スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水分たっぷりのおかずと母乳対策 

2014101019322432a.jpg20141010184746d77.jpg
201410101847482cc.jpg20141010184739bfb.jpg
ほうとう風スープ、豆入りポトフ、たんぽぽコーヒー




すっかり秋の乾いた風が吹いているロンドンです。
お腹にくる風邪や喉・鼻が調子悪くもなったりして体調を崩しがちなこの時期、
食事も秋冬仕様に衣替えして、身体を整えていきましょう〜!




我が家ではこの季節、野菜たっぷりの温かいスープが毎日の食卓にあがります。
けんちん風、ほうとう風、ポトフ風、おでん、ポタージュ、などなど
その時にあるお野菜を使いますが、根菜が多めになるかな。
野菜は「皮付き」の方が自分の肌へのうるおいにもなっていいですね。
大根、人参、かぶ、ごぼう、れんこん、パーシニップ、スウィードなどの根菜と
ネギ、セロリ、白菜などの上に伸びるお野菜も加えて、
カリフラワーやカボチャなどの甘いお野菜も入れます。



コクや出汁もその時によって様々。
昆布、干し椎茸、切り干し大根、ローリエ、ベジブイヨン、ワカメ、
油揚げ、テンペ、高野豆腐、豆腐、そして
時にはタラ、魚介類ミックス、オーガニックチキンを少々入れたりします。
動物性食品を入れる時にはいつも以上に質、食べ合わせ、量、
消化に良い調理法に気をつけていますが
秋冬に食べると体も温まって強くなり、特に美味しいと感じますね。



水分の取り方は色々ありますが、まずは3食の食事で取り入れてみてください。
ミネラルや塩気がきいたスープという形は身体に負担のない自然な取り方です。
食事の消化も助けてくれますし、栄養も摂取できますね。
我が家ではたっぷり目に作ったスープをまずそのまま頂き、
あとはうどんやそば、お餅を入れたりして楽しんでいます。
私が特に好きなのは、玄米餅を入れたスープ!
油揚げに入れて巾着にすると尚美味しい〜♪



水気たっぷりの食べ物は母乳の出も助けてくれるようです。
NCTのクラスでも
「母乳を与えるようになると食べ物もちゃんと食べなきゃだけど、
水分も奪われるから」と言っていました。
マクロビオティックの母乳の出をよくする食事では
全粒穀物のおかゆ、おじや、ほうとう、鍋、玄米餅、
豆や野菜のシチュー、うどんなど
水分があって尚穀物をちゃんと頂けるお料理をおススメしています。



できるなら母乳で育てていきたいので、
母乳の生産、それが滞りなく出ること、母乳の質など
赤ちゃんに上手く与えられるように、それぞれの段階で
食事だけでなく生活面でも工夫していけたらいいなと思っています。



母乳を詰まらせる&質をわるくする食べ物に
大量の乳製品、マヨネーズやラードなどの油っこいもの、
菓子パンやファストフードなど、
強い糖分、清涼飲料水やカフェインが多く体を冷やす要素のあるもの、
アレルギーが出そうなものを大量に取ること、
などなどがありますので、出産前から気をつけていきたいものです。



生活面ではストレスの少ないリラックスした生活で、
適度に体を動かして体を温めて血行を良くし、
深い呼吸で常に体液と気を巡らせることがいいですね。



上の写真にあるのは母乳に良いとされているたんぽぽコーヒー。
体を温めてくれる作用もあり、日本でもたまに飲んでいました。
コーヒーと名前はついていますが、コーヒー豆は一切使わず
カフェインもなし。原材料は「たんぽぽの根っこ」のみです。
こちらへ来てからあまり見かけないので売ってないかな〜と思っていたら
Whole Foods Marketにありました!
(たんぽぽの葉のお茶もあるので、気をつけてください)



最近飲み始めたのですが、そのままだと少し濃いので
私はアーモンドミルクを入れて頂いています。
味も好みで身体が温まるので、一日一杯楽しく頂いています〜♪
母乳に効いてくれるといいな。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1072-bec4a300

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。