夏の野菜たち 

20160712061535915.jpg20160712061435382.jpg
20160712061035645.jpg201607120612035cc.jpg




7月に入ってロンドンにも夏日が♪
夏の日差しはとっても嬉しいけど、ほとんどの家で冷房のないロンドンでは
30度を超えると辛い。。。
子供達が利用する施設でも冷房を完備していない場所があり、
窓を全部開放して扇風機全開で対応していました。
イギリスで迎える夏は6回目ですが、少しずつ暑い日が増えてる気がします。




前回は夏らしい果物をご紹介したので、今回は最近食べたお野菜を。
写真左上はチコリーです。
ヨーロッパ原産の野菜で、食べている部分は「芽」。
日に当てずに育てることで白く柔らかくなるのだそうです。
特徴は何と言っても苦味、私は大人になるまで美味しいと感じませんでした。
今は大好き!!!
特に夏には多く出回るので、旬のうちに美味しく頂いています♪



夏は心臓の季節です。
暑くなり血液循環が活発になって心臓は大忙し、
暑い場所に長時間いるのは心臓の負担になります。
そんな心臓をいたわる味が「苦味」なのです。
苦味には体の熱を冷ましてくれる作用があります。
夏にゴーヤや苦いビールが美味しいのも納得!



チコリーは友人に頂いたシチリアの美味しい美味しいオリーブオイルと
シチリアの塩の組み合わせが大好き〜♪
このオリーブオイルはコールドプレス、青臭さが残っていてほろ苦さがあります。
チコリーとオリーブオイルの苦味が合わさって最高です!
塩とオリーブオイルだけなのに贅沢な一品。
主人と私が大好きな夏のサラダです。




写真右上はチャイナローズスプラウトとランボースプラウト。
自然食品店でいつも買うのはブロッコリーかアルファルファのスプラウトですが、
夏になってからこのピンク&紫のものが登場しました!
茎の部分はピンクで葉っぱが緑、その組み合わせがキレイ〜
ぐんぐんと芽を出すスプラウト系は体の中からも毒素を排出したい春に対応する
食べ物ですが、夏に食べてももちろん美味しい!
娘にはお味噌汁に入れたり茹でてあげました。




写真下は冷奴と青じそ、ふき。
ケンブリッジに住んでいる友人が青じその苗とふきを届けてくれました!!!
どちらもフレッシュだからこそ堪能できる香りが絶品のお野菜。
ケンブリッジ在住の頃からその友人には毎年のようにふきを頂いていて、
まさかイギリスでふきが食べられるなんて思ってもいなかった私には
涙が出るほど嬉しいもの。
そして青じそ、夏には毎日食べたいくらい大好き〜!




青じその苗はさっそくプランターに植えて、日の当たる場所におきました。
さっそく葉を大きく茂らせて今までに10枚ほど収穫できました♪
殺菌作用や防腐作用がある青じそ、同じ作用のある梅干と一緒に混ぜて
おにぎりすれば外でのお弁当にもぴったり!
娘にはシソの香りは少し早かったかな〜。




ふきは長めに切って塩でゴリゴリと表面を板ずりしてから下茹で。
こうすると色がキレイに、アクもしみだします。
沸騰したお湯にふきを入れて再沸騰してから約2〜3分ほど茹で、
水で冷まします。それから皮をむいて下ごしらえ完成。
結構手間がかかりますが、下ごしらえが必要な食材を料理する時間があることに
なぜか幸せを感じてしまいます。。。
適当な大きさに切ってごま油で炒め、醤油で味付けしました。
クセや苦味があるのに、娘は美味しそうに食べていました!
薄味のものをあげたのですが、何が美味しかったのだろう?





夏のお野菜を美味しく食べて、元気に過ごしましょう〜!!!




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1141-d6cfbabb