今年もどうぞ宜しくお願いします! 

20150109013409e54.jpg



遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!!!
みなさんにたくさんの笑顔が訪れるよき一年になりますように♪



我が家はクリスマスから年末年始、自宅で家族とゆっくり過ごしました。
そしてどうしても、どーしても作りたかったおせちを作りました!
お腹が大きくなってきてから今まで自分の料理が徐々にシンプルになってきて
それはそれで良いのですが、
たまには集中してお料理をしたかったのです。



と言っても、まだ生後一ヶ月の娘がいますので
手間ひまかけて、、、というよりは「ある材料」をフル活用し、
そして「本当に好きで食べるもの」ということに重点をおいて作りました!
大晦日の朝から作り始め、昼には完成しました。
今まで作ったおせちの中では一番楽だったかも。
作り方も簡単にご紹介させてください。



↓のお重に入っているのは、
20150109013511ec5.jpg

・大根と人参のなます・・・大根と人参を千切りにし、塩でもむ。
 しんなりしてきたら水気を絞り、器にしたみかんの絞り汁と米酢を和える。

・アーモンドの田作り・・・ローストしたアーモンドをフライパンに入れて加熱、
 メープルシロップを加えて混ぜ最後に醤油を絡める。

・カボチャと栗のきんとん・・・カボチャは蒸し煮、
 栗はオーブンで焼いたものがあったのでそれを使用。
 カボチャをマッシュし、栗、ひとつまみの塩、米飴を混ぜる。

・テンペの松風焼き・・・テンペを油で表面を焼き、
 オーガニックの照り焼きソースを絡める。
 表面に青のり、白ごまをつけて完成。



↓こちらはお煮しめ中心のお重。 
2015010901350305a.jpg

・お煮しめ・・・前日に昆布と椎茸を水に浸しておく(出汁)。
 出汁はお稲荷さん用に少しとっておく。
 ーかんぴょうを塩もみし、水で洗っておく。
 ー椎茸は飾り切りして出汁と共に加熱。
 ー昆布は広げてサーモンやテンペを中心に入れて巻く。かんぴょうで結ぶ。
 ー高野豆腐を厚さ5ミリくらいに薄くスライスし、大根と人参を入れて巻く。
   かんぴょうで結ぶ。
 ー人参と里芋は飾り切りにする。
 ー出汁の中にそれぞれの具材を分けて入れる。フタをして沸騰させ、弱火で煮る。
   塩、醤油で味付けし煮崩れしないように注意しつつ煮含ませる。

・黒豆の煮物・・・前日に黒豆を3倍の水に浸す。
 浸した水と一緒に火にかける。沸騰後、あくを取り弱火で約1〜2時間煮る。
 常に煮汁がかぶっている状態にしておく。
 米飴で味付け、さらに煮含ませる。醤油を入れて味を整える。



↓こちらは買ってきたロブスターをそのまま入れて、あとは大好きなお稲荷さん♪
20150109013510602.jpg

・お稲荷さん・・・玄米に黒米を混ぜて圧力鍋で炊く。
 炊きあがったら梅酢で味付けする。
 昆布椎茸出汁に米飴と醤油を入れて煮立たせ、油揚げを入れる。
 味がしみ込むまで煮る。
 油揚げに玄米ご飯を入れ、さやいんげんの千切りと
 ビーツ(すでに茹でてある市販のもの)の千切りを飾る。


アーモンドやビーツなど、日本のお節には登場しないような食材も使いましたが
新年をお祝いし、一年の幸福と健康を願う気持ちは同じ。
心を込めて作りました!
元旦に遊びにきたイタリア人&スペイン人カップルにも大好評♪
特にカボチャきんとん、黒豆、お稲荷さん、が美味しかったようです。
それからお煮染めの美しさに一目惚れして写真を何枚も撮っていました。



和食器、飾り切り、赤い実のついた葉、お重などが
お料理を引き立ててくれて、見た目の良さって大切だなと実感。
ちょっとしたひと手間、それができるのは気持ち余裕がある時だったりして
そんな自分になれたのも嬉しい〜♪
料理に集中している時間、協力してくれた主人と娘に感謝です!



今年もどうぞ宜しくお願いいたします!!!



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1081-a5390a65