スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜を食べない子供達 

201504180132240cd.jpg20150418013229b17.jpg
20150418013228c4f.jpg20150418013212dbd.jpg



両親学級の友人達が離乳食を始めました。
野菜や果物のピュレから始める人が多く
赤ちゃん達はみんな嬉しそうに食べているようです。
我が娘は生後5ヶ月、まだ離乳食は始めていないのですが
食卓にはいつも参加させて、彼女の目の前に
茹で野菜を置いてみたり、切ったリンゴを置いてみたりして
食べ物に興味を持ち始めたか観察しています。



赤ちゃんも大好きな栄養たっぷりの野菜や果物、
でも大きくなるにつれて野菜や果物が嫌いになってしまう子供達が多いのです。
先日、BBCで観たニュースをご紹介させてください。
昨年の今頃、ブログに「イギリスの野菜&果物の摂取」の実態を書きましたが、
今回は特にイギリスの子供達(7〜12歳)に焦点を当てて
調査を行ったものです。
http://www.bbc.co.uk/newsround/32009740




最近の調査で分かったのは、
100人中52人が一日の食事で全く野菜を食べない、
そして100人中44人がフルーツも食べない、とのこと。
イギリスでは3人に1人が肥満と言われていて、
肥満の子供達が何を食べているかは直接な原因に結びついているので
この結果は深刻な問題です。
この25年で肥満の子供達の数は3倍に増えているのです!!!




この調査ではその他にもこんな結果が、、、
1/3(33%)の子供達が一週間に3回は不健康な食べ物を食べている。
約1/4(22%)の子供達が毎日お菓子やチョコレートを食べている。
半数以上(57%)の子供達が自分たちの食事は健康的だと思っている。
23%の子供達が一週間に3回以上はファストフードやテイクアウトの食事をしている。
47%の子供達が毎日家で作るお料理を食べている。
50%の子供達が毎日家族そろって食事をしている。




この調査を受けた子供達の多くはその後、
日々の食生活をよりよくしたいと努力していて
10人中8人の子供達が飲み物をジュースや清涼飲料水でなく水に変えたり、
野菜やフルーツを多く摂るようになったそうです。




イギリス政府は「一日に5種類の野菜や果物」の摂取を勧めています。
親になって以前にも増して子供達の食事が気になる昨今、
子供達には野菜や果物だけでなく、その他の大地や海の恵みも
バランスよく取り入れてもらいたい!
子供達の明るい未来は健康があってこそ作られるもの。
その健康は家庭のキッチンが支えているところが大きいと思っています。




この調査は子供を対象にしていますが
大人もほぼ同じ問題を抱えているように思います。
子供達の食をよりよくするには、
まず大人達の食に対する認識を変える必要がありそうです。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1097-c2955065

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。