スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠前の準備:妊娠・出産のイメージ 

  IMG_9071.jpg
写真:甥っ子たち






ここのところ、街を歩いていると
妊婦さんや赤ちゃん連れがよく目に入ります。




 お腹が大きい人、
 ベビーカーを押している人、
 子供と手をつないで歩いている人、
  「赤ちゃんがいます」のキーホルダーを付けている人、



よく見かけるな~ もはや少子化ではないな~
って勝手に思っていたのですが、自分の中で


   「子供を授かること」


を意識し始めたようで、
目のフィルターが「子供」をひっかけるようになっているみたいです。
10年前「子供は産まない」って言っていた自分が懐かしいです。。。




夫に話しをしたら
 「授かったらそれはいつでも嬉しい!!
  でも、今は少しこのままでいたい気もする・・・」

と言われました。




子供を作る、時期を考えて計画的に、いまできたら困る・・・
という風に考えるのはあまり好きではありません。
なので、いつでも大歓迎なのです。




そうだ!
いつ赤ちゃんが宿っても良いように、
いつでも赤ちゃんが来てくれるように、
今から自分自身の準備をしよう!!!




妊娠・出産について少しずつ勉強していこうと思っています。
なんせ経験のないことなので、先輩方からの知恵を学ぼうと思っております。



たくさんの妊娠・出産の雑誌や本が出ていますが、
私は主に「自然」をキーワードにした文献を集めて読んでみました。




それから、今までに聞いた講演会の資料やメモを読み直してみました。
身近にいる出産を体験した人々、マクロビオティックの先輩方など
たくさんの人に話しを聞きました。



マクロの先輩の特に橋本ちあきさん、宮里未央さん、中島デコさんのお言葉は
とても心強く、自分が想像している妊娠・出産に近いものを感じています。

 妊娠も出産も日々の営みの一ページだということ、
 新しい生命の誕生は深い感動と大きな喜びだということ、
 


私はこうした先輩方、友人・知人、家族など、あらゆる方々の経験を伺うことにより、
それらは大きな学びを得ていると思います。




それから、読み聞きしているだけでは
かなり頭でっかちになっていることも客観視しなければなりませんね。




こういう話題は繊細でプライベートなのかもしれませんが、

 陣痛が長くて辛かった、
 陣痛促進剤を使ってやっと出産した、
 切られた傷が痛い、


という話もよく聞きます。




もちろん、大きな感動に包まれなかった訳ではないし、喜びも大きかったでしょう。
現にそういう経験をシェアーしてくれた友人達も姉も
子供たちと一緒にとっても楽しそうな生活を送っています。




そういえば、私の中では妊娠・出産は
「我慢、忍耐、激痛・・・」という言葉も当てはまっています。
小学生の頃に聞いた「出産は鼻からスイカ・・・」という話から始まって
自分が生まれる時の話、メディアからの情報などで
そのようなイメージが作られたのでしょう。




我慢、忍耐、激痛」から「日常、感動、喜び」の間には
何があるんだろう?




まだまだ何も分かっていませんが、
少しずつ、色々な意見を伺いつつ、考え、
勉強していきたいと思います。





*このカテゴリーは自分の記録で、少しずつ書いていこうと思っております。

  不妊・妊娠・出産のご相談などは大変申し訳ないのですがお受け出来かねます。
 どうぞご了承ください。
 アドバイス、ご意見、ご感想などはコメントにて受け付けておりますので、
 どうぞ宜しくお願いいたします!!!


コメント

我慢、忍耐、激痛でけで妊娠期間がすぎるわけでもなく
日常、感動、喜びだけの育児生活でもなく、

つねに全部同時にありますよ。

全部ひっくるめて幸せなんじゃないですか(笑)

がんばるママさん

コメントをありがとうございます!

そうですよね、全てあるんですよね。
何が良くて何が悪いわけでなく、全部自分にとっての経験であり時間なのだと思います。
今この時も、子供がいても、いなくても、幸せな時間の大切さに気づける自分でいたいと思っております。

視野の広いコメントに感謝です!

私も友人の一人かな?

お久しぶり!
ブログを読みながら「真紀ちゃんの赤ちゃん、私も抱っこしたいわ。」って勝手に妄想しちゃいました。
ウチにもお世話好きの女子が2人いるから、いつでも会いに来てね!

Yuukiさん

Yuuki、久しぶり~!そしてコメントありがとう!

二人のプリンセスは勝手に私の姪っ子のような存在に感じています♪

20代前半でアメリカでの子育てを経験し家族でたくましく暮らしている姿を見て、友人の大きな成長に感動したのを覚えています。

これらも色々教えてくださいっ!

ぜひ双子で!
ブログ見させていただいてますよー

ダブルスパパさん

コメントありがとうございます~!
見てくださっているのですね^^; 恥ずかしいやら、恥ずかしいやらです。

ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。お元気にお過ごしのことと思います♪

双子の魅力を教えてくれた藍ちゃん・翠ちゃんにも会いたいな~



> ぜひ双子で!
> ブログ見させていただいてますよー

妊婦さんやベビーカーの赤ちゃんに目が行っちゃうという経験、私も今までに数回ありました(波があるようで、その後まったく目に入らなくなったりするのですが・・・)
そういう時って、「体重少し落としたいな」と思って、いつもよりエクササイズしたり小食にしても、体重が落ちないんです
きっと心と身体の両方で妊娠に向かってるんですね♪

usako926さん

コメントありがとうございます!

そういえば、25歳を過ぎた辺りから腰周りがしっかりしだしたんですよね。
女性は子宮で生きているって聞いたことがありますが、そういう時に実感しますよね。

貴重な経験をシェアーしてくださって、嬉しいです!!!

確かに意識するとおなかの大きな人も子供のいる人も結構たくさんいるような気がしますよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/371-044df2dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。