デキソコナイ納豆の行方 

20140528193103d4a.jpg
201405281931336c7.jpg20140528193139cbd.jpg





栄養たっぷりで大好きな納豆。
毎日食べたいのですが近所では手に入らず
販売しているお店でまとめて買っては冷凍保存し、今までやってきました。
でも、主人も大好きなので二人で食べるとあっという間になくなります。。。




納豆は大豆食品の中でもすごく優秀です。
豆腐や豆乳は大豆の「一部」であるのに対し、納豆は「全体」です。
さらに納豆菌の発酵力&酵素力はとても強く、その納豆菌が
身体に吸収しにくい大豆の成分を細かく分解してくれる為
発酵していない大豆食品よりも納豆の方が消化吸収がよいのです。
体内では作れない必須アミノ酸も、ごはん+納豆の組み合わせにすることで
理想的な形でとることができます。
さすが「畑の肉」と呼ばれるだけある!!!



年末年始のグアテマラ帰省で義母に納豆作りを伝授してもらったので
(30年以上も現地で手作りしているのです)
そのメモと記憶を元に納豆作りにチャレンジ!
まずは大豆をキレイに洗って、たっぷりの水で12時間以上浸水させます。
圧力鍋に水を張って蒸し器を置き、さらしを敷いた上に大豆を乗せます。
圧が上がってから約60分蒸し、出来上がりが固い場合には
さらに水を足して再度圧をあげて二度蒸しします。
ちなみにグアテマラシティは高地なので、長時間火かけないと柔らかくなりません。
水、大豆、調理器具の状態で差が出るので、固さは都度確認します。



豆をきれいな容器に入れ、納豆菌をお湯で混ぜたものを全体にふりかけます。
湯たんぽや電気毛布などで保温しながら約12〜24時間発酵させます。
我が家はAGA(オーブン)があるので、そこの低温の場所で発酵させました。



成功したら作り方を詳しく書こうと思うのですが、
今回はいまいちな出来上がり。。。たぶん温度管理が適当でなかったのだと思います。
というのも、他にも料理を同時進行していて
オーブンの中から納豆を何度か出し入れしてしまったのです。
糸は引いているけどかなり弱く、豆も若干固い感じ。
義母の手作り納豆をずっと食べ続けて育った主人に味見をしてもらったら
「う〜ん、、、食べられないことはないけど、何かが足りない」とのこと。
そうだよね、そうだよね、粘りが全然足りないし、旨味も少ない。



初めて作るのに乾燥大豆500グラムも仕込んでしまったので
大量の出来損ない納豆ができてしまいました。。。
捨てるにはモッタイナイ、、、こういう時にはとりあえず小分けにして冷凍。
その間に対策を考えます。



先週末、ランチに天ぷらを揚げようと冷蔵庫&冷凍庫を見て材料を選んでいたら
この納豆が目につきました。
かき揚げにして、入れちゃおう〜!!!
ということで、タマネギ、人参、納豆、ひじきのかき揚げが完成♪
そうめんを茹でて、薬味の生姜やネギを用意して、かき揚げそうめんランチ。
この納豆そのままだと失敗作丸出しですが、かき揚げに入れると全く違和感なし!
ボリュームも出て美味しかった〜!!!主人も喜んで食べてくれました^^



この他にはチャーハンに入れたり、春巻きや餃子の具に入れたり、
玄米ご飯の残りと混ぜておやき風に焼いておやつにしたり、
・・・何かと工夫して消費してみましたが、かき揚げが一番美味しかったかな。



次回は失敗しないように、一つ一つの工程を丁寧に作ってみます〜!




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

y.sさん

いいよね〜納豆♡
納豆の巾着にオムレツ、、、美味しそう〜♪よくお料理してて偉い!!!
y.s家の食生活、ヘルシーそうだわ。
手作り成功したら毎日浴びるほど食べるんだ(笑)。市販品が買えるから今でもできなくないけど、、、冷蔵庫&冷凍庫が小さいからたくさん保存できなくって。
次回は失敗しないよう、反省を踏まえて頑張ります!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1042-222f8d1c