最後に見た顔は笑顔だったけど 

201606202220286a7.jpg




今日、初めてベビーシッター(ナニー)さんに娘を預けてみました。




近くに住んでいるウジェニが約半年前に
「ナニーシェア(複数の家族の子どもをナニーさん一人にみてもらう)
をしよう!」と誘ってくれていたのですが
今日、ようやく一歩を踏み出しました。



娘は一歳7ヶ月、私の周りではこの月齢まで
ナニーに預けたことがないというのはまれです。
ロンドンではナニーを雇うのはごく普通のことで
たとえ時間が自由になる両親が近くに住んでいても
子守りの全てを自分やその家族だけでするわけでなく
ナニーというプロに依頼します。
ちなみに友人のほとんどは家のお掃除もプロに依頼しています。
時給は10ポンド前後が相場。



私は娘が2歳くらいになるまでは自分が側にいたかったし、
それにより私の仕事もセーブしなきゃいけないのは主人とも合意の上。
何しろ毎日をカラフルに彩ってくれる娘との時間はとても面白いもので
預けようとも離れたいとも思っていませんでした。



ですが、「何でも自分でやりたい」という「やる気」はあっても
身体の疲れには勝てず、、、疲労は溜まる一方。
主人は出張が多いので、それが重なると倒れ込むように寝る日も。
お料理も思うようにできないこともどうにかしたいな〜と思っていました。
両親学級の友人たちからは会う度に
「いつ預けるの?クリーナーも頼んでいないんでしょ?!
自分一人で抱えるのは危険!ちゃんと自分を管理しなくちゃ。
小さい頃にやらないと子どもがナニーに慣れてくれないから
大変だよ。」
と、言われ続けていました。



預かってくれるのはよく知ってるマキシムのおうち。
一週間前にはナニーのDさんと3時間ほど一緒に過ごし
慣れてもらう時間を設けました。
Dさんとは図書館や公園などで何度も会ってるし、
娘も彼女をみかけると手を振ったりしていました。



昨日の夜から「明日はマキシムのおうちに行くよ〜」と言い聞かせ。
今朝は「今日はマキシムとDさんと遊ぼうね〜♪」と。
マキシムのおうちに着き、娘に
「ママは2時間後に必ずお迎えに来るからね。
楽しく遊んでね!」と言って玄関を出ました。



ドキドキしながらも窓を見たら、
Dさんに抱っこされた娘が。
涙が出そうになっていたを顔を無理やり笑顔にして手を振ったら
娘も少し笑顔を見せて手を振っていました。



なーんだ、泣かないじゃんと拍子抜け。
そのまま振り返らずに帰宅しました。
最後に見た景色が目に焼き付いていました。
娘の顔が笑顔で私は救われていました。



30分後、Dさんからメッセージが。
「大声で泣いてる。たまに泣き止んで遊んだりおやつを食べるけど、
また思い出してママ、ママ、と言って泣いてる。
2時間の予定だけど、今日は初日だし1時間でお迎え来る?」



歩いて1分の距離で娘が泣いてる。
娘には見せなかった涙が一気に溢れてきてしまいました。
すぐにでもお迎えに行きたかったけど
1時間頑張ってもらうことにしました。



1時間後、窓を覗いたらやはりDさんに抱っこされていました。
ヒックヒックと肩を動かし、彼女の不機嫌な顔が見えました。
私が笑顔で手を振ると、思い切り手を伸ばして泣き出しました。
玄関からも泣き声が聞こえました。
Dさんが何やらスペイン語でなだめていました。
玄関を開けて倒れ込むように抱っこ。
泣き止んでいるけど、不安そうな息遣い。



マキシムは娘と遊びたいので、彼女の手を引っ張って
リビングへ行こうとしました。
娘はそれを振り払って泣いていました。
帰る時、マキシムは娘をぎゅーっと抱きしめてくれました。
201606202219114b3.jpg



「初日はこんなものだよ〜。大丈夫大丈夫。
でも次回はもっと大変ね。私の顔見ただけで泣きだすよ、きっと!」
と、Dさんは笑っていました。



家に帰って、娘が頑張ったことをたくさん褒めてあげたました。
そしてDさんとマキシムがとてもいい人で
娘と楽しく遊んでくれたことを説明してあげました。
「マーム(マキシムのこと)、ダニエヤ(ダニエラ)、ばいばい」
と、言っていました。
さっき別れたことを説明をしてるのか、
「もう会いたくない」という意味のバイバイなのかはわからないけど(笑)。




こうして親離れ子離れしていくのでしょうね〜。
辛いけど、頑張ります!!!




イギリスの国民投票まであと5日 

20160613205622b29.jpg2016061320575998b.jpg
20160613205547376.jpg201606132055276d5.jpg




写真は先週末のもの。
近所の友人達とサマーフェアに行ったり
美術館に行ったり、一緒にディナーをしたりしました。




同じような家族構成(小さな子供がいる)なので
子供のこと、家のこと、学校のことなどに話題が集中します。
お恥ずかしながら子を持つ以前にはぼんやりとしか分かっていなかった
イギリスの政治や経済。
今は家や学校などで我が家の将来にも直接かかわってくるので
時事的なことにも敏感になってきました。




6月23日、イギリスではEUを離脱するか残留するかを問う
大きな国民投票があります。



Brexit or Bremain(ブレキジット、ブリメイン)?
これらの言葉は造語です。
Britain(イギリス)とExit(離脱)を合わせてBrexit、
BritainとRemain(残留)を合わせてBremain。
元ロンドン市長のボリスジョンソン氏がBrexitを支持し
キャメロン現首相がBremainを支持しています。




昨年には「当然EUに残るでしょう〜」と予想していたのに、
最近の調査では五分五分、わからなくなってきました。
週末に会った友人たちともこの話題になったので
色々な意見を聞いてみました。




南アフリカ出身でイギリス国籍を持つ友人は
「もちろんEU残留を支持する!
だって移民がいなくなったらこの国の人たちやっていけないでしょう〜
誰がお掃除やベビーシッターするの?
移民に寛容な社会であり続ける為にも移民の私がサポートしなくちゃ。」



イギリス人の友人は
「残留を支持する層は選挙にいかない若者が多い。
選挙に行く人たちは年齢が上、その層は移民や難民を受け入れる為に
自分たちの税金がさらに上がるのではと心配してるから
離脱を支持するだろうね。」



フランス&アメリカ人の友人は
「ボリスジョンソンはあの圧倒的なキャラクターで
(彼はいつも髪の毛がボサボサ(←わざと?)、自転車通勤をし
ジョークがきいたスピーチなどで一般受けがいい)
政治に興味のない人にまで影響を及ぼしているんだよね。
彼のタレント性で離脱支持が増えてきたんだと思うよ。」



スペイン人の友人は
「今はビザなしで自由に働けるけど
EU離脱になったらどうしよ〜!
スペインは経済がまだ立て直ってないから
仕事見つけるの大変なんだよね。。。」



などなど。
友人たちはほぼ全員が残留を支持していました。
でも
「もしEU離脱になったらロンドンの不動産価格も下がるかな?
(私たちのエリアでは昨年一年間で家の価格が約20%も高騰)
家の購入を考えてるから、その一点においてだけ
EU離脱支持かな。」
と、冗談を言い合ったりもしていました。
私たちも家が欲しいので、この部分は賛成かな〜(笑)




ちなみに、EUを離脱したらイギリスの食べ物はどうなるのでしょう?
イギリスの食料自給率は現在約60%、
この30年で78%から60%に減ってしまいました。



40%を輸入に頼っているのですが、
食料の輸入には関税がかかってきます。
EU圏内の輸出入には関税を課さないのですが
離脱すると関税がかかります。
その分食料が値上がりするかもしれません。
はたまた食料自給率が上がるかも?



選挙まであと少し!
ドキドキします。




*レシピ*オートミールクッキー 

20160610215003f95.jpg
  20160610215022b81.jpg2016061021573960f.jpg



娘の友達のマキシムは、スープの冷めない距離に住んでいます。
ほぼ1日おきくらいに会っては一緒に遊んでいる仲良し友達。



マキシムと、マキシムのママのウジェニに出会ったのは
ちょうど1年前。
お天気の良い日に公園の芝生にブランケットを広げて
娘をおすわりさせて遊んでいました。
そこにマキシムがハイハイで遊びに来たのがきっかけで
ウジェニと色々おしゃべりをしました。



実家が飲食の自営業をしていること、
自身も家でレッスンをしている(ウジェニはフランス語&英語の先生)ことなど
共通点が多く、すぐに打ち解けました。



私;「ご主人は何をしているの?」
ウ;「最近転職したばかりで、ケンブリッジにある社員5人くらいの小さな会社なの。」
私;「そうなんだ〜。新しい会社、ワクワクするね!」
ウ;「私にはよく分からない業界だけど、彼はハッピーだからいいかな♪」
なんて話をし、また会おうと連絡先を交換してお別れしました。



帰宅してから、
そういえば主人もケンブリッジでMBAの同級生と
スタートアップの会社を興して、役員みたいなのやってたな〜と思い出し
今日の出来事を主人に話すと。。。
「まさかと思うけど、お名前⚪︎⚪︎さんじゃないよね?」
「え?!⚪︎⚪︎さんだよ。ほら、これが連絡先。」
「わー!!!世界は狭いね。今日新しい人を雇ったって連絡が来たの。
まさにこの方のご主人だよ!!!」



という訳で、何とも嬉しいつながりがあるファミリーなのです。



前置きが長くなってしまいましたが、、、
ウジェニは今妊娠8ヶ月、まだ仕事も続けていて
「最近ヘルシーなお菓子を食べていない!」と言っていた彼女に
今日はオートミールクッキーを焼いてプレゼントしました♪
このクッキーはかなりの頻度で焼いているので
すでにレシピは頭の中。
マクロを知らないママ友の中でも好評です〜♪



【オートミールクッキー】
材料(約20枚分)
 薄力粉(Plain flour) 1.5カップ
 オートミール      0.5カップ
 塩            ひとつまみ
 菜種油(Rapeseed oil)またはグレープシードオイルなど 大さじ3〜4
 メープルシロップ   大さじ3〜4
 水            大さじ1〜
 お好みでナッツやドライフルーツ  適量


作り方
1、ボールに薄力粉、オートミール、塩を入れる。
2、1にオイルを入れてフォークや手ですり込むように混ぜる。
 (サクサクでリッチな味わいがお好みなら油は多めに)
3、メープルシロップを加えて混ぜる。お好みでナッツやドライフルーツを加える。
4、水を加えて、こねないようにまとめる。
5、棒状にまとめて、包丁で切る。またはスプーンですくって成形。
6、180度のオーブンで約15〜20分焼く。



今日は無漂白の干しあんずとカシューナッツを入れてみました。
これならお腹の赤ちゃんも喜ぶわ〜!!!と、
ウジェニも嬉しそう♪
今日の私のおやつも(娘が昼寝中の楽しみ♪)
これに決まり!



コミュニティ、公園、友人たち 

20160609052929c28.jpg20160609054102163.jpg
20160609054440251.jpg20160609053631855.jpg




一歳半の娘は保育園に行っていないので
毎日私と一緒にいます。
私が一緒にいられない時には主人と。
なのでまだベビーシッターさんにも預けたことがありません。




毎日全力でぶつかってはつらつと生きている娘との日常は
けして楽ではないけれど
ここでの日常はありがたいことに
たくさんのサポートに助けられてるなと感じます。




図書館や行政のコミュニティセンターでは毎日のように
子供向けのオープンなイベントを開催しています。
(私はOlly Ollyというサイトでチェックしています)




例えば近所の図書館ではお歌の時間があります。
それも、英語、スペイン語、フランス語と、言語別。
娘は英語とスペイン語のお歌の時間が大好きで
毎週行っています。
以前は日本語もあったのですが、なくなってしまった〜!残念!
私の近所には主に4つの図書館があるのですが
それぞれお歌、お話、遊びの時間などがあります。




写真右下は近所のコミュニティセンターで娘が描いたもの。
この日は絵の具でお絵描きでしたが、
小麦粉から作った粘土、お砂遊び、水と触れ合う遊び、
ノリでいろいろ貼る遊び等々、ここでは毎週違うことを用意していてくれます。
家では準備や片付けが大変でなかなかさせてあげられないものを
やってくれるので、私は大助かり!!!
娘も毎回とても嬉しそう♪




ロンドンは大都市にもかかわらず公園がたくさんある街です。
遊具があるところも多く、市内でのお出かけに疲れた子供たちを
遊ばせることもできます。
我が家の目の前も公園、まるで自分の庭のようにほぼ毎日公園に出ています。
プレイエリアは柵で囲ってあるので、安心して娘を解き放てるし
雨が降ったらすぐ帰れるし、ご近所さんとの触れ合いも楽しいし、
本当に便利!!!




それから近所の友人たち。
特に寒い日や雨の日は家にこもりがち、
そんな時は誰かの家でおしゃべりしながら子供たちと遊んでいます。




図書館や行政のイベントは午前中がほとんどなので
手持ち無沙汰になる午後に会って
子供たちの夕食を一緒に作って食べさせることも。
誰か一人だけ集中してキッチンにこもれば夕食作りは早い!
先週は友人宅でクスクス、サーモンのオーブン焼き、
トマト&ブロッコリーのディナーでした。
クスクスはお湯に浸しておき、サーモンはオリーブオイルをかけてオーブンへ、
トマトを切ってブロッコリーを茹でれば完成♪
子供の数は増えるけど、1対1よりも2対2、3対3の方が断然楽なのです。
子供同士で遊ぶし、大人も協力し合えます。




それから、ロンドンに限らずイギリスでは小さな子供といると
見ず知らずの他人が助けてくれる場面にとてもよく遭遇します。
階段や段差でベビーカーを持ち上げてくれるような物質的な助けはもちろん、
精神的な励みや助けにも。
バスや電車で隣あった人が声をかけてくれたり、
歩道の反対側から歩いて来る人が笑顔で手を振ってくれたり、
信号で止まっていると気づかないうちにあやしてくれていたり、、、
ちょっとした事ですが
娘が寝た後に主人と「今日もこんなことがあったんだ〜♪」という会話となって
私を再度温かい気持ちにさせてくれて、大きな心の栄養になっています。




明日は朝にベイビージムで1時間たっぷり体を動かしてもらって
その後公園に行きます〜!





シアトルへ行ってきました! 

201606062226008f7.jpg201606062225054f3.jpg
20160606222802116.jpg20160606223120e51.jpg





それぞれが別々の国に住んでいる児嶋家は
全員が揃うことは滅多にありません。




今回はその貴重な機会!
シアトルの義弟の家に、日本から、グアテマラから
そしてロンドンから家族が集結しました〜!!!




娘は日本で私側の祖父母に会っていますが、
主人側の祖父母に会うのは初めて♪
遠くグアテマラからいらした義両親に抱っこしてもらえて
なんとも嬉しい時間。
テレビ電話もあるけれど、こうして直接触れ合うことは
何ものにも代えがたい体験です。
私はおばあちゃん&おじいちゃん子だったので
娘にもできるだけ祖父母の特別な愛情に触れてもらいたいなと願っています。




シアトルには主人の弟が住んでいます。
彼は彫刻家。
娘の誕生祝いに石の彫刻を作ってくれました〜!!!
(写真左上)
そしてこのイメージからさらに飛躍して、彼の新たな作品が。
その作品の落成式に参列することができました!
自然の中に佇む優しい曲線の彫刻、
娘のイメージがこんな素敵な作品につながるなんて、本当に光栄なこと!
また娘が大きくなったら見に来なくちゃ♪

2016060623205950d.jpg 2016060623221073d.jpg




義妹の結婚写真の撮影がありました。
シアトルが一望できる高台の公園で、幸せな二人を見守りました♪
私たちは結婚式や正式なパーティをしていないのですが
シアトルの夕日に照らされた眩しいくらいに輝く二人を見ていて
記念に写真だけでもとっておきたいな〜という気持ちが湧いてきました。
人の幸せな門出に立ち会えることは嬉しいことです!




アメリカのスーパー、私が好きなのはWhole Foods Market!
シアトルにももちろんあります。
久々に大きなスーパーに行ってその規模と豊富な品揃えにビックリ!
日本各地の地ビールもありました。楽しい〜♪
ロンドンにもWhole Foods Marketはあるのですが最近はご無沙汰です。
よく行くのはチェーン展開していない近所のオーガニックショップや
ファーマーズマーケット。
生産者&売り手と、買い手が近い方がなんだか安心します。
価格もお安いし、地場のものを応援できる。



↓ここは義弟の家の近くのSafewayというスーパー。
娘は初めてショッピングカートに乗って興奮しています!

20160606222843488.jpg



オーガニックの品揃えも豊富で、ベジタリアンコーナーには
テンペ(スモークやマリネしてあるものなど種類豊富)やビーガンチーズ、
ベジソーセージ、豆腐、味噌、キムチ等々がありました。

20160606223444ef1.jpg



すでに11年前ですが、私がアメリカでマクロを勉強していた時に比べて
価格がどんどん上がっています。。。
特にオーガニックをうたっているものはお値段を二度見するくらい。
遺伝子組み換え作物が多いアメリカ、
オーガニック農業をしておられる農家はきっとかなり減少してしまったんだろうな。。。
農作物だけでなく、それを食べた家畜の肉や牛乳、卵なども
遺伝組換え作物によって変わっていることでしょう。





お隣のオレゴン州から大好きな友人夫婦が会いに来てくれました〜!

20160606223142fe6.jpg




学生時代の先輩、Aさんは手作りの布ぞうりを作っています。
Aさんのとびきりのセンスが光る布ぞうりを
家族全員にプレゼントしてくださいました〜!!!
初めての布ぞうり、はき心地抜群です♪
布なので足に吸い付く感じがたまらなく気持ちいい〜!
できるなら外でも履きたいくらいです。
主人もとっても気に入っています♪
Aさん、オシャレな布ぞうりを本当にありがとうございました!!!




ご興味のある方、こちらからアクセスしてみてください♪
と〜っても可愛い布ぞうりがたくさんあります!
https://www.etsy.com/shop/HappaWorks




実はシアトルに行く前までは気分が落ち込むことが続き
なかなか自分を持ち上げられずにいました。。。
この2〜3年、モヤモヤしていること。




ネガティブなことをブログに書いてしまいそうで
最近はどうにも記事を書けず、、、追われるような毎日の慌ただしさにかまけて
すっかりご無沙汰してしまいました。
が、シアトルの自然と家族の温かさに癒されて
ロンドンに着いてすぐ、すーっと肩の荷が下りたのを感じました。
目の前の光が明るく見える、自然と笑顔が出る、少し姿勢が良くなった!




シアトルは、九星気学でいうところの
いい運気を呼び込む方角だったのかな〜。
この運気を生かしていきたいです!