ、もやしをごま油で炒めて水と豆乳を入れて沸騰させます。
麺と入れて粉スープで味付けし、最後にすりごまと練りごまを加えます。




それぞれにホンモノとは違いますが、
これはこれで美味しかったようでよかった~






写真左下はセレブデトマトの詰め合わせ~♪
コーチングをしている友達のアヤG-Veggieの集まりの時に持ってきてくれました。



色も味も形も様々なトマトの箱はまるで宝石箱~!
夏にぴったりのお土産ですね。







写真右下は青山ベジカフェのスウィーツプレート。
過去の記事で告知した7月31日の1日だけ営業のカフェに行ってきました。




マクロやお料理を様々な場所で学ばれた方が集まって主宰されているだけあって、
お料理の完成度が高い!!!
これはもうプロ!っていう作品ばかりでした。



写真の中央にあるのはキャラメルを使ったムース状のもの。
マクロの材料でキャラメルって、なかなかないですよね。



タイでもお世話になったなちゅーるさんが作ってくださいました。



本格的なのはスウィーツばかりではなく、お料理も美味しかった~♪
小技が効いているお料理がいくつも並び、
彩りも盛り付けもとってもキレイ!



みなさんの作りたい!おもてなししたい!喜んでもらいたい!
という気持ちがひしひしと伝わってくるお料理ばかりでした。



作っている方のお顔がとても輝いていたのが印象的でした。
貴重な1日カフェ、次の開催を望みます!!!