スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミ 

201311292143203f5.jpg201311292137009ac.jpg
2013112620092764d.jpg20131126195647076.jpg




主人の大切な友達、レミがロンドンへ来てくれました〜!




レミはフランス生まれ、お父様の転勤でフランスからベルギーへ引っ越し、
パリで学び、ニューヨークでも学び、その後は世界中を飛び回っています。
5年前にイエメンで会った時はバーレーンで働いていましたが
その後ウクライナに引っ越しをし、
今はグルジアで新しいビジネスを立ち上げる為の準備をしているとのこと。



「ロンドンは何度も来ているし、観光はせずに
生活している感じに浸りたい。ゆっくり話しができたら嬉しい!」とのことだったので
景色の良い郊外を歩いたり、素敵なグルメショップで買い物したり、
食事の時間を長めにとったりして過ごしました。
レミは多岐に渡るちょっとした話題を深く掘り下げることができるから
会話がつきません。
学びも大好きな学者肌でありながら人に教えることも上手なレミは
豊富な知識と本質を見つける洞察力が半端ではなく、
彼の話しを聞いていると「脳が筋肉痛になる」んじゃないかと思うくらい
一生懸命に頭をフル稼働している自分がいます。良い運動だわ〜!




世界を何周も旅している彼の食生活はとてもフレキシブル。
何でも試すし、食べてみる。
「食べ物の好き嫌いが少ない人は社交的」と、どこかで聞いたことがありますが、
社会での様々なシチュエーションで周りの人々や自分自身の体調と調和をとりつつ
食生活を楽しんでいる人は
嫌いなものもどこかで克服している人が多いはず。
そんなレミに何を作ろうかな〜と考えてたどりついたのは、パエリア!
先日、スペイン人のご近所さんとパエリアの話しをしていて、
自分が食べたくなったのもありますが(笑)
こういう大鍋&シェア料理は会話も弾みますしね♪




穀物は白米、パールバーリー(丸麦)、ミレット(きび)を混ぜて入れました。
オリーブオイルでニンニク、パプリカ、マッシュルーム、タマネギ、
トマトを炒めたところに魚介類のミックスを入れて炒め合わせます。
穀物類を加えて混ぜたら、サフランを浸した水、塩、ベジブイヨンを加え
強火で煮立たせます。その後中火から弱火でお米に火が通るまで煮ます。
大体の分量と作り方はパエリア鍋をプレゼントしてくれたスペイン人の友達から
教えてもらったのですが、私がアレンジを加えた上
分量がアバウトなので(笑)ちゃんと計量できたらご紹介させてください〜
このパエリア、あっという間に3人で平らげてしまいました!




レミととあるチーズ屋さんに入った時のこと、
今夜のディナーに合わせるチーズを教えてもらおうと
レミと選んでいたら、大声で悪い言葉を使って不満を言ってる初老の男性が
お店に入ってきました。酔っている感じ。
店員さん達も驚いていたもののすぐに追い出すことなく、
静かな声でその男性に対応していました。



私はビックリ&怖くなって目を合わせないようにしていました。
顔が引きつっていたかもしれません。
レミは早くチーズを選んでこのお店を出ようと、店員さんに注文をして
お会計をしようとしたら
何事もないかのような顔で接客していた若い男性店員が
手書きでささっと書かれた小さなメモを私たちに見せました。
そこには「こんな状況になってしまってごめんなさい。」という内容が。
そして視線を初老の男性の方にやって少しお茶目に申し訳なさそうな顔をしました。



「Keep Calm and Carry On(冷静に、戦い続けよ・今の事態に対応)」という
戦時下にイギリスが国民に出したスローガンを思い出させるような
イギリス人らしい接客がレミはとても気にいったようで、
イヤな経験から一気に素敵な思い出に!!!
私も予想していなかった粋な店員さんの対応に、気持ちが晴れました♪




レミに初めて会ったのは東京でした。
イエメンで再会、その次にはベルギーとフランス、そしてロンドン。
次はどこで会えるかな〜
レミと過ごした一週間は大したことしていないのに、とっても刺激的でした!

201311261956390e6.jpg

スポンサーサイト

麦味噌とヒヨコ豆味噌 

20131126195136ba3.jpg201311261951286ad.jpg
20131126195135a83.jpg20131126195124223.jpg




去年仕込んだお味噌がとっても美味しかったので、
今年もお味噌仕込みスタートです〜!




今年はちょっと変わったお味噌に挑戦♪
アメリカで試して以来ずっと作ってみたかったお味噌、ヒヨコ豆味噌!!!
ほんのり甘くて洋風の香りを漂わせるお味が気に入って
作る日を楽しみにしていたのです〜
ヒヨコ豆は近所のオーガニックショップで購入した玄米麹に合わせました。




そして友達のHちゃんが日本で麦麹を手に入れてきてくれたので
こちらは大豆と混ぜて麦味噌も仕込みました。
ヒヨコ豆も大豆も前日からたっぷりの水に浸しておき
味噌作成当日は指で簡単につぶれるくらい柔らかくなるまで煮ます。
塩と麹を混ぜ合わせておいて、
それぞれのお豆に混ぜ合わせます。




量は豆と麹の量を同量にしました。
塩は去年と同じシチリアの塩を使用。豆も麹もオーガニックで嬉しい〜!
大豆/ヒヨコ豆 1キロ(ドライ)
麹 1キロ(ドライ)
塩 550g



いつもお世話になっているHちゃんのお母様がタイミングよく
ロンドンにいらっしゃったので、お味噌作りに参加してくださいました♪
何十年も前から自然食や自然療法に精通していらっしゃり
お料理もとてもお上手と評判のお母様。
そしてイギリス在住10年以上、私たちの渡英前から色々とアドバイスを頂き
お世話になっているMさんもご参加くださいました!
皆さんの素敵なエネルギーが交わって去年にも増して良い感じの仕上がりです^^




レッスンにご参加下さったFちゃんから
GlastonburyにあるChalice Wellのお水を頂きました(写真左下)。
イギリスにも多数ある「パワースポット」、そのうちの一つ
グラストンベリーの聖なる井戸(チャリスウェル)から湧き出たお水を
持ってきてくださったのです〜!
このお水にまつわる伝説、それはキリスト最後の晩餐の際に使用された聖杯を
伯父のヨセフがこの地に運んで井戸の水底深くに埋めたというお話。
2000年以上にも渡って大地を潤すこのお水は
18世紀頃からヒーリングパワーがあるといって世界に知られ始めたようです。



「パワフルで美味しいお味噌になれ〜♪」と願いを込めて
このお水をお豆を煮る鍋に入れました。
Fちゃん、貴重なお水をありがとうございました!!!
Fちゃんはロンドンのご自宅でナチュラルな食事を楽しむワークショップを開催中です。
インターナショナルなご経験が豊富で、人を惹き付けるチャーミングな笑顔で
会う人をとりこにするFちゃんのブログは↓をご覧下さい♪
http://ameblo.jp/fukki-an/




仕込んだお味噌はそれぞれの家庭で半年寝かせます。
少し味見をしましたが、すでに美味しい!!!
半年後に開けるのが今から楽しみです〜♪



ビギナーレッスン全6回終了しました! 

20131126195358759.jpg201311261953530fb.jpg
20131126195455739.jpg201311261955581b8.jpg




すっかり更新が滞ってしまいました。。。
レッスンに加えて、ビザの更新手続き、立て続けのゲスト、
お味噌作り、フラットの修復などなど
毎日何かしらに追われてすでに師走の忙しさ!
ブログに訪れてくださった皆様、申し訳ありませんでした。



さて、先日ビギナーレッスン第6回の最終回が無事に終了しました!
ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!!!
今回作ったものは、

・玄米ベジ巻き寿司
 母や寿司職人の伯父に教わった太巻きの握り方を伝授。
 各所に散りばめられたちょっとしたコツを丁寧にこなすことで
 崩れずキレイな太巻きができます♪
 バジルが入ったお豆腐の加工品を具材にしました。

・キドニービーンズのフリホーレス
 フリホーレスはスペイン語でお豆のことですが、ペースト状に煮たお豆や
 お豆の煮込み料理のことも指します。
 お豆料理は作るのも食べるのも苦手な方が多いかもしれませんが、
 このフリホーレスは今の所万国人受けしています♪
 男性が喜んでお豆料理を食べてくれるのが嬉しいですね。
 
・スティーム野菜の味噌マスタード和え
 昨年仕込んだ我が家の玄米味噌を使いました。
 野菜は今が旬のロマネスコと紫タマネギで彩りよく。
 上の写真にもあるロマネスコはカリフラワーの仲間で味はカリフラワーとほぼ同じ。
 独特の形に私は気品さえ感じてしまい、
 見ているだけでうっとりしてしまう大好きなお野菜です♪
 スパイラル状に形作られた状態が見れて、自然の美しさも感じます。

・ソイチョコムース
 ココアとキャロブを使った「チョコ」味に仕上げました。
 キャロブはいなご豆の粉末、チョコに似た風味と色はありますが、
 カフェインゼロ。栄養価も全く違います。
 寒天とアロールートでふるふる&クリーミーに出来上がりました♪




一人一本ずつ巻き上げてくださった巻き寿司は、さすがお見事〜!
当たり前ですが外国人対象のレッスンとは違い、安心して見ていられます♪
私は海外に住んで外国人ゲストを家に招く機会が格段に増え、
日本にいる時よりお寿司(手まり、巻き、手巻き、握り、ちらし等)
を作る機会が多くなりました。
巻き寿司はおもてなしに使えるだけでなく、
残りものでも巻いて普段の食卓に、移動のお供に、
ピクニックに、と活かせるのも良い所!




今回のレクチャー内容は個人、季節、一日のバランスの取り方と
食材や調理方法の選び方、そしてマクロビオティック基本食の背景にある
法則や自然の摂理などをお話しました。
イギリスは日本と気候帯が若干違うので、基本食も少しだけ異なります。
でも、大切なのはルールに従うことではなく
法則を理解して自分の判断力を高めることだと思っています。




6回のレッスンを終えてほっとしております。
終わってみると、始める前の不安はどこへやら。レッスンを進めていくにつれ
受講者お一人お一人がご自身の体験を活発にシェアしてくださって、
疑問や質問を積極的に発言してくださって、
はたまた私がすっかり抜けているところを補ってくださって、
とても質のいいレッスンに仕上げてくださったのは
一重に受講者のみなさまのお陰、感謝感謝です〜♪
ロンドンにてこんなにも素敵な出会いに恵まれたことは本当にラッキーでした。



これまでに何度も教室の引っ越しを重ね、
その都度その場の環境と人々のニーズに合わせて学びを広げ、
テキストを作り直し、内容をより深いものにしてきたことが底力となって
以前よりもパワーアップしたものを提供できたかなと思っております。
これからも日々の努力と気付きを重ねて、より一層質の良いレッスンができるよう
頑張りたいと思います!!!



*次タームのビギナーレッスンは来年1月以降を予定しております。
具体的な日にちは未定ですが、決まり次第こちらのブログでご紹介させてください。
メールご希望の方にはアドレスに詳細を送らせて頂きます。






秋のワルシャワ 

20131107205640d8e.jpg20131107205643164.jpg
2013110722574475f.jpg20131107205625186.jpg
ショパンの銅像、公園の紅葉、ピエロギ、ポーランド食器




先月のことですが、ポーランドのワルシャワに行ってきました。
「こんな日が毎日だと思わないでね」と、ポーランド人に言われたくらい
ラッキーなお天気に恵まれた滞在でした♪
ちょうど紅葉まっさかりで、色づいた木々がキレイ〜!




主人は仕事で忙しかったので、私は一人でワルシャワの街を散策。
ワルシャワは第二次世界大戦時、幾度にも渡って街は破壊されてしまいました。
その後、旧市街は残された写真や人々の記憶を元に
ポーランド人達の力で再建されました。
崩れたレンガは元にあった場所へ再利用し、
「壁のヒビ一本にいたるまで」厳密に再現したようです。
その人々の努力が、ワルシャワの旧市街を世界遺産にしたのですね〜!
東欧独特のもの寂しい雰囲気が漂うところもありますが、
そこに息づく人々の計り知れない力強さを感じます。




ワルシャワでの私の楽しみは「ショパン」「食器」「地元の食べ物」。
偉大な作曲家ショパンはポーランド生まれ、強い愛国心を持っていたと言われています。
時に情熱的で時に感情的な彼の曲は多くの人を魅了し、
国民からも絶大な人気を誇っています。
市内中心部から歩いて約30分の閑静な公園に彼の銅像があります。
秋の乾いた空気を受けて、物思いにふけるショパン。
公園にはショパンの音楽を聞くことができるベンチがあります。
ボタンを押すとベンチからショパンの音楽が♪
ベンチに座り、ショパンも見たであろうワルシャワの紅葉を楽しみながら
聞く彼の音楽は特別なものがありますね〜!

201311072057538b7.jpg




まだケンブリッジに住んでいた頃、とあるお店で可愛い食器を発見しました。
薄い磁器の洋食器の中で、その食器は厚みがありなぜか親しみを感じて
気になっていました。食器の後ろには「Made in Poland」の文字が。
私の実家の近くには益子焼きという陶器の町があります。
小さい頃から益子焼のものに触れて育ってきているので
益子焼きの厚みがあってでも軽くて、手にピタっとなじむような食器が好きでした。
偶然みかけたポーランドの食器に同じような感覚を感じて
いつかポーランドに行く事があったあら食器巡りをしたい!と、
ずっと心に秘めていたのです。




ドイツとの国境に近いボレスワビエツという町は陶器の町。
上の写真の陶器たちはここで作られた食器を扱っている専門店で購入しました。
ワルシャワにはいくつかポーランド食器のお店がありますが、
私は3件回って色々と品定め。手作りなので柄や形が微妙に違って
それぞれに表情があるのです。
重たいからたくさん買えないし、収納も考えなきゃいけないし、迷う〜!!!
一番気に入ったのは↓のキャンドルホルダー。
火を灯すと柔らかい光が外にもれてとても和みます♪
暗くて寒い冬のロンドンにピッタリ!

201311131952584db.jpg



「ロンドンにもポーリッシュ食器の専門店がありますよ」と、
レッスン受講者の方に教えて頂いたので
買い足したくなったら行ってみようと思います♪
日本でもネットなどで販売されているようですよ。




そして「食べ物」。
ワルシャワ在住のポーランド人には
「日本食に比べるとポーランドには美味しいものはあまりないけど
ライ麦のパンは美味しいよ!」と言われた通り、
ライ麦が入った多種類のパンはどれもはずれなく美味しかったです♪
寒冷な気候がライ麦の栽培に適しているのでしょう。
その他にもじゃがいも、蕎麦なども主食としてよく食べられています。
ロシアに似てるな〜




自然条件からして緑黄色野菜が年中食べられるわけでなかったので
サラダなどはあまり食べず、サワークラウトやピクルスなどの
漬け物から野菜の栄養をとることが多いようです。
それらは火を通す料理にも使われ、お料理に酸味を感じることがよくありました。
お肉料理も多いので、この酸味はいいバランスになりますね!
料理全体のお味は私にとっては塩気がきつく、
きっとお酒を飲む人には丁度いいのだろうなと感じました。
ポーランド人、よく飲みます。




上の写真にある「ピエロギ」という大きな餃子のようなものにも
サワークラウトが入っていました。
ピエロギはポーランドの代表的なお料理で、
中の詰め物のバリエーションはお肉、野菜、チーズ、じゃがいも、
果物など多岐に渡り、焼いたり茹でたり揚げたりして食されています。
ピエロギはポーランド近隣諸国でもよく食べられています。
ロシアではピロシキ、中国では饅頭や餃子、といった感じでしょうか。




乳製品もよく食べられています。
スーパーの乳製品売り場はヨーグルト、サワークリームなどのクリーム系、
バター、チーズがたっぷりありました。
パンにバターはもちろん、スープにもサワークリームが付け合わせでよく出てきます。
同時に自然食品店には豆乳製品や乳製品の代替品がたくさんありました。
ヘルスコンシャスの人は乳製品の摂取しすぎを気にかけている人も多いようです。
オーガニック食材は普通のスーパーではほんの少ししかみかけませんが
ワルシャワ市内では土曜日にオーガニックマーケットが開かれたりして
少しずつはやってきているようです♪
↓ワルシャワにある自然食品店、乳製品やお肉の代替品。

201311072257040ac.jpg2013110722570319d.jpg


↓こんなものを買ってみました。
アップルパイ、どんぐり(?)コーヒー、がんもどきのようなお豆腐の加工品。
全てオーガニック!アップルパイはお店の手作りで、
全粒粉を使ったパイ生地が美味しかった〜♪
どんぐりを焙煎したコーヒーは初めて!独特のいい香りがして、
お味は麦茶を濃く入れたような香ばしさがあります。
豆腐の加工品はスモーク仕様で、やはりサワークラウトの酸味がありました。
ごはんよりもパンに合うかな。

201311072256504df.jpg


主人の会社の同僚(ポーランド人)は多くなりがちなお肉や乳製品の摂取に
気をつけていて、日本食が大好きな人。
「チェルノブイリ事故があってから、乳製品はあまり食べられていなかったんだよ。
今はたくさん食べるけどね。
日本人がみんな飲んでいるみそ汁は有害物質を体から出してくれるって聞いたよ。
それで僕もみそ汁が大好きなんだ。」
と言っていました。そう言われて
ポーランドがチェルノブイリの影響を大きく受けたところだったと思い出しました。



ちゃんと発酵した本物のお味噌には
体に良い要素が一杯つまっていますよね!
わかめなどの海草を入れたら放射線にも強い体作りを助けてくれます。
チェルノブイリ事故を生き抜いた彼に出会って
改めてお味噌汁のパワーを再認識しました!!!




ポーランドの食が話題のはずが、お味噌汁に移ってしまいましたが・・・
同じヨーロッパでもイギリスとはひと味もふた味も違うポーランドの食べ物、
地域性を活かしたお料理が意外にも(?)美味しくて楽しめました〜♪




辛い歴史を背負いつつも、古きを温め力強く復活し
経済的にも成長するポーランド。
今後の発展が楽しみです!






新しいご近所さん 

20131106230821077.jpg201311062308312ab.jpg
2013110623170362d.jpg20131106230830078.jpg




目の前のフラットに住んでいたローラさんとクリスさんが
アムステルダムにお引っ越しし、新しいカップルが入居してきました!
イタリア人のロベルタさんとスペイン人のエンリケさん。
二人とも建築家というカップルです。




イタリア人とスペイン人ですもの、もちろん美味しいものが大好き〜!
私がマクロビオティックを教えてると言ったら
「私のママが昔からマクロビオティックに興味があって、
うちにも食材がいくつかあるんだよ。私は'Bancha(三年番茶のこと)'が好き!」
と、ロベルタさんが言ってて、嬉しい驚き♪




食材はできる限りオーガニックを使っていて、
砂糖以外の優しい甘味料なども取り入れ、
洗剤やシャンプーなどもナチュラルな選択。
向いている方向が同じで一気に仲良くなりました!
先日、我が家のキッチンにあったオーガニックショップで買ってきたかぼちゃを見て
「わー!そのかぼちゃロンドンにもあるのね!!!
ずっと食べたかったんだ〜」と言っていたので、丸々プレゼントしました。



すると、その日のディナーに招待してくださいました!
お料理はかぼちゃのリゾット♪
作っているところを見たい!とお願いしたら、
ディナー時間より早めに招いてくれました。
でも、その時間が夜の9時。。。
その日はスペイン人のエンリケさんに合わせたディナー時間。
ご存知の方も多いと思いますが、スペインの夕食は9時〜10時に始まります。



イタリアも夕食開始時間は遅いと言われていますが、
スペインで長く働いていたイタリア人のロベルタさんは
スペイン人の遅い食事時間にはいつまでたっても慣れないと言っていました。
私は普段10時にはベッドに入るようにしているので、
夕食は6〜7時に食べます。
もちろん9時までお腹が持つはずもなく、おやつを食べつつしのいで
お二人のフラットへ行きました。



「今日はニンニクを使わずに、甘めに仕上げるわね」とのこと。
オリーブオイルでタマネギをじっくり炒めて甘みを出す、
まずはこの作業を丁寧にやっていました。
ロベルタさんの家庭料理は、シンプルが基本とのこと。
一品のお料理に対して多種類の材料は入れず、
その分素材の個性を活かして旨味を十分に引き出すことで
味をよくしていく。
タマネギとかぼちゃの甘みが、パルメザンを入れることでより引き立って
とっても美味しかった〜!!!




私は一品のお料理に何種類も素材を入れてしまうことがよくあるので、
(それはそれで美味しいのですが)
シンプルなものの深い味わいを改めて再認識。
イタリアから持ってきたというスペシャルなオリーブオイルとパルメザン、
そしてお二人の愛情もたっぷり注いでくれた余計に美味しかったのかも♪




数々の有名建造物を手がけ大学でも教鞭をとったりして
とても優秀な建築家のエンリケさんとロベルタさんは、
私よりもかなり年上なのに嬉しいことには子供のようにはしゃぎ、
陽気に明るく笑う本当に素敵なカップル♪
これからのご近所付き合いが楽しみです〜





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。