スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クシマクロビオティックアカデミー 

  IMG_8845.jpg

  IMG_8847.jpg  IMG_8852.jpg

写真:黒米入り玄米ごはん、レンコンの味噌和え、ぬか漬け、ひじきの煮物、ごま塩、
    納豆、おすまし




今日はBasic1の第二回調理実習でした。




第一回の時同様、シンプル且つ日々のお料理に役立つ大切なメニューが並びます。




穀物料理は玄米に黒米を入れて、カムカム鍋で炊きました。

カムカム鍋とは・・・


カムカム鍋


遠赤外線効果のある黒塗り圧力鍋用陶器製内鍋です。



ごはんの炊き方は・・・
 
  ・通常通りに玄米を洗って、水を量ってカムカム鍋にセットして一晩浸水します。
   (今日は玄米4カップに対して水5カップを入れました。)

  ・深い圧力鍋に3~5cm水を入れます。

  ・そこにカムカム鍋を入れます。

  ・玄米に塩を加えます(1カップにつきひとつまみくらい)。

  ・カムカム鍋のふたをし、圧力鍋のふたをし、火にかけます。

  ・圧力が上がったら弱火にして約30~50分炊きます。

  ・コンロからおろして蒸らします。





こうしてできたご飯は、ふっくらしていて優しい仕上がりです♪
圧力で炊くモッチリさはありませんが、落ち着いたエネルギーが感じられます。


アメリカKIの先生にカムカム鍋を勧められましたが、私は持っていません。
同じような玄米が食べたい時には土鍋でゆっくり炊いたりします。






カムカム鍋で炊く特徴は(他のサイトより、まとめてみました)・・・

  ・焦げ付かない!
  
  ・対流がおきないため、小豆ごはんと普通のごはんが同時に混ざりあわずに
   炊けたりするそうです。

  ・アルミ合金やステンレスの金属イオンや、ゴムパッキンの臭いが直接お米に
   触れないので、香りのよいごはんが炊きあがります。

  ・陶器製なので、長くごはんを入れておいてもイヤな臭いがつきません。
   そのまま食卓に出して使えます。

  ・ごはんが乾かないので、こびりつく心配もなく後始末がとってもラク!

  ・1カップだけ、という少量でも美味しく炊ける!




こんなメリットがあるんですね~




・・・・・



最近の私は、食事中の全粒穀物は麦系が多いです。


大麦、小麦、それらの加工品(パスタ、パン、クスクス・・・)などばかりが食べやすくて、美味しいです♪


春なので、玄米よりも軽めのエネルギーの麦が食べやすいのだろうと思いますが、
麦系のお料理は脂質や油が増えるので注意しなきゃっ



春に関連している臓器:肝臓や胆のうは油を取りすぎると影響が出ます。



ちなみに油と塩分(脂質とミネラル)は相乗します。
どちらかが増えると、もう片方も増えます。


肝臓が弱っているとナッツが欲しくなったりもします。


生徒さんの質問や悩み相談で「ナッツがやめられない」という方がけっこう多いです。
ナッツの脂肪は動物性の脂肪と似ているので、食べ過ぎには気をつけましょー


私もその一人だったりして(苦笑)。
私はナッツのクレービングがあった時には、歯ごたえのある青菜を食べたり、
ナッツよりも脂質が少なくてミネラルが多いかぼちゃの種などを食べたりします。




そそ、春は排毒!排毒!
小食とよく体を動かすことも忘れないようにしなきゃっ





*********************************************

講演会 『環境』という食べ物
・5月10日(土)11:00~14:00
・オーガニックカフェ メリッサ
 (神谷町駅 徒歩3分)
・受講料 5250円

詳細はコチラからご覧ください!
*********************************************



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/213-a79f903b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。