*レシピ*キャタピラーロール ゆず胡椒豆乳ソース 

 IMG_1756.jpg  IMG_1758_20100830094317.jpg




ちょっと前に友達のホームパーティに持ってった
キャタピラーロールが好評だったのでご紹介します~。




キャタピラーは「芋虫」のこと。
アボカドで覆った巻き寿司が芋虫のように見えるでしょ。
体の部分は黒米を混ぜた玄米にして、赤い虫にしてみました。
目と触角はカイワレ大根ね♪




中は水菜を豪快に入れたので、葉っぱが口から出てきて
ぐわーっと緑の火を吹いているような少し怖い芋虫になってしまいました。。。




中身は残り物のひじき煮、キンピラ、切干煮などを入れてもいいし、
私は油揚げをフライパンで焼きつけて味をつけたものを入れてみました。
生野菜、ゆで野菜、なんでもアリです。




レシピは教室で紹介したカラフルレインボーロールの簡単バージョン!
ご飯は梅酢味、具はお好きなもの、
上に乗せるものもアボカドだけでなくお刺身や薄切り野菜にすれば
オリジナルロールの出来上がり♪



裏巻きにするので、海苔の上に具を乗せて巻くところだけポイントかな。



そして、このゆず胡椒豆乳ソースが大人気でした~!
我が家でも主人がこのソースのファンで、
ドレッシングや生野菜のディップでよく登場していました。




キャタピラーロール

【材料(約4本分)】

 玄米         2.5カップ
 水          3.5カップ弱
 塩          2つまみ
 梅酢         20cc

 アボカド       1個(薄切り)
 中身のお好みの具材  
 海苔         4枚



ゆず胡椒豆乳ソース
 豆乳        50cc
 しょうゆ      小さじ2
 柚胡椒       小さじ ½
 米酢        小さじ1    
 



【作り方】
1、玄米は圧力鍋で少し固めに炊き、炊き上がったら梅酢を混ぜて冷ます。
  
2、巻きすの上に海苔をおき、ごはんを薄く広げる。
  その上にラップを乗せて海苔が上にくるようにひっくり返し、
  ラップを下にして再び巻きすに乗せる。
  
3、海苔の上にお好みの具材をのせる。
  手前からまず具をきつく巻き込み、ラップを引きつつ
  具がゆるまないように巻いていく。
 
4、巻きすの上で一度ラップを外し、ごはんの上にアボカドをのせていく。
  再度ラップで覆い、軽く押さえて素材をなじませる。

5、ソースを混ぜる。お好みで巻き寿司につけて召し上がれ!




カラフルロールにする時にはアボカド以外にも・・・
 刺身こんにゃく、たくあん、
 海産物の薄切りお刺身、シソ、、、などなど           


*パプリカ:丸ごと串にさして直火で真っ黒になるまで焼きつけ、
      まんべんなく焦げがついてきたら冷水にとって皮をむく。
      薄切りにして表面を飾る。

*油揚げ:油抜きした後にフライパンで表面をこんがりと焼き、
     醤油や醤油とてんさい糖を混ぜたもので下味をつける。
     表面を飾っても、中身の具にしても。

*ラデュッシュや大根:薄切りにして梅酢に漬ける。





夏にピッタリのごはんメニュー、
この残暑にぜひ試してみてくださいね!





東京に行ってきた 

 IMG_2248.jpg  IMG_2262.jpg

 IMG_2278.jpg  IMG_2316_20100829110633.jpg

写真:お土産に持っていった白神こだま酵母のきなこロールパン
   先輩のおうちでランチ
   ミッドタウンのカノビアーノで会食
   新潟行きの新幹線ホームにて






先週は東京に行き、新潟に寄って(?)帰ってきました。




毎日移動ばかりの多忙な日程を組んでしまって、
事前連絡もできなかった友達もいて・・・
無理がたたり体調が崩れて約束が果たせなかったり、
あ~残念だったわ!!!そしてごめんなさい。。。




忙しすぎて体調を壊すことなんて久々でしたが、
今回の私の場合は「睡眠時間」が確保できなかったことが大きいです。。。
短時間でも質のいい睡眠を取れる体になることが当面の目標!
今は夢もよく見るし、夜中に目が覚めることもありますし。
過ごしやすい気候になれば睡眠も変わってくるでしょう。





忙しくなりそうな時、何を食べるかも大切だけど
忙しいと食べ物を選べない時がほとんど。
砂糖や糖分たっぷりの加工菓子を避けて、小食にするだけでも
かなり調子がいいのですが、私は小食が苦手!
でも、大食しないことはできる!





食べ過ぎると内臓もフル回転で消化に力を注ぐので、疲れるんですよね。
忙しさというストレスが溜まると食べて解消しがちなんですが、
だからと言って食べ過ぎるのではなく「必要なもの・量だけを食べる」
という視点で食事をするといいかもしれませんね。






東京では、
ゲストルームを貸してくれた友達とお料理したり、
ケンブリッジの先輩で今度私たちが住む部屋を引き継いで下さった方とお会いしたり、
植物性100%のチーズ「シーズ」を使ったクラスを引き継ぐAさんと
プライベートレッスンをしたり(10月にKMAで開催予定だそうです!)、
主人の知人と意外な共通点:SATC好きの話で盛り上がったり、
前のマンションに行って荷物を引き取ったり、
パーティの写真のデータをもらったり、
目黒と新潟にいる主人の親戚にご挨拶しに行ったり、
・・・




一つ一つの行動にセンチメンタルな気持ちが湧き上がってきました。




主人の大学院は1年なのですが、
卒業後はヨーロッパで就職活動をしたいようなんです。
一時帰国はあると思いますが、来年の今頃にまた日本に住むかは未定。





私たち夫婦は離れて暮らすことは考えてないので
主人の今後を見守りつつ、
どこへ行っても私も私らしく生きられる強さが備わるといいなと思っています。








過ごしやすいな~ 

  IMG_1481.jpg






盛夏を過ぎ、栃木の山あいでは朝晩の涼しさが増してきました。
早起きすると長袖と靴下を着用しないと鳥肌が立ちます。





実家に住み始めて10日が経ち、徐々に体がシンプルになっているのを感じます。
クーラーはほぼかけず天然の環境と近いので、
東京のでは足し算が多くて複雑になりがちだった生活環境も
ここではとっても単純なんです。




暑い時には畑で取れたナス、きゅうり、トマト、オクラ、スイカ等が美味しくって、
朝の涼しい時には温かいお味噌汁が体にしみわたります。




夏の間に水っぽくなってしまった体を少し秋仕様に、
生活の中で身に着けるもの、活動、調理方法、食べもの・飲み物・・・
などを変えていっています。




ひざ下をさらけ出していた足元を少し覆って冷やさないようにし、
夏野菜にも塩と熱を多めにして、
「麦」が多かった主食も「米」を増やしてみたり、
・・・
自然に密着した生活だからか頭で考えなくても
本能がうまく働いてくれて体も調子がいいです。





・・・・・

久々にパンを焼いてみました。
暑い時にはオーブンを使うこと自体躊躇してしまうのですが
朝の涼しい時に焼いてみました。




どっしりしたパンではなくフワッと軽めにしたかったので、
よーくこねて、オリーブオイルとてんさい糖を多めにし、
短時間で焼けるように小さめにしてみました。




いつものように白神こだま酵母を使いましたが
暑いので発酵がはやかったです。




最近の食事はほとんどそうめんやうどんなど麺類ばかりだったけど、
ひさしぶりのパンは美味しかった~♪




なちゅーるさんのクラス 




なちゅーるさんのお教室のご紹介をいたします!



********************************************************************

 テリーヌ

 (写真はイメージです)



Natural Flowさまのページをお借りして

【なちゅーるスタイル】お料理とお菓子のクラスのご案内です!


●【秋のからだ作り 丸い野菜のフルコース】
  9月10日(金)・15日(水)・16日(木)・25日(土)
●【白砂糖を使わない基本の和菓子】9月17日(金)




残暑お見舞い申し上げます!

暑い毎日ですがお元気でお過ごしでしょうか。

立秋を過ぎましたので、徐々に秋を迎える準備をはじめましょう。

そこで!9月のクッキングクラスでは
秋の甘い野菜を楽しむクラスを開催いたします。

昨年発売されましたrelaxyに掲載していただきました
メニューがちょうど季節に合いますので
この機会に取り入れて、華やかで体に優しいお料理のご提案です。



空に向かってなるとうもろこしやおくら、
地面に向かってなる根菜と異なり
これからは、地面近くになる玉ねぎ、かぼちゃなどの
丸いの野菜が穏やかな甘みで美味しい季節です。


秋の体作りをいたしましょう!


毎回、シンプルでも本格派で美味しく
満足のいくレシピをご提案しています。

ぜひご連絡をお待ちしております!


 【Natural cooking class】

【秋のからだ作り 丸い野菜のフルコース】
 


●日時

9月10日(金) 11時より3時間半程度 
9月15日(水) 11時より3時間半程度
9月16日(木) 11時より3時間半程度
9月25日(土) 11時より3時間半程度
 

●メニュー

* 蕪と雑穀のスープ
* あらめ(海草)のサラダ
* 秋野菜のテリーヌ
* 南瓜と人参のオレンジソース
* 玄米
* 暖かいスイーツ: 旬のフルーツ(ぶどう)のクランブル

気候などで入手困難な場合は材料が変更となりますので、
ご了承くださいませ。



9月のナチュラルスイーツクラスは、和菓子です。

和菓子に必要な小豆あんの作り方、

白いお砂糖を使わずに、あんこを作る方法と、
そのあんを使った和菓子簡単で美味しいお饅頭は味噌まんじゅうと
おぼろ月をイメージしたおぼろまんじゅうで、
あんの包み方を練習します。


また、9月21日に迎える中秋の名月にお供えできる
お団子の作り方もご紹介します。


【Natural sweets class】

【白砂糖を使わない和菓子の基本】 


●日時

9月 17日(金) 11時より3時間半程度

●メニュー

* 製あん 粒餡の作り方
* 味噌まんじゅう  包あんの方法
* おぼろまんじゅう
* 基本のお団子  お月見用 
* みたらし

ランチには、炊き込みご飯、プレスサラダ、お味噌汁をご用意します。


【Natural cooking class】
【Natural sweets class】
ともに共通の内容は下記の通りです。

●内容

お料理と簡単なテーブルコーディネートのご紹介

●料金

5,000円(材料費込み)

●定員

各クラス4名 

●お申込方法

下記の項目をご記載の上、メールでお申込下さい。
naturestylemacro ☆ gmail.com (☆は@に変更して下さい)
1. 氏名(ふりがな)
2. 住所
3. ご希望のコースと日にち 第一希望、第二希望の順をお知らせください。
4. 連絡のとりやすいお電話番号(差し支えなければ携帯番号もお願いします)
5. マクロビオティックの経験の有無
6. 年齢


●ご用意いただくもの

エプロン、タオル、筆記用具、カメラ、タッパー、髪をまとめるもの


●場所

京王相模原線 南大沢駅下車  自宅にて。
 (お申込後に詳細をご連絡します)


お問い合わせ・ご希望・お申込をお待ちしております!


----- お知らせ -----

■ 8月クラスのご案内中です♪               

8月26日(木)『夏を楽しもう!ベジタリアン・タイ料理セレクトⅡ』  
8月27日(金)『夏を楽しもう!ベジタリアン・タイ料理セレクトⅡ』
 


* * * * * * * * * * * * * * * * *
【Nature Style(なちゅーるスタイル)】 
Blog :: http://macrobiotics1nature.blog87.fc2.com/
ケータイ: http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/NATURE/

Natural Flowさまに感謝いたします♪


*****************************************************************






甥っ子とクッキー作り 




昨日は姉の誕生日でした。
「何かプレゼントをあげたいんだけど...」と相談してきた甥っ子と一緒に
クッキーを焼いてあげることにしました。





材料は・・・
●国産薄力粉、片栗粉、アーモンドプードル、てんさい糖、自然塩
◎なたね油、ピーナツバター
○水(豆乳でも林檎ジュースでもOK)




目分量計量でも大丈夫!
●の材料をフォークなどで混ぜ合わせ、◎の油分を入れて
手の平と指先でで粉と油分がなじむようにこすり合わせます。
全体的に湿った砂状になるくらいに油分を加えます。
○の水を入れながらやっと生地がまとまるくらいの質感に仕上げます。
(生地を伸ばした時に生地がひび割れるか割れないかくらい)





デリケートな生地だと子供達が扱いにくいので、
多少こねすぎてもサクっと仕上がるように片栗粉やアーモンドパウダーを入れたり
油分もしっかり入れました。
いつもは普通のクッキーを食べている子供達なので、
いきなり素朴系の食感&味にするよりも
少しでも良い材料で手作りで作ったものを食べさせたいんです。
(ママの為のクッキーとは言え、食べるのは子供中心)




時間があったので冷蔵庫で生地を寝かせてから成形しましたが
すぐに成形しても大丈夫。





IMG_2175.jpg
 さあ、お楽しみの成形スタート! 
 めん棒はなぜか
 「太鼓の達人」のバチ。
 






IMG_2188.jpg
 長男レッド:どんな形にする?
 
 次男ブルー:ハートが良い!
 
 長男レッド:ママはハートで、
        僕達は飛行機にしよう!
 
 次男ブルー:ひたすらこねる...







型抜きを見せるとその小ささに「誕生日」という特別感がないことを二人で実感。
伸ばした生地そのままでいいんじゃないかと長男レッドが言い出す。
次男も賛成。



大きな生地にチョコチップで文字を書きたい!とレッドが提案したものの
チョコチップはなくてキャロブチップしかないことを告げるとあえなく却下。




だったら中に何か入れたい!とレッドがまたアイデアを出した。
オーガニックのドライアプリコットがあったので二人に味見をさせたところ、
フルーツ大好きのブルーはOK、レッドは吐き出してしまいこれまた却下。




いわゆる普通の製菓材料もあったのだけど、私の意地で子供達には見せない。
子供達のアイデアは市販のお菓子から浮かぶものが多くて
「中にとろけるチョコをいれたい」
「ジャムとかクリームをはさみたい」
「髪の毛につけられるようにしたい」
・・・などなど。
ほぼ却下になってしまったけど、アイデアが色々出てきて面白かった~




かぼちゃの種で顔を描いたらどお?と提案してみたところ、
二人とも賛成してくれたのでその方向で行くことに決定!



IMG_2191.jpg
 ソファに座っているママに
 「こっち見ないでね~!」

 レッド、ブルー、私のヒソヒソ話で成形は進む。

 二人ともこねたいようなので
 とりあえず生地を持たせる。
 レッドはこねた生地を髪の毛にしたいらしい。
 ブルーは顔を作りたいみたい。









IMG_2197.jpg
 レッド:髪を上に結んでいるのが好きだから...

 ブルー:鼻と口と目にかぼちゃの種を乗せて...










IMG_2205.jpg

 できたーーーーーー!
 ママ、お誕生日おめでとう!!!






姉にも子供達にも大好評のクッキーができました♪
 
 IMG_2217.jpg





収穫 

 IMG_2147.jpg  IMG_2155_20100817132017.jpg

 IMG_2160_20100817132030.jpg  IMG_2157.jpg





初盆の行事を終えて、ようやくゆったりした時間が持てるようになりました。




祖父の家で初盆を迎えたのですが、
一人暮らしの祖父が倒れてから2年半の間誰も住んでいなかったので
家の中・外の掃除をするだけでも大変なものでした。




家族・親戚・知人がたくさん集まって
とても賑やかな酒盛りのようなお盆でした。




お墓にご先祖様をお迎えに行って送りにいくまでをずっとお手伝いしたのですが
大人になってからお盆の間ずっと実家で過ごすことがなかったので
初めてのことが多かったです。





田舎にいると季節ごと・節目ごとの伝統行事が
生活と密接な関係をもって行われます。
自然の流れと共に生かされている事を強く感じます。




こういう伝統行事は口伝なので、父母や祖母にちゃんと教えてもらおう~





さて、写真は畑でとれた野菜!
祖母ができなくなった畑を、母と姉が蘇らせました。
とうもろこし、きゅうり、ナス、トマト、おくら(写真右上の花が咲いていた☆)、
キクイモ、シソ、モロヘイヤ・・・など
たくさんの夏野菜が実っています♪





二人とも虫が大嫌い。
なので草むしりをしていてミミズやカメ虫等が出てくるとそこで中断!
草むしりはたま~に、農薬なし、肥料なし、
それでも立派に野菜ができました♪




祖母が耕していた時には肥料をあげていたようなので
土には養分が残っていますが、今回は農薬も肥料もやらず
なるべく人の手も加えない(加えられなかった)「自然栽培」。




野菜ははちきれそうな実を触るとその強さが伝わってきます。
味は野菜それぞれの特徴がよく出ていて濃いです。
純粋な味が舌に響きます。
とうもろこしの甘さや香りには本当に驚きました。
トマトも青臭さがトマトらしくって、甘くて、すっぱくて、美味しい!





モロヘイヤはさっと茹でて、オクラの薄切りと混ぜてネバネバおひたしに。
醤油、酢、少しの米あめのあわせ調味料と合わせたら
あっという間に家族のお腹へ消えました。




とうもろこしは20本以上とれたので
茹でてから包丁で実をこそげてビニールに入れて冷凍庫へ。
ごはんに混ぜたり、豆腐と炒めてスクランブル豆腐にしたり、
豆乳や玉ねぎと合わせてコーンスープにしたり、
コロッケの具にしたり、カレーに入れたり、マフィンに入れたり・・・
甘くて美味しいとうもろこしは活躍の場がたくさんあります♪






収穫しか手伝えなかったけど、日本の夏の味覚を存分に味わっています^^
明日の朝も畑に行って何か収穫してこよう~♪







TOMOKAさんのクラス 






新百合ヶ丘でお教室をしているTOMOKAさんの教室をご紹介します!





******************************************************************



『 9月のレッスン 』

イベントで大人気のベジバーガーをパンから作ります。

気温の高く発酵のしやすい、この時期までのお楽しみです


新百合ヶ丘でナチュラルフード!
カラダとココロにやさしい料理教室

  t02200293_0480064010491354018.jpg



『 ベジバーガーをつくろう 』

・白神こだま酵母の手作りバンズ

・大豆のパテ

・きのこのクリームポタージュ

・キヌアのサラダ

・甘酒ココナッツプリン

カラダとココロにやさしい料理教室

9日(木) 11:00-14:00

場所 新百合ヶ丘よりバス

   蕎麦会席一 http://members3.jcom.home.ne.jp/sobaichi/
  

参加費 ¥5000

持ち物 エプロン・三角巾(髪を束ねるもの)・筆記用具・ハンドタオル
     タッパー
  
お申し込み・お問い合わせは

お名前 メールアドレス 電話番号 をご記入のうえ下記まで

yasashiicooking@yahoo.co,jp

HP問い合わせよりhttp://www.mirror-of-heart.com/


********************************************************************







引っ越し完了! 

 IMG_2100_convert_20100813082435.jpg  IMG_2054.jpg  

 IMG_2069.jpg  IMG_2080.jpg





やっと引っ越しを終えて、実家にたどり着きました!
プライベートな話題ばかりで申し訳ないですが、
私の日々の出来事のエントリーが続きそうです。。。





写真左上:イギリス行きのダンボール

 引っ越し作業は思った以上に大変だった~
 イギリス行きの荷物の大部分は船便なので2ヶ月先を見越しての荷造り、
 到着してすぐに必要なものは航空便で送ることにして
 どれを船便にするか?航空便にするか?で入れたり取り出したり・・・
 と同時に栃木に送る荷物の整理をしていたので、
 最後の方はかなりのやっつけ仕事ですませました。




 イギリスへの引っ越しは大小18箱のダンボールの単身セットを選びました。
 私の荷物で多かったのは断然キッチン用品!

 「現地で新しいの買えばいいじゃーん」
 「中途半端なものは捨てちゃって・・・」

 なんて思ってもいたのですが、意外と他の荷物が少なくて
 お気に入りのものがほぼ入ったのでビックリ!!!
 輸送の燃料はかかってしまうけど日本のものを持っていくと紹介にもなるので
 今までのものを使っていくことにしました。




 着ない洋服類はよく利用するリサイクルのお店「RAGTAG」に売りました。
 売れなくても引き取ってくれて世界各地へ寄付してくれたり
 最近ではデザイナー達が古着をリメイクする活動もしているようです。

  IMG_2127.jpg






写真右上:東京ドーム

 友達から巨人vs阪神のチケットを頂きました♪
 主人は日本で野球をみたことがなかったので、
 荷造りを一休みして行ってきました。




 8月4日の東京ドームはほぼ満員!
 熱気に圧倒されながらどっちを応援するでもなく
 場の雰囲気が楽しくってワクワクしていました。
 選手別に応援歌が違っているのに感心したり、
 通な人が野次を飛ばすのを聞いて笑ったり、
 油断すると危ないファールボールにビビリながら
 野球観戦を楽しみました♪




 玄米おにぎりを持っていったのですが、
 引っ越し準備が始まって以来、簡単にできるパスタ料理やゆでたとうもろこしを
 食べることが多くて「ごはん」をちゃんと食べてなかったので
 久々にゆっくり玄米を味わって食べました。




 夏のごはんは梅酢を混ぜたりして味をつけるとか、
 分づき米にしたり、
 トウモロコシを混ぜて炊いたり、
 水分を多めにして炊いたり、
 ごはん自体の割合を減らして麺類を増やしたり、
 ・・・
 そんな工夫をして食べています。





 もう夏が終りかけているので、秋に向けての体の準備も始める頃ですね。
 水分の飲みすぎやクーラーなどの「冷たさ」を秋に引きずらないように
 洋服よりも一足先に体の準備を始めましょ~







写真左下:Mさん

 主人の人生に大きな影響を与えた大切な友人Mさんに会いました。
 パーティに来れなかったので渡英前に是非会おうということで食事をしました。



 グアテマラのアメリカンスクールでの友達のようで、
 主人の高校生時代の話をたくさん聞かせてくれました。



 私の友人や家族は日本にいるので
 主人は私の小さい頃から学生時代の話をたくさん聞いているのですが、
 私は主人の過去の話を主人の友達から聞く機会があまりありません。



 主人がグアテマラやアメリカやヨーロッパに散らばった友人達に会えることは
 私にとっても貴重なチャンス!



 主人が恥ずかしくなってしまうことをたくさん聞いて
 「ケケケっ」と笑っていたら隣で冷や汗をかいていたので
 ちょっとかわいそうになりましたけど^^;




 日本の高校ではなかなか経験しないような
 スクールバスでの通学の様子とか、
 クーデターがあると休みとか、
 3ヶ国語以上が飛び交う様子とか、
 聞いてて新鮮でした。




 Mさんは絵がとっても上手なので似顔絵を書いてもらいました。
 主人の顔は昔から見慣れているせいかほんの10秒で描けるのに、
 私の顔は時間がかかっていました。
 ペン先のような線で書くのが難しいんですって。

 39786_1500376581733_1003714954_31478875_1414460_n.jpg




 これ、iphoneを使って指で描いたんです。
 「似てなーーーい!酔ってない時にまた描かせて!」
 と言ってましたが、私は絵をみた瞬間に内面まで見られてる気がして
 ドキっとしました。
 ちょっとしたゆがみ、笑っているのに悲しそうな目、
 よくとらえているな~と思います。




 Mさんの絵も主人の昔話も、次回が楽しみだな~♪






写真右下:ベランダでディナー
 
 引っ越しの終盤、ダンボールに囲まれてしまった部屋には
 食事のスペースがなくなってしまいました。



 8月7日は戸田公園の花火大会!
 ベランダから見えるかも!ということでベランダにテーブルを出して
 残りもので作ったかぼちゃのサラダ、アボカドのワカモレ、バゲット、
 麦茶とビールでディナーとなりました♪




 残念ながらベランダからの花火はギリギリ見えず、
 音と煙を楽しみながら食事をして、その後下の公園で見ました。

 


 浴衣姿の人が溢れていて、
 花火の光がうちわを手にした人々の顔を淡く照らしてて、
 下から突き刺さるような音が響き渡ってて、
 賑やかな祭りの一瞬に、夏の終わりを感じていました。
 


 私は夏から秋に変わっていく時が一番センチメンタルな季節に感じます。
 こんな日本での日常をなつかしく思う日が来るんだろうな~。



 出国が9月7日に決まりました。
 月末に東京に行きますが、
 今は引っ越し疲れを癒して実家ステイを楽しみます♪






KMAラストクラス 

 IMG_1897.jpg





もう一週間も前のことになってしまいましたが、
クシマクロビオティックアカデミーのクラスも最後を迎えました。





4年も講師をさせて頂いているのにいつも料理の写真ばかりで
生徒さんと一緒に撮っていないことに気づき、
みなさんの了承を得て一緒に写真を撮らせて頂きました♪





この日のクラスはBasic2のクラス。
作ったものは赤米とトウモロコシごはん、麻婆豆腐、生春巻き、
レンズ豆のスープ、甘酒プディングでした。

 IMG_1900.jpg  IMG_1899.jpg




いつものようにデモンストレーションが始まり、
みなさんの実習を見てアドバイスさせて頂き、
試食で出来上がりの状態と味の確認をし、
ご質問にお応えし・・・
何も特別な感覚はなく時間が流れていきました。




KMAは私にとっていつも勉強の場でした。
最大で40人の方に対してクラスを行うので緊張感は勿論ありますし、
それぞれのニーズを満たす為の表現も考えなければなりません。
一人ひとりに響く言葉を選ぶことなど、事前準備には時間をかけていました。

 今日のレシピの共通テーマは何かな?
 ちまたで話題のことと食べ物をつなげようかな?
 季節柄、今知りたいことは何だろう?
 レクチャーの内容とつなげたらもっと理解が深まるかな?
 ・・・



毎回予習で勉強させて頂き、クラス中も発見や気付きをもらい、
KMAでのクラスはいつも学ぶことが多くて有意義でした。




最後はみなさまから温かい拍手を頂き、笑顔で終えることが出来ました。
7月31日のBasic2のみなさま、本当にありがとうございました!
そして今まで私のクラスを受けてくださった方々、
私を支え、臨機応変に対応してくれたアシスタントのみんな、
いつも明るい笑顔で迎えてくれたマルシェや事務局の方、
本当に感謝しております、ありがとうございました!!!





また帰国した暁にはKMAにお世話になると思いますので、
どうぞ宜しくお願いいたします♪

 



パーティご報告3 

  weddingfarewellパーティ1 weddingfarewellパーティ2

  





パーティのことばかり続いてスミマセンっ
グアテマラにいる義父母や直前になって来られなくなった両親や友人、
自分の記録の為にも書かせてください。





このパーティの主旨は結婚後報告&送別会でした。
私達は2009年に籍を入れましたが結婚式や披露宴はしていませんでした。
いわゆる「結婚式」はお互いの家族が揃った場所で、というのが
二人の共通意見でしたのでそれはイギリスにて
グアテマラと日本から集合して式をやろうということになりました。
(ドレスが2回着れる~)




結婚に至った過程は、2008年の春にプロポーズを受け、

 「地球を周ることでリングになる、そんな婚約指輪を作りに旅に出よう!」

というコンセプトの下、約4ヶ月で18カ国を周遊しました。
(タイ、ラオス、スリランカ、インド、ドバイ、イエメン、エジプト、
ケニア、南アフリカ、マダガスカル、ブラジル、パラグアイ、
アルゼンチン、ボリビア、ペルー、グアテマラ、アメリカ、タヒチ)




旅は想像を超える喜び、幸せ、発見、気付きをもらい、
同時に同じくらい大きな衝撃や悲しみや怒りもありました。
旅の内容があまりにも濃くて消化しきれず、
またあまりにも急速にお互いの深いところまで知ってしまったので、
二人とも燃え尽き症候群のようになっていってしまいました。





帰国後はすぐに籍を入れるはずが、到底そんな気にはなれず・・・
今までに経験のない妥協と包容を少しずつお互いの中から引き出し、
旅のことやこれまでのことを二人で消化する日々が続きました。





付き合って2年で婚約、旅を経て二人での時間が3年を過ぎた頃
ようやく婚約の時とは違った新たな気持ちで
結婚を誓うことができるようになりました。





籍を入れた時には会社も辞めちゃったし、自分達の家もなかったけど、
不安もありませんでした。
旅を通じてたくさんのどん底を経験したので、
仕事や家がないくらいではまったく動じない逞しい私になっていました。





パーティではその旅の写真をスライドでみなさんに見て頂きました。
洋服は3パターンくらいしかなく顔もノーメークでお恥ずかしい姿でしたが
二人の絆が強くなって結婚に至ることができたきっかけでもある
私達にとっては大切な経験をシェアさせていただきました。




そして送別会ということで、
9月に主人の留学に伴いイギリスに引っ越すことをご報告しました。
ロンドンから電車で約1時間のところにあるケンブリッジに
1年の予定で滞在します。




主人は会社を辞めているので、
就職活動によっては1年後の帰国ではないかもしれません。
日本を離れることに抵抗はないのですが、
家族や仲良くさせて頂いている方と離れることは想像できない世界です。




日本にいても何年かに1回しか会わない人もいますが、
渡英するに当たり、家族や友人と会える距離にいる安心感や喜びってものを
初めて実感しました。




・・・・・


パーティの最後のスピーチは主人への告白と
みなさんとの「つながり」をお話しました。




ただのノロケに聞こえるかもしれませんが、
私は主人のこと大好きなんです、愛しています。
でも、この告白の半分は自分に言い聞かせているんです(笑)。
主人を大好きな自分のことが、大好きなんです。
素直で、勢いがあって、強くて。




私はいつもトキメいていたいんです。
主人のことを片思いしていた時のトキメキがすっごく好きでした。
トキメキを感じ始めた頃から6年を通して、
トキメキは彼からもらうことをいつも期待するのでなく
自分からトキメけばいいんだと学びました。
彼の前で、みんなの前で、「好き」って言っていると
心にトキメキが溢れてきて、
ニューヨークで初めて会った時の気持ちがよみがえるんです。





私のお化粧と髪型は「アトリエハルカ」というところでお願いしました。
(リーズナブルで速くておススメです!特にヘア。)
主人の好きなオードリーヘップバーンをイメージして。
ドレスも主人の好きなイメージのバレリーナ風のものを探していました。
そんなこと一つ一つが自分をキラキラさせている気がして。
 
 weddingfarewellパーティ3



半分以上は自分の為なんです。
いや、ほぼ自分の為ですね。




そして私が主人と出会って、こうして笑って「幸せ」と言えるのは、
私たちに関わってくださった全ての方が
点となって線をひいてつないで下さったお陰だと思っています。




グアテマラの義父母が話してくれた「親切永遠の法則」、
(親切を受けた人がハッピーになって周りに親切を広めていくと
 絶対親切やハッピーはなくならないし、自分にも帰ってくる)
両親のモットー「自分が幸せになるには自分の周りを幸せにすること」、
という二つの気持ちも継ぎたくて、
私も自分の幸せをみんなにつないで、広めて、いこうと思いました。






・・・・・


このパーティは「生前葬」でもあるな~と思いながら過ごしていました。
大好きな方々が集まってくださって、
元気&キレイな姿を見せてくれて、
自分の前で嬉しそうに笑ってくれている・・・
こんな幸せなひとときを死ぬ前に思い出したいな~と、
一瞬一瞬をかみ締めていました。




そしてパーティ後、姉夫婦も帰って二人きりになったら
涙がボロボロでてきました。
どうにも止まらなくて、半日ずーっと泣いていました。
一気にみんなを失った気がして、もう会えない気がして。




私はつくづく「人」からエネルギーをもらっているんだなと実感しました。





どうかこれからも、イギリスに行っても、
引き続き私達を宜しくお願いいたします。
みなさんの幸せも、ちょこっと悲しいも、頑張ってる!も知りたいので、
シェアしてください。




長ーい報告を読んでくださってありがとうございます!

 weddingfarewellパーティ4




パーティご報告2 

 IMG_2039.jpg  IMG_2046.jpg

 IMG_2020.jpg  IMG_2023.jpg  





また今日もパーティのご報告です。





パーティのテーマは「手作り」!
自分達でやれることはやって、作れるものは作り、できないものは依頼しました。
手作りは大量生産の工業製品にはない温かみがあるし、
自分達の意思が反映されるし、
そして、何よりもリーズナブル!!!




仕事を徐々に休止していった私達には時間はあるけどお金はない(笑)。
なので自分達でできることはやりました。




先日もご報告した案内状作りは主人のアイデア!
イギリスに行くことや私が航空会社にいたということもあり、
案内状は飛行機のチケットにしました。
ちょっとユーモアも入れたデザインを考えて、
いくつかの紙を選んで試し刷りをして、
チケットの形にカットして封筒に宛名を印刷して・・・
一枚一枚にお名前の記入して印刷するので結構時間がかかりましたが
主人が毎晩夜遅くまで奮闘してくれました。

 IMG_1701.jpg  IMG_1703.jpg




上の写真のドレス、蝶ネクタイ、ヘッドアクセサリーは
アメリカから来ました。
ドレスを選ぶ時、頭の中でイメージだけは出来上がっていました。
デパートやお店を一回見てみたけど、まずその値段にビックリ!
ドレスを買うならウェディング以外でもアレンジをして
他のパーティ等で使いたかったので、いかにもウェディング
というのは避けようと思っていました。





インターネットで画像を探していたんですがなかなか見つからない。。。
検索語を色々と駆使して、英語で検索してみたら・・・
みつけたーーーー!!!
私が頭の中でイメージしていたそのもののドレスがありました♪
そのサイトはEtsyです。
(ご興味のある方は↑をクリック!もしくはEtsyで検索してみてください)




様々な個人作家が集まりハンドメイドを中心に売買しているサイトです。
私はそこでドレス、蝶ネクタイ、ヘッドアクセサリーを購入しました。
ドレスのサイズは自分でバストやウェストなどを測って情報を送ります。
作家さんは注文を受けてから作るものがほとんどなので
フレキシブルに要望を聞いてくれます。
ドレスはリボンの色、スカートの長さ、
ヘッドアクセサリーは花の色や生地や大きさなど
色々とリクエストすることができました♪





上の右下の写真はフラワーアレンジを習っていた先生に
リストレットとブートニアを作ってもらいました。
ブーケを持つと手がふさがってしまうので二の腕辺りにつけるアームレットか
リストレットがいいなと思っていました。
それにウェディングだけでなく送別会も兼ねているので
カジュアル感も出したかったのです。




斉藤先生、センス溢れるリストレットを本当にありがとうございました!!!
ドレス、ヘッドアクセサリー、ネックレス、主人の服などの
写真を見せてイメージを考えて頂き何度も試作を重ねて作ってくださいました。
一緒に考えてアドバイスをしてくれた友達の彩、彩ママにも感謝です♪
そそ、この↓の爪はいつもオシャレな元CA接遇コーチングの彩のプレゼント!

 IMG_2032_20100804090510.jpg

人生で初めてのジェルネイル♪
パーティ前日まで調理のクラスがあったので短い爪ですが^^;
縁遠いネイルサロンに初めて行けて、気持ちいいサービスを受けて、
ゴージャスな時間を過ごしました~





そして最後に皆様にお渡ししたクッキーは
教室のアシスタントであり講師でもある貴子さんに作ってもらいました。

 IMG_2012_20100804065727.jpg




パーティをすると決まった時から「私に作らせてください」と言って、
試作に1ヶ月かけて取り組んでくださり、
希望を受け入れて飛行機と星の形を入れてくださり、
当日はほとんど寝ずに参加してくださった貴子さん。。。
リボンを結びながら「幸せが広がりますように」と願ってくださった
貴子さんの気持ちがみなさまに伝わったら嬉しいです♪
こんなにも心に響くクッキーは今まで食べたことがありません。
感謝、感謝です。




たくさんの方の手作りとご協力と優しさでできたパーティ、
関わってくださった全ての方に感謝しております!!!

 100801_190537_convert_20100804090037.jpg



パーティご報告1 

  IMG_1936_20100803062756.jpg





ついに!1日にパーティを開きました♪




いらしてくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました!!!
終わってみると一瞬だったな~
それでも楽しさも、なつかしさも、喜びも、深くて大きいものでした。
人生でそうそうない、すばらしい時間を過ごせました♪





司会も自分達でやったので色々なことでテンパってて
うまく表現できなかったことが心残り・・・
消化不良の部分があるので、こちらのブログで説明させてください。





まずは会場入り口の写真はカメラマンの本浪隆弘氏の作品で
日本広告写真家協会の金丸重嶺賞という大きな賞を取ったものなんです!
 
 IMG_2009_20100803065451.jpg



彼とは共通の友人を通じて知り合い、
私達が付き合って1年の記念に気軽に「写真を撮って~」とお願いしたんです。
この場所は当時住んでいた学芸大学の細い路地で、
歩いているところや食事しているところなど自然な感じを撮ってもらいました。




この写真のテーマは「活目せよ 日常にこそ」。
ありふれた日常の中にふとした幸せを気づかせてくれる一枚、
私達にとって本当に大切な写真です。
今回のパーティも彼に写真をお願いしたので、出来上がりが楽しみです!
もとちん、改めて本当にありがとう!!!
彼のHPはこちらからご覧ください。
http://www.takahiromotonami.com/#





・・・・・

上の写真は唯一私のカメラに残っていた私達の写真です。
主人がしているメガネがあまりにも自然なのですが、これは変装グッズです。
会場の端っこに「フォトブース」なるものを設けました。
アメリカのパーティなどによくあったりするようで、
スピード写真ボックスがおいてあってゲストが友達と写真を撮って
記念に持って帰るといったようなものです。




パーティに行く時ってやっぱりオシャレしていきますよね。
そして一気にたくさんの友達と会える貴重な機会!
写真を撮ってその場でプリントアウトできたら何て楽しいんだろう♪と、
私達はこのアイデアがすごく気に入っていて。
でも写真ボックスは借りれないので、なんとか自分達でできる方法を考えました。




と言っても原始的なんですが。
カメラに三脚をつけてプリンターに接続、セルフタイマーにして撮影、
その後プリントアウトというような感じです。
変装グッズは付けヒゲ、メガネ、ウサギの耳、大きな蝶ネクタイなど
色々おいておきました♪




カメラは私のカメラなので、私にも記録が残ります。
パーティ後にみんなの楽しそうな顔をみて、すっごく嬉しくなりました♪
この企画はおススメでございます!!!
(時間がなくてご利用できなかった方、ゴメンナサイ!)

 IMG_1970.jpg
 クシマクロビオティックアカデミーの講師・アシスタントのみんなと♪




・・・・・

パーティはとにかく歓談が優先!
ゲスト同士も久々に会う方が多いので
それぞれの、それから私達との会話を中心にしました。




でもせっかくの社交の場、いろんなジャンルの多彩な方々なので
ミックスさせたいなと思い簡単なゲームをしました。
主人が私達の顔を元にしたイラストを作り、
それを6等分に切って受付でみなさんに配りました。

 IMG_2013.jpg




色違いで5種類作りました。
これを合わせて頂いて、早くできた順からプレゼントを渡していきました。
プレゼントはパーティのテーマでもある「手作り」のものばかりを選びました。





来られなかった私達の両親からのものがほとんどです。
グアテマラの義父母からはたくさんの織物を提供してくれました。
ランチョンマットや鍋敷きに使えそうなもの、
ペンケースや小銭入れ、大きなテーブルクロスなどなど。
それから私達が支援しているグアテマラの子供達が作ってくれたコースターも。
ココナツの皮など天然の素材で染色しているのですが、
その染色は義父が指導してグアテマラ人に教えているのです!

 IMG_2018.jpg




栃木の実家からは名産のかんぴょうと小さな観賞用かぼちゃ。
かんぴょうはもちろん無漂白で農薬もなし!
小さな頃の記憶がよみがえってくる香りがして、私は大好きです♪
それから私はいつも使っているクリームを作りました。
オリーブオイル、蜜蝋、エッセンシャルオイルだけで出来ています。
自然派の美容室で教えてもらってヘアクリームとして使っていたのですが、
リップクリームとしてもハンドクリームとしても使えて万能!
口に入っても安全なものなのでどこに塗ってもOK。

 IMG_2028.jpg




辛い訓練も楽しいフライトも一緒に命を張って乗り切ったANAの同期・先輩・後輩、
学生時代にどっぷり浸かっていたサークル「青山学院広告研究会」の大好きな仲間、
都内一厳しい寮と言われた短大のシオン寮で濃い時間を過ごした友達、
マクロビオティックを通じて出会い意志を共有してくださっている素敵な方々、
・・・
そして日本に来てわずか5年で、友達もつながりもまだまだ浅い主人を
いつも助けてくださり、支持してくださり、つながってくださった貴重な方々。




少しでもお互いの大切な方々がいい交流を持てたら嬉しいな~




今日のご報告はここまでとさせて頂き、また次回!
今から引っ越し準備を頑張ります~