直樹さん、ありがとうございました! 

  IMG_9041.jpg






土曜日は直樹さんの講演会でした。




冷たい雨が降る中お越し下さった皆さま、ありがとうございました!




直樹さんには2年半ぶりにお会いしました。
元気そうな笑顔と優しい声は全く変わっていませんでした。




『「環境」という食べ物』 という題でお話をしてくださいました。




 自分の内側の環境とは?

 身体の中の環境はどのように調えていったらよいか?

 外側の環境とは?

 刻々と変わりゆく外側の環境は変えることができるのか?

 内側と外側の環境を合わせていくこととは、どういうことか?

 ・・・





陰陽理論や具体的な食べ物の例を挙げながら、直樹さんのお話は進んでいきました。




KIのクラスで頭にたくさんの豆電球が光ったことを思い出しながら、直樹さんの興味深い話を聞いていました。






直樹さんの話を聞いて、色々考えさせられました。






私達の身体の中の「環境」は食べ物・取り入れるもので出来ています。
その取り入れる食べ物などの「環境」は、どんどん変化していっています。




身体の環境は外側の環境を凝縮したもの、と言うこともできると思います。
環境が急速に変わっていくことで、私達の身体にも精神的・肉体的な変化があわられていますよね。
新しい病気が増えていることもその一つだと思います。





地球環境は明らかに窮地に立たされていると思います。
あらゆる生物も、植物も、人間も、空気も、水も。




私達は

 何を食べてきたのか?
 どういう環境で生活をしているのか?

ということをひもといていくと、自分自身の内側の環境を知ることができます。




外側のあまりにも大きな自然環境を変えようという視点で考えていくと、途方にくれてしまうかもしれません。
でも、私達の内側とつながっているのです。



私たち一人ひとりが自分の環境を整えていくという考えで行動していくことは、外の環境を整えていくことになるはずです。





一人ひとりの力は大きな力を生み出します。

すぐにできることは、
 
 自分自身を変えていくこと。
 自分自身を大切にすること。

もちろんそれはエゴではなく、大切にするという気持ちが自分から発信して大きなスパイラルとなって周りに影響していくような力が生まれると思うのです。





・・・・・




KIにいた時、直樹さんはたくさんの宿題を出しました。


「トマトはなぜ赤いの?」
「大陸はどうして上の方が広がっているの?」
「エゴって何?」
「恐竜はなぜ滅びたのか?」
「赤ちゃんがお腹にいる期間はどうして約9か月なの?」



などなど・・・



これらの宿題は自分で納得した答えを出したものもあるし、まだ考え中なものもあります(3年考えています:笑)。



講演会の後、直樹さんは笑って話しました。


 「宿題の答えは用意していませんよ。私もずっと考えています。
  大切なのは、考えること。
  自分で、考えることです。
  考えるプロセスの中で、たくさんの発見があるはずです。
  考えなさい。悩みなさい。ご苦労様です。」


そう言って、とびきりの笑顔で高らかに笑っていました。




直樹さんに答えを伝えにいくドキドキ感、
自分の答えに突っ込みを入れられて、これは答えではないと分かった時の落ち込み、
直樹さんが考えた答えを聞いた時のショック、




KIの思い出話をしながら、直樹さんとの楽しい時間を過ごしました。




直樹さん、ありがとうございました!!!







 

コメント

直樹先生の講義は面白かったです。
まじめに考えされられました。

真紀子先生の交友関係の広さに驚かされてしまいます。

ひろみぃさん

いらして頂き、ありがとうございました!
毎度ひろみぃさんに会う度に笑顔がどんどん素敵になっていくのを感じます♪

直樹さんの話、面白かったですね~

また機会がありましたら是非いらしてくださいね^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/226-53e600b7

『環境』という食べ物 (05/10/08)

今日はあいにくの雨の中、神谷町へ。 アメリカのKushi Institute講師である坂口直樹さんの講演会に参加した。 思い起こせば坂口直樹氏とはじめてお会いしたのは、以前大変お世話になったNatural Flowの小堀真紀子さんのお教室でだった。もう2年以上前のこと。 当

  • [2008/05/12 20:48]
  • URL |
  • Table sous le soleil |
  • TOP ▲