カラフル野菜のテリーヌ 

20150402215023f1f.jpg




先日作ったカラフル野菜のテリーヌ、レシピを記載いたします〜!




テリーヌの形をしていますが、パウンド型を使った寒天寄せです。
今回はお寿司に合わせて和風にしました。
味付けや出汁で和風にも洋風にもアレンジがきくので、
他のお料理とのバランスで変えてみてください♪



カラフル野菜のテリーヌ
【材料】パウンド型一個分(約18x8cm)
 ヤングコーン  8〜10本
 人参       中1本(長細く切る)
 おくら       8〜10本
 スティックセニョール 8〜10本(またはブロッコリー)
 パプリカ     1/2 個(縦長に切る)
 ズッキーニ   1本(スライサーで薄く切る)

 水        500cc
 ローリエ    1枚 
 乾燥椎茸   2個
 昆布      3cm
 オリーブオイル 小さじ2
 塩        小さじ2/3
 寒天パウダー 小さじ1
 粒こしょう   4〜5粒(軽くつぶす)
  
 

【作り方】
1、鍋に水、椎茸、昆布、ローリエ、粒こしょうを入れて火にかけ沸騰させる。
 湧いたら弱火で約10分火にかけ出汁をとる。
 出し殻を取り出し、オリーブオイル、塩、寒天パウダーを入れて再度沸騰させ、
 寒天を溶かす。
 (鍋底や鍋肌に寒天がくっつくのでしっかり混ぜながら沸騰させること!)

2、別の鍋に水と小さじ1の塩を入れて沸騰させる。
 野菜を一種類ずつ茹でる。

3、型にラップを敷き、薄く切ったズッキーニを並べる。
 20150402214145340.jpg

4、野菜を一種類ずつ順番に敷き詰めていく。
 多少隙間があっても大丈夫、出汁がうめてくれます。
 (人参は一口サイズの小さいものが家にあったので使いました。
 出し殻の昆布と椎茸もスライスして入っています。)
 20150402214232e55.jpg

5、1の出汁をゆっくり注ぎ入れ、ズッキーニでふたをする。
 (出汁は余るかもしれません)
 バットなどに水を張って型を入れ、冷ます。
 または常温で冷ましてから冷蔵庫で冷やし固める。
 20150402214215c31.jpg




下ごしらえを短縮したかったので、
切らなくてもそのまま使える野菜を多めに使用して
より簡単に仕上げました。
中の具材はアレンジがきくので、家にあるもので応用してみてくださいね♪
個人的にはオクラは星のような形がキレイなので
おすすめの素材です。




これからの季節、冷たい前菜にピッタリ♪
前もって作っておけるのもいいですね〜
是非お試しを!




結婚記念日 

20150329010141052.jpg20150329005543568.jpg
20150329005754a22.jpg20150329005654216.jpg





昨日は5回目の結婚記念日でした!




特別な日なので外食もよかったのですが、
私が何よりも好きなのは家でのごはん♪
大好きなキッチンに立って家族に食事を作るのは私の幸せなのです。
いつもより少し手間をかけて、お花を飾って、
それだけで特別な気分!



メインは主人のリクエストで手巻き寿司にしました。
久々にお刺身もつけて本格的。
近所のお魚屋さんには日本人の店員さんがいて、
お刺身が売っているのです〜♪
イギリスの普通のスーパーにはお刺身は売っていないので
お寿司クラスの時には普通のスーパーで買える材料だけでも
お寿司が作れることをお伝えしたくて、
ベジ仕様かスモークサーモンなどで作っています。



お刺身には白米が合うので、酢飯は白米に。
玄米はミネラルたっぷりで油分も含まれているので
お魚の脂と合わせると少々重たいのです。
生魚の消化を助けるため、しょうがや大根などを薬味にするといいですね。
「お寿司にガリ」、「お刺身に大根のつま」というのはやはり良い食べ合わせです。
ガリはなかったので、パプリカをしょうが醤油で漬けて手巻き寿司の具に。
大根は浅漬けにしたものを添えました。



前菜にはカラフル野菜の寒天寄せを♡
素材の鮮やかな色や形の美しさがとてもよく活かされるこのお料理、
見ているだけで胸がキュンとします〜♪
数年前にレシピを作成して以来作ってなかったのですが
今回改めてレシピを改良してみました。
材料さえ揃えば難しいお料理ではないのです。
のちほどレシピをアップしますね!



デザートは主人が大好きなロールケーキ。
オーガニック卵を使ってフワフワのロールケーキにしました。
甘味料は砂糖は使わずにメープルシロップで、
中のクリームは豆腐とメープルシロップです。
クリームの下に苺ジャムを塗って春らしさを出しました♪
深い甘さと食べた後のすっきり感がよくてとても美味しかったのですが、
もう少し膨らみが欲しいところ。
こちらはレシピを改良してみます。



左上の写真は2008年3月27日のプロポーズの時にもらった指輪。
「これはシンボル。本当の指輪は2人で地球を一周して
僕たちのウェディングリングにしよう!」と言われ、
世界一周旅行にでかけました。
とても過酷だったけど強い絆が生まれた旅行から帰り、
2人で人生を歩いていこうと決めて籍を入れたのが2009年3月27日。
その日から今日までのことを思い出すと
色々な感情がよみがえり涙が溢れます。



結婚という約束は2人を大きく成長させてくれています。
主人と歩む人生はとてもダイナミックでおもしろい〜!
ワクワクも喜びも、そして辛いことも半端ないです(笑)。
私の家族の始まりである記念日をこうして笑顔で迎えられたこと、
ここまで導いてくれた全てに感謝感謝です。
来年も家族みんなが活き活きとこの日をお祝いできるように、
まずは第一条件の「健康」をベースに
日々魂焦がして行きていきたいなと思います!!!




人参の葉っぱ 


201503180155220be.jpg201503180154486fd.jpg




葉っぱつきの人参は春によく出回ります。




わずかな時期だけなので、せっせと買っては葉も根も楽しんでいます♪
人参の葉は春菊のような香りと苦みがあり、子供時代は苦手でした。
でも今はこの香りや苦みが大好き!
かき揚げに刻んで入れたり、茹でて和え物にしたり、
粉、オリーブオイル、塩と人参の葉っぱを混ぜ込んでクラッカーにしたり、
我が家では消費するのはあっという間です。



葉の部分は太陽の光を浴びているので、ビタミンやミネラルたっぷり!
ガンや老化防止に効果があるカロテン、
お肌にうるおいを与えてくれるビタミンA、
抗酸化作用のあるビタミンE、イライラ予防にきくカルシウムも。
その栄養素の多くは根の部分よりも勝っています。
カロテンは油分と一緒に調理すると吸収がいいので
人参葉を食べる時には油やゴマペーストなどを合わせています。



今日は人参の葉っぱでふりかけを作りました。
材料は
人参の葉 1/2カップ
ごま油 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
ごま   小さじ2
人参葉をごま油で炒め、しょうゆで絡ませてごまを混ぜました。
ごまとしょうゆの香りが食欲をそそります〜♪
冷蔵庫で保存し、ごはんにかけたりおにぎりに混ぜ込んだりして頂きます。



人参の葉以外にも大根の葉、かぶの葉など、根菜の葉が大好きなのですが
ロンドンでは葉は切られて販売されていることが多いです。
葉の部分はいたみが早いので捨てられてしまうか、
食べない人が多いから切ってしまうのでしょうね。。。



マクロビオティックの基本理念の一つ「一物全体」。
葉も皮も根っこも、丸ごと食べて
生命力溢れる食べ物の恩恵を余す所なく頂きたいものです♪




フラワースプラウト 

20150310223927334.jpg
201503102237306b4.jpg20150310223632255.jpg




最近見つけた新しい野菜、フラワースプラウト。
芽キャベツとカーリーケールをかけあわせてできたもので
数年前から出回っているようです。




見た目は小さな小さなケールのようで
でも触った感じはケールよりやわらかい。
みどりとパープルの色が鮮やかでキレイ〜♪
よく週末の地元野菜のマーケットや自然食品店で見かけるので
買ってみました。



写真右はオリーブオイルでさっとソテーした後に
塩とほんの少しのケチャップを混ぜたもの。
柔らかくて美味しい〜!ケチャップの酸味も良い感じです♪
ケチャップはトマト主体の調味料に見えて実は砂糖を多く使っています。
私は甘い調味料がさほど好きではないので、ケチャップを使う時はアクセントに。
原材料が多い調味料ほど、オーガニックなど質にこだわったものを選んでいます。
写真左はシンプルに蒸して梅酢かけただけ。
青菜独特の苦みも少し感じられて、梅酢の塩気と合う〜!




青菜は毎日の食事にかかせない食材。
特に春にはグリーンを食べて肝臓を元気にしましょう〜♪





春には 


20150307002100d2b.jpg




ロンドンはすっかり日がのびて、まだ風は冷たくとも
晴れの日にはとても気持ちの良い太陽を楽しんでいます♪
春ですね〜!!!




植物の芽が吹いて、つぼみが開き、動物たちも外に出始め、
学期も始まり、、、様々なものが外に出始める季節。
私たちの身体の中からも秋冬に溜め込んだものが外に出始めます。



忘年会、クリスマス、お正月、新年会などイベントが目白押しな冬の間に
食べ過ぎや飲み過ぎなどで身体に溜め込んでしまったものは
うまく消化・吸収されずに身体に留まっていたりします。
冬は新陳代謝も落ちますしね。
それが春になって気温が上昇すると、今まで縮こまっていた身体が
ゆるんで新陳代謝が活発になり始めます。
そして溜め込んでいたものが体外に排出されるのです。



その影響は感情にも現れます。
春になるとイライラしませんか???
先週の私はまさにイライラしてました(笑)。
主人は毎晩娘をお風呂に入れてくれるのですが、
「今日はマキが疲れているから、お風呂でゆっくりつかっておいで〜」
と、主人は私を気遣って言ってくれたのに
私:「私はいいよ、入ってきて」
主人:「いいから、いいから♪今日はゆっくりして」
私:「だからいいってば!!!」
主人:「・・・なんでイライラしてるの?」
と、主人の言葉でイライラしている自分にハッと気がつきました。



体の新陳代謝が活発になることで神経系統も動き出します。
気温変化や上昇する大気に体がついていけず、
自律神経がアンバランスになるからのようです。
私の場合、それに加えてカルシウム不足もあると思います。
授乳でミネラルを奪われるので、いつも以上に気をつけたいところ。
青菜や海草、納豆、小魚などでカルシウムを補わないと!



とにかく、春は排出・排毒の季節。
そしてそれを司る臓器は肝臓です。
いくつもの仕事をこなす肝臓ですが、
特にこの時期には上昇する気流に乗って排毒機能が活発に動きます。
一年で一番デトックスに適した季節なのです!
このチャンスに体から上手に老廃物を出していきましょう〜♪



肝臓の働きを助けてくれる食べ物は
青菜系(菜の花、白菜、ブロッコリー、春キャベツなど)、
スプラウト系(もやし、カイワレ、ブロッコリースプラウトなど)、
野草(よもぎ、せりなど)、丸麦やはと麦などの穀物、
青リンゴなどさわやかな酸味のあるもの、等々。
私は冬の間、よく三年番茶を飲んでいたのですが
今は温かい麦茶を積極的に飲んでいます。
美肌効果もあるハト麦茶は大好き♪



食材だけでなく、調理法や調味料の使い方も春仕様を取り入れて。
冬は長時間煮込んだり、オーブン焼きする料理などが多かったかもしれませんが
春にはさっと湯がく、蒸すなども積極的に取り入れて火を通す時間を短くし、
また味付けは少々薄めに(美味しいと感じる程度に)。



こんな感じで食事を春仕様に変えていくと
春の上昇気流にうまく乗れて快適に過ごせると思います。
日頃の食事に取り入れてみてくださいね〜♪