スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シカン展 

  IMG_4525.jpg

ペルー、パンアメリカンハイウェイにて






上野の国立科学博物館でシカン展が開催されています。





ペルーに実在したシカン文化は、日本人によって発見されたものなのです。
長年に渡ってペルーにある遺跡を発掘・調査し、
世界的にその功績を認められています!!!




写真左の方はシカン展を手がけたコーディネーターのYさん。
長年お付き合いをさせて頂いている私達夫婦の師匠ともいうべき人です。



シカンのこともYさんに教えてもらいました。
私達が昨年ペルーに行った時にはまだ発掘をしていました。
Yさんから、ペルーの文化・生活・政治・社会のことや、
ペルーから見た日本のことなど、たくさんのことを教えてもらっています。



2006年のナスカ展もこの方が仕掛けています。
写真家&ジャーナリスト&革命家&ヒッピー・・・
という肩書き(?)をもっていらっしゃいます。




今は働く子供たちを支援する活動もしていらっしゃいます。
(リンクにも張ってあります)
私もとても興味があり、昨年は日本で支援している集まりに参加させて頂きました。
このHPは働いている子供達の現実を知る上で大変貴重な情報源になっています。




2003年のペルー旅行で幸運なことにお会いする機会を頂いたのですが、
Yさんに出会うまでとそれからでは美術館や展覧会の見方が随分変わりました。
以前は「自分とはほど遠い珍しいものを眺めていた」ような気がします。




Yさんは、

 「出土品は自分と同じ地球に住んで、
 生活を営んできた感情のある人間が作り出したもの。

 そういう視点で見ると、なぜこれを作り、どのような材料が必要で、
 どうやって作ったのか、・・・など、広く考えをめぐらすことができる。」

とおっしゃっていたのを覚えています。




シカン展は
 「そこに住んでいた人々の社会と生活
というのもテーマになっているようです。



何を食べて、何を信じて、何を大切にして生きてきたんだろう?
私達の生活と比べてみるのも面白いかもしれませんね。




東京では10月12日まで開催しています。
水曜日(女性だけ)や金曜日は入場料がお得なプランもあるようです♪




夏休み前に行きたいな~





コメント

ぜひ、この機会にシカン展行ってみようと思いました。ご紹介ありがとうございます。こういうことを考えながら、拝見したいと思います。Yさん、とても素敵な方ですね~。写真もとっても素晴らしい一枚ですね。

komoKonさん

コメントありがとうございます!

シカン展に興味を持って頂いて嬉しいです♪
私たちの大先輩とも言うべき昔の人々はどんな生活をしていたのか、ぜひ観てきてください。

Yさん、あまりにも冷静でたまに鋭すぎますが、とっっっても大きく優しい方です。
いつかご紹介したいです。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/393-5e7cce36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。