スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離乳食中断 

201507011732276f1.jpg20150701172431f23.jpg
2015070117232203b.jpg201507011727099cf.jpg
ベランダで水浴び、自然食品店のオーガニックベビーフード、
ランチのチャーハン、スーパーで見つけたワカメ入りスープの素




カンヌへ出発する前日、
娘の体がいつもより少し温かかったので熱を計りました。
37.8度。
元気そうで排泄もしっかりしていたので普通に過ごし、
いつもよりもたっぷり母乳を含ませました。
離乳食は全く食べず。



次の日の朝には熱は下がっていて元気元気♪
でも、離乳食におかゆ、カボチャのペースト、野菜スープの上澄みを
用意したのですが、口を一文字に閉じて断固拒否。
少し口に入れてみたらとても嫌な顔をして泣き出す。
お水も麦茶も全く受け付けない・・・
どうしちゃったのかな〜と心配になるも、
おっぱい飲めば元気だったのでカンヌへ出発しました。



到着してから、南仏の美味しい食材を使って何か作ってあげよ〜♪と、
張り切って美味しそうな野菜をマルシェで買ってペーストにしたり、
玄米や白米をお米から炊いておかゆにしたり、
フルーツのコンポートを作ってみたり、
色々試したのですが全て食べない。
それどころか前掛けをつけた時点で怒り出す始末。



えーーー、せっかく作ったのに。。。と落ち込む私。
「少しだけでも食べてみて、食べたら美味しいって分かるよ、
そしてもっと欲しくなるはず!」
なんて話しながら、娘の口に半ば無理矢理に入れてみたら
全てべーっと出して大泣きしてしまいました。
主人に
「今は食べたくないんだよ、大人だってそういう時あるし。」
と、言われてハっと冷静になりました。



よく考えてみれば、娘は疲れていたのです。
ちょっと熱が出た日、ドイツから来た友人家族に会いに一日中外に出ていました。
床に転がることもできず、娘は思うように遊べてなかったかも。
少し窮屈な時間だったかな。
帰り道には突然の激しい雨が降って、驚いていました。
そして次の日にはバタバタと家を出て空港へ。
電車、飛行機、タクシーと乗り継いでカンヌへ。




初めての土地、初めての空間、今まで寝たことないベッド、
食べた事ない離乳食、、、
彼女にとって初めてがたくさん。
きっとその変化についていくだけでも大変だったことでしょう。
離乳食も張り切り過ぎてバラエティを増やしてしまったので、
彼女にとっては変化があり過ぎでした。
ただでさえ、私と主人の生活はお出かけ好きなので移動が多く
大人ですら変化が一杯。
今まで無事について来てくれただけでも有り難い。。。



お座りができるようになってから、視界や重力の感じ方が変わったせいか
バランス感覚が変わってきたように思います。
視野が広がったことで好奇心を刺激されるのでしょうか、
音や周りの様子に興味津々、同時に敏感になってきました。
私や主人の様子をよく見てるし、
彼女を見つめたり抱きしめたりが足りないと不安そう。



体が少々不調でも大人だったら「せっかく作ってくれたから」と、
無理はできますが
本能で動いている赤ちゃんにとっては、嫌なものは嫌。
そしてそれを分かってくれる存在が欲しい。
娘のことを優先しているつもりで、
実は娘の視点で彼女の心情と体調を汲み取っていませんでした。
あああ〜、空回り。反省。
娘が一番好きで、体も喜んで、ホっとできる食事はおっぱい。
今はそれが欲しかったのでしょう。



無理に食べさせた&飲ませたものの影響か、
水浴びやエアコンで冷えたのか、
娘は軽い下痢をしてしまいました。
それ以外はいたって元気なので、とりあえず安心。
カンヌは汗ばむくらい暑いので、脱水症状にならないように
いつもより頻繁におっぱいを飲ませて補給しています。



という訳で、離乳食は中断しています。
水分補給も兼ねて普段よりよく飲むので
私の栄養補給も忘れずにしないと!!!
ランチにはひよこ豆、ブロッコリー、コーンを入れたチャーハン。
これに海の幸スープをつけました。
ベジ仕様ですが、キヌア、白ごま、ひよこ豆、ブロッコリー、ワカメと
タンパク質やミネラルも豊富で、何より美味しい〜♪



今は下痢も治まりました。
でも、離乳食はもう少し様子を見て再開したいと思います!





スポンサーサイト

南仏に来ています 

2015062723591658b.jpg
20150628000417ba3.jpg20150628000453abd.jpg





以前から楽しみにしていた早めの夏休み、
南フランスのカンヌに来ています〜!!!




と言っても、いつものごとく主人は仕事。。。
カンヌでは今、年に一度の大きな広告祭があり
朝から夜中まで仕事やらパーティやらで忙しそうです。
結局私と娘で知らぬ土地、普段よりも休んでる時間がなく
何かとバタバタしています苦笑)。



でも景色もお天気も最高です!
毎日娘を連れてビーチやプールに行き、
彼女に初めての夏を経験させています♪




今回の滞在は一週間、毎食外食では疲れてしまうので
キッチン付きのアパートに泊まっています。
旅行の時にはよくAir bnbというサイトを利用するのですが
今回もそこで予約しました。
ホストの方がベビーベッドやレトルトの離乳食まで用意してくれて
有難い〜(^^)



近所のスーパーやマルシェで買い物をしているのですが
色とりどりのお野菜やフルーツ、
とれたてフレッシュな海の幸、
バラエティ豊富なオーガニック食品、
そしてそれらがイギリスよりもお安い!!!
豊かな食材の数々に嬉しくなっちゃいます〜!!!
地中海の食材って本当に魅力的だな〜。




今日は家からブレンドして持ってきた穀物を炊きました。
白米、キヌア、丸麦、白胡麻、キビが入っています。
カンヌは暑いので白米と雑穀で軽い感じにしました。
今夜はこのご飯と、オーガニックの瓶詰めラタトゥイユを温めて、
新鮮な白身魚を焼いて、たっぷりのグリーンサラダと一緒に頂きます♪
楽しみー!

201506280026526b7.jpg





離乳食を始めました 

20150618175819582.jpg
20150618175939990.jpg201506181759036e4.jpg
写真上:玄米の重湯



先週から娘に離乳食をあげています。



離乳食を始めるタイミングは、娘をよく観察して決めたいと思っていました。
なんとか一人で座れるかな、消化器官は発達してるかな、
歯は生えてきたかな、食べ物に興味はあるかな、などなど。
食べ物を口に入れて、ちゃんと噛んで飲み込めて
自分の力で消化するって、様々な機能や筋肉の発達が必要なのですね〜!



生後まもない頃から、食事の時には抱っこしたりクーファンにのせて
食卓の近くにいた彼女。
最近になって私たちが食べるものを目で追ったり
指を口に入れてちゅぱちゅぱ音を立てたり
手を伸ばそうとしたりなど興味を持ち始めました。



そして支えは必要ですがお座りもできるようになったし、
歯も見えてきたし、水も飲めるようになったし、
そろそろいいタイミング!



娘はちょうど7ヶ月を迎えましたが、両親学級の仲間は
生後4ヶ月くらいからリンゴや洋梨をなめさせて遊ばせたりしつつ
離乳食を始めていました。会う度に
「いつから始めるの?まだ母乳だけ?何も食べなくて栄養は大丈夫?」
と、何度も聞かれていたのですが、私は焦らず。
離乳食を早く始める理由はそれぞれですが、私の周りでは
育児休暇が終わる前に母乳から卒業させたい、
食事を含む一日のリズムをつけたい、
早いうちに食べ物に慣れてそこから栄養をとってほしい、
というのが主な理由かな。



赤ちゃんは消化器官が未発達のまま生まれてきます。
成長と共に消化能力が高まりますが、
2〜3歳でもまだタンパク質や脂質の消化も完全ではありません。
発達がしっかりしないうちに色々なものを食べさせると
食べ物が十分に分解されずに血液中にでてくるので、
食物を異物として認識してしまい
アレルギー反応が出やすくなるといいます。
(全ての子に当てはまるわけではありません)



正直なところ、母乳って本当に楽。
そして母乳をあげてる時間は私にとって至福のひととき。
できることなら離乳食などあげずに
ずっとずーっとこのまま母乳で育ってほしい!なんて、
ワガママな妄想を抱いたりしていました。



でも、初めての離乳食、玄米の重湯を食べさせたらとっても美味しそう〜♪
彼女の嬉しそうな顔を見て、一気に作る気満々。
とは言っても、我が家の場合特別なメニューを作ることはなく、
自分たちの食べるものを味をつける前に取り分けて
もう少し柔らかくしたり、つぶしたりしてあげています。
今は野菜のペーストや重湯、おかゆが基本です。



今のところはまあまあ食べてはくれますが
まだおっぱいが主食のようです。
これから成長に合わせて栄養面や食感など、
工夫をしていきたいと思います!





ジンジャープラスター 

20150611201344d32.jpg



日本から帰ってすぐに風邪をひきました。
いやはや、今回の風邪は長引いた〜!
母乳で栄養をとられるので、どんどん痩せていくし
食べられないことが続くとさらに体力も落ちて
疲れもたまっていく。。。



先日、ようやく治ったと思ったら
肩から背中にかけて痛みが出てきました。
娘の体重も増えて、重たくなってきたこの頃。
体のアチコチの筋肉が疲れてしまっているようでした。



そんな時はしょうがの力を借りてセルフトリートメント!
生姜を皮ごとすりおろし、ガーゼに包んでお鍋に。
水を入れて、しょうがの成分が壊れないよう沸騰しない程度に温めます。
タオルを浸して絞り、患部に当てれば
は〜〜〜〜〜気持ち良い!!!

20150611201404a31.jpg



タオルが冷めたらまた浸して温めてから当てます。
回数より気持ち良いと思う感覚が大切。
4〜5回繰り返して当てていたら、かなり軽くなりました!
これをやる時はいつも主人と交代でお互いにやるのですが、
今回は主人が帰ってくるまで我慢出来ず、一人で。
帰宅した主人にいつも疲れている肩に当ててあげたら
やみつきになっていました♪
いつもお疲れさま〜!



血行がよくなって、気分も上がって、顔色もよくなって、
次の日は肩の痛みはかなり軽減、背中は痛みナシ!
冬にやることが多かったジンジャープラスター、
もっと気軽に一年中やろ〜っと♪




日本での気付き 

20150609224209343.jpg
20150609224942066.jpg20150610061522459.jpg
野菜寿司、Fちゃんちでご馳走になったマクロランチ、AWキッチンの前菜ビュッフェ




日本へ行った時に感じたことや気付きを
記憶がフレッシュなうちに書き留めておこうと思います。



2年ぶりの日本、住んでいた時とは違った感覚で
気付いたことが色々とありました。
住んでいるとあらゆることが当たり前になり
改めて気にしなくなります。それはそれで良いのですが
「気付き」は脳を活性化し、「学び」につながり、
よりよい毎日へとつながると思うのです。



イギリスに来た当初、普段の生活の中で気づいたほんの些細なことを
メモに残しておきました。主に食べ物のことが多いのですが、
今となっては当たり前になってしまったこと。
そのメモを見返すと・・・
塩とオイルだけというシンプルな味付けが多い、
粉製品や硬水で入れたお茶が美味しい!、
お肉の色が違う、
野菜はクタクタになるまで火を通して食べることが多い、
などなど。
当時の私は小さなことにも感動したり考えさせられたりして
刺激を受けていたのが分かります。



今回の日本トリップで改めて気づいた嬉しいことの一つ、
旬の食材が豊富で美味しい〜!!!
実家は山の恵みがたくさん、たらの芽、ふきのとう、ふき、うど、タケノコ、、、
毎日誰かが採れたてを持ってきてくれました!
それをすぐに食すことの贅沢さ、あ〜今思い出しただけでもヨダレが。
この「直送感」、苦みがするくらいフレッシュな味、
さっきまで生きていたものを頂いている有り難さ、
今住んでるところではなかなか味わえません。



海の恵みも旬を感じました。
お刺身の豊富さと新鮮さは言うまでもなく
春採りワカメや春に美味しいカキなど、旬のものを頂けてなんともラッキー♪
心がウキウキしていた自分を思い出します。嬉しかったな〜。
日本にずっと住んでいたらこんなに感動しただろうか?!と思う程、
一口一口をありがたく噛みしめて頂きました。



そして食べ物のことでもう一つ気づいたこと、「食品添加物」の多さ。
化学調味料、着色料、保存料などなど、
外で食べ物を買う時にはこれらを避けるのはとても難しかったです。
添加物を使った食品のメリットは見た目がキレイなこと、保存がきくこと、
味がはっきりとすること、そしてお財布にも有り難い価格。
食品添加物が全て「悪」であるとは思っていませんが、
今の私はできる限り避けたいのです。




先日、日本を旅行したトルコ人の友人から
日本の感想をアレコレ聞いたのですが、その中に
「ラーメンの食べ歩きをしてすごく美味しかったのだけど、
やっぱり化学調味料使ってるんだよね?
どうしてあんなに食材が豊かで美味しい国なのに使うの?」
というのがありました。
利便性、コストカット、安定した味などの思いつく理由を説明したのですが、
私もこんなに美味しい食材がある日本で
添加物の恩恵の方が勝ってしまうのはもったいないな〜と思いました。




食べ物のこと以外にも少し。
娘を連れて東京を歩いてみて、バリアフリーにはとても助けられました!
ロンドンの地下鉄ではエレベーターやエスカレーターがないところもあり
あったとしても段差も多く、ベビーカーを押している時には
周りの人のヘルプにいつも助けてもらっているのですが、
それに比べたら東京の電車はとてもスムーズ♪
そしてどうしても階段でないと行けないところでは
少し年上の女性に2度ほど助けてもらいました。
お二人とも「私も同じような思いしたから」と言って、
快くべビーカーを持ち上げてくださいました。




娘を抱っこして電車に乗った時は、混雑しているにも関わらず
とっても静かで、娘の「あーあー」という声だけが響いていました(苦笑)。
公共の場所での静けさ、改めて気付きました!
乗ってから5分くらいして、優先席に座っていた20代の男性が慌てて立ち上がり
「気付かなくてスミマセン。。。」と、小さな声で言って
恥ずかしそうに席を譲って下さいました。
男性は気恥ずかしさが先に出てしまうのかな。
でもとても嬉しかったです!




今度はいつ行けるかな〜♪
その時の発見も今から楽しみです!!!




ロンドンへ戻りました 

image1(4).jpg201505041453134ac.jpg
201506051948203d6.jpg20150605020842a5d.jpg
写真上:実家にて、写真下:東京にて




一ヶ月も更新が滞ってしまいました(汗)!!!
日本から帰ってきて約二週間、
ようやくロンドン生活のペースが戻ってきました。
あ〜、日本がすでに懐かしい!



日本に着いた時には意外と楽に調整できた娘の時差、
それはきっと栃木の田舎での〜んびりしていたからでしょうか。
東京に出てからは打って変わって朝から夜までスケジュールがびっしり。
ロンドンに戻ってからも留守中にたまった用事が盛りだくさんで
最近まで時差を引きずってしまいました。



日本滞在はとても充実した日々でした〜!
今回の最大の目的は「人に会う」こと。
時間を目一杯使って大切な方々にお会いすることできました!
貴重なお時間を頂いて会って下さったみなさま、
本当にありがとうございました!!!
まだまだ会いたい人がた〜っくさんいらっしゃったのですが、
それは次回の帰国の楽しみにさせて頂きます♪



人とのつながりは財産だな〜と思うことしばしば。
東京ではホテルに滞在していたのですが
外食続きの私たちを気遣ってご自宅に招待してくださったり、
手作りのヘルシーなお食事をホテルまで持ってきてくださったり、
娘との移動が手間取るので部屋まで会いにきてくださったり、
友人達の心遣いに毎度感動しっぱなし。
大切な人の顔を見て、言葉を交わして、優しさをもらって、
人との触れ合いでは学ぶことはたくさん!
娘がこうして有り難い思いやりに触れながら、
人を思いやれる子に成長していってほしいなとしみじみ思いました。



バタバタしていてちょっと気に留めていない間に
娘はしっかり成長していたようです。生後6ヶ月を迎えました。
ロンドンに戻ってからはコロコロと寝返りをするようになり、
下の歯も見え始めました〜!!!
そろそろ離乳食を開始する時かな。
おっぱいでつながっていた一心同体感が薄らぐのかと思うと
少し淋しい気もしますが、やはり成長は嬉しいものです♪




ロンドンも6月に入り、夏らしくなってきました。
夏の勢いに乗ってブログ更新頑張ります!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。