キューガーデン 

download-644.jpgdownload-623.jpg
download-645.jpgdownload-627.jpg






お天気が良かった週末、世界遺産のキューガーデンに行ってきました!




キューガーデンはロンドンの南西にある王立植物園です。
世界各国から集められた植物があるだけでなく
植物科学研究や植物保護に関する世界的機関で、
その資料の豊富さは世界でもまれ。
植物好きの人なら何日いても飽きない観光スポットです。




約40万坪もある広大な敷地には植物だけでなく、
鳥がいたり(右上の写真)、小さな水族館もあります。
そして日本家屋や庭園もあるのですよ〜
「MINKA(民家)」と名付けられた日本家屋の中には
囲炉裡があり、着物や日本人形などが展示してありました。

download-629.jpg





巨大な「パームハウス」と呼ばれる温室には南国の植物が生い茂っています。
加工食品や化粧品の黄色や赤色の着色料となる「アナトー」は、
熱帯に属するベニノキの種子から取られた色素が使われているそうで
その植物と共にアナトーが使われている商品が置かれていました。
初めて見る植物達でも、こういった身近なものとつなげて展示してくれることで
子供にも分かりやすく楽しめるシステムになっていました♪

download-646.jpgdownload-642.jpg




期間限定の展示として、パームハウスの正面に
アリスワンダーランドをテーマにしたテーブルセッティングがされていました!
これがセンス溢れるステキなガーデンテーブル♪
鉢植えの植物達がテーブルに並べられ、一つ一つのお皿には
目の前にある植物に関するメッセージが書かれています。
遊び心があって、とてもオシャレな演出でした!!!

download-625.jpgdownload-624.jpg




芝生にブランケットを敷いて、お弁当を食べて、
寝転んで食休みして、お散歩して、、、
あっという間に夕方に。
日が延びて今は夜10時まで明るいロンドン、
時が経つのを忘れて一日たっぷり遊びました〜!
またぜひ訪れたいところです。




収穫〜♪ 

download-636.jpgdownload-637.jpg
download-638.jpgdownload-639.jpg





4月末に蒔いた野菜の種、成長はゆっくりでしたが
ようやく収穫できる大きさに育ってくれました!!!




一時は雨が続いてカタツムリ(snail)が大量発生し、
アロットメントグループでも「Snail退治」の為に緊急集会が開かれたりしました。
こんな時に使われる薬剤も強力なものではなく、粒状のオーガニックな虫除け。
どこまでも自然と人間に優しいアロットメントで嬉しいです〜!




小さなコバエのような虫が大量発生したこともありました。
その時にはグループを仕切っているエキスパートの支持に従って
自然派の食器用洗剤をほんの少し溶かした水をまいてみました。
それである程度防げるのですって。
我が家の野菜は虫達に少しお裾分けしつつも、なんとか持ちこたえてくれて
無事に収穫できました♪





ラディッシュは「はつか(二十日)大根」と言われるくらいなので
成長は速いのですが、雨と日照りが悪かったので約40日で収穫。
こぶりですが、とってもかわいい〜♪
レタスは柔らかい葉が甘くて美味しい!
ルッコラは大量にできて毎日のようにサラダで頂いています。
噛むほどに胡麻の香りが広がって、私の大好きな青菜です。
納豆の薬味にも使っています。




イチゴはようやく緑の実が赤く色づき始めました。
鳥さんに食べられる前に収穫したいところ。網を張ってガードしようかな。
人参、ニラ、小ネギはもう少し時間がかかりそうです。
寒さや雨にも耐えて育ってくれた野菜は元気一杯!!!
ロンドンでの初収穫、まずまずの出来で嬉しいです♪





お味噌ができた〜♪ 

download-621.jpg






昨年12月に仕込んだお味噌が出来上がりました♪





今春のロンドンは観測史上最も寒かったので
お味噌は涼しい場所でなく、家の中の温度が一定の場所に置いておきました。
日本で作っていた時は夏を迎えて最も塾生が進む時期を越えてから
お味噌を開けていました。
今回は少し早いかもしれませんが、ちょうど6ヶ月目で出来上がりとしました。
一ヶ月に一度、様子を見つつ見守っていたのですが
カビも生えず順調に発酵してくれました!嬉しい〜♪




作った時の材料は以下の通りです。

・有機玄米麹 1キロ
・有機大豆 1キロ
・自然海塩 540グラム

download-32-1.jpg




玄米麹がドライのものだったので大豆のゆで汁を多めに入れました。
写真でもお分かりの通り、麹の粒は残っていますが
すり鉢で潰せば全く問題なし、
むしろまろやかな味が残っていてすごく美味しい!!!
まずはお味噌汁にして頂きましたが、深く複雑な味わいと
芳醇な発酵の香り、そして体にしみ込んでいく美味しさ、、、
手前味噌ですが買った味噌の何倍も美味しいです〜!
一度この味に慣れてしまうと、味噌作りはやめられませんっ。




教室でも使っていきますので、
ご参加の方楽しみにしていてくださいね〜♪





ブルターニュへの旅 番外編 

download-614.jpgdownload-613.jpg
download-612.jpgdownload-618.jpg





写真上:ルヴァンのパン

 「ロンドンでも育ててね!」と、言って
 リサのママにルヴァンを分けてもらいました!!!
 これは責任重大。
 なんせ100年も続いたルヴァンです、絶やしたくありません。
 


 持ち帰ってすぐに水、粉を足して種継ぎしました。
 作り方は途切れ途切れに見て学び、種継ぎ方法は口頭でささっと聞いただけ。
 種継ぎがうまくいかなかったらどうしよ〜と考えると早朝に目が覚めてしまい
 何度も冷蔵庫をチェックする始末。。。 
 東京で教室を運営していた時に
 いつもアシスタントでお手伝いしてくださっていた貴子さんは
 本格的に天然酵母のパンを勉強されたプロ。
 さっそく貴子さんにメールして、種継ぎや生地の作り方を教えてもらいました。
 貴子さん、迅速な対応とご丁寧な回答を本当にありがとうございました!
 


 酵母は生き物なので、環境や材料が変われば育て方も様々。
 私のルヴァンはシンプルに粉(全粒粉と精白粉)、水だけです。
 通常パン作りの時に、私はいつもオイルやハチミツなども使いますが
 ルヴァンのパンには、粉、水、塩とルヴァンだけで作りました。
 それらを入れなくても十分にしっとりと良い質感になるのです。



 二次発酵までゆっくりと自然の速度で促したらオーブンに入れます。
 オーブンの温度は初めは高め、約200〜220度まで余熱します。
 そこに入れたら後は温度を下げながら30〜45分焼きます。
 外の皮は固いですが、その香りと中の弾力感はたまりません〜!!!
 ブルターニュから帰ってきて、もう2回ほど焼きましたが
 主人にも友達にも大好評でした♪
 download-616.jpgdownload-615.jpg



 最低でも1週間に一度はルヴァンに食事(水と粉)をあげれば
 元気に生き続けてくれるようです。
 私は心配で過保護にしているので(笑)、3日に一度は食事をあげています。
 移動が多い生活ですが、頑張って育てていこうと思います!






写真下:EKYOGのお店で
 
 リサママ、リサ、ヤンボ、私のメンバーでガールズショッピングに行きました!
 ブルターニュの州都:レンヌの街で活き活きとおしゃべりをする4人。
 国籍は変われど女性のおしゃべりとファッションを楽しむ気持ちは同じ♪
 


 「マキならきっと気に入るわ!」と言って連れてってくれたお店は
 「EKYOG」。
 ここはフランス発のフェアトレード&オーガニックのブティックです。
 素材はオーガニックコットンや竹からできた布を使っていたり、
 洋服を作る過程全てにおいてフェアトレードを守っています。
 でもそれを知らずにお店に入っても普通のオシャレなお店と全く変わりません。
 デザインがとてもよく、フランスのエスプリがきいてて
 シンプルなものからアシンメトリーなシルエットまでとても充実しています!
 すっかり私の大好きなお店になりました〜!!!


 
 「アフリカで長年仕事をしてきて、一見魅力的な有名ブランドが
 どれだけ労働者を酷使しているかをみてきたの。
 EKYOGはファストファッションと比べるとけして安くないけど
 自分の責任だと思って経済を動かす為にもこういう店を応援していきたい。」
 と、リサママのショッピング理念を聞かせてくれました。



 私もお買い物は大好きですが、
 チャリティショップやセカンドハンドのお店をよく利用します。
 日本にいた時によく行っていたのは「RAGTAG」というセカンドハンドのお店。
 新古品が多く、大切に使われていたようなものを売っています。
 イギリスには至る所にチャリティショップがあるので
 着なくなったものは持っていき寄付、そして合うものがあれば購入、と
 2通りの使い方をしています。
 丁寧に作られたブランド品をみかける事もよくあり、
 宝探しとチャリティを同時にできるのが気に入っています♪



 EKYOGのようなお店が世界にもっと広がってほしいな〜
 いかにも「オーガニック」という感じでないところも、一般受けしそう。
 

 


以上、番外編でした!




 
 
 

ブルターニュへの旅 その3 

download-530.jpgdownload-533.jpg
download-581.jpgdownload-590.jpg





写真左上:モンサンミシェル
 
 リサの家から車で約40分、カトリックの巡礼地の一つである
 モンサンミッシェルに行ってきました!



 初めてモンサンミッシェルの写真を見たのはいつだか忘れましたが、
 憧れ続けた「海に浮かぶロマンティックな場所」は実際は修道院です。
 私が行った時はちょうど潮が引いていたので
 砂地にそびえ立つという感じでしたが、ここは潮の満ち引きがとても激しい場所。
 風は強く、水の動きが速い速い!その速度は馬が走っているのと同じ速さとか。
 モンサンミッシェル周辺の砂地は歩けるのですが、
 必ずガイド同伴でなければいけません。
 あまりにも潮の動きが速くて飲み込まれてしまうんですって。
 
 download-604.jpgdownload-605.jpg

 

 頂上にある修道院までの道のりにはお店やレストラン、ホテルまであります。
 修道院以外は無料で入れるのが嬉しいですね。
 私は中に入るよりも外から美しい姿を見ていた方が好きだったので
 修道院には入らず。それでも小道を歩きながら見て回った景色は素晴らしく
 存分に楽しめました!
 ↓天空の城ラピュタを思い出させるような空間にも感動。
 download-606.jpg


 私たちが行った次の日、なんとストライキに突入したというニュースが。
 航空会社などの交通機関から観光地まで、欧米ではありがちですね。
 私も主人も旅行中に何度かストライキに出会い
 予定が大幅に乱れたことがありますが、予定通りに行くことが少ない状況に
 良くも悪くも慣れてくると不測の事態にもリラックスして
 そこから新たな楽しみを見いだせるようになってきた気がします。
 日本のように交通機関も人も事もスムーズに動くところって貴重!
 
 
 



写真右上・左下:Saint Malo(サン・マロ)
 
 モンサンミッシェル近郊のサン・マロはキレイな海と城壁に囲まれた町です。
 イギリス海峡に面している美しい海はエメラルドグリーンと鮮やかな青!
 download-610.jpg



 ここはリサのパパとママが学生の時に一緒に暮らしていた思い出の地です。
 子供3人を育て、今はアフリカとフランスを行き来し
 国際的に仕事をしているお二人。
 会えない時間も多いからこそ、いつも手を取り合い、隣に座り、
 二人で午後に紅茶を飲む時間をとても大切にしている夫婦の姿は
 周りの人をもとても温かい気持ちにさせてくれます♪
 「レミ(リサパパ)の授業が終わるのを待っている時、
 私はこの海岸を歩いてお買い物に行ってたの。
 長男が生まれてからもこのビーチにピクニックにきたな〜」と、
 思い出話しを聞きながら一緒に美しいビーチを歩きました。

 download-608.jpg

 



写真右下:近所のお散歩

 リサの家は私の実家に似ていました。
 周りは緑で囲まれ、たまにしか車が来ない道があり、
 洗濯物はのびのびと風に舞ってて、夜になるとカエルが鳴きます。
 常に子供達の声が響き渡り、食卓はいつも満員状態。
 その光景を見て滅多にならないホームシックになりかけました。
 こんな環境、やっぱり落ち着くな〜 



 リサの息子:ルカと、ルカのいとこのノアとルアナ、
 みんなまとめて一緒に散歩に行きました。
 ノアとルアナはフランス語しか話しません。
 学生の時に第二外国語でフランス語を学んだものの、単語しか覚えていないし
 その貴重な覚えている単語は食べ物ばかり。。。
 音がきれいで表現が美しくて魅力的、そんな理由で選んだフランス語でしたが
 もっと勉強しておくべきだったわ〜



 ノアとルアナはそんな事お構いなしに私達に話しかけてきます。
 その響きや仕草がとっても可愛くて、意味は分からずとも
 笑顔で「ウィ、ウィ、ダコー(はい、はい、OK)」と応えていました。
 主人はスペイン語に似ている音から推測して意味を見いだし、
 スペイン語で応えてみるものの子供達はチンプンカンプン。
 そんな珍道中でしたが子供達は何が楽しかったのか
 私たちと一緒に毎日散歩に行きたがってくれて、
 私たちも穏やかな時間を満喫しました♪
  
 

 とある食事の時、ルアナが私に話しかけてきました。
 キッシュを指差して何やら悲しい表情。リサに通訳してもらったら
 「ルアナはズッキーニが嫌いで食べないんだけど、みんなに
 『マキは美味しいって言って食べてるよ、ルアナも食べなさい』って
 言われて、マキは本当に好きなのか聞いてるのよ」とのこと。
 


 リサに小声で「セボン(美味しいよ)って言って、セボンって!」と促されて
 ルアナに「セボン!セボン!」と、言ったら
 数分間ズッキーニを真剣なまなざしで見つめ、いじってみたりして、
 その後に少し食べくれました。
 やっぱり全部は無理だったようですが、なんとも可愛らしい!!!
 こうして家族やゲストとの交流を大切にしながら育って行く子供達が
 愛おしく感じました。
 




ブルターニュの旅日記はこれで終わります。
美しいブルターニュの空気をたっぷり吸い込んで
最高の命の洗濯ができました!!!
リサ、本当にありがとう〜♪








 

ブルターニュへの旅 その2 

download-543.jpgdownload-536.jpg
download-549.jpgdownload-579.jpg





リサのおうちではフレッシュで、ビオで、
シンプル且つおいしいものをたくさん頂きました!





リサママがほぼ毎日焼いてくれるのはルヴァン種のパン。
「ルヴァン」とはフランス語で酵母のこと、
一般的には天然酵母という意味でも使われています。
リサのママは↓の本の著書と知り合いで、著書のおばあちゃんから
100年以上受け継がれたルヴァンを分けてもらい、
約20年間大切に種継ぎしながら育てているのです!!!
download-572.jpgdownload-509.jpg





作り方は生きている素材達と相談しながら。
酵母や粉の状態、時間、湿度、気温、手の温度、オーブンの状態などなど、
全てが影響し合ってパンが生まれます。
勘と感、そして経験による微調整は
計量に頼るよりもずっとずっと美味しいパンを生み出します。
リサファミリーの主食になるパンは毎日食べても全く飽きない、
体にしみいる美味しさでした〜♪




普段の日の朝食はリサママのルヴァンのパン、日曜日にはビオのクロワッサン、
そして庭で取れた自然栽培のリンゴ、洋梨、カリン、ベリー類などの
フルーツで作ったコンフィチュール(ジャム)が並びます。
コンフィチュールはほんの少しのオーガニックシュガーと
ゲル化させる為に、なんと寒天を使っているのです!
どこまでも体に優しくって嬉しい〜♪
download-561.jpgdownload-501.jpg




ブルターニュと言えば、ガレット(蕎麦粉クレープ)!
少し前にリサの弟:シモがイギリスに来た時、彼に作り方を習いました。
それ以来何度も何度も作って、レッスンでもご紹介させて頂きました♪
今回は本場の材料で再学習。
ブルターニュでは土壌が酸性が強く農作物が育ちにくいのですが、
蕎麦の生育にはぴったり。ガレットはそんな環境から生まれた食べ物です。
材料はビオのそば粉、塩は「塩の花」と呼ばれる「フルール・ド・セル」、水。

download-558.jpgdownload-557.jpg



驚いたのが、蕎麦粉からナッツの芳醇な香りがしてきたのです!!!
はじめは誰かが大量のナッツをローストしているのかと思ったほど。
こんなに香りの良い蕎麦粉は初めてです〜♪
蕎麦粉に塩、水を加えて混ぜるとその香りは部屋中に広がりました。
小さめの木のへらで空気を含ませながら混ぜます。
フライパンはよーく熱して、油は薄く敷きペーパーで拭き取ります。
リサファミリーはプロ用のガレットパンを持っていました。
端にお玉一杯分の生地を落としたらクレープ用トンボで生地をささっと広げます。
お好みのトッピングを加えて折りたたみ、完成!
download-552.jpgdownload-554.jpg



一人3枚くらい食べるのでので、焼く人は大変ですが
焼きたては香ばしい蕎麦粉の香りが口に広がり、とっても美味しいのです!
表現力が乏しくてその奥深い美味しさが伝えきれないのですが、、、
土地に根付いたものをその土地で頂くという身土不二の食べ物は
舌で美味しいだけでなく体全体を喜ばせてくれているんだなと思います。





リサファミリーへのお礼とお土産として日本酒を持って行こうかなと
提案したところ
「うちは誰もお酒を飲まないの、でもお寿司や日本食はみんな大好きだよ!」
とのことだったので、キッチンをお借りしてお寿司を作ることにしました!
到着した次の日は土曜日、ブルターニュの州都レンヌでは
毎週土曜日にブルターニュ最大のマルシェ(野外マーケット)が開かれます。
リサの弟:シモと一緒にお寿司の食材探しに行ってきました!




フランス国内でも指折りの巨大マルシェだけあって、
人も多いけど出店数もすごい。野菜、フルーツ、魚介、お肉はもちろん、
色とりどりのお花もたくさん売っていました。
お米、のり、巻きすなどはイギリスから持ってきたので、
キュウリ、アボカド、パプリカ、人参などカラフルな野菜と
サーモンとエビなどの魚介類を調達。
魚介類まで全てビオ(オーガニック)を選びました〜♪
download-535.jpgdownload-576.jpg




イギリスに移住してから何件ものお宅でお寿司を振る舞っているうちに
出張調理にはすっかり慣れました♪
お米はなるべく多重構造でフタがちゃんとフィットするお鍋をお借りして、
しっかり沸騰させ、蒸気を溜めて炊きます。
寿司酢には梅酢をご紹介、梅干し好きな一家なので梅酢も気に入ってくれました!
シモのガールフレンド、ナイジェリア系アイルランド人の:ヤンボが
とてもよく手伝ってくれて、二人で10本以上の巻き寿司を作りました。
裏巻き寿司にはヤンボの大好きなごま塩をまぶしたりして
彼女のクリエイティビティが楽しかったです♪
download-564_20130610190841.jpgdownload-534.jpg




お寿司ディナーの日、偶然にもリサファミリーが仲良くしている
ミシュラン星シェフが遊びに来ました。
「今夜はお寿司よ」と聞いたシェフは大喜び!私とヤンボはド緊張。。。
彼の反応が心配でしたが、すごく気に入ってくれたようで
「ガールフレンドに作ってあげたいからレシピが欲しい」
と、私が持っていったレシピを喜んで持って帰ってくれました!!!
やったね〜♪




リサファミリーは食後のチーズもデザートも楽しみます。
上手な食べ方だなと思うのは、あくまで食事そのものでお腹が満たされていることを
大切にし、チーズやデザートは楽しんでいること。
チーズはもちろん全てビオ、リサファミリーがみんな大好きな
玄米ぽんせんにつけて頂きました♪
貴重な発酵食品、本場の深くリッチな味わいは最高でした!
download-541.jpg




滞在中、よくデザートに出してくれたのが庭でとれたフルーツのコンポート。
フルーツのみでコトコト煮たコンポートは味がギュっと凝縮されていて
それだけで十分甘く、香り高く、美味しいのです〜♪
リサママはフルーツ収穫の時期にコンフィチュールやコンポートを大量に作って
保存しておくのだそう。
ビオのイチゴに豆乳カスタードをつけて頂くデザート、
これは我が家でもよく食べます♪
download-566_20130610194514.jpgdownload-542.jpg




ここには上げきれませんが、リサファミリーとの食事は毎食毎食が楽しみで
体も喜んでいるのがひしひしと伝わってくるお料理の数々でした!!!
質のいいシンプルな材料からこそ出せる美味しさを
うまくデザインしているお料理たちに、たくさん学ばせてもらいました。
次回は観光編です〜♪




ブルターニュへの旅 その1 

download-506_20130606223442.jpg
download-597.jpgdownload-487.jpg





先週末からフランスのブルターニュに行ってきました!
フランス人の友達、リサが実家に招待してくれて
一緒にバカンスを楽しんできました〜♪





ブルターニュの州都Rennes(レンヌ)から約15分車を走らせると
緑豊かでのどかな景色が広がります。
リサのおうちは古民家を改築してできたとってもステキな空間!!!
映画のセットかと思う程に雰囲気があり、
それでいて生活感が漂い力が入っていない自然さがあり、
居心地抜群でした。リサが頻繁に帰りたがるのも納得!

↓はリサのパパが古い倉庫を改装したゲストハウス
download-489.jpgdownload-490.jpg






「両親は何十年も前から自然環境や生態学について勉強していて
できる限りビオ(オーガニック)な生活をしてるの。
マキとも絶対話が合うよ!」
というリサの言葉通り、リサのご両親とはすぐに意気投合♪
マクロビオティックの考えはもちろんご存知で実践もしていて、
味噌、梅干し、豆腐、ごま塩などは大好き!
その他にも合氣道を10年もやっていらっしゃったりと
共通点がたくさんあって、以前からの知り合いのように打ち解けました♪
我が両親のような、温かいご夫婦。

download-511.jpg





リサの家は手作りで溢れています♪
リサパパは倉庫をアパートにしただけでなく、
トイレの排水を自然の草木で浄化する環境を作ったり、
池を作って生活排水を浄化する実験システムを作ったりしているのです!
それらは一見キレイな庭、でもそこには生態系を上手に利用した
環境に負担をかけない素晴らしいシステムがありました。

download-470.jpgdownload-480.jpg




池の循環システムはシュタイナーの考えに基づく
「フローフォーム」と呼ばれるものを設置しています。
ソーラーパワーによってフローフォームにくみ上げられた水は
流れる段階で空気を含みつつ8の字を描きながら水路を通ります。
ここから流れてきた水は池に生育している浄化機能の高い
水生植物の働きを助けてくれるのですって!

download-478.jpgdownload-482.jpg




「排水はこうして利用するとにおいもしないんだよ。
トイレ排水の浄化をしている草木のところにはよくトマトの芽が出るんだ。
トマトの種は噛み砕くのも大変だし、消化しづいんだろうね。」
と言ってトマトの芽を見せてくれました。↓
体の中を旅した後でも新しい命を生み出すトマトの種、強いな〜!!!

download-477.jpg




循環型社会を目指して30年以上もその思想と共に生きてきたリサ夫婦、
その生き様がそのまま表れているような家に感動しっぱなしでした。
次回は食べ物編、あー思い出しただけでもお腹がなります!!!