スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りクリームで妊娠線予防 

20140911212447aca.jpg




妊娠8ヶ月も終盤に入り、だいぶお腹も大きくなってきました。




腰への負担をかばうからなのか姿勢が崩れがちなので
なるべく「まっすぐ」立ったり座ったりすることで
腹筋や背筋を保つようにしています。
まだまだ大きくなってくるお腹に戸惑いそう〜



私は小さい頃にお腹を切る手術をしていて、お腹に大きな傷があります。
中学の成長期には身長が急激に伸びたせいか、傷が痛んだのを覚えていて
「妊娠したらまた傷が痛むのだろうか?」と、ずっと不安でした。
なので、妊娠が分かってからは必要以上にお腹が大きくなることがないように
今まで気をつけてきました。
案の定少し痛みはありました。が、予想よりはるかに軽くて
お腹が張った時に「ちょっと痛いな〜」と思う程度。
立ち止まったりうずくまるようなことは全くなくて、ホッとしています。



妊娠直後、ドクターにも傷のことで相談したところ
「基本的には徐々に大きくなっていくから急激な痛みはないし、
内蔵や赤ちゃんには影響しないもの。
痛みがあるとすれば外部の皮膚が伸びる時のものです。
あなたの傷はちょっと大きいし
だいぶ前のものだから痛みがあるかも。
ビタミンEが入ってるクリームをぬるといいよ。」
と、言われました。



ビタミンEは表皮にうるおいを与えて肌を柔らかくし、
傷の治りをはやくしてくれる働きがあります。
こちらでも何度も紹介していますが、
私が毎日使っている手作りミツロウクリームは
まさにビタミンEもたっぷり♪
リップクリーム、ヘアクリーム、ボディクリーム、そしてちょっとした傷にも・・・
我が家では毎日全身に使っています。
妊娠線予防クリームもこれで良さそう〜!!!

201409112131476e8.jpg
↑下記のレシピを4倍にして作ったもの



ということで、妊娠発覚後から毎日
お腹&腰周りにはいつもより入念にたっぷりと塗り続けてきました。
その結果、今の所まったく妊娠線はできていません!
検診の時にも助産師さんに「お肌がしっとりしてるわね〜」と、褒められます♪
そして傷の痛みが最小限だったのもクリームの効果が大きいかなと思います。



何しろ口に入れても安全、簡単にお安く作れる、効果もある、、、
嬉しい利点がいっぱいです〜♡
これから出産まで2ヶ月あるのでまだまだ気が抜けませんが、
これからも使い続けていきたいと思います♪



【ミツロウクリームの作り方】
(小さなジャムの瓶一個分)

ミツロウ 5g
オリーブオイル 20g
お好みのエッセンシャルオイル 数滴
*妊娠中の方は使わない方がいいオイルがあるので、お気をつけください。
 私は香りなしで作っています。
*やわらかいクリームにしたい時にはオリーブオイルを多めに入れます。


・ミツロウとオリーブオイルを容器に入れ、湯煎で溶かします。
・ミツロウが全て溶けたら湯煎から外してお好みのオイルを加えます。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1066-491b636d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。