野菜を食べない子供達 

201504180132240cd.jpg20150418013229b17.jpg
20150418013228c4f.jpg20150418013212dbd.jpg



両親学級の友人達が離乳食を始めました。
野菜や果物のピュレから始める人が多く
赤ちゃん達はみんな嬉しそうに食べているようです。
我が娘は生後5ヶ月、まだ離乳食は始めていないのですが
食卓にはいつも参加させて、彼女の目の前に
茹で野菜を置いてみたり、切ったリンゴを置いてみたりして
食べ物に興味を持ち始めたか観察しています。



赤ちゃんも大好きな栄養たっぷりの野菜や果物、
でも大きくなるにつれて野菜や果物が嫌いになってしまう子供達が多いのです。
先日、BBCで観たニュースをご紹介させてください。
昨年の今頃、ブログに「イギリスの野菜&果物の摂取」の実態を書きましたが、
今回は特にイギリスの子供達(7〜12歳)に焦点を当てて
調査を行ったものです。
http://www.bbc.co.uk/newsround/32009740




最近の調査で分かったのは、
100人中52人が一日の食事で全く野菜を食べない、
そして100人中44人がフルーツも食べない、とのこと。
イギリスでは3人に1人が肥満と言われていて、
肥満の子供達が何を食べているかは直接な原因に結びついているので
この結果は深刻な問題です。
この25年で肥満の子供達の数は3倍に増えているのです!!!




この調査ではその他にもこんな結果が、、、
1/3(33%)の子供達が一週間に3回は不健康な食べ物を食べている。
約1/4(22%)の子供達が毎日お菓子やチョコレートを食べている。
半数以上(57%)の子供達が自分たちの食事は健康的だと思っている。
23%の子供達が一週間に3回以上はファストフードやテイクアウトの食事をしている。
47%の子供達が毎日家で作るお料理を食べている。
50%の子供達が毎日家族そろって食事をしている。




この調査を受けた子供達の多くはその後、
日々の食生活をよりよくしたいと努力していて
10人中8人の子供達が飲み物をジュースや清涼飲料水でなく水に変えたり、
野菜やフルーツを多く摂るようになったそうです。




イギリス政府は「一日に5種類の野菜や果物」の摂取を勧めています。
親になって以前にも増して子供達の食事が気になる昨今、
子供達には野菜や果物だけでなく、その他の大地や海の恵みも
バランスよく取り入れてもらいたい!
子供達の明るい未来は健康があってこそ作られるもの。
その健康は家庭のキッチンが支えているところが大きいと思っています。




この調査は子供を対象にしていますが
大人もほぼ同じ問題を抱えているように思います。
子供達の食をよりよくするには、
まず大人達の食に対する認識を変える必要がありそうです。




節目、Before I was mom 

20150306031317f63.jpg20150306031745823.jpg
20150409213936952.jpg20150409213906c33.jpg
お食い初め、ひな祭り、満開の桜と、
ブラジル対チリのサッカーの試合をテレビで応援!




あああ、もう一ヶ月以上前のことになってしまいましたが(汗)
生後100日のお祝い、桃の節句のお祝いをしました!




記録は遅くなっても、
節目のその時は丁寧に向き合って過ごしたいと思っています。
ここまで無事に成長してくれたことへのお祝いと
ここまで導いてくれた全てに感謝の気持ちをもって。



お食い初めの生後100日のお祝い膳は
我が家流に、そして心をこめて作りました♪
一汁三菜を基本に、焼き物、香の物、煮物、汁物にごはん。
時間はかけられないので
下ごしらえや工程が少なくできるものを作りました。



お頭付きのシーブリーム(鯛の仲間)は塩とオリーブオイルをふってオーブンへ。
別の耐熱皿にズッキーニ、さつまいも、紫たまねぎを入れ、
同じくオリーブオイルと塩をふって一緒にオーブンへ入れました。
きゅうりはピーラーで薄く切って軽く塩とお酢で和えただけ。
煮物は人参と大根、昆布出汁で煮て白みそで味付け。
汁ものはわかめとタマネギのお味噌汁にしました。
(自家製麦味噌が美味しい!)
ごはんものはスモークサーモンの手まり寿司。
ごはんを炊いた後に「こういう時はお赤飯だった〜!」と気づく始末。。。
でもお祝いする気持ちが第一なので、手まり寿司でも十分♪



娘が我が家にやって来てから100日、
そして私の人生がガラリと変わってから100日が経ちました。
娘の世話をし、育てることで
彼女の反応からたくさんの気付きと学びを得ています。
それは時に自分がどういう人物かを客観的に教えてくれているようです。
感動と幸せの瞬間の連続がつながって毎日が彩られ、
このまま時間が止まってほしい!と、願う日々。
100日、元気に育ってくれてありがとう!!!



桃の節句には私と姉のお雛様を飾りました。
姉が着物風の服とひなあられも添えて、実家から送ってくれました。
母が娘に新しいお雛様を買うと言ってくれたのですが、
自分のものを受け継げるのならなんて素敵なんだろうと思って
送ってもらったのです。
七段飾りのうち、渡英してきたのはお内裏様とお雛様だけですが
40年前のものとは思えないほどあでやかで、
ハっとする美しい姿にうっとりしてしまいます。
日本の素晴らしい文化をこうして受け継いでいけることが何とも嬉しいな〜!



娘の節目毎によく思い出す詩があります。
「Before I was mom」
何年か前にネットでみつけたのですが、子供が生まれてからは
特に心に響きます。
英語と、どなたかが訳された日本語訳でご紹介させてください。



Before I was a Mom,
I never tripped over toys
or forgot words to a lullaby.
I didn't worry whether or not
my plants were poisonous.
I never thought about immunizations.


Before I was a Mom,
I had never been puked on.
Pooped on.
Chewed on.
Peed on.
I had complete control of my mind
and my thoughts.
I slept all night.


Before I was a Mom,
I never held down a screaming child
so doctors could do tests. Or give shots.
I never looked into teary eyes and cried.

I never got gloriously happy over a simple grin.
I never sat up late hours at night
watching a baby sleep.


Before I was a Mom,
I never held a sleeping baby just because
I didn't want to put her down.
I never felt my heart break into a million pieces
when I couldn't stop the hurt.
I never knew that something so small
could affect my life so much.
I never knew that I could love someone so much.
I never knew I would love being a Mom.


Before I was a Mom,
I didn't know the feeling of
having my heart outside my body.
I didn't know how special it could feel
to feed a hungry baby.
I didn't know that bond
between a mother and her child.
I didn't know that something so small
could make me feel so important and happy.


Before I was a Mom,
I had never gotten up in the middle of the night
every 10 minutes to make sure all was okay.
I had never known the warmth,
the joy,
the love,
the heartache,
the wonderment
or the satisfaction of being a Mom.
I didn't know I was capable of feeling so much,
before I was a Mom .



ママになる前は
おもちゃにつまずくことも
子守唄の歌詞を忘れることもなかった
うちにある植物が毒かどうか
心配することもなかった
予防接種のことを考えたこともなかった


ママになる前は
ゲロを吐きかけられたり
ウンチをされたり
かじられたり
お漏らしされたりなんてことなかった
自分の気持ちと考えを
完全にコントロールしていたし
夜はぐっすり眠った


ママになる前は
お医者さんが検査や注射できるように
泣き叫ぶ子どもを抱いて押さえつけることも
涙をためた目を覗き込んで泣いたこともなかった

たった1本の歯を見て素敵に幸せな気持ちになることも
赤ん坊が眠るのを見守りながら夜遅くまで座っていることもなかった。

ママになる前は
眠っている赤ん坊をを下におろしたくないってだけの理由で
抱いていたことも、
痛みを止めてあげられなくて
自分の心が粉々になりそうに感じたことも
こんなに小さなものが自分の人生をこんなに大きく左右するなんてことも
知らなかった
誰かをこんなに愛せることも
ママであることを愛するようになるってことも

ママになる前は
心臓が外に飛び出しそうになるほどの気持ちも
おなかがぺこぺこの赤ん坊にゴハンを上げるってことが
どんなにスペシャルな感じかも知らなかった
母と子の絆も
こんなに小さな存在がわたしをどれほど大切で
幸せな気持ちにしてくれるかも知らなかった


ママになる前は
夜中、10分おきに目をさまして
全てが大丈夫だってことを確かめることもなかった
ママでいることの暖かさ
喜び

心の痛み
驚き
満足を知らなかった
自分がこんなに沢山のことを感じることができるって知らなかった
ママになる前は