スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*レシピ* どら焼き 

  IMG_7859.jpg





先日、友人が洋風のどら焼きを持ってきてくれました。




どら焼きが大好きな夫は次の日の楽しみにしようと思っていたらしいのです。
ところが次の日にも食べず、その次の日には忘れられてしまい、
気づいた時には4日も経っていました。



冷蔵庫にも入れられないまま置かれたどら焼きは
すでに瀕死状態。。。



泣く泣く「土に返した」のですが、
食べられないとなると(それまで忘れていたくせに)食べたくなる!
ということで夫から「どら焼き」のリクエストがありました。



前々から作ってみたかったので、良いチャンス!
パンケーキの要領を元に、
水分を増やして、生地に甘みをつけて、しっとり感を出して・・・



なんとか出来上がりました~♪



最近気になりだした「膨張材をなるべく使わない」ことも考慮して
豆乳を泡立てたり、炭酸水を使ってみたり(結局このレシピにはないけど)、
ベーキングパウダーでなく重曹を使ったりなど、工夫してみました。



次は豆乳に長芋も入れてホイップしてみようかな~



膨張材を全く使わないことも選べますが、食感なども大切にしたい。
まだまだ工夫できるところもありますが、
これはこれで美味しかったので、レシピを紹介しますね~




どら焼き

【材料】約5個分(生地10枚)

 全粒薄力粉         130g
 重曹            小さじ1/2

 豆乳             175cc
 米飴             大さじ1
 てんさい糖         大さじ2
 なたねサラダ油      大さじ1
 塩              ひとつまみ
 
 あんこ            適量



【作り方】
 1、豆乳、米飴、てんさい糖、油、塩をボールに入れ
   ホイッパーか電動ホイッパーで泡立てるように混ぜ合わせる。

 2、粉類をザルやふるいに入れて1に少しずつ入れる。
   ゴムべらで混ぜ合わせながら滑らかな生地を作る。

 3、フライパンを十分に熱し、油を敷いてペーパーでふき取る。
   生地を流しいれ、大きめの弱火で両面を焼く。

 4、あんこを挟んで出来上がり♪


 *粗熱が取れてからラップに包んで上下の淵の部分くっつけるとどら焼きっぽい。





最後の「ラップに包んで・・・」のところは夫に教わりました。
グアテマラにいた子供時代にどら焼きを作った時、
見た目もホンモノ近づけたくてラップで包んだそうです。



グアテマラ生まれ育ちの夫に日本の伝統料理のことや
四字熟語、ことわざを教わることが多くて面白いです。





・・・・・・



今日は今から恵比寿KMAでクラスです。
昨日はBasic2、今日は通信教育のスクーリング、明日はアドバンス!
ご参加の方々、宜しくおねがいいたします。




そうそう、11日(土)は西邨マユミさんのトークイベントがあります。
詳細はこちら




15時~の回はまだ空いているようです。
私も1時間だけ聞きにいきますっ!





それでは今日も素敵な一日を~♪




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/389-521f1bc8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。