スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心のサプリメント 

IMG_4103.jpg


写真:イサムノグチの作品(シアトル)


昨日はG-Veggieの佳子さんと一緒にクラシックを聴きに行きました。


「アジア ユース オーケストラ」と言って、オーケストラのメンバーは全て20歳以下のアジアの若者。

日本、中国、台湾、香港、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、タイ、ベトナム、インドネシアから厳しいオーディションを経て選出されます。


約100人の若者は、20歳以下と言えども才能はかなりのものです!!

去年も聴きに行ったのですが、今年は更にパワーアップしていました。

3週間のリハーサルキャンプをして、国際的に活躍する著名な指揮者やソリストと共に、3週間かけてアジアを周って公演します。


「アジアの優秀な才能を集めて開花させ、それぞれの地域を音楽で結びつけよう!」

プロデューサー兼指揮者のリチャードさんは、そんな思いでこのオーケストラを始めたそうです。

今回の公演で17回目、17年続いています。

リチャードさんはアメリカ人。
アジア各国に30年住んでいたことから、日本語と中国語はペラペラです。

公演の始めには、ジョークを交えながらの彼の挨拶で会場も和みました。


指揮をする彼を見て、「音楽が生きている」と、感じました。


彼は63歳ながら、とってもパワフル。
アジア各国で客員教授として音楽を教え、音楽関係の批評家としても各誌で活躍しています。
56歳の時に個人パイロットの免許も獲得!



そんな彼は全身で音楽を表現します。


指揮棒が踊ります♪


小さい動き、大きな動き、手先の微妙な滑らかさと力強さ、ひざのバネ、息使い、・・・

顔の表情も、とても豊か。

軽快なリズムの時は、こぼれる笑顔が見えます。腰もフリフリして、ノッてます。

ゆっくりしたメロディの時は、表情も静かで穏やか。手の動きも女性らしくしなやかです。


そうやって、みんなの心と体を動かしているんですね。


メンバーは彼を中心に一体となって、音楽を作り上げます。


・・・・・・

そんな音楽を聴いて、昨日はすごく気持ち良い眠りにつきました。


心に栄養をもらった気がします。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/119-cac33b9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。