スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカ:情報は偉大なり 

 IMG_0965.jpg  IMG_0912.jpg

 IMG_0997.jpg  IMG_0963.jpg
写真:左上ーキャンディの寺院にて。
    右上ーコロンボからキャンディへの電車からの風景。絶景です!
    左下ーイギリス風のガーデン。
    右下ー寺院にお供えする花をたくさん持った女性達。




3カ国目、スリランカです~!




「4日間の滞在だからガイドブックなしでもいけるよね~」
っと、ほぼ何の情報もなく夜中の空港に降り立ちました。




結果的には、情報の大切さを痛感することになりました。。。
スリランカに限ってのことではないかもしれませんが、
私達が経験したことと情報を交えて書きますね。





・・・・・・



タイからコロンボへはスリランカ航空を利用。
CAの制服は伝統的な服からデザインしたもので、エキゾチック~
キャビンはちょっとスパイスの香りがして、さっそく異国気分になりました。



飛行機のミールは「ベジタリアン」か「ノンベジタリアン(チキンでした)」のチョイスなんですよ~
ベジタリアンが多いところなんですね。



イミグレを通ってすぐのところに酒類やたばこが売っているDFSがあるのですが、
その横にはテレビや洗濯機などの電化製品が売っている店もあり、
不思議な空間でした。



ちなみにここの酒類はけっこう安いんだそうです。




荷物を取って到着ロビーに出ると、
左にツーリストインフォメーションがあります。




まずはそこでホテルや各地の移動について質問してみました。
 
 「空港にある代理店でホテルの手配や国内ツアーを申し込むと安上がりで便利」

とのことでした。



代理店デスクに近寄ってみると、すぐにあれやこれやと話しかけてきます。
ちょっとしつこさを感じた私達は、初めから疑いの目で見ていました。





彼らに安い宿をリクエストしてみると

 「その予算では無理。せめてこのホテルが良いよ。
 それから明日からプライベートタクシーでツアーも組んであげるけどどう?」

と、私達の意図から離れた提案をしてきたので、
これは信用できん!と、とりあえずタクシーでコロンボの街に出て自分達で探すことにしました。




到着ロビーは現地の人かモルジブへの乗り継ぎ客ばかりでした。
そこへ一人でホテルの代理店ブースに現れた青年を発見。
さっそく声をかけ、一緒にタクシーをシェアして街まで出ることにしました。




彼の名前はオマール、アメリカ人。
ハーバード大学で政治学を勉強している学生で、
夏休みを利用して世界各国を旅行中とのことでした。

私達の旅の話をすると、
「僕も去年世界一周チケットで旅をしたよ。アライアンスはどこ?」
と、旅慣れている様子。



スリランカの情報を聞くと、
「個人でホテルやツアーを予約する場合、空港の代理店でで申し込むのが便利で安いらしいよ」
とのこと。。。



ありゃりゃ、もう空港離れちゃったよ~



案の定、オマールのホテルに着いて私達も同じ値段(55USD)で
チェックインできるかどうか聞いてみたら

 「直接のチェックインは80ドルです。空港の代理店に申し込んでいれば55ドルです。」

とのことでした。




この時点で夜の23時。
コロンボの街はセキュリティが厳しく、300mおきくらいにセキュリティゲートがあって
軍隊によって取り締まりをしていました。


そこではすべての車と通行する者が止められ、
タクシーの運転手は免許証を見せてなにやら話しています。
片手に懐中電灯、もう片手には1mくらいの銃を持った兵士が
車内を照らして私達にパスポートの提示を求めたり話しかけてきます。
(大体はちょっと笑顔を見せてスムーズに通してくれます。)



街を歩いている人はほとんどいませんし、いても現地の男性ばかりでした。



こんな様子なので、歩いてホテルを探すなんで無理~!!!
タクシーの運転手さんに頼んでなんとか予算内のホテルを紹介してもらい、
無事に寝床を確保できたのでした。。。



暗闇の中、アーミー服と大きな銃で威嚇している兵士に(本当はただ見てるだけ)
何度も質問されていたせいか、その日の夜は怖くなってなかなか眠れませんでした。
(兵士達はみんな最後は微笑んで「おやすみ~」とか言ってくれた。)





・・・・・・


次の日、オマールと一緒に彼が泊まっている高級ホテルでランチをしました。
インド洋の波の音を聞きながら、ビュッフェランチを満喫(感涙)!!!
たまにの贅沢って、大切ね~

 IMG_0867.jpg


ビュッフェには赤米の玄米や、AGAR AGARという寒天もありました!
貴重な玄米補給。

 IMG_0864.jpg  IMG_0871.jpg




食事をしながらオマールと色々おしゃべりしました。
旅好きで、マニアックなくらい情報屋なオマール。
今回の旅もあらゆる情報を駆使して格安航空券を取り、
お得でゴージャスな旅を楽しんでいるようでした。


彼曰く、

 「スリランカで個人旅行を楽しむには、日にちを決めて車をチャーターし、
 運転手付きで国内を周ると旅がしやすいよ。

 公共交通機関だけを使って自分で歩くなら良いけど、
 それだと不便な場所も多い。

 ホテルは契約を組んでいる人を通して予約することによって安くなるので、
 個人で予約するメリットはないみたい。」

ということらしい。




なるほどね~
その情報も、情報の集め方も、情報の使い方も、
勉強になりました。







■最近食べたもの・・・赤玄米、きのこのソテー、ココナツカレー、ナスとスパイスの炒め物、
             レタス、トマト、クラッカー、ライ麦パン、ゼリー、りんご、オレンジ

■最近の体調・・・顔と手が黄色っぽい(肝臓の弱りか)
           

■参考info・・・空港の旅行代理店ではホテルだけ申し込もうとしてもツアーを勧誘してくる
         場合が多いので、興味がなかったらきちんと断ろう。

         夜に到着する場合には、一泊目だけでも決めていくとスムーズ。
         女性一人の場合、運転手付きのプライベートツアーでは2人きりなので注意が必要。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/275-dadff8aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。