スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニック・セプテンバー1 

201409152149575c3.jpg




イギリスでは今月オーガニック・セプテンバーと称して
各地で一ヶ月間オーガニック商品・農作物のイベントが行われています。



上の写真はよく行くスーパーのフリーペーパー。
9月はオーガニック商品がセールになっていて、
例えばお野菜類が「3つ買うと一つが無料」になったり、
お菓子や化粧品などオーガニックブランド製品も
10〜25%オフになっていたりと
オーガニック好きには嬉しいサービスがいっぱい!



その他にもホールフーズマーケットなどのグルメスーパーでも
オーガニック商品を絡めた催しものをやっていたり、
地方のオーガニック農場でも家族参加型のイベント等を開催しています。



オーガニックセプテンバーはイギリスのオーガニック認証機関である
「Soil Association ソイルアソシエーション」 が中心になって行っているもので、
↓のサイトから今月各地で行われているイベントがご覧になれます。
http://www.soilassociation.org/smallchangesbigdifference



ソイルアソシエーションは1946年に、集約農業に反対して
医者、農家、科学者たちが集まって作った小さな組織。
1967年には世界で初めてオーガニック認証システムを体系化しました。
彼らの最近の調査では、オーガニック製品を支持する年齢層は
18〜34歳の比較的若い層が増えているとのこと。
1980〜90年代、同じ若い層の間ではファストフードやインスタント食品が
流行っていたのですが、今はがらりと変わったようです。



不景気にも関わらず食品にかけられる分の収入が増えた、
子供を持つ年齢が高くなった(その分自分たちの生活にお金がかけられる)、
というのが大きな理由ではあります。
ですが、子供の為に買う離乳食やおやつの半分以上は
オーガニックであるとのデータもあります。


オーガニックという言葉も文化も当たり前のように根付いているイギリス、
どのようにしてここまで若い層にオーガニックが広まったのか?
その立役者になったのは過去10年間、
ソイルアソシエーションが「子供達に行ってきた教育」が大きかったのです。



次回は近所の学校が行っている「食育」をご紹介します!



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1067-63d76f67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。