スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくらむ~ 

  IMG_6926.jpg  IMG_6927.jpg

  IMG_6960.jpg  IMG_6909.jpg





天然酵母からパンを作るって、楽しいですね~





以前はおかゆパン、干し柿酵母パン、酒粕パンなど、
気が向いた時にちょこっと作って楽しんでいましたが
最近では簡単にできると聞いたレーズン酵母を作ってパンを焼いています。





酵母の起こし方は本やネットにもたくさん出ていますが、
私が起こしたレーズン酵母の作り方を記載します~



本格的なものから比べるとかなり簡略化していますっ
簡単に、気軽に作って頂ければ嬉しいです♪




レーズン酵母
【材料】
 レーズン                  100g
 (オイルコーティングしていないもの)   
 水                      4カップ
 熱湯殺菌した瓶とふた          
 3日~1週間の時間!



【作り方】

 1、瓶にレーズンと水を入れて軽くふる。

 2、そのまま常温で3日~1週間程度おいておく。
   1日に1~2回ふたを空けて空気を入れ替える。

 3、レーズンが表面に上がってきて、シュワシュワっと泡立って、
   炭酸の香りがしてきたら出来上がり。
   冷蔵庫でそのまま保存する。
   毎日ふたをあけて空気を入れ替える。



 *表面やフタの口部分にカビが生えたらアウトかも・・・
   香りに敏感に!お酒のような発酵の香りではなく、腐敗臭だったら注意。
  
 *瓶の底にたまった白い沈殿物は酵母です。





パンを焼く
【材料】

 強力粉(全粒でも、そうでなくても)        1 1/2カップ
 地粉か薄力粉 (全粒でも、そうでなくても) 1/2カップ
 天然酵母液(レーズンも入ってOK)       水と同量で粉がまとまる量
 水                           酵母液と同量で粉がまとまる量
 塩                           小さじ1/3くらい
 てんさい糖                      小さじ1

 *オートミールを入れたり、ライ麦粉や玄米粉を入れたり
   オリーブオイルを加えたり、お好きなものを混ぜてみて!
   生地がまとまるように水分量を調整すれば、大丈夫だと思います。



【作り方】

 1、大きめのボールに粉類と塩、てんさい糖を入れて混ぜる。


 2、酵母液、水を加えて、全体がまとまるように混ぜ合わせる。
   手に少しくっつくくらいの水分量になったらボールかテーブルで
   約5~10分くらいこねる。
  
   *こねる時間が短くても美味しく出来ました。


 3、生地を丸くまとめて、表面をキレイに整え、ボールに入れてラップをする。
   室温で6~10時間くらいおく。
  
   *私は鍋でこねて、そのままおいてなべのふたをしています。
    今の季節だったら夜のうちにこねて、朝には丁度良く一時発酵しています。


 4、膨らんで一時発酵した生地を手で押さえて空気を抜くようにする。。
   二つくらいに生地を分け、それぞれ丸くまとめて再度ラップをしておいておく。
   このベンチタイムは約20~30分くらいでOK。
 

 5、成型。
   生地の空気を抜きつつお好きな形に成型し、オーブンシートを敷いた天板に乗せる。
   またラップや濡れ布巾などをかぶせて、今度は約1~3時間くらい二次発酵させる。

   *中に何か入れたい時にはこの時点で入れました。
    ナッツ、キャロブチップ(表面に出るようにすると焦げます)、
    ごまやかぼちゃの種、人参のみじん切り、シナモンなど、お好きに~


 6、膨らんだら、オーブンで180度30分で焼く。

   *私はうちの電気オーブンで、予熱なしで初めに200度で7分、
     その後190度で10分、その後180度で15分くらい焼いています。





写真のパンはペカンナッツ入りと、人参のみじん切りを入れてみました。




パンと合わせる食事は野菜たっぷりのスープ!
お味噌汁の味付けで、オレガノなどのハーブを少しと
仕上げに豆乳を入れたスープをパンに合わせてみました。
消化を助けてくれるスープ、体もホっとしますよね~




パンにつけるものは、
練りごまに水と白味噌と米飴を入れて混ぜたもの。それから無糖のジャム。




最近は2日に一度のペースでパンを焼いています。
部屋中に香りが広がってくる時は、とっても贅沢な時間♪






なんとも言えない幸せな時間が気にいって、
調子にのって食べ続けていました。
そしたら、大きな口内炎ができました。。。
この副産物は辛いです。





口の中に出来た内臓からの知らせは、
確実に食べ物に起因しているんだなと感じます。





もちろん口内炎の原因は様々だと思いますが、
一つの見方として、体の中に「湿」がたまると口内炎ができると聞いたことがあり、
その後から注意深く自分を観察していると、確かにと思えることが多いです。




・全体的に食べ過ぎで代謝がうまくいっていない、
・特に果物や甘いものの食べ過ぎ、
・食べ過ぎってことは活動量に対してなので、
 食べたものに見合う活動をしていない
 


などなど




オーブンで焼いたパンは熱を加えてできたもの。
消化の為にスープもお茶も飲んだりします。
そして粉系のものを食べると、
立て続けに粉系の食事やお菓子を食べたくなったりします。





そして粉類は体のなかで滞りを作ったりします。





その上代謝が見合ってないと、体の中に「湿」がたまり、
気の流れも内臓の動きも悪くなるという感じがします。




そういえば、アメリカのKIで先生に口内炎について
質問をしたことがありました。





その先生は口内炎になったことがないようで、
不思議そうに口内炎を見ていました。




何かお手当てはありますか?って聞いたら

 「とにかく、酸性になっているってことね。
  梅干を貼り付けてアルカリ性にしてみて♪」

と、笑顔で言われました。




もちろん恐ろしくてやっていません。




私の場合、治療法は半断食。
朝食を抜いたり、夕食を抜いたり、全体的に小食にしたりすると治りが早いです。






口内炎が治ったら、またパンを焼きたいな~






コメント

私も「パン作り」はまってしまいました♪
初心者&シンガの気温の高さへの恐れからホシノの酵母を使っています
自分で作ったもの、特に時間をかけたものは子供のようで可愛いですよね
口内炎が治ったら、また美味しいパンレシピをUPして下さいね
楽しみにしています

usako926さん

コメントありがとうございます!

酵母も一から育てると、愛情がわきますよね~
日本は過ごしやすい季節になりましたので色々試してみたいと思います!

今頃どちらにいるのかな~なんて地球儀を想像しています。

Take care and have lots of fun!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mazyorikaさん

コメントありがとうございます!

酵母の保存はその量や状態にもよりますので、様子をみてください。
カビ、香りなどを観察して判断されるといいと思います。発酵して冷蔵庫に入れたあと、大体1週間くらいでしょうか。
いつも干しぶどうも一緒にパンに練りこんでいます。
あいまいな答えで申し訳ないのですが、レーズン酵母について詳しく書かれているサイトや本がいくつかあると思うので、色々見て、経験してみてください。

私はお味噌はいつも冬に仕込んでいます。他の経験者に聞くと、どの季節に仕込んでも作れるようです。また申し訳ないのですがその場合の状態は分からないので、ご心配でしたら詳しくかかれているものでチェックしてみてください。
手作り味噌の味は格別なもの、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/344-b26b31ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。