スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦味噌とヒヨコ豆味噌 

20131126195136ba3.jpg201311261951286ad.jpg
20131126195135a83.jpg20131126195124223.jpg




去年仕込んだお味噌がとっても美味しかったので、
今年もお味噌仕込みスタートです〜!




今年はちょっと変わったお味噌に挑戦♪
アメリカで試して以来ずっと作ってみたかったお味噌、ヒヨコ豆味噌!!!
ほんのり甘くて洋風の香りを漂わせるお味が気に入って
作る日を楽しみにしていたのです〜
ヒヨコ豆は近所のオーガニックショップで購入した玄米麹に合わせました。




そして友達のHちゃんが日本で麦麹を手に入れてきてくれたので
こちらは大豆と混ぜて麦味噌も仕込みました。
ヒヨコ豆も大豆も前日からたっぷりの水に浸しておき
味噌作成当日は指で簡単につぶれるくらい柔らかくなるまで煮ます。
塩と麹を混ぜ合わせておいて、
それぞれのお豆に混ぜ合わせます。




量は豆と麹の量を同量にしました。
塩は去年と同じシチリアの塩を使用。豆も麹もオーガニックで嬉しい〜!
大豆/ヒヨコ豆 1キロ(ドライ)
麹 1キロ(ドライ)
塩 550g



いつもお世話になっているHちゃんのお母様がタイミングよく
ロンドンにいらっしゃったので、お味噌作りに参加してくださいました♪
何十年も前から自然食や自然療法に精通していらっしゃり
お料理もとてもお上手と評判のお母様。
そしてイギリス在住10年以上、私たちの渡英前から色々とアドバイスを頂き
お世話になっているMさんもご参加くださいました!
皆さんの素敵なエネルギーが交わって去年にも増して良い感じの仕上がりです^^




レッスンにご参加下さったFちゃんから
GlastonburyにあるChalice Wellのお水を頂きました(写真左下)。
イギリスにも多数ある「パワースポット」、そのうちの一つ
グラストンベリーの聖なる井戸(チャリスウェル)から湧き出たお水を
持ってきてくださったのです〜!
このお水にまつわる伝説、それはキリスト最後の晩餐の際に使用された聖杯を
伯父のヨセフがこの地に運んで井戸の水底深くに埋めたというお話。
2000年以上にも渡って大地を潤すこのお水は
18世紀頃からヒーリングパワーがあるといって世界に知られ始めたようです。



「パワフルで美味しいお味噌になれ〜♪」と願いを込めて
このお水をお豆を煮る鍋に入れました。
Fちゃん、貴重なお水をありがとうございました!!!
Fちゃんはロンドンのご自宅でナチュラルな食事を楽しむワークショップを開催中です。
インターナショナルなご経験が豊富で、人を惹き付けるチャーミングな笑顔で
会う人をとりこにするFちゃんのブログは↓をご覧下さい♪
http://ameblo.jp/fukki-an/




仕込んだお味噌はそれぞれの家庭で半年寝かせます。
少し味見をしましたが、すでに美味しい!!!
半年後に開けるのが今から楽しみです〜♪



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1010-f8ef3487

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。