スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セビリア旅行2 

20151022223842821.jpg20151022223805bfa.jpg
201510222229382c9.jpg201510222227031d8.jpg
写真上ーサルモレホとマテ貝のソテー、アレハンドロとラファがお料理
写真下ーラファの友人たちと、カフェで休憩




セビリアで楽しみにしていたことの一つ、食べ物!!!
私も主人もスペイン料理が大好きです♪
パエリア、トルティーヤ、ガスパチョ、、、あ〜よだれが出そう。。。
ロンドンでもスペイン料理は食べられますが
現地で食べるそれとは質もお値段も違います。
素材はその土地の空気と一体化してるので
現地で味わうことが一番なのでしょうね〜




食べ物にこだわりのあるラファにお任せして
美味しいスペインを味わってきました!




暑い暑いセビリア、少し歩いただけでも体力消耗します。
そんな時にはカフェ感覚で立ち寄れるバルでエネルギー補給!
気軽に立ち寄れるカフェのような居酒屋のようなバル。
ビールやワインなどのアルコールだけでなく、小皿料理のタパスや
ボカディージョと呼ばれるサンドイッチなどがあります。
↓数種類のボカディージョ
20151022222959751.jpg




ボカディージョはバゲットに
生ハム、チョリソ、モルシージャ(豚の血で作ったソーセージ)、
トルティーヤ(スパニッシュオムレツ)、
各種チーズ(ブルーチーズや羊のミルクから作ったマンチェゴなど)、
スモークサーモン、トマト•••等々がはさまっています。
ラファのおすすめはモルシージャ。
豚の血だけでなく、お米や玉ねぎなども入っていました。
豚の料理が多いスペイン、こうしてお肉だけでなく
血や内臓までも無駄なく丸ごと食べるのですね〜。




「地元の人が行くところで食べたい!」とのリクエストをしたら
ラファがトゥリアナ地区へ連れて行ってくれました。
大きな川を渡ると、下町のようなトゥリアナ地区があります。
ここで食べたシーフードはシンプル且つ美味しくて
料金も良心的。これぞスペイン!!!
↓セモリナ粉をまぶして揚げただけの海の幸とイカスミのパエリア。
どちらも絶品!お腹い〜っぱい食べてお酒も飲んでチップも払って
一人15ユーロくらいでした。ロンドンでは考えられない。。。

201510261855145e5.jpg20151026185551aee.jpg




ランチ後、川の近くで焼き栗屋さんが出ていました。
秋のヨーロッパでは焼き栗屋台をよくみかけます。
もちろん、お買い上げ〜♪
栗の香り、大好きです!

20151026191500c13.jpg




ラファの友達が集まってくれて、みんなでディナーをしました。
集合時間は8時。全員集まって食べ始めたのは9時半。
これぞスペイン(笑)!
子連れの私達の為にスタート時間を早くして下さったようです^^;
ちなみに8時だとレストランはまだ開いていませんでした。
スペインの食事時間は遅くランチは2時くらいから、
ディナーは8時半くらいから。




↓ラファおすすめのレストランにて。飾らない小さなお店でしたが、
お料理は驚くほどのクオリティ!!!
鶏肉の唐揚げのようなお料理には隠し味に日本酒を使っていて、
深い味わいが際立っていました。
豚足のシチューは片道3時間もかけて食べにくるファンもいるとのこと。
そしてここも料金はとても良心的!
久々に大満足の外食でした♪あああ、美味しかった。
ディナーが終わったのは夜中12時半。。。
「私たちにとっては普通よ〜。明日も仕事だけど、問題なし!」
と言って、みんな元気に帰っていきました。たくましい〜!

201510261852228ca.jpg20151022222951510.jpg
20151022222546f9b.jpg201510222225414aa.jpg





セビリアではシエスタ(昼食後の昼寝)をとります。
2〜5時くらいの間にはお店も閉まっています。
昼寝をするかどうかはそれぞれですが
夏は暑すぎて外出も難しいので
涼しくなる夕方まで体力を温存するというのがシエスタの意図。
私たちの滞在中、38度まで気温が上がった日があり
私たちもさすがに疲れて宿に帰って休みました。




宿はアレハンドロの自宅。
アレハンドロは主人の大学院時代のクラスメートです。
一週間お世話になったお礼に、お寿司を作りました!
お米や海苔など、主な材料はロンドンの自宅から持ってきました。
新鮮なマグロやサーモンは大きな魚屋さんで生食できるかきいて
仕入れました。
今回は簡単に手巻き寿司でおもてなし♪
アレハンドロもラファもお寿司が大好き!
ケンブリッジ時代に私のお寿司レッスンに来てくれたのですが
それ以来何度か作ってくれていたようです!嬉しいな〜^^

2015102618520300e.jpg



「お寿司のお礼に今度は僕たちがおもてなしするね」と、
最終日には彼らがスペイン料理を作ってくれました!
それじゃ私たちのお礼にならないよ〜と言ったのですが、
彼らの気持ちも嬉しくて。
作ってくれたのはシーフードたっぷりのパエリアと
暑い日にぴったりのサルモレホ♪
こだわりのある男性が作るお料理、絶品でした!!!
↓たくさんの貝類、アレハンドロとパエリア。

20151026185428cae.jpg201510222229499a2.jpg




初めて会った時には少し泣いたけど
帰る頃にはすっかりラファになついた娘。
ラフな石畳が多いので私に代わっていつもラファがベビーカーを押してくれました。
娘はラファの歌を聴き、手遊びをしてもらい
とても可愛がってもらいました。
私はその景色がすごく愛おしくて、ずっと見ていたいくらいでした。

20151022222704b1c.jpg




再会に感動し、セビリアの歴史と食に魅了され、
友人のおもてなしに心が温かくなった旅でした。
また是非是非行きたい場所です!!!
セビリア、ラファ、アレハンドロ、素敵な旅をありがとう♪






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1118-5f390416

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。