スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド:ムンバイ・映画編 

  IMG_1217.jpg
写真:映画館から出てきた時の空







ムンバイに来ました!





Tarikaは
「ニューデリーがワシントンだとしたら、ムンバイはニューヨークね。」
と言っていました。
経済、商業、エンターテイメントなどが集中している大都市です。





電車で知り合ったイギリス人カップルに
「ムンバイではボリウッドムービーが盛んだよ!」
と教えてもらいました。




世界一の映画大国と言われるインドですが、
その中でもムンバイ(旧ボンベイ)では映画製作が盛んな街です。
その為、ハリウッドにちなんでボリウッドと呼ばれています。




私達はまず「Bachna Ae Haseenon」という映画を観てみました。




平日の夕方なのに、映画館は満員!
この映画は若者だけでなく家族で観られるということもあって大人気のようです。



本編前のコマーシャルが終わりに近づいた頃、
観客全員がいきなりバタバタっと立ち始めましたっ!



その勢いに圧倒されて、何がなんだか分からずに立ってみると
スクリーンには国旗が・・・そして音楽が流れてきました。



そう、国家斉唱です。
映画の前に国家を歌うとは、驚きました。
インド政府が行っているナショナリズム運動の一貫のようです。




インド、一瞬たりとも気が抜けません。。。




さて、映画はと言いますと、
3時間近くもあってとにかく長いのですが
物語を描きながら、音楽、歌、ダンスが繰り広げられ
観客を飽きさせません。




ボリウッド女優達はエキゾチックな顔立ちでスタイルも抜群!
そして歌もダンスもこなします。
ハリウッドに負けない勢いっ



インド映画は踊りばかりかと思っていたら、そうでもないんです~
ストーリーもちゃんとしていました。



言葉はヒンドゥー語が主で、字幕はありませんが
ところどころに英語が入ってくる、インド独特の会話をします。


 
そして内容はとてもシンプル。
両思いになったけど、遊んでフラれて、次の女の子に乗り換えて・・・など



あとはインド人観客のリアクションがとても分かりやすいので
ヒンドゥー語が分からなくても大まかに理解できるのが嬉しいです。



ちょっとしたギャグでも高らかに笑い、
危なそうな時にはキャーキャー言い、
キスシーンの時には恥ずかしそうにニヤニヤしています。



なんせ映画が長いので、途中に5分程度の休憩があります。



終った後も、もう一本観たりする人もいるんですって!
本当に映画好きなんですね~




そのイギリス人カップルは、ムンバイの街を歩いていた時に
ボリウッドムービーのエキストラにスカウトされたそうです。



朝の11時~夕方まで撮影するらしいのですが、
食事も出て、日給ももらえるんですって。



私達がムンバイにいた時も外国人がスカウトされていたのを目撃しました。



撮影はインドだけでなく世界中で行われているので、
もしかしたら日本にも来るかもしれませんね~





インド映画が意外にヒットしたので
デリーに帰った後もTarikaと一緒に「Rock on」を観ました。
ダンスはほとんどないのですが、
若者向け&ちょっと涙を誘われるような内容で
これまた面白かったです♪




日本でももっと公開されるといいのにな~
インド人の俳優も、韓流スターに負けずかっこよかったですよ!!!






*ムンバイでのテロはとても残念な出来事でした。
 二度とこのようなことが起こらないことを祈っております。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/300-df2f5133

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。