ローでソフト断食 

 IMG_8490.jpg  IMG_8496.jpg

 IMG_8538.jpg  IMG_8473.jpg
写真:左上ー鴨川の山の上から
    右上ー散歩中に見つけたハート型した山芋の葉っぱ
        むかごを収穫しました!
    左下ー食前に食べるフルーツ。りんご、梨、とれたて無農薬の柿
    右下ー大根のエンゼルパスタ。ピーマンは種も食べます。






ソフト断食から帰ってきました~。





とっても勉強になる3日間でした!
滞在中の様子をちょっとご報告させて頂きますね。





場所は鴨川のチベットと言われているきくちゆみさん・森田玄さんのおうち。
鴨川の豊かな自然に囲まれた築200年の古民家です。
無農薬の田んぼ・畑、果樹、山の水、コンポストトイレ・・・などと共に、
循環する自然のリズムを大切にしながら自給自足の生活をされています。




ご夫妻は10年以上マクロな生活を実践されておりましたが、
現在はお二人の経験や知恵・知識を持って、「ハーモニクスヒーリング」という
独自の実践的なコンセプトを提案していらっしゃいます。




このソフト断食3日間は毎月開催されているようです。
食事だけでなく、体を動かすこと、呼吸のこと、心のこと、
環境のことなど、ホリスティックな視点で学ぶことができます。





実践的な内容が多いので、すぐに役立つ知恵を持って帰れるのは嬉しいです。
お二人の話はマクロな考えに似ている自然の流れに沿った内容なので
私はすっと頭に入り、心にしみこんでいきました。




「マクロビオティック」と一言で言っても
それぞれに学んだ場所や読んだ本により視点が違いますよね。
私は「これだー!」って突進しないようにしています(突進しがちだから)。




第一に自分で経験することを大切に、そして良いものは取り入れるし、
場・時・体調などの変化に合わせてどんどん変えていき
大きな視点で見たバランスを重視していこうと考えています。





今回はローフードのソフト断食ってことで周りからは
「マクロは生食べないんでしょ?」「そんなことして大丈夫?」
と言われました。
マクロの考えは食べ物・食べ方を限定するものではないはずなのに
認識の差異で「マクロでは生食は×」とされてしまうこともしばしばあります。




私は生のものも毎日何かしら食べていますし、
何より自分の体での実験がとても楽しみでした




子供を生む前に体をキレイにしておきたいという気持ちから
8月中は自分なりにデトックスをしてきました。
さらに新しい出会いを求めて、
今回のローフードの半断食にもチャレンジしたのです。




ローフードについて詳しくは・・・
ゆみさんのブログ石塚ともさんのブログをご覧ください。





体調の変化は2日目から顕著に現れました。
ポジティブな変化は体が軽くなった!お腹が軽いんです。
ぽっちゃりお腹の私の下っ腹は若干ひっこんで
「何かがある」という感覚がなく、軽い!楽!
頭も冴えていました。




滞在前と後では体重は1キロ減でしたが、お腹のすっきり感は嬉しい収穫です♪





それから手のひらが柔らかくなりました。
ちょっと黄みがかってガサガサしていたんです。




ネガティブな変化は頭痛と冷え。
前頭部がドーンと痛い。
座っていて落ち着いてても立ち上がると頭に痛みが響きます。
冷えは下の方から、足と腰が主に冷えていました。




食前にフルーツで食事は生野菜が毎食だったので
冷えるのは当然かもしれませんが、
全身が冷える~!寒い~!というようなことはなかったです。




ゆみさんも
 
 「やっぱりフルーツを食べると一時的に冷える。
  そいうい時は手をこすって温かくなった手の平で腎臓を温めて
  血液を温かくするといいよ」

と言っていたので、それを実践したり、気功を取り入れた体操をしたり
山道を歩いて運動したり、して体を温めました。




キャベツを発酵させた酵素ジュースを毎食飲んでいたので
そのお陰もあって底冷えはしなかったのかな。




ローフードの調理の仕方や食べ方なども教えて頂きましたが、
自分に合っているものは取り入れていこうと思いました。
加熱食を食べる前にフルーツや生サラダを食べることや
フルーツは完熟したものを食べることなど。
バナナだったら真っ黒のもの。





弁護するわけではないですが、
冷えは私の薄着も影響していたんだと思います。
鴨川と言えども標高が高い山の中のお宅なので
朝晩と日陰の空気は冷たいです。
その中で東京と同じような薄着だったので、食べ物と相乗して冷えていました。




ちなみにローフードを取り入れて以来
ゆみさん・玄さんの体温が上がったそうです。
体温が上がると免疫力も上がります。
ワークショップの直前まではお二人は仕事でコスタリカに行っていたのですが、
その疲れを感じさせないどころかエネルギーに満ち溢れていました。




3日間の滞在で得たことは食べ物での体の変化ばかりでなく、
お二人のグローバルな経験からのスピリチュアルヒーリングも勉強できたり、
オーリングテストを取り入れたライフエネルギーテストをやってもらったり、
「夢」のワークショップやお手当てのようなクラスもあったり、盛り沢山!




オーリングでは腎臓と脾臓がちょっと弱っていると出た以外は良い状態♪
「全体的に問題ないよ、食事もばっちり!」と太鼓判を押されて嬉しい!




確かに自分でも8月のデトックス月間を経てからの体調はとても良かったのです。
そしてこのソフト断食に参加するにあたって
「2週間分の食べたものを全て記載していく」という課題があったのですが
書くと自分の食べたものを見返す良い機会になるし
体調の変化と食事の関係が見えたりしていいんですよね。





クラスの合間にはゆみさん・玄さんが子供たちと接する場面があり
そんな日常からもしなやかな子育ての姿を学びました。




とにかく充実した3日間、満喫してきました~♪
ソフト断食なので3食食べるから辛いということもないし^^




2泊3日で3万円というお得な料金も魅力的だったし、
ゆみさん・玄さん家族が心からハッピーに笑顔で暮らしている姿は
何よりの証拠、身近で生活させて頂いて気持ちが良かったです。





夢を叶えるにも何かを変えていくにも
まずは自分がクリーンでハッピーになることが大切!
それを直実に実践していこうと思います♪





ゆみさん、玄さん、一緒に参加したみなさま
ありがとうございました!!!



栗 

 IMG_8451.jpg  IMG_8457.jpg






秋の味覚、栗が実家から送られてきました~!
わーい♪わーい♪




先日、G-Veggieの佳子さんちで栗ごはんをご馳走になりました。
大きな栗がごろんごろん入ってて、ホクホクの美味しさで
「栗むくのに1時間もかかった」
と言っていた佳子さんの苦労を有り難く感じたのでした。





さっそくわが家でも栗ごはん!
佳子さんに借りた「チャングムの誓い」を観ながら
栗をむくこと1時間。。。
ようやく半分むけましたが(写真左)、右手の感覚がおかしくなってきたので
残りはそのままゆでることにしました。




そそ、「チャングムの誓い」っていう韓国ドラマは
漢方やマクロなどを知っていると見応えありますね。
昔は当たり前だった身近な食材や鍼灸などで体を良くする
という考えを実践しています。




「食べ物を陰謀の手段にしてはならぬ!」
という女官のセリフが印象的です。




韓国ドラマはなぜか演歌っぽい印象があってあまり観たことないのですが、
チャングムはちょっとした勉強の為にもおもしろく観れそうです。




栗ごはんには黒米を入れて炊きました。
水加減は玄米だけを炊く時よりほんのちょーっと多めにして
圧力鍋で25分加圧し、美味しく炊けました♪




栗の黄色とごはんの紫がキレイ~!
たくさん炊いたので、次の日にはドリアで登場。





ひじき煮をごはんに混ぜ込んで具にしました。
上には豆乳のソースをかけて。
主人がチーズ好きなので半分にチーズを乗せました。



ソースはオリーブオイルでにんにく、玉ねぎを炒めたところに
小麦粉を混ぜて炒め、豆乳を入れて混ぜ合わせます。
塩で味をつければ出来上がりですが、私はそこにとうもろこしを
削ったりすりおろしたりして加えました。




生のとうもろこしをすりおろして加熱するとでんぷんが固まってトロミがでます。
甘みも加わり、色も黄色っぽく美味しそうなソースになりました♪




きのこを入れたりクルミを入れたりしたらもっと秋らしくなりそう!
栗ごはんそのままでもドリアにしても、美味しかった~
ゆで栗でまた何かつくろう♪





*今日から2泊3日のソフト断食に行ってきます!
  体がどう反応するか楽しみだわ~


秋のはじまりに 

 IMG_8411_20090921094831.jpg
 
  IMG_8395.jpg IMG_8434.jpg






5連休、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。




私たちは遠出せず、普段通りの日常を過ごしています。
仕事も勉強もたまっているからなんですが、、、




それでも家にいるのはもったいない過ごしやすい陽気なので
ちょこちょこ外に出て秋の始まりを楽しんでいます。







写真上、左下:彼岸花、ほのかに紅葉?


 公園・川沿いへの散歩は毎日欠かさずに行ってます。
 


 大きな池の周りはたくさんの木々や植物で囲まれています。
 葉っぱがほんのり色付いて、早い秋の訪れを感じています。



 そして背の低い笹の合間から
 たくさんの彼岸花があでやかな赤い花を咲かせていました。



 濃い緑の中に反対色の赤がゴージャスに映えています。
 透明感を増した空気とやわらかい日差しが良い演出をしてくれています。





 

写真右下:音楽会


 ロンドンにピアノ留学をしていた友達のお誘いで
 クラシックを聴きに行きました。



 彼女は普通に仕事をしつつ、
 音楽仲間と一緒に定期的に会を開いています。
 


 出演者それぞれ仕事を持ちつつ練習を重ねてきたようですが
 音楽は本格的!!
 


 ピアノ、ヴァイオリン、ソプラノ、ダンス・・・
 秋をテーマに素敵な音楽を聴いてきました♪



 
 当たり前の季節や時間の流れというか、自然のリズムというか、
 そういうものに沿うような音楽って聴いてて心地良いと感じます。



 むしろ、流れはこっちですよ~って導いてこれる感じもあり
 導かれた先は気持ちよく安心できる場所だったりするような。



 
 約1時間半のコンサート、私はその間
 美味しい食事をして「あ~幸せ♪」な状態と同じようになっていたはず。
 


 
 耳から良い栄養をもらえて、美味しい夜でした♪





ブラジル気分♪ 

 IMG_8385.jpg  IMG_8381.jpg

 IMG_8370.jpg  IMG_8374.jpg





昨日はKMAでブラジル料理のクラスでした。





前々から楽しみにしていたんです!
ブラジルを思い出しながらの試作も楽しかったし、
見た目も味も新鮮なお料理を紹介するのはワクワクなイベントです♪





気分もブラジルに、ということで・・・
黄色いペンダントと緑のスカートでブラジルカラーを出し、
靴も黄色、緑、青の色が入ったスニーカーをはき、
ボサノバの音楽で皆さまをお出迎えしてみました♪





ボサノバのリズムと共に作ったものは、

・ブラジル風コロッケ(コッシンヤ)
 ねっとり生地はどんな仕上がりになるか、皆さん興味津々で作っていました。
 見た目のキュートさと大きい存在感が受けてました♪


・豆サラダ
 ブラジルでよく食べられる豆を使ってサラダにしました。
 水分を多くして作り、揚げ物やパイのソースにしても良いかな。


・フルーツポンチカクテル
 フルーツが一年中豊富な熱帯ブラジルですが、今回は日本の
 季節の果物を使ってみました。
 スパイスをきかせたシロップがちょっとカクテルを思い出させます。


・ベジミートパイ
 春巻きの皮を使って短時間でできるパイにしてみました。
 中身はベジでもクルミのアクセントやナツメグの香りを生かして
 お肉に負けないミートパイになりました~!


・ポンデケージョ
 植物性100%のチーズを使って作りました。
 「マクロにはない味!」とアシスタントもびっくり。
 よくできているチーズです。
 本来はタピオカの粉で作りますが、手に入りやすい材料に変えて
 今回は白玉粉を使いました。





デモンストレーションをしながらブラジルの文化、歴史、政治、社会などを
私達が旅をして経験したことと絡めながら話をしました。





その国の経済や文化は、食を通じても観察することができます。
食事がローカルになれば歴史や生活が垣間見えるかもしれないし、
豪華な外食だったりすると社会や流通が強く見えたりします。




ブラジルに興味を持ってくださった方がたくさんいて
嬉しかったな~






また世界のお料理をご紹介していこうと思います!!!





Basic1とポットラック 

 IMG_8336.jpg  IMG_8333.jpg

 IMG_8361.jpg  IMG_8359.jpg

写真:右上-テンペサンドイッチ、左上-粟と甘い野菜のスープ
    右下-黒胡麻ごはんおにぎり、左下-大根ソテー人参ソース添え





先週はKMABasic1のクラスが続けてありました。




8月は担当がなかったので、久々のクラスでした。
9月はクールの最終月、3ヶ月一緒に学んだクラスメイトとはすっかり
仲良くなっていて打解けた良いクラスでした。




社会人になってから一緒に何かを学んだクラスメイトって、
特別な友達感があるような気がします。




義務教育でもない勉強を自ら望んで選んで
時には苦労し、時には喜び、お互い支え合って高めあっていくような関係って
利害が絡む人間関係があるような会社では築けないものかなと思います。




私が以前勤めていた会社は厳しい女学院のようなところがあったので
苦楽を共にした友人との絆も深いですが、
アメリカに行って一緒にマクロを勉強した友人との関係は、
共通のフィールドでお互いを尊重しつつ協力し合い
高め合うような切磋琢磨の雰囲気がより強くあるような気がします。




クラスにご参加のみなさま、
Basic16回目、7回目の調理実習を担当させて頂きありがとうございました!
またお目にかかれる日を楽しみにしております!






・・・・・・・・・・




昨日はマクロのポットラックパーティ♪
KさんとYさんが家に遊びにいらしてくださいました。




昼から19時まで、食べたり飲んだりしゃべったり。
家に集まると時間を気にせずゆっくりできるのが良いですね~




情報交換、近況報告・・・
メールでも電話でもなくって目を見て話すのは
私にとっては大きな影響力があります。
私は人と会うことでエネルギーをたくさんもらうんだなと改めて感じました。




持ち寄ってくださったものの写真、撮り忘れました・・・><
Kさん、Yさんたくさん作って来て下さったのにごめんなさい!
モデル並にキレイなお二人は、お料理も素敵でした。
彩りがあって、器も凝ってて、小技がきいてて・・・
彼が羨ましい~♪




私は写真のおにぎり、大根ソテー、ベジバーニャカウダ
リンゴとアプリコットのゼリーを作りました。




おにぎりは玄米と黒胡麻を一緒に炊き、蒸したさつまいもをのせました。
先日、主人の好きな映画「アマデウス」をDVDで観たのですが
その中に出てくる「カペッツォリ・ディ・ヴェーネレ Capezzoli di Venere」
(ヴィーナスの乳房)というお菓子がとっても可愛らしかったので、
玄米で再現してみました。




玄米そのままの色だとリアルなので・・・
黒胡麻ごはんに黄金のさつまいもを乗せてみました♪




大根ソテーは人参と玉ねぎと梅酢で作ったソースと一緒に。
このソースはピザソースにも重宝しています。




バーニャカウダはこのレシピをアレンジして
豆乳を新たに加え、味噌は麦味噌にして、ひじきは煮物を使いました。
野菜がたっぷり食べられる簡単バーニャカウダです!



リンゴゼリーはドライアプリコット、寒天、塩、リンゴジュースを煮て
固めたものです。
上に梅とてんさい糖を漬け込んで作ったジャムをのせました。
母の味が参加しています。





使う食材がすっかり秋めいてきました。
これから美味しいものがどんどん出てきますね!!!



りなろびさんのクラス 




りなろびさんの10月のクラスをご紹介します。




*********************************************************


    栗づくしのマクロビオティック

10/1(木) 11時~14時 申し込み9/24までです
10/10(土)11時~14時 申し込み10/3までです
10/24(土)11時~14時 申し込み10/17までです

定員人数各4名 レッスン料金各¥3,500です


   ・栗のクリィーミー玄米リゾット
   ・栗のポタージュ
   ・栗と野菜のミートローフ風
   ・栗ときのこのサラダ
   ・栗と南瓜のプリン





     マクロビオティックを始めよう


10/19(月)11時~14時 申し込み10/12までです
10/31(土)11時~14時 申し込み10/24までです

定員人数各4名 レッスン料金各¥3,500です



    ・小豆玄米
    ・基本の麦味噌汁
    ・テンペの照り焼き
    ・旬のスチーム野菜
    ・豆腐マヨネーズ
    ・もちきびとりんごのコンポート





     子どものためのマクロビオティック


10/3(土)11時~14時 申し込み9/26までです
10/26(月)11時~14時申し込み10/19までです

定員人数各4名です レッスン料金各¥4,000です

もちろんお子様もご一緒でOK! お母様のみでもOK!です


    ・マクロビ風グラタン
    ・甘い野菜のスープ
    ・ひとくち玄米ピザ
    ・かぼちゃチップス
    ・りんごとあらめのサラダ 






場所は、
りんかい線駅徒歩7分
又は、バスの場合
JR品川駅からバスで5分です


お申し込みは、
お名前、ご希望のレッスン、日程、ご連絡のとれる
電話番号をご記入の上、下記の☆を@に変えて
ご連絡お願い致します

kawabe323☆u01.gate01.com


皆様のお越しを心よりお待ちしております


**************************************************




支援のかたち 

 IMG_2290.jpg
写真:ケニアのキベラ地区、子供とお父さん
    動物の骨を利用してアクセサリーを作っている工房






外国をしていると必ずと言っていいほど「貧困」に出会います。
昨年の世界一周旅行では
貧困を肌で感じた経験がいくつかありました。




その中でも悲惨さを通りこして「なんでこんなことになるんだ!」と
怒りのようなものを感じた経験はケニアのスラム街:キベラに行った時でした。
(ここに行った時の様子はケニア編で書きます)




アフリカで2番目に大きなスラム街での問題は山積みです。

 居住者の60%がHIVに感染していること、
 家庭の人間関係問題、
 ゴミが散乱し衛生状態が非常に悪いこと、
 政府と市民の関係が健全でないこと、


・・・
私達が泊まっていた宿はオーストラリア人が経営をしていましたが、
キベラ地区の活性化を図る若者に毎月いくらかの経済支援をしていました。




宿で仲良くなったスコットランド人の女性はよくキベラに来ているらしく
主に女性達の自立を支えるボランティア活動をしている方でした。
来る時のスーツケースは
 
 「生理用ナプキンとコンドームでいっぱい!」

と言って笑っていました。





あとで判明したのですが、彼女は著名人:Kate Copstickという方でした。
彼女は周りをあっという間に巻き込む雰囲気と強い意志があって
主人の広告代理店という仕事を
 
 「大量生産を促して貧困を生む仕事だ!恐ろしい!」

と、大声で顔を歪めながら言い放って痛烈に批判しつつ
苦笑いして言い訳している彼をみて、フォローしながら最後は皆から笑いを
とるところがプロを感じさせました。




このように外国からボランティアで来ている人はケニアだけに限らず、
いわゆる発展途上国ばかり旅をしていた私達は
様々な地域で出会いました。




旅が進んでいくにつれ、自分達もわずかでも遠回りでもいいから
社会をよくする為の行動をしなければならないと強く思うようになり、
日本でも天変地異が起こった時にわずかな募金くらいしか
行動できなかった自分に歯がゆさを感じるようになっていました。




見た者、知った者としての責任や宿命のようなものが芽生え、
少しでも余裕があるなら日々の生活・仕事が当たり前に流れていく中に
社会への恩返しのような意志と行動を組み込んでいかなきゃと思ったのです。





帰国した直後は鼻息荒くしていたのですが、
 
 現場に頻繁に行けないとなると誰に・どのように依頼すればいいのか?
 自分の「支援したい」というエゴを押し付けるような形にならないか?

などの不安と思案事項がうまれて、
「案ずるよりうむが易し」でなく「石橋を叩いて渡る」
状態になっていったのでした。





グアテマラに住む義父母、またペルーで働く子供達を支える活動
しているYさんから支援活動の話を聞いたことがあります。





大きな組織を作って外国から人をたくさん送り込む、
優れた外国の技術で何かを作る、
物資を持ってくる、
お金を寄付する、

・・・



支援を受ける側の現状を知っている義父母やYさんが語る実態は、
こういった一般的な支援の形が
やり方によっては必ずしも良い結果を生み出さないこともあるし、
その地域の発展を持続して助けることにならないと教えてくださいました。





Yさんが話してくださった内容が印象的です。


 「ペルーの貧民街にはサンタクロースがいっぱい来ます。
  モノやお金をばらまかれれば、それを断る人は誰もいない。
  もらうことに慣れてしまうと、外部からの援助に頼ってしまって
  自己努力や返還することを忘れてしまう。

  寄付や支援は、する側の自己満足で終らせることなく
  現場の政経・生活・環境・社会などを包括的に考えて
  お金やモノを上手く活用し現地の人の自立を助けることが大切。」





また、こんな興味深い話も聞かせてくださいました。

 「一緒に活動している夫婦は日本で福祉の勉強をしてきたのですが、
  彼らがスラム街に住もうとした時
  土地を借りるのも土をならすのも家を建てるのも、
  全部現地の人たちに助けてもらったそうです。
   
  これから支援をしようとしている側が、逆に助けられたんです。」



色々な話を聞いて
支援をするということは何かを考えさせられました。





私たちは自分達の目で見た場所の人たちに
現実的にできることで、
続けられることで、
知恵やアイデアを得意分野で出し合いながら、
支援が自己満足なかたちにならないように
考えていきたいと思っています。




今は現地の方々と相談させてもらっている状況ですが
意志が行動になり、動いていく何かを感じ
ケニアで怒りを感じた自分が少し癒された気がします。




*いつもながら、言葉足らず・経験不足をお許しください



G-Veggieでキレイになろう! 




蒲田にあるマクロのお教室、G-Veggieの新しいクラスをご紹介します。




主宰の佳子さんが練りに練って企画したこのキレイ塾、
「キレイ」をキーワードにあらゆるジャンルの講師が登場するようです。
全て行けないという方、
単発参加も可能なのでご興味ある回に参加するのも良いですね♪




詳細は下記をご覧ください~





**********************************************************


こんにちは、マクロビオティック料理教室G-veggie@東京・蒲田
の佳子ヴォスです。みなさんお元気ですか?


さて本日は9月下旬に開講する「マクロビオティック きれい塾」
の第1回目の講座内容をご案内いたします。


この講座は9月から毎月1回、全6回のレッスン。
6回コースでのお申込みのほかに、興味のある講座だけ単発で受講することもで
きます。


また、お試しに1レッスン受講していただき引き続き残りの講座を受講される場
合は、 1レッスン5,250円で受講できます。



★くわしくは… http://g-veggie.com/



この講座を聞いていただければ…
心と身体を内側からクリアにするマクロビオティックの生活&食事法と
今日からすぐにセンスアップできる即効性のある実践テクニックを学べるので、
自分だけの力であなたをピカピカに磨きあげるテクニックを身につけることがで
きますよ。



自分がやりたい仕事ができる会社に就職したい方、
今年こそは素敵なパートナーをみつけゴールインしたい婚活中の方、
「きれい塾」で第一印象をアップして上昇気流に乗り、最良のご縁をつかみま
しょう!!



素敵に年を重ねてイキイキと幸せな人生を歩みたい方、
「きれい塾」でセルフケア術を身に付けて、
幸運を呼ぶ魅力的な笑顔を手に入れてみませんか!!



みなさんのご参加を心からおまちしております。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

       マクロビオティックきれい塾 第1回
 
 身体のバランスを整えて、幸せを引き寄せる力をアップしよう!!


 ◆土曜クラス:9月26日 17:00~20:00 …まもなく満席です
 ◇火曜クラス:9月29日 13:00~16:00
  
 ♪マクロビオティックスイーツをご用意してお待ちしております♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【前半の講義のテーマ】ピュアな身体をつくる食べ方&暮らし方

私、マクロビオティック料理教室G-veggieの佳子ヴォスが、
季節ごとにどんなお食事をして、どのような暮らし方をすれば、
一番気持ちよく健康に暮らせるようになるかをお話しさせていただきます。

マクロビティックの基礎知識が全くない方でも理解していただけるよう、
わかりやすくお話しさせていただきますので、
マクロビオティックにご興味のある方はぜひご参加くださいね。


【後半の講義のテーマ】新しい自分に出会うカラーコーディネート術

講師はトータルカラーコンサルタントの七江亜紀さんをお迎えします。

七江先生の講演を聴いていただけば…
「自分に本当に似合う色」と「美しい自分を演出する自分スタイル」
の法則がわかるようになるので、
お肌はつるつるピカピカに見えるようになり、
体型の欠点もカバーできるようになりますよ!!

クローゼットを空けたら黒い服ばかりの方!
無難だからといって黒を選んでいると思いますが、
黒は似合わない人が着ると肌がくすんでみえてしまうそうですよ。

黒は誰にでも似合う無難な色ではありません。

ぜひこの秋は「とりあえず黒」から脱出して、
自分を美しく見えるカラーを見つけてみませんか??

そして…
恋も仕事も上手くいく!幸せを引き寄せる「色とスタイル」の黄金ルールを
七江先生が皆様に伝授いたしますのでどうぞお楽しみに…

★七江亜紀先生のHP
 http://www.lustre.jp/

★公式ブログ
http://lustre.seesaa.net/
http://www.asajikan.jp/asabijin/aki_nanae/
http://www.womanwave.com/WOMANWAVE.COM.html


★七江亜紀先生の著書
「働く女性のための色とスタイル教室~幸せを呼ぶ外見の作り方」


【受講料】 6300円(税込み)
      今回受講していただき引き続き残りの講座を受講される場合は、
      1レッスン5,250円で受講していただけます。
      ★くわしくは… http://g-veggie.com/

【定 員】 各クラス20名
【開催場所】マクロビオティック料理教室G-veggie@東京・蒲田
      京急蒲田駅より徒歩6分/JR蒲田駅より徒歩12分
      〒144-0031 東京都大田区東蒲田2-5-11
【地 図】http://g-veggie.com/access.html

◆お申込み方法◆
下記の必要事項にご記入の上、メールにて申込みくださいますようお願いいたし
ます
メールアドレス ⇒ macro@g-veggie.com

お名前 (フリガナ)                        
ご住所 〒
電話番号    (      )             
希望のクラス 土曜クラス / 火曜クラス

※お申込みいただいた場合、必ず3日以内にお返事をいたします。
 もし返信がない場合には、お手数ですがご一報いただけますようお願いいたし
ます。



みなさんのご参加を心からお待ちしています♪



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 おかげさまで大好評!!9月の1Dayクラス

 手作りトルティーアでまきまきマクロLunch

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

トルティーアは発酵がいらないパンなので、
粉をこね始めてからたった30分で出来上がり!!
小麦粉・少量の油・塩・水だけで作れる、
とっても手軽に楽しめて身体にやさしいパンです。

9月12日土曜日のクラスはおかげさまで満席になりましたが、
14日(月)のクラスはあと2席お席がありますので、
ご希望の方はお早めにお申込みいただけますようお願いいたします。

開催日時:9月14日(月) 11:00~14:00

●くわしくは… http://blog.g-veggie.com/?day=20090813


今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
それでは、素敵な一日をお過ごしくださいね♪

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マクロビオティック料理教室 G-veggie  佳子 ヴォス   
  
〒144-0031 東京都大田区東蒲田2-5-11
tel : 03-3739-7841 / fax : 03-3734-4788
e-mail :  macro@g-veggie.com
Home page :  http://g-veggie.com
携帯Home page :  http://www.just.st/304828/ 
 
Blog : G-veggieでHappyマクロビオティックを…  
             http://blog.g-veggie.com

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



************************************************************







踊っちゃえ!:youtube 





友人からこんな素敵な動画を教えてもらいました。








何度みても、なぜか涙がでます。
体から喜びが溢れて、嬉しくって嬉しくって仕方ない!って感じです。



この後両親に少しだけ怒られたんですって。
アメリカではニュースでも取り上げられたようです。



最高の友達に恵まれて、本当に幸せそう~!!!



イノウとニルヴァーナ 

 IMG_8271.jpg


 コーチングや接遇講師をしている彩
 お誕生日を祝って、
 自由が丘のイタリアン:INOWに行きました。


 ここはオーガニック素材と天然鮮魚を
 使用しているお店で、
 ランチはワインも飲み放題の
 ビュッフェがあるんです~








 誕生日ケーキをお願いしたら、写真のツリーデザートが登場しました!
 

 誕生日の歌も歌ってくれて、チョコメッセージも書いてくれて、
 素敵な誕生日プレゼントになりました♪



 お料理もデザートもマクロって感じではないですが、
 イタリアンはベジ中心で食べやすいですね。
 肉がどのお料理に入っていて・・・などは丁寧に教えてくれました。



 
 みんな昼間のワインはすすまず、ビュッフェとケーキで大満足♪ 
 子供や夫の話、個人事業の話など、誕生日っぽくない話題だったけど、
 友達の笑顔が見れるひと時は幸せな時間です。






 IMG_8297.jpg


 次の日は、CA時代の友人と
 久々に会う友達とニルヴァーナ
 インド料理ランチ♪









ニルヴァーナはミッドタウンにあるのですが、
ここのレジデンスで毎月クラスをしていたこともあって
思い出の場所であり大好きなところなんです♪




外は曇りで暑くもなく、テラスでランチするにはもってこいのお天気でした。



CA時代の友人とはよく会っているのですが、
透き通った肌と柔らかい雰囲気にいつも飲み込まれています。
彼女のような人を見ていると「天はたまに二物を与える」んだなって思うのです。
中身と外見って相乗するんだろうな~




久々に会う友達は転職をするごとに輝きを増していって(顔も黒く光る?)、
日本の証券会社から外資に移り、
高級インテリアメーカーに行き、
独立して上海に行き、
今では食関係の人材派遣会社を仕切っているんですって。



食に関するアンテナが広く敏感なので
もちろんマクロビオティックのこともよく理解してくれていて
質の良いレストランを広めて欲しい私としては
心強い友人でもあります。




彼は女性の中にいても全然違和感のない中世的な存在で、
女の子ばかりで遊びにいってるはずがなぜか彼がいて、
ちゃんと会話にも雰囲気にもついていっている感じでした。




彼のような存在って貴重で、
男性の意見を包み隠さず言ってくれるのがありがたいんですよね~




さて、ランチはデザートもついているビュッフェでした。



3種類のカレーのうち一種類はベジで、結構辛かったです。
カレーの他はパコラ(インド風天ぷら)、野菜料理、肉料理、
温野菜・生野菜など、ベジもノンベジも楽しめると思います。



デザートはフルーツがあったので、メロンや葡萄を頂きました。
焼き菓子やゼリーもありました。
ナンは焼きたてをテーブルまで持ってきてくれます♪




そうそう、インド料理と言えばナンが有名ですよね。
でもインドに行ってビックリしたのが、ナンってあまりないのです。
インド人に聞いたらほとんど食べないんですって。
私もインドに滞在していた間、一回も食べなかったです。




ナンはタンドールという釜がないと焼けないし、
発酵させなきゃいけないし、作るのが大変。
家では作れないのでレストランに行かないと食べれないんですって。



ナンよりもお米を食べたり、
チャパティやパラタ(無発酵の薄焼きパン)の方が主流です。



電車で隣に座った女性と話が盛り上がった時に、
ナンの作り方を聞いたら


 「食べないからあまり分からないけど、、、
  粉と水と塩とベーキングパウダーが材料よ。」


って言われました。
発酵させるんじゃないの?って聞いたら



 「そう、本当はね。でも面倒だしベーキングパウダーでいいのよ。」


と言ってました。
発酵させるならヨーグルトを入れるとも言っていました。





これは主人が言ってたことなのですが、
中国、インド、中東、そこからヨーロッパの食べ物を通しでみると、
小麦文化の「変化」が見えてきます。




中国やアジアでは水分の多い麺類がよく食べられ、
インドに行くとそれが固まって焼かれたチャパティやパラタになり、
中東に行くと少し膨れたピタやホブスになり、
ヨーロッパではもっと膨らんだパンになる・・・




ヨーロッパに向かって行くにつれて
水分が抜けてどんどん膨らんでいくんですよね~
どうやって広まっていったか調べてみると面白そう!





インド料理のクラスはおわってしまいましたが、
世界のマクロ料理シリーズで9月は「ブラジル料理」をご紹介します!
マクロビオティックが盛んなブラジルで学んできたお料理を
日本で手に入る食材で再現してみました。



お申し込みはこちらをクリックしてKMAのサイトからお願いいたします。
 ・9月16日(水)11:00~14:00
 ・5250円



KMAでは来月も楽しい1dayクラスがたくさんありますので、
そちらもチェックしてみてくださいね~♪






連続の外食ランチでは友人からいい栄養をもらいました。
あや、よっしー、なみ、また会いましょ♪




青山コンペイトウのクラス紹介 

  5-23-1.jpg




青山でマクロの教室を開催している平尾さんの教室をご紹介します。



和な感じの秋メニュー、美味しそう♪



*******************************************************



<<青山コンペイトウ 秋の食いしん坊レシピ>>
(青山マクロビオティック料理教室から名称変更しました。)



今回は作り置きや冷凍保存ができる簡単メニューを多くご紹介します。
圧力鍋にお任せの無水鍋やストックの乾物でできる歯ごたえのあるサラダ、
メインはおもてなしにぴったりの、余った総菜を使ってつくる
揚げ饅頭です。



<お話>
五行「土」について。今の季節に取り入れたい食材や調理方法
についてお話しします。


<メニュー>
1 無水鍋 ~きのこと秋野菜の梅塩風味~
2 もっちり利休揚げ饅頭 料亭澄まし汁仕立て
3 小麦タンパクの薩摩揚げ風 常備菜
4 手作り切り干し大根のサラダ
5 雑穀土鍋ごはん

スイーツ
6 栗入り さつま芋のクリームケーキ


<日程>

9/26(土)
9/28(月)

10/1(木)
10/2(金)
10/3(土)
10/4(日)


11am~約3時間 (13:30以降の食器洗い不要)


<場所>
 青山学院向かい、国連大学近く
 最寄り 渋谷 徒歩約5分、表参道 約7分
(個人宅ですので、詳しい住所はお申し込み後ご連絡します。)


<料金>
5000円
*お友達とご参加の場合、共に1000円引き。(別々の日に参加されても)

<担当>
平尾安樹子
KIJ認定マクロビオティックインストラクター

<特典>
1、30種類のカップの中からお好きなカップでの穀物コーヒー
  サービス(ペーパーナプキンもお選び下さい)
2、マクロビオティック図書館・・・マクロビオティックに
  関する雑誌や本を100冊以上取り揃えています。
  クッキングの後はリビングでゆっくりご覧下さい。
3、アメリカ Kushi Instituteのビュッフェや授業の写真を
  ご覧下さい。


<申し込み、問い合わせ>
 こちらのアドレスに、お名前、ご希望の日程をお書きの上ご
 送信ください。
 折り返しご連絡します。

  info@akiko-tomoko.com
  平尾安樹子




*******************************************************