イスタンブール〜天然染料とオーガニックコットン〜 

download-260.jpgdownload-263_20130919192134dc3.jpg
download-262.jpgdownload-569.jpg





トルコでの「食」以外の楽しみは、
天然染料で染めた作品とオーガニックコットン!




ブログにも何度かご紹介させて頂きましたが、
私の義父は中米のグアテマラにて天然染料専門家として活動しています。
最近の活動でグアテマラに天然染料研修センターを立ち上げ、
後継者の育成に尽力している様子が地元の新聞に取り上げられりしています。
常にフィールドワーカーであり続ける姿は本当にかっこいい!

Hideo-Kojima-Santiago-Atitlan-Solola_PREIMA20130905_0041_32.jpg



そんな義父の影響を受け、伝統的なトルコの絨毯などに使用されている
天然染料にも興味が湧いて色々と観察してきました。
キリムと呼ばれる、遊牧民族がテント暮らしで使っていたウールの平織りや
毛足の長いトルコ絨毯を売っているお店はイスタンブールのあちこちにあります。
お値段もピンキリで、シロウトには何が良いものなのか分かりにくいもの。
私は初めからクッションカバーなどの小物以外には興味が無かったのですが
いくつかのお店で染料のことを聞きたくて話しをしたら
たーーーっくさんの作品を見せてくれました!
トルコの商人は売買する時に会話や交流を大切にするって、本当にその通り。




写真左上はKybele Hotelの横にあるお店。
質の良いものだけを取り扱っている感じは一歩お店に入れば一目瞭然です。
こちらのお店で扱っている作品は全て天然染料を使用したものだそうで
なんと、こちらに作品を卸しているアーティストは中米で染色を学んだとのこと!!!
残念ながらその方には会えなかったのですが、後日義父母に話したところ
多分この人だろうという方に行き着きました!!!
世界は素敵に狭いな〜嬉しいな〜♪




写真右上はアヤ・ソフィア近くのMotif Collectionというお店にて。
ちょうど行った時に誰もお客さんがいなくて、私一人だったせいか
20枚くらいの天然染料使用のキリムを見せてくれました。
気軽に購入できないお値段なので
「申し訳ないけど、キリムは買わないよ〜」っと言っていたのですが、
「気にしないで、どうせ時間あるから見てって」と言って
キリムに織り込まれた絵柄の説明もしてくれました。
「クモは守り神、イスラムの教えにもあるけど
トルコ人は家の中のクモは殺さないようにしている。
オリーブやイチジクの木は男性の生命力を表していて、
蛇や男女の絵柄は子宝に恵まれますようにという願い。」
覚えているのはこれくらいですが、絵文字のように思いや願いを抽象化して
表しているのがよく分かりました。



写真のキリムの上に乗っているのは天然染料の材料となるもの。
インディゴ(藍)、オリーブ、ナスの皮、デイジーの花、
コチニール(虫)、カモミール、クミン、クルミ、樫の木・・・
これらから色を抽出し、糸を染め、
願いや気持ちを込めて一本一本織り込んでいった歴史を考えると
お値段が張るのも納得。一生ものにしたくなります。
こちらでクッションカバーを購入しました♪




写真左下はJennifer's Hamamというオーガニックコットンのお店にて。
トルコ人のご主人を持つ日本人のお友達に最近のトルコ事情を聞いた時、
「トルコはコットンの産地でも有名なんだけど、
質の良いオーガニックコットンがおススメ」
と言っていたので、我が家のタオルを一新すべく
オーガニックコットンのお店へ行ってきました。




ここはカナダ人のジェニファーさんが経営しています。
置いてある商品は全て100%オーガニック、材料は全てトルコのもの!
トルコの布製品は無数にありますが、認証済みオーガニックの糸を
手織り&機織りで作業をしているのは今やわずか9つの家族のみだそうで
彼女はそこと直接契約をし、
自分の目で見た確かな製品をお店に卸しているそうです。
オーガニックコットン製品と言ってもピンキリで、
綿はオーガニックだけれど糸にする・製品にする段階で
たくさんの化学薬品を使用していることもあるのですよね。




ジェニファーさんは生産者さんがどのような過程を経て製品を作っているのか
畑に行って見て触ってと、バックグラウンドをよーく知っているので
色々な質問に丁寧且つ的確に答えてくれました。
こちらの商品はコットンから糸、それを製品にする段階まで
全てにおいて昔ながらのナチュラルな方法をしています。
染料ももちろん天然染料を使用!
製品はできてから一度も洗っていないので、
天然のコットンの香りがするんですよ〜!!!




糸をつむぐところから製品になるまでのお話を聞いてて、
昔ながらの方法で長年当たり前に手で全てを丁寧に作って、
大事に、大切に、使用してきた歴史をここで廃れさせたく無いという思いが
ひしひしと伝わってきて泣きそうになりました。。。
「食」も同様、伝統的なものをもっともっと今に活かしたい!!!



彼女の話しでは「タオルは最低でも20年持つ」とのこと。
「あなたの子供達に引き継いでね」と言われ、そっかそんなに持つんだと実感。
丁寧に人の手で作られたタオルはけしてお安くありません。
でもそれは手織りを続けている人々への感謝や応援であり、
私の肌へのご褒美♪
主人と私の2人分のフワフワのタオルと、
ハマムタオルと呼ばれるストールのような薄いタオルを購入しました。
ハマムタオルはお安いのもあるのでお土産にもなります♪




観光は二の次でしたが、私にとっては充実した旅でした♪
デモ隊が騒がしいイスタンブールでしたが、
良い意味で開かれたイスラム世界の新たな可能性も見ることができました。
チャンスがあるならまた是非是非行ってみたい〜!!!

download-735.jpgdownload-749.jpg




イスタンブール〜食〜 

download-750.jpgdownload-264_20130919192134d6e.jpg
download-553_20130919192132f26.jpgdownload-741.jpg
写真:サバサンド、焼きナスの前菜、ナッツ売り場、ナスにお米を詰めたもの




少し前のことですが、トルコのイスタンブールへ行ってきました!
短期間の旅だったのですが、食とナチュラル志向なものを探索してきました♪




トルコ料理はフランス料理、中華料理に並んで世界三大料理の一つ。
今まで何度かトルコ料理を頂きながらもいまいちその理由が分からなかったのですが
現地で食べてみてその魅力が分かってきた気がします。
やっぱり現地で食べる地元のものは美味しいですね〜♪




トルコはヨーロッパとアジアの融合点と言われていますが
もっと詳しく見ると中東、そしてアフリカにも近接しています。
それぞれの特徴が見事に混ざり合って、食にも深みが出ているのです。
現在は国民のほとんどがイスラム教徒、でも歴史的には
初期キリスト教布教の地でもあり、国内にはキリスト教ゆかりの神聖な場所も
数多く残されています。
時に苦しみながらも人も文化も宗教も「受け入れ」てきたことが
トルコを、トルコの食をより豊かにしたのかなと思います。




また、恵まれた気候とミネラルたっぷりの火山土壌を活かした農業が盛んで
食料自給率も高くフレッシュな素材が簡単に手に入ります。
チェリー、ヘーゼルナッツ、いちじく、あんずなどは生産量世界一。
他にもトルコ料理でよく出てくるトマト、ナス、オリーブなども豊富です。
さらに海にも囲まれている為、海産物の恩恵もあるのです〜!




下の写真はトルコで買ってきた食材達。
オリーブオイル、トマトのサルチャ(トマトペースと)、チャイ(紅茶)。
全てオーガニックです。
ホテルのコンシェルジュに「オーガニックの食材を買いたい」と相談したら
「私も家族もほぼオーガニックなものを食べてるけど、普通のスーパーでは買わない。
オーガニックって謳っているものは一部の富裕層向けだから異常に高いし、
良い素材は直接農家に行くか都市部以外に行くのがおススメ!」
とのこと。彼女だけでなく、数人の地元の人に同じようなことを言われました。
気候と土壌の良さで農作物はぐんぐん育つし、
農薬や化学肥料は高くてあまり使わないからわざわざオーガニックのものでなくても
素材は良いものだとのこと。
次回は農家さんに行ってみたいな〜!

download-784_20130919191859f0e.jpg




トマトを味噌のような状態になるまで煮詰めたサルチャは
あらゆるお料理に入っています。
トマトには元々うまみ成分のグルタミン酸がたっぷり。
私たちが料理にお醤油を使うように、トルコ料理にサルチャは欠かせないのでしょうね。



トルコのチャイはダストティーと呼ばれる粉状になったもので、
煮詰めて飲むタイプです。
煮詰めて煮詰めて濃〜く出した紅茶を好みで薄め、角砂糖を入れたりして頂きます。




写真左上に写っているのはサバのサンドイッチ。
イスタンブールの新市街と旧市街を結ぶガラタ橋のたもとに
キラキラの船が浮かんでいるのですが、その船でサバを焼いています。
イスタンブール名物のヘルシーなファストフード!
10年以上前に後楽園で開催されていたトルコフェアで食べて以来、
トルコに行ったら絶対食べたい〜!と思っていたものです。
三枚におろしたサバをグリルで焼いたものが、
薄切りタマネギと一緒にパンに挟まれています。
レモン汁と塩をかけて頂きます。



すっごくシンプルなので、素材の味が勝負どころ!
生タマネギとサバの脂の相性は良いかもしれないけど
私にはタマネギの味が強すぎたのと
パンが新鮮じゃなかったのでちょっと残念な感じ。。。
でもこんなにシンプルでヘルシーなファストフードは応援したい〜♪



トルコ料理レストランでいつも失敗するのが、前菜を食べ過ぎて
メイン料理までにはお腹が一杯になってしまうこと。
メゼ(meze)と呼ばれる前菜はバラエティが豊富なのです!
トロトロの焼きナスにヨーグルトを合わせたもの、
ひよこ豆とタヒニのペースト、オリーブの盛り合わせ、
もちもちのパン、キャベツやブドウの葉でお米やお肉で包んだもの
などなど、、、
種類がたーっくんあって楽しい!!!



メインはケパブが人気、
宗教的な背景から豚肉は使用されず羊や鶏肉の料理が主流です。
前菜にオリープオイルをたっぷり使ったものが多いので
メインまで来るとお腹がいっぱいになって
私はほとんど食べられなかったな〜



でも、どれもどこで食べるトルコ料理より
トルコで食べるトルコ料理は一番でした!!!
豊富でフレッシュな素材とミックス文化が生み出した絶妙な組み合わせは
トルコ料理ならでは。
今回は時間がなく、イスタンブール以外には行けませんでしたが
次に行く時には地域性のあるトルコ料理をもっと楽しめたらいいな〜♪




次回にもトルコ編が続きます。




アートな秋 

download-34_20130924193130795.jpgdownload-17_20130924193125776.jpg
download-49.jpg1236715_10153284203565253_119788619_n.jpg





先週の一週間、ロンドン・デザイン・フェスティバルが開催されていました!
毎年この時期のロンドンでは今ホットなデザイナー達や
クリエイティブなアーティスト、建築家などの作品を
街のあちこちで見ることができます。
多くの展示が無料で見られるのは何より嬉しいこと!!!
アートは日常に素敵なエッセンスを与えてくれる大切なもの、
先週のロンドンはデザインのパワーでいつにも増して
活き活きしていたように思います♪



デザインフェスティバルにちなんで、
先週ロンドンでみかけたアートをご紹介させてください。




ヴィクトリア&アルバート博物館では日本人のプロダクトデザイナー
鈴木有理さんの作品や、
イギリスの洋服の歴史、有名デザイナーによる家具の変遷などを見てきました。
(写真上)
鈴木さんの「音」をテーマにした展示は
実際に触ったり動かしたりと体験できるものなので子供達にも人気でした。
子供の時のこうしたアート経験って、後々の人生の豊かさに響くはず!
家具や服の歴史はその時代が反映されいていて面白い〜
やはり本質をついているものは流行に関係なく、後世に残っていくのだなと実感。




写真左下のピアノを弾いている男性の写真、
こちらはデザインフェスティバルに関係なくいつもピアノが置いてある
セント・パンクラス駅です。
ユーロスターの発着駅で、いつも国際色豊かなたくさんの人で賑わっています。
そんな人々が忙しく行き交うセント・パンクラス駅に数台のピアノが置いてあります。
先日駅を通りかかった時、なんとも素敵なジャズの音色が響いていました。
思わずピアノに近づくと一人の男性がリラックスした表情で
楽しそうに弾いていました。もちろん楽譜などはありません。



私は思わず足を止めて聴き入っていました。
電車へと急ぐ旅行者は立ち止まる時間はないけど、
忙しい時間の束の間に思いがけないプレゼントをもらったような嬉しい表情をして
後ろ髪を引かれる思いで立ち去っていました。
↓私と同様、聴き入っている人。
download-45.jpg




写真右下の、道路に木々が置いてあるものは
コヴェントガーデンの忙しい交差点に一日限定で森林が登場しました!
76811_10153284203105253_1891593328_n.jpg




この日はカーフリーデイ(Car Free Day)。
「都市の中心部でマイカーを使わないことで、交通や環境、
都市生活と車の使い方の問題について考える日」(ウィキペディアより)でした。
この日はロンドンのあらゆる場所を車立ち入り禁止にしていました。
セブンダイヤルズと呼ばれる7つの道路が交差する円形交差点では
「Pop up forest」というイベントで木々が持ち込まれ
中にはたわわに実ったフルーツがついている木もあって子供達が喜んでいました♪



アメリカのアウトドアブランド、パタゴニア社がこのイベントを担っていたようで
この日を機に自転車通勤をしてみてはいかがですか?と、
ロンドンの自転車マップのようなものも配っていました。
車が通らない日、それなら道路を森林にしてしまおう!というアイデアが
とっても気に入りました!!!




芸術の秋ですね〜♪



ルヴァンでワッフル 

download-157_201309182255029f4.jpgdownload-12.jpg
download-198_20130918225459f1f.jpgdownload-18_20130918225504c25.jpg




最近の我が家で流行っているのが、天然酵母のワッフル♪
夜寝る前に仕込んで冷蔵庫でゆっくり発酵させ、
朝ごはんに焼いて頂いています。




フランスから持ち帰った小麦と水だけで作られた天然酵母(ルヴァン)は今も元気!
一週間に1度はパンを焼いています。
我が家のルヴァンの特徴が徐々につかめてきたので、
ルヴァンの可能性を広げるべくワッフルを作ってみました。



材料はあるものによって変動しますが、
強力粉(strong flour)、薄力粉(plain flour)、豆乳、
甘み(メープル、フルーツシロップなど)、
オイル(オリーブ、菜種、グレープシードなど)、ルヴァンです。
粉は全粒か精白か、その時の体調で決めています。
スペルトやカムットを混ぜるのも好きです。
ここにレーズン、ナッツ、ごま、などをその時の好みで混ぜています。




今朝のワッフルには小豆をリンゴジュースで炊いたものを入れてみました。
主人は甘めが好きなので彼用には黒糖をまだらに散らして入れたりします。
黒糖の部分がキャラメル状に焦げて美味しいのですよ〜♪




ワッフルメーカーは大切な方からのプレゼントなのですが、
頂いて以来とっても重宝しています!!!
ケーキを焼く時間がない時にも、パンケーキの要領であっという間にできるので
ゲストへのお菓子にもピッタリ♪
日曜日に来てくれたリサファミリーにも大好評でした。
薄く切ったお餅を入れて作る餅ワッフルも好きだな〜
先日作ったジャムをたっぷりつけて、毎日楽しんでいます。




明日のワッフルは秋っぽくマロンクリームで食べようかな〜
ルヴァンの研究を重ねていつかレッスンができたらいいなと思います!



プラムジャム、ブラックベリージャム 

image_20130909175659e5d.jpgimage_20130909175738b05.jpg
image_20130909175740e23.jpgimage_20130909175742d85.jpg





ジャムが出来上がりました〜!!!



3キロのプラムから出来上がったジャムは瓶11個分!
取り置きしておいた空き瓶を使って保存しました。
キレイに洗って熱湯消毒してから熱々のジャムを入れます。
いくつかはプレゼント用に、チェックの布でおしゃれに着飾ったりして♪



結局甘みとしては、
・オーガニックアガベシロップ(テキーラの原料からとられた甘味料)
・オーガニックはちみつ
の二種類を混ぜ合わせて使用しました。
大体の量は、
・プラム 3キロ
・アガベシロップ 500ml
・はちみつ 300ml
という感じで、プラムが半分以上浸っている状態。
出来上がりはフルーツの甘み度合いにもよりますが、
私のは酸味が強い感じで仕上がりました。

image_201309091756585e9.jpgimage_201309091756565ec.jpg



旬の美味しさをギュっと閉じ込めた贅沢なジャム、
また来年のプラムの時期が来るまでこのジャムで旬のお裾分けを頂こう〜♪
ジャム作りに拍車がかかり、また別のフルーツで作りたいなと思っていた矢先、
土曜日のファーマーズマーケットに行くついでに
ハムステッドヒースに入り込んでブラックベリーを収穫しようと思いつきました。



ヒースの大きな池が点在する周辺にはブラックベリーのブッシュがあります。
鋭いトゲがむきだしになっている枝に守られている
深く濃い紫色に光るブラックベリーは、とってもキレイなんですよ〜♪
トゲに刺されつつも、約1キロのブラックベリーを収穫!
さっそく家に帰ってジャムを作りました。



材料は比率に合わせたもののほぼ同じ、
こちらには固めるために寒天パウダーを入れました。
ブラックベリーの方が甘みが強かったので甘めのジャムが出来上がりました♪



という訳で、今はキッチンの棚がジャムだらけになっています。
それは我が家だけではないようで、
先日のゲストは手作りのアプリコットジャムをお土産にもってきて下さいました。
彼らのジャムはオーガニックのブラウンシュガーで甘みをつけたそう。
私のプラムジャムの自慢もして(笑)、
「ジャムを交換する時期だね〜」なんて会話をしました。



冷蔵庫や流通がなかった時代、先人達がずっと作ってきた保存食。
味噌、梅干し、梅酒、各種くだもの酒、ぬか漬け、古漬け、などなど
保存食ばかりで溢れていたおばあちゃんの蔵のように、
たくさんの保存食で溢れるキッチンにしたいな〜







夏の終わり、秋の始まり 

download-71.jpgdownload-80.jpg
download-84.jpgdownload-90.jpg




我が家の共有ガーデンには野菜畑以外にも
プラム、リンゴ、アプリコットの木があります。
去年はリンゴとアプリコットが豊作だったようですが、
今年はリンゴは10個程度、アプリコットは3個しか実らず、、、
でもプラムは鈴生りに実りました!




昨日の夕方、セリーヌと仕事帰りの主人と一緒にプラムを収穫。
そのまま頂くと甘酸っぱくて美味しい〜♪
7月に入ってからのお天気が素晴らしかったせいか、
小さなプラムですが味が濃いものが出来上がりました。



木の葉が落ち始めて、果実にギュッと成分が濃縮されて、
渋さがとれ甘みが増して、、、、秋がきたな〜と感じます。
その時期を知っているのは私たちだけではなく、鳥達も同様です。
鳥達に食べられない前に全て収穫し、熟したものをそのままで楽しむ以外は
ジャムを作ることにしました。



収穫できたプラムはおよそ7キロ!!!
ここで、きっちりレシピ通りに作りたいセリーヌのクラシックな秤が登場。
私の電子秤は2キロが限度、彼女のものはおもりさえあれば何キロでも量れます。
セリーヌ家と我が家とプラムを半分に分けてくれたので、
それぞれの方法でジャムを作ることになりました。

download-77.jpg




おススメされたセリーヌのレシピによると、フルーツと同量の白砂糖を入れるらしい。
3キロのフルーツに対して3キロの白砂糖。。。
そんなに入れたら「砂糖を食べるジャム」になってしまいそう。
保存を優先するならそれだけの白砂糖は必要かもしれないけど、
なるべく控えたいな。。。
↓AGA(アガ)で作るジャムの作り方が載っています。

download-92.jpg



フランスのリサの実家に行った時、
リサママも自宅で採れたフルーツでたくさんのジャムを作っていました。
白砂糖を使わない彼女がジャム作りに使っていたのはオーガニックの黒砂糖と寒天。
フルーツの甘みが優先で、あくまで黒砂糖は控えめ。
そしてフルーツから出て来た水分を寒天で固めていました。
保存よりも味を優先したジャム。なので冷蔵庫で保存していました。
リサママの方法を参考に、
フルーツシロップや黒砂糖でジャムを作ってみようと思います!
今日の夜には出来上がるかな。




右下の写真は世界最大規模のクラシック音楽イベント、PROMS(プロムス)です。
毎年夏の始まりと共に開幕し、秋を告げる時期まで続きます。
今年は日本の辻井伸行さんをはじめ、五嶋みどりさん、内田光子さん、
小川典子さんなどが演奏しました。
去年は急に思い立って行ったので、チケットは全て売り切れていて
立ち見での鑑賞でした。
それでも「全ての人に一流の音楽を」がコンセプトのプロムスのお陰で
当日並ぶだけで素晴らしい音楽を聴きに行けて感動したのを覚えています。



今年は前もって席を予約、ロイヤルアルバートホールの圧倒的な雰囲気の中
ロンドン交響楽団の素敵な音色に酔いしれました〜♪
物質に囲まれた生活では、マクロビオティックでよく使う
エネルギー、バイブレーション、気、等という言葉が
ピンと来ないこともありますが
私は生の音楽を聴いている時がそれらを一番感じます。




日が短くなり、木々が乾いた音を立てはじめ、
夏が終わりますね。