スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオス:国境越え 

★8月13日の記事をアップしました!
★この記事の写真をアップしました!



  IMG_0304.jpg




お久しぶりですーーー!




今、ラオスという国のルアンパバーンという世界遺産の町にいます。


タイからバスとボートを乗り継いで、けっこう過酷な移動をしてきました。


昨日、今日はやっと2泊連続でベッドで眠れました~





移動の話は写真を交えて後ほどご報告いたしますね。


ここではタイからラオスへの国境越えについての
ツーリストインフォメーションを書こうと思います。
(国の情勢や諸事情によって変更もありえます)



■タイ:チェンコーンからラオス:ファイサーイへ

  チェンマイからバスに乗ってチェンコーンへの直行バスに乗る場合は、
  バスが出る1時間くらい前にバスターミナルに行って予約をするとよい。
  (一日2本、朝8;30くらいと昼1;30くらい)

  チェンライ経由でも乗り継いでチェンコーンへ行ける。
  バスで降ろされたら大体トゥクトゥクが待っているので、国境まで行く。
  (距離にしてはちょっと高い代金を行ってくるので、落ち着いて交渉するといいかも)

  IMG_0229.jpg




  国境は18時くらいまで開いている。
  船でラオスに連れて行ってくれる。
  (船代がかかる、大きな荷物も料金の対象になる。一人20B、荷物10B。
   料金表などないテントのところでおばちゃんが回収してるが、
   地元の人たちも払っていた。)

  ラオス側のイミグレで16時~手数料として一人20B徴収される。

  ファイサーイの町はとっても小さく、一本道の両端にすべてがあるようなところ。
  タイの通貨;バーツBやアメリカドルも使えるが、
  ラオスに何日か滞在するなら両替した方がいいかも。
  ファイサーイではイミグレ近くの両替所が一番レートがよかった。



  宿はメインストリートを左に3分くらい行った左側にある
  サバイディーゲストハウスがきれいでホットシャワー使えていところだった~。
  (朝はにわとりの声で起こされるかもしれないので、耳栓があると便利)
  
  IMG_0250.jpg




  ファイサーイのボート乗り場はスピードボートとスローボートで分かれている。
  いずれも徒歩で行ける距離。

  スローボートは10;30発と言われていたが、人によって言っていることが違うので、
  9時くらいに岸へ行って朝食を食べながら待っていてもいいかも。
  (ファイサーイからルアンパバーンまで900B)

  岸には食べられるところがある。
  内容はフランスパンのサンドイッチが主な食事。
  お菓子、水、飲み物なども売っているので、船で約8時間の旅に備えるといい。
  (途中、現地の子供たちが乗船してお菓子やバナナなどを売りにくる)




  お勧めの船のお供は・・・フレッシュなもの!

  混んでいる時には船の小さな椅子に缶詰状態になるので、
  フレッシュなフルーツや野菜サンドを買ってリフレッシュするのがお勧め♪

  それからエアー枕(腰やおしりが痛くなった時にもよい)、お菓子、水分、
  本、日よけ、冬なら防寒着など。
  




  途中でパークベンという町に寄って一泊する。
 
  船着場に宿の客引きがいるのでいくらか聞いて宿をすぐに決めたほうがいいかも。
  もし、船の乗客が混んでいるようだったら宿は早い者勝ちになってしまう。
  心配だったらちょっといいところの宿を前もって予約しておくと安心。
  
  パークベンでは相当いいところでないとホットシャワーは期待できない。
  夏なら水のシャワーでもぎりぎりOKかな。。。

  安宿なら200B~400Bで泊まれる。
  私はMonsavanhというところに宿泊:200B(交渉後)。


  IMG_0384.jpg





  宿の正面のPinekhamというカフェで食事をした。
  オーナーが一生懸命で、いろんな注文に快くこたえてくれた。
  本棚があり、古本を持っていくと朝食か夕食とトレードしてくれる。
  
  IMG_0378.jpg



  
  食事処はけっこうある。
  メイン通りの右奥には市場があり、地元の人々の生活が見えるかも。

  パークベンからルアンパバーンへの約8時間に備えて、
  カフェでサンドイッチを作ってもらったり、お菓子やフルーツを購入しておくと良い。





  ここまでの道のり、数日前に経験した私たちの時には
  船は満々席で、荷物置き場の上にまで人があふれていた。

  雨季ということもあり、川は増水して川岸は泥でべちゃべちゃ。
  ラオスのイミグレも浸水、Duty Free Shop は川底で見えなくなっていた。。。

  IMG_0249.jpg



  パークベンの道路も浸水していて、歩けないところは町の人が船を出してくれていた。





  パークベンからルアンパバーンの船も満々席。
  雨あり、暑さあり、すばらしい景色とそよ風ありの1泊2日の旅。

  ルアンパバーンに着く頃には、ちょっとハードで貴重な船旅を経験した仲間同士、
  見えない絆が生まれていたりする。

  話して仲良くなった人たち以外にも、
  ルアンパバーンの街角で船が一緒だった人に会うと自然とお互い挨拶をしてしまう。


  もう少し船が空いていたら、体は楽だったかもしれないけど、
  その分たくさんの仲間ができた旅だった。


  IMG_0288.jpg



・・・・・



今夜のバスでラオスの首都;ビエンチャンに行きます。



旅が始まってまだ10日なのに、出来事が起こりすぎて毎日刺激を受けています!
(刺激がありすぎ?かも) 


書きたいことがたーーーくさんあるので、
どこかで時間を見つけて書けたらいいなと思います。



では、また~♪



 
    

コメント

楽しんで!

旅はじまってるね~。
私は昨夜、ハワイから戻ったけど、気分はまだハワイ♪
出発直前にバタバタとあり、
これからの流れが変わる兆候が。
今までの蓄積が、流れを変えつつあるのを感じたわ。
また報告するね。

ではでは、楽しんで!

楽しそう~!

お久しぶりでーす!アジアの雰囲気につられてやってきました(笑)
バス移動ですか!頑張りましたね~!
私は同じルートを寝台列車で行ったことがあります。
懐かしいなぁ~。

7年前のビエンチャンは、首都なのに車もろくに
走ってなかったですけど(笑)、
今はもう発展しているのかしら?
今後のご報告も楽しみにしてます!!

natsuさん

ハワイからお帰りなさい♪
私は今ラオスの首都ビエンチャンにいます。
ハワイとは同じくらいの暑さだけど、湿気もあって日本を思い出す陽気です。
またブログで色々報告するね~!

ミヤハラさん

コメントありがとうございます!

今のビエンチャンはどんどん変わっていますよ~

車もたくさんだし(排気ガスも)、おしゃれなカフェやお店もできてるし、物価も高くなってるし。

でも、首都なのに歩いて回れてしまうコンパクトさは変わらないですね^^

今から寝台列車でバンコクに向かいます。
きっとミヤハラさんが経験した逆の方向から旅をしていますね。

バスには疲れたので、電車でのんびり揺られたいです~

バンコクについたら色々記事をアップしますね♪


きゃーー。

想像するだけでとても暑くて大変そうだけど、なんかそんな感じがいいのよねぇ。こんな旅そうそうできないね!!
思いっきり楽しんじゃってね★
つぎはどこに行くのかしら~?

yuki tsuruさん

はっろ~

今朝バンコクに着きました。
寝台列車は楽チンで楽しかったわー

今日はゆっくりのんびり疲れを癒して、明日から次の国:スリランカへの準備をします♪

タイからラオスの旅、由希にもお勧めよ!!!

わー!

真紀子先生☆

ご無沙汰しております。
Natural Flow のお教室へ何度か通わせて頂いた会美です。
(思い出してもらえますかな。。。?)

ずっと忙しくて、しばらくぶりにこちらのブログをのぞいてみたら、なんと!!世界一周をされている最中なんですね!!しかも、婚約指輪の代わりだなんて、なんてロマンティックなアイディア! 真紀子先生にお似合いな素敵なパートナーですね♪ 本当におめでとうございます☆

今後の各地からのレポート、楽しみにしてます!
Bon voyage!!
emi :)

emiさん

もちろん覚えていますよー!!!
ご無沙汰しております^^

地球一周のリングはそう簡単には作れないけど、少しずつ形を作って彩っていきたいです。

会美さんも世界各国を訪れていらっしゃると思いますので、各地で何かアドバイスがありましたら教えてくださいね♪

日本もまだまだ暑いのかしら?
体を大切に、楽しい夏を!!!

またブログに遊びにきてください~^^



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/268-1507d8bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。