ホンモノの甘酒は 

20141028174020b09.jpg
2014102817394926e.jpg20141028173943e5f.jpg




玄米ごはんを炊いたけれども、最近どうも食べにくい。
分付き米を食べたいところですが、精米機がないので
白米にキビ、丸麦、キヌアなどを混ぜたごはんをよく食べています。



食べきれなかった玄米は冷凍しようかと思ったのですが
麹があったので甘酒を作りました!



私流の作り方ですが、まず玄米ごはんに水を入れておかゆ状に炊きます。
火から下ろして約60度まで温度を下げます。
そこに麹を加えて混ぜ合わせ、約8時間保温します。
私は耐熱性の高いお鍋で作って、低温のオーブンが丁度60度に保てるので
その中で保温しました。
毛布やバスタオルなどに包んで湯たんぽを当てて保温してもいいですし、
(温度が下がりそうになったら湯たんぽ交換、または少し火にかけて温度を上げる)
炊飯器を保温状態にして、フタをあけて保温する方法もあります。
(フタを閉めると温度が高すぎ、巻きすなどを上に乗せてホコリが入らないように)



味見をして、良い感じに甘みが出て出来上がりになったら
塩をひとつまみ入れ、火にかけて沸騰させます。
温度を上げることで麹菌の発酵を止めます。



市販の甘酒の多くは酒粕にお湯と糖分を加えただけのもので
本来の甘酒とは別物。
本当の甘酒は、米、麹だけでできています。アルコールフリーなので
もちろんお子様にも楽しんで頂けます♪
本来の甘酒の甘みは砂糖ではなく「米の糖化した甘み」です。



甘味料、甘いものの中でもとりわけ大好きな甘酒♪
いつも大量に作っては小分けにして冷凍保存しています。
夏はそのままシャーベット状を頂くもよし、
寒天で固めて甘酒ゼリーにしてもよし、
今の時期は甘酒を適度に薄めて温め、生姜汁をひとたらし。
身体はポカポカです〜!
主人も好きなので、2人でティータイムに甘酒を楽しんでいます。
フルーツを入れたり、ライスミルクなどで薄めて飲んだりしても美味しい〜



昨日は漬け物が食べたくて、甘酒を使ってお漬けものを作りました。
甘酒、塩、一味唐辛子を混ぜ入れた容器に
大根と人参を入れて一晩冷蔵庫に入れておいただけ。
べったら漬け風のお漬け物です。
初めに塩でしめて水分を抜いてから漬ければ
写真のように大量の水分は出なかったかもしれませんが、、、
それでもとっても美味しくできました〜♪



もう一つの写真は今日のおやつ。
朝ごはんが早かったので、ランチまで待てずに午前中におやつタイムです!
白玉団子に小豆を柔らかく炊いたあんこ、そこに甘酒をトッピングしました。
少しクリーミーになって美味しい〜♪



甘酒の主な成分はブドウ糖ですが、
特に玄米で作られた甘酒は美肌にも良いビタミンB群や
食物繊維などの栄養分も豊富!
そして身体への吸収率がとてもいいのです。
甘くて身体をほっこりリラックスさせてくれるだけでなく
身体にも良い成分がたっぷりなんて、嬉しいですよね♪



アメリカでは甘酒そのものや色々なフレーバーがついた甘酒ドリンクなどが
販売されてたのを覚えていますが、イギリスではまだまだマイナー。
こんなに優秀な甘酒、もっと普及していってほしいな〜




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1075-10304ca9