ビギナーレッスン全6回終了しました! 

20131126195358759.jpg201311261953530fb.jpg
20131126195455739.jpg201311261955581b8.jpg




すっかり更新が滞ってしまいました。。。
レッスンに加えて、ビザの更新手続き、立て続けのゲスト、
お味噌作り、フラットの修復などなど
毎日何かしらに追われてすでに師走の忙しさ!
ブログに訪れてくださった皆様、申し訳ありませんでした。



さて、先日ビギナーレッスン第6回の最終回が無事に終了しました!
ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!!!
今回作ったものは、

・玄米ベジ巻き寿司
 母や寿司職人の伯父に教わった太巻きの握り方を伝授。
 各所に散りばめられたちょっとしたコツを丁寧にこなすことで
 崩れずキレイな太巻きができます♪
 バジルが入ったお豆腐の加工品を具材にしました。

・キドニービーンズのフリホーレス
 フリホーレスはスペイン語でお豆のことですが、ペースト状に煮たお豆や
 お豆の煮込み料理のことも指します。
 お豆料理は作るのも食べるのも苦手な方が多いかもしれませんが、
 このフリホーレスは今の所万国人受けしています♪
 男性が喜んでお豆料理を食べてくれるのが嬉しいですね。
 
・スティーム野菜の味噌マスタード和え
 昨年仕込んだ我が家の玄米味噌を使いました。
 野菜は今が旬のロマネスコと紫タマネギで彩りよく。
 上の写真にもあるロマネスコはカリフラワーの仲間で味はカリフラワーとほぼ同じ。
 独特の形に私は気品さえ感じてしまい、
 見ているだけでうっとりしてしまう大好きなお野菜です♪
 スパイラル状に形作られた状態が見れて、自然の美しさも感じます。

・ソイチョコムース
 ココアとキャロブを使った「チョコ」味に仕上げました。
 キャロブはいなご豆の粉末、チョコに似た風味と色はありますが、
 カフェインゼロ。栄養価も全く違います。
 寒天とアロールートでふるふる&クリーミーに出来上がりました♪




一人一本ずつ巻き上げてくださった巻き寿司は、さすがお見事〜!
当たり前ですが外国人対象のレッスンとは違い、安心して見ていられます♪
私は海外に住んで外国人ゲストを家に招く機会が格段に増え、
日本にいる時よりお寿司(手まり、巻き、手巻き、握り、ちらし等)
を作る機会が多くなりました。
巻き寿司はおもてなしに使えるだけでなく、
残りものでも巻いて普段の食卓に、移動のお供に、
ピクニックに、と活かせるのも良い所!




今回のレクチャー内容は個人、季節、一日のバランスの取り方と
食材や調理方法の選び方、そしてマクロビオティック基本食の背景にある
法則や自然の摂理などをお話しました。
イギリスは日本と気候帯が若干違うので、基本食も少しだけ異なります。
でも、大切なのはルールに従うことではなく
法則を理解して自分の判断力を高めることだと思っています。




6回のレッスンを終えてほっとしております。
終わってみると、始める前の不安はどこへやら。レッスンを進めていくにつれ
受講者お一人お一人がご自身の体験を活発にシェアしてくださって、
疑問や質問を積極的に発言してくださって、
はたまた私がすっかり抜けているところを補ってくださって、
とても質のいいレッスンに仕上げてくださったのは
一重に受講者のみなさまのお陰、感謝感謝です〜♪
ロンドンにてこんなにも素敵な出会いに恵まれたことは本当にラッキーでした。



これまでに何度も教室の引っ越しを重ね、
その都度その場の環境と人々のニーズに合わせて学びを広げ、
テキストを作り直し、内容をより深いものにしてきたことが底力となって
以前よりもパワーアップしたものを提供できたかなと思っております。
これからも日々の努力と気付きを重ねて、より一層質の良いレッスンができるよう
頑張りたいと思います!!!



*次タームのビギナーレッスンは来年1月以降を予定しております。
具体的な日にちは未定ですが、決まり次第こちらのブログでご紹介させてください。
メールご希望の方にはアドレスに詳細を送らせて頂きます。






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1009-379783fd