スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優秀な乾物たち 

20140731020609942.jpg
201407310205431cf.jpg20140731020539fee.jpg




昨日はひじきと切り干し大根を使いました。
こうして毎日何かしらの乾物を浸水しては料理に使っています。
朝ご飯の後片付けをしたら、その日のランチや夕食に使う乾物準備。
と言っても、さっと洗って水に浸すだけ。
あとはお料理するタイミングでどう使うか決めています。
今は玄米を食べる時もこのタイミングで浸水し、夜炊くことが多いです。



ちなみに切り干し大根は戻し汁も美味しいのでよく使います。
お味噌汁の出汁にしたり、ご飯を炊く時のお水に足したり
そのまま沸騰させて飲んだりしています。
(身体に溜まった脂を溶かすお手伝いをしてくれます)
戻し汁を使わない時はほんの少しのお水で戻すといいですよ。



切り干し、ひじき以外にも我が家で日々活躍してくれる乾物はたくさんあります。
あらめ、昆布、根昆布、ワカメ、ダルス、青のり、のりなどの海草類、
干し椎茸、乾燥ごぼう、乾燥レンコン、きくらげ、かんぴょう、蓮の実などの野菜類、
大豆、黒大豆、ヒヨコ豆、キドニービーンズ、高野豆腐
ソイミートなどの豆類やその加工品等々。
アメリカでマクロを勉強した時に出会った乾燥栗も美味しくて好きです〜♪
日本では築地の乾物屋さんで購入したことがあります。
韓国にお住まいの方にはなじみがあるのかな。



海草は海でミネラルをたっぷり吸収しゆらゆらと光合成をしながら、
そして乾燥野菜もお日様のエネルギーをたくさん受けて作られますので
乾物を食べることでそれらのエネルギーも身体に取り込むことができます。
乾物は生の状態よりもビタミンやミネラルなどの栄養、
そして旨味もぎゅっとつまっていて
鉄分やカルシウム不足になりやすい妊娠中は
特に強い味方になってくれる食材です!



もちろん日頃から貧血気味の方にもおススメ♪
そして放射能から身体を守るという点でも
乾物のパワーを多いに利用したいところですね。



特にカルシウムや鉄分が豊富な切り干し大根とひじき。
栄養を効率よく吸収する為の食べ合わせも大切です。
たんぱく質と組み合わせたり、クエン酸やビタミンCとの組み合わせが
それらの吸収を助けてくれます。




昨日の夕食は、ひじきをほんの少量の水と醤油でさっと煮て下味をつけ、
前日の残りものの高野豆腐入り野菜炒めと混ぜて春巻きに変身させました。
切り干し大根は納豆に投入!マスタードと醤油で頂きました。
小さい頃「そぼろ納豆」と呼ばれる切り干し大根が入った納豆をよく食べていました。
切り干しの歯ごたえと旨味が納豆に合って好きなのです〜♪



キッチンに忘れられている乾物がありましたら
ぜひ少しずつ、毎日の食卓に生かしてみてくださいね!




スポンサーサイト

夏に大活躍のとうもろこし 

201407282118525c2.jpg201407282118471cf.jpg
201407282118524c8.jpg2014072821184132c.jpg



短いアップデートになりますが、レッスンができない分
いつも食べてる食事、妊婦の食生活のこと、日常の気付きなどを
ブログで簡単にご紹介していこうと思っています!



暑くなると特に粒の穀物が食べにくくなりますね。
玄米ごはんよりも白米に、そして麺類や穀物なしの食事に傾きがち。
加えて妊娠中だと身体に熱がこもるので(陽性に傾く)
余計に軽いものを食べたがり、重たいものを避けるように。
それでも毎日の穀物は身体の基本部分になるので大切です。
上手に取り入れていきたいものですね♪



そこで、とうもろこしが大活躍!
トウモロコシは中南米原産で元々は穀物として食べられてきたもの、
それが品種改良されて野菜としての柔らかく甘いコーンがあります。
穀物としてのトウモロコシはお米や小麦に比べて粒も大きく
拡散のエネルギーがあるので夏にピッタリです。
イギリスで売られている野菜のトウモロコシは日本のと比べて甘さは控えめ、
皮は固め、品種改良がそこまで進んでいない感じで穀物に近い味と食感です。
でんぷん質が多いので、穀物の補助的な感じで使っています。



塩を入れたお湯でそのまま茹でておやつに、
お米と炊き込んだ後に身をほぐして混ぜ込み、トウモロコシごはんとして、
すりおろしたトウモロコシに水、ローリエ、を加えポタージュスープに、
オリーブオイルを敷いたフライパンで焼いて醤油をジャっとかけて、
削ってチャーハンに入れたり、
すりおろしたトウモロコシ、豆乳、寒天、メープルシロップでプリンを作ったり、
パスタを少なめに茹でて代わりにトウモロコシでボリュームを出したり、
・・・などなど、
私たち夫婦で毎日1〜2本消費しています。



中米出身の主人、トウモロコシは大好物!
クーラーのない我が家では暑い日の夕食では「お米」が避けられがちなのですが、
トウモロコシを混ぜ込むと食べやすいので喜んでくれます。
その他にも丸麦、キヌアなどの春・夏の穀物を混ぜ込むことが多いです。




夏、身体の中からうまく熱を逃がして
快適に過ごしていきましょう〜!!!





麦味噌出来上がり〜♪ 

20140724230956b19.jpg
20140725221409f6b.jpg20140725221411796.jpg




去年の11月に仕込んだ麦味噌とヒヨコ豆玄米麹味噌。
涼しい場所に置くわけでもなく室温で発酵させているので
そろそろ食べてもいい頃かなと先月からチェックしていました。
少し早いのでは?とも思ったのですが、
おととしの手作り味噌が切れてしまったので待ちきれない〜!!!




麦味噌を見てみたらしっかり熟成していて美味しそうな色♪
表面にできた少しのカビをとりのぞいて、味見をしてみたら
うん、美味しい!!!
(ラップで覆ったあとに重りを乗せなかったのでカビができたようです)
今回は冷蔵庫に入る大きさの長めの密閉容器で作ったので
そのまま保存します。
ヒヨコ豆味噌の方はもう少し熟成させた方が美味しそうな感じなので
来月以降に味見をしてみます。



麦味噌は米味噌に比べて甘みや軽さがあり、味噌独特の発酵臭も少な目。
なので外国人にも受け入れられやすく、西洋料理にも合うお味噌だと思います。
私は栃木出身ですが、米味噌(米麹で作ったお味噌)が主流。
米味噌のお味噌汁は原点に戻った感じで「は〜♡」と落ち着きますが、
麦味噌の美味しさにはまってからはもっぱらこちらを多く使うようになりました。



夏の暑い時期には、お味噌汁が飲みにくいですよね。
妊娠前も妊娠してからも毎日飲みたいお味噌汁ですが、
ロンドンも気温が上がってきてからは朝のお味噌汁から離れがちでした。
でも麦味噌のお味噌汁だったら少し楽に頂けます。



今朝は乾燥ワカメと切り干し大根を煮だしてお出汁をとり、
トマトを具にした麦味噌みそ汁を作りました。
トマトからも旨味成分が出ますし、
朝のお味噌汁は味薄め+具材も軽めがおススメなのでこれで十分です。
我が家ではお出汁は切り干し、ワカメ、昆布、乾燥ごぼう、乾燥椎茸などが主流。
たまに遊んでローリエなども入れたりします。
食べられるものは全て具材にもなりますので、そのまま頂きます。



朝はどちらかというと甘めの何かを欲しがる主人ですが、
今朝のトマトお味噌汁は喜んで食べてくれました♪
朝の一杯、身体に染み渡ります〜!



特に手作りの味噌は大豆や麹が粒状になっているので
小さなすり鉢などに味噌と少しの煮汁を入れて潰してから加えると
旨味が溶け出してさらに美味しいですよん♪




妊娠7ヶ月を迎えました 

201407242309529e5.jpg
写真:妊娠が分かってすぐに迎えた結婚記念日のプレゼント♪




私事ですが、ただ今妊娠中です。



この歳になっての、初めての大きな身体の変化に戸惑いつつも
お腹の中で動くようになった存在を感じ、
今までにない喜びと不安を抱きしめながら
日々を大切に過ごしています。




3月に妊娠が分かり、約1ヶ月半のつわりを乗り越えた後も
パソコンに長時間向かうと疲れやだるさが出てしまうので
なかなか頻繁な更新ができずにおりました。
6、7月のレッスンはアシスタントの方に助けてもらいながらの開催でしたが、
今までになく身体は色々な事に敏感で体力的な疲れも倍以上。。。
気持ちはレッスンがしたくてしたくてウズウズしているので
今後も開催したいのですが、、、ここは経験者や家族の意見を真摯に受け止めて
しばらくレッスンはお休みさせて頂きます。




でもスローペースになるかもしれませんが、
妊娠中の食事やライフスタイルの事など
初体験に試行錯誤しつつも発信していけたらと思いますので
今後共どうぞ宜しくお願いいたします!!!




夏のダブリン  

20140721185336a85.jpg201407211854072c0.jpg
201407211847237a9.jpg20140721185420ec1.jpg




先週ダブリンへ行ってきました。
前回は初春でしたが、今回は気持ちのいい爽やかな夏!
ロンドンがちょうど猛暑だった頃に脱出したのですが、
ダブリンは晴れやかでも暑くないので快適〜♪




今回は3泊できたので、前回行けなかったところを歩いてみました。

ーAvoca
20140721190559421.jpg2014072118541870a.jpg

AvocaはAvoca村で織られたウールブランドとしてスタートしてから
温かみがあってセンス溢れる衣類や雑貨、
そして食までデザインしているお店です。
お店の中はカラフルで、選び抜かれた商品は質もテイストも抜群!
いるだけでいい気持ちになるお店♪
食に関してはなるべくアイルランド原産のものを使用していて、
しかもオーガニックにもこだわっているのが嬉しい〜!!!



ーKilkenny
20140721190606646.jpg20140721185417e73.jpg

Kilkennyはアイリッシュブランドを取り扱うお店です。
お店の中はアイルランドの誇るべきブランドや商品が一杯!
アイルランドならではのものを探したい時には便利ですね〜
写真にあるのはユニクロともコラボした
アイルランド人のデザイナー:オーラ・カイリーのコーナー。
イギリスでも有名なデザイナーです。
その他にはウール製品、素朴な陶器類、リネン製品などなど
Made in Irelandがたくさん見つかります。



ーBlazing Salads
20140721184455870.jpg201407211844546d6.jpg
20140721184452ac6.jpg201407211844384fb.jpg

ヨーロッパでも北の方に位置するアイルランド、
地中海地方と比べると野菜の消費量はずっと少ないです。
デンマーク、ノルウェー、スウェーデンなどもそうですが、
レストランのメイン料理は動物性食品が多く
みずみずしいお野菜の付け合わせなどはあまり期待できません。



今回もホテルのレストランでシーフードチャウダーをオーダーしたら
濃厚なミルクたっぷりのスープにシーフードミックスがどっさり。
飾りのディル以外、野菜は全く入っていませんでした。
お味は美味しかったのですが、あまりに濃いのと
その濃厚さとバランスを取るものがないので二口くらいで十分。。。
野菜が恋しい!!!
ということで、野菜をたっぷり食べるべく「Blazing Salads」というお店に行きました。



ここはベジタリアンのお店。
もちろん添加物や化学調味料などは一切使っていません。
ビーガンのチョイスもありますし、それだけでなく
砂糖なし、イーストなし、グルテンなし、小麦なしなどのチョイスもあるのです。
しかも!サラダとホットフードの両方に使われている調味料は
味噌、しょうゆ、玄米酢、梅干し、練りゴマ、精白してない油など
伝統的なもので質がよく、マクロビオティックでおなじみなものばかり!!!
フレッシュ且つ手作りのパンもケーキもあります♪
あー、、、幸せ♡ ↓サラダバー、量り売りです。
2014072118444966d.jpg


私は色々な種類のたっぷりのサラダと、ラタトゥイユやお豆のシチューなどの
ホットフードを頂きました。
それに玄米のライスボールもつけて(写真)。
柔らかく炊かれた玄米の中に、小豆と野菜を醤油で味付けして煮たものが
入っています。そしてそれを揚げたもの。
生姜醤油を付け合わせで頂きました。
少し油っぽかったけど、玄米も小豆も恋しかったのでお腹に染み渡りました!
美味しかったな〜
滞在中、2度も行きポイントカードも作ってしまいました(笑)。
またダブリンに来たら寄りたい!!!




今回も主人は仕事で忙しかったので、一人で街を歩きました。
前回も感じましたが、ダブリンで出会う人は気さくで温かい人が多いな〜
少し冷たさを感じることが多いイギリス人と比べてしまうのですが(笑)
久々に人情を感じるような場面もあって
人との触れ合いが心地よいステイでした!





6月、7月のレッスン終了! 

20140718033153388.jpg20140718033143a12.jpg
20140718033157c31.jpg20140718033154b22.jpg




ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!!!




上の写真は教室の様子。
調理前のみずみずしいお野菜は見ているだけで元気をくれます〜♪
夏の作物は鮮やかなビタミンカラーが多いですね。
調理前はそれぞれの素材を分けて置いておくのが基本です。




チャパティとパラタは一人一枚ずつ作りました。
油も使わないシンプルなチャパティを美味しく焼くには
ちょっとしたコツがありますが
みなさん楽しみながらも上手にマスターされていました♪
中身が入っているパラタにはオリーブオイルを塗って香ばしく。
今回は大根でしたが、ひじきの煮物などのお残り物や
甘く煮た小豆を入れても美味しいおやつになりますよ〜!




調理方法も夏向きに。
火を通す時間を短くする、
夏野菜や生の食材を積極的に使う、
衣は軽くしさっと揚げる、
フワッとした酸味のある調味料で食欲をそそるように、
塩気は濃すぎないように、
・・・などの工夫もしました。



秋冬にこのレシピでお料理を作るとしたら
長めに火にかけてコトコト煮る、
スパイスや生食材は控えめにして代わりに根菜などを増やす、
味噌などの身体を温め強くする調味料を積極的に使う、
塩気は適塩でちゃんと味付けする、
・・・などの工夫ができると思います。



以前からレッスンに参加して下さっている方も
今回初めましての方も
ご一緒にマクロビオティックの知識をシェアし、
料理という実践をすることで
さらに具体的にお伝えすることができたと思います。




次回のレッスンはまだ未定ですが、
開催の際にはまたこちらでお知らせさせてくださいませ。
ロンドンも汗ばむほど暑くなることが多い昨今の夏、
レシピも知識も実生活でどんどん活かして行ってくださいね!



ピーターの誕生日 

20140708225751e0f.jpg201407082257416aa.jpg
20140708225750fe2.jpg20140708225740c1f.jpg



昨日は七夕でしたね。みなさんはお願い事しましたか?
我が家では今主人がウクライナに出張中。
デモから暴動、暴動から戦争状態になってしまったウクライナ、、、
主人を心配する気持ちも募りますが
昨日はこの世から戦争がなくなるようにお願いしました。



さて、先日大家さんのピーターの誕生日会を開きました!
去年はピーターの娘&息子さんファミリーも来てとっても賑やかでしたが、
今年はすでにそれぞれの家を訪ねてお祝いしてもらったようで
我がフラットでは全フラット3家族が集まってのパーティをしました。
主人がアメリカ生活が長いのと、隣のフラットのシャノンはアメリカ人なので
なぜかアメリカンな格好をしてきたピーター(笑)。



夏は日が長〜いロンドン、お天気の良い日には夜のパーティも屋外で♪
今回は私が全てお料理を担当しました。
ピーターのリクエストを受けて作ったものは、、、
・玄米巻き寿司
 エビの天ぷら、アボカド、レタスを入れて巻きました。
 ドクターの指示によりダイエット中のピーターにはやっぱり玄米!
 白米よりも腹持ちがよく、繊維も栄養も豊富でお通じにいいですからね。
 生のお魚が食べられないピーター、
 代わりに彼の大好きな揚げ物を入れてボリュームのあるお寿司にしました。

 
・鳥の唐揚げ
 ホンモノの鶏肉の唐揚げです。先日、みんなで行った和食屋さんで
 初めての唐揚げを体験したピーター、セリーヌ、シャノン。
 よほど感動的だったようで、リクエストがありました。
 お肉料理はあまりしませんが、作るとなったら美味しく、消化良く、
 安全なものを作りたい!
 オーガニックの鶏肉をニンニク、生姜、醤油、ごま油で下味をつけて
 揚げました。揚げ物なのでレモンも添えて。
 ホンモノの唐揚げ作ったのは10年ぶりくらいでしょうか、
 母が作る美味しい唐揚げを思い出しました!予想通りの大好評〜♪
 

・サラダと枝豆
 枝豆は冷凍で茹でるだけのものが自然食品店に売っているので購入。
 去年は畑から収穫できましたが、今年はナメクジが多過ぎて畑仕事を断念。。。
 あ〜美味しい!日本の夏を思い出します!!!
 レタス、人参、紫キャベツ、それからたっぷりのキノコを入れたサラダ。
 鶏肉にはキノコの付け合わせが消化を助けてくれます。
 

・チェリーのロールケーキ
 スポンジは砂糖と乳製品は不使用ですが、卵を使ってフワフワ感を出しました。
 オーガニックの卵を泡立てて、薄力粉、メープル、なたね油を加えて。
 去年のピーターの誕生日に「チェリーとクリームのケーキがいい」と
 セリーヌにリクエストしていたのを思い出し、今年もそれで!
 クリームにはセリーヌの大好きな抹茶を入れて香り付けしました。
 「レストランのケーキみたい!!!」と言って、あっという間になくなりました。
 断面の写真も撮れず、、、でもみんなの喜んだ顔が嬉しかったな〜♪




74歳になったピーター、家族と離れて暮らす私たちをいつも気遣ってくれて
本当にありがとう!!!
健康第一に、本当に第一に(笑)、これからもお元気で〜♪




 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。