スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナニー2回目 

20160701061652c09.jpg




先日のイギリスの国民投票で「EU離脱」支持が「残留」を上回り
この10日間でイギリスは激動しています。





今のところ我が家に直接影響はないですが
ロンドンは7割以上の有権者が「残留」を支持していたので
ショックが大きく、友人との会話もこの事が目立ちます。
ただ、状況を紐解いていくにつれ、地方、首都圏、EU、政治など
それぞれの問題点が見えてきて
今は少し冷静に現実を見られるようになりました。
とにかく今後の動向をしっかりと見て
私たちも近い将来のことを考え直したいと思っています。



さてさて!先週、またナニーさんに娘を1時間預けました。
前回の1回目は前夜眠りが浅いほど緊張していて
お迎えに行った後から様々なことを考えさせられました。
メールやメッセージ、そしてフェイスブックではたくさんのコメントを頂き
みなさんの経験談をシェアして頂き、本当にありがとうございました!




今回はナニーシェアではなく、一対一で
いつもの公園に連れていってもらいました。
前日から
「明日はダニエラと一緒に公園で遊ぶよ〜!
とっても楽しいよ。ダニエラは抱っこもしてくれるし、
お歌も歌ってくれるし、ブランコも一緒にやってくれる。
ママは一時間後に必ずお迎えに行くからね。」
と、ダニエラがとってもいい人で楽しい時間を作ってくれることを
言い聞かせし、私が迎えに行くことも伝えました。
娘は黙って聞いていました。表情も変えず何も言わずに黙っていました。




当日、「ママは一緒に公園に行けないから、ダニエラと行こうか♪」と
言い聞かせ。
毎日のように会うママ友でさえ抱っこされるとすぐに「ママ〜」と言うのに
ダニエラが抱っこしたら全く抵抗せず、何も言わず、少し緊張した笑顔を見せました。
玄関先で別れる時には泣き顔で「ママ!」と手を伸ばしていましたが、
公園を見たらすぐに泣きやんだ様子。
玄関からのぞいたら、ダニエラに抱っこされて何やら話しをしてる。
10分後、ダニエラからメッセージ。
「今日は全然泣かないし、大丈夫そう!」とのこと。ほっと一息。
送られてきた写真を見ても笑ってる!よかった〜!!!
↓玄関先で
20160701060640331.jpg




1時間後、娘を迎えに公園へ。1時間ってあっという間!
遠くから見える娘が楽しそうにダニエラと歩いていました。
私が見えると、キャキャキャ〜と声を上げながら走ってきました。
「ずっとご機嫌だったよ〜!」との報告。
娘も「ダニエヤ、ダニエヤ」と言って何か話したい様子。
2回目でこんなに慣れるなんて!!!
なじみの公園、そして一対一だからダニエラを独占できたのがよかったのかな。




ダニエラが「りんごとおにぎりを食べて、それからこのお菓子も食べた」
と、食べたものを説明してくれました。
なるほどね〜!
食いしん坊の娘なので、何か食べていたからご機嫌だったのもある!
「これはどうしてもっていう時の緊急用ね」と言って渡しておいた
オーガニックのスナック菓子(一度あげた時にぺろりと完食したもの)も食べさせて
もらったらしく、そういえば口の周りに人参パウダーがついていました^^;




とにかく、元気に楽しい時間を過ごしてくれて本当によかった〜!!!
娘が本当に楽しかったかどうかはわからないけど、
私の為に娘が協力してくれて、とっても助かりました。




育児をしていて、娘にどう接していいか迷いがあった時、
私は上の写真の本を読み返します。
もう何度も読んでいるのですが、
その時その時の状況に呼応する部分しか頭に入ってこないので
また読み直し。
語りかけられるように書かれているので読みやすく、
視野が狭くなって神経質になりがちな私をほっとさせてくれる言葉が多くて
いつも学ばせて頂いています。




たくさんのことが書かれていますが、軸にある教えの一つは
「子供は自分の欲求がいつもしっかり受けとめられ
十二分に愛され保護されることで、自分が生まれてきた世界への
基本的信頼感と、自分の存在に対する自信を獲得して成長していく。」
ということ。
この教えは私も主人も大切にしています。




この本は大好きな先輩からのプレゼント。
(Yさん、いつもYさんを思い出しながら読ませて頂いてます!)
前回の記事を読んで下さり、
ご自身の経験から温かいメッセージをくださいました。
「まず、子どもは、預ければやはり泣く(笑)。
そして泣くのは辛いけど、それは良い育児をしているという裏返し
でもあると思う、、、(中略)
子どものためではなく、子どもに頑張ってもらう、が、預ける時の
正しいというか、心構え。」
私の背中をぽんと押してくださったような気がして、
とても有り難いメッセージでした!



二人の息子を持つイスラエル人の友人からは
「劣悪な環境と最悪な人に預けるわけでないし、
マキが思っているほどこの子は辛くないと思う。
もしかしたらママと離れて、新しい世界を見られたら子供も喜ぶんじゃない。
ダニエラ、私を連れ出してくれててありがとう〜♪って言ってくるかもよ!」
と、言われて気持ちが楽になりました。



一つの山を越えた気分。
きっとこんな思いも娘が大きくなったら
ちっぽけなことだったな〜と思うのかもしれませんね。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1140-49be5e27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。