スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいご近所さん 

20131106230821077.jpg201311062308312ab.jpg
2013110623170362d.jpg20131106230830078.jpg




目の前のフラットに住んでいたローラさんとクリスさんが
アムステルダムにお引っ越しし、新しいカップルが入居してきました!
イタリア人のロベルタさんとスペイン人のエンリケさん。
二人とも建築家というカップルです。




イタリア人とスペイン人ですもの、もちろん美味しいものが大好き〜!
私がマクロビオティックを教えてると言ったら
「私のママが昔からマクロビオティックに興味があって、
うちにも食材がいくつかあるんだよ。私は'Bancha(三年番茶のこと)'が好き!」
と、ロベルタさんが言ってて、嬉しい驚き♪




食材はできる限りオーガニックを使っていて、
砂糖以外の優しい甘味料なども取り入れ、
洗剤やシャンプーなどもナチュラルな選択。
向いている方向が同じで一気に仲良くなりました!
先日、我が家のキッチンにあったオーガニックショップで買ってきたかぼちゃを見て
「わー!そのかぼちゃロンドンにもあるのね!!!
ずっと食べたかったんだ〜」と言っていたので、丸々プレゼントしました。



すると、その日のディナーに招待してくださいました!
お料理はかぼちゃのリゾット♪
作っているところを見たい!とお願いしたら、
ディナー時間より早めに招いてくれました。
でも、その時間が夜の9時。。。
その日はスペイン人のエンリケさんに合わせたディナー時間。
ご存知の方も多いと思いますが、スペインの夕食は9時〜10時に始まります。



イタリアも夕食開始時間は遅いと言われていますが、
スペインで長く働いていたイタリア人のロベルタさんは
スペイン人の遅い食事時間にはいつまでたっても慣れないと言っていました。
私は普段10時にはベッドに入るようにしているので、
夕食は6〜7時に食べます。
もちろん9時までお腹が持つはずもなく、おやつを食べつつしのいで
お二人のフラットへ行きました。



「今日はニンニクを使わずに、甘めに仕上げるわね」とのこと。
オリーブオイルでタマネギをじっくり炒めて甘みを出す、
まずはこの作業を丁寧にやっていました。
ロベルタさんの家庭料理は、シンプルが基本とのこと。
一品のお料理に対して多種類の材料は入れず、
その分素材の個性を活かして旨味を十分に引き出すことで
味をよくしていく。
タマネギとかぼちゃの甘みが、パルメザンを入れることでより引き立って
とっても美味しかった〜!!!




私は一品のお料理に何種類も素材を入れてしまうことがよくあるので、
(それはそれで美味しいのですが)
シンプルなものの深い味わいを改めて再認識。
イタリアから持ってきたというスペシャルなオリーブオイルとパルメザン、
そしてお二人の愛情もたっぷり注いでくれた余計に美味しかったのかも♪




数々の有名建造物を手がけ大学でも教鞭をとったりして
とても優秀な建築家のエンリケさんとロベルタさんは、
私よりもかなり年上なのに嬉しいことには子供のようにはしゃぎ、
陽気に明るく笑う本当に素敵なカップル♪
これからのご近所付き合いが楽しみです〜





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1008-a2cb35aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。