子供のアートイベント 

20170425194022a58.jpg20170425194052a24.jpg
201704251937337a9.jpg20170425193758b6f.jpg




イギリスの美術館・博物館の多くでは、週末になると
子供向けのアートイベントを開催しています。
(平日開催しているところもあり)
そしてさらに嬉しいことに無料イベントがたくさん!




今月前半は娘のナーサリーが休みということもあり、
立て続けに二つ参加しました。
上の二つの写真はナショナルギャラリーの「Magic carpet storytelling」(無料)。
魔法のカーペットが降り立った絵の前に座って、
その絵にまつわるお話を聞きます。
この日はジャン・シメオン・シャルダンの女教師と生徒を描いた作品でした。




集合場所から全員でその絵の前に移動するのですが、
「魔法のカーペットはどこに飛んで行ったかな〜?」と、先生が誘導し
子供たちと一緒に館内を歩きながら探します。
カーペットをみんなで広げて座り、先生がお話を始めます。
「この人は何を持ってる?」「何色の服かな?」
など、子供たちにたくさんの質問をしながら絵の説明。
その他にも
「ららら〜♪、こんな風に歌ってたのかもね。みんなで歌ってみよう!」と、
常に子供たちを参加させてくれます。




娘は初め恥ずかしがって私と主人から離れなかったのですが、
先生が名前を呼んでくれたのが嬉しかったようで少しずつ打ち解けていました。
大きい子供たちが黙ってお話を聞いたり、発言している様子を見たりすることも
いい刺激になったようです。
娘は絵画自体に興味がある様子ではないのですが、
自分の知っているもの(馬、犬、食べ物など)を見つけると嬉しいようで
立ち止まってみています。



ナショナルギャラリーのイベントは娘が赤ちゃんの頃に何度か参加しましたが
部屋に閉じこもって遊ばせるもので、物足りない感じでした。
マジックカーペットのイベントはなかなか予約が取れずだったのですが、
念願(私と主人の)叶ってようやく参加できました〜!
(事前にネットで予約)
次はマジックカーペットの音楽版に参加したいと思っています。





先週末はバービカンでのイベントに行ってきました!
バービカンでは戦後の日本住宅建築展を開催していて、
それに付随した子供たちのイベントがあったのです(無料)。
(The Japanese House Architecture and Life after 1945)
201704251943211c5.jpg




コンクリートジュエリーを作っているデザイナーの方が主催した
小さなコンクリートと木片で民家を作るワークショップや、
和紙を使って茶室を作るワークショップ、
そして影絵を作るワークショップもありました。
201704251939043fc.jpg



私たちは友人家族と共に影絵を作ってきました!
針金ハンガーを伸ばして、わら半紙を張り
そこに黒い紙を切り取ったモチーフを張りつけ、
裏に透明の色紙や柄のついた紙、シールなどを貼り付けていきます。
光にかざすとカラフルな色紙は透けて見え、黒いモチーフを際立たせてくれます。

20170425193848791.jpg201704251938184ac.jpg




身近なものを利用した影絵のアイデア、家でもできそう!!!
はさみを使ってチョキチョキ紙を切り取り
ノリやテープを使ってペタペタ貼り付ける作業は
娘も大好き!
大部分は主人が作りましたが、、、
娘も工作を楽しんでいました♪




話は変わりますが、、、
一緒に行ったのは以前私のマクロビオティッククラスに参加してくださった
イギリス人夫婦。今や二人のパパとママになっているのですが、
ご主人のサーシャが参加しているバンドが日本でCDデビューをするとのこと!!!
サーシャはFormationというバンドのキーボードを担当しています。
https://www.youtube.com/watch?v=BRadZghXBz8
5月には来日して東京でライブをするそうです♪
ロックだけど透明感があってカッコイイ音楽です、是非聞いてみてください〜!

20170425194243856.jpg


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/1159-81d81d58