スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クシマクロビオティックアカデミー 

  IMG_7933.jpg  IMG_7934.jpg

  IMG_7936.jpg  IMG_7939.jpg





昨日はAdvancedの第2回調理実習でした。




恵比寿のKMAでは4月にテキストが改正されて、メニューにも変化がありました。
体を癒してくれる基本のメニューはそのままに、
華やかなお料理が増えたり、残り物の応用が学べたり、
それから実用的になったところも嬉しい点です。




今回のメニューは

 おはぎ(かぼちゃあん、小豆あん、クルミ味噌あん)
 おからの煮物(春巻きのあんにもなっています)
 こんにゃくの味噌漬け
 春雨サラダ
 長芋と梅のおすまし
 ふろふき大根



おはぎはもち米をすり鉢でついて半分つぶしたくらいで丸めました。
かぼちゃあんは甘味料をつけなくても十分甘いな~と感じました。
小豆あんはそれぞれのグループで好きな味付けをしてもらい、
クルミ味噌あんはコクがある仕上がりです♪




アメリカのKIでもポピュラーなおやつのおはぎは
ボール状にコロコロ丸めたり、レイヤー状にしておはぎケーキのようにして出されていました。
写真右下はおはぎをガラスの器に盛り付けてみました。
ちょっとわかりにくいですが、横から見ると層が見えます。

 IMG_7940.jpg



一番下はかぼちゃの皮の部分のペースト、次にもち米、次は小豆、
上にかぼちゃあんを乗せて、クルミ味噌で文字を書いています。
(AdvancedなのでAD)




おからの煮物は汁気を煮切って春巻きの具になっています。
一人一本ですが、おからの繊維と皮のボリュームで食べ応えがあります。



春雨サラダは夏にピッタリの涼しげな一品。
体から熱をとってくれる春雨とお酢の効いたごまの和え衣が合ってましたね~
これを春巻きの具にしても美味しそう!



春巻きって汁気のないものだったら何でも巻けちゃうところが嬉しいですよね。
そしてメインになるボリュームもある!
私は味がついたごはんを具にしたりします。



おすましは梅の味が爽やかで、お出汁を取りつつ簡単にできるお料理でした。
夏にはお澄ましやポタージュを冷たくして飲むのもいいですね。



ふろふき大根は大根をコトコト30分煮ました。
ぼっとする味です。
シンプルなお料理は体の芯にしみこむような気がします。



こんにゃくの味噌漬けはペーストを塗って2日間寝かせたものです。
このまま食べても美味しいし、白和えの具にしても美味しいです~





おはぎの味付けを自分達で決めて、形を自由に作って、
春巻きを好きなように巻いて・・・などの作業にみなさんの個性が光っていました。
自由に作って楽しんでいらっしゃる姿をみていて、嬉しく感じたりもしました。






・・・・・・



マクロビオティックを知り始めた頃、
バランスをとって、自由に、自分に合うように・・・って言われても、
基本が何かもよくわかってない不安だし、
誰か教えて~!って思っていました。



正解があるものの方がどんなに楽だろう」と考えていたのですが、
今は自分で自分の正解をみつけていくことを楽しいと思えるようになりました。



KIで教えてもらった言葉
理論なき実践は危険、実践なき理論は無駄
というのがあります。



理論や基礎を学ぶことはとても大切です。
(その前に何を基本・軸にするかも大切ですね。)
それをなくして「自由に」と言われても、実は自由に動きにくい。
本も本棚があると一気に整理しやすくなるように、
私達も枠やガイドラインがあるだけでとてもスムーズに動けるんだと思います。



そしてそれを学んだら、学んだだけの行動をすることも大切。
背伸びをせずに、ゆっくりと、理論も食べ物も自分のお腹にストンと落ちたことを
丁寧に観察しながら実践していく。
疑問もたくさん出てくると思うし、分からないことも一杯あると思います。
そしてまた理論の肉付けをして、行動して、学んで、実践して・・・



そのうちに自分のライフスタイルが整ってきて、
知恵なども生まれてくるんだろうと思うのです。





日々実践、日々学習。
今の自分に100%の色をつけず、
いつまでも広い視野で学んでいきたいです。



ご参加の皆様、ありがとうございました!




コメント

児嶋先生
深いい話をありがとうございます。
習っただけでぼーっとしているのはお月謝を捨てるようなものですよね。

自分のお腹にストンと落ちたことを
丁寧に観察しながら実践していく。

先生のクラスでお話していただいてから「ストン」を大切にしています。

goldy2さん

コメントありがとうございます!

「学ぶ」ことは「まねぶ」という言葉から来ているそうです。
受け身でそのまま暗記&飲み込むのでなく、真似・同じようなことをしてみてそこから得るものが自分にとっての「学び」になるんだなと思います。

おなかにストンと落ちることって、食べ物でも考えでもなんとなく自分にとって「正しい」というか「芯をついている」ような気がするんですよね~。

goldy2さんの日々の観察は確実にご自身の大きな学びとなっていることでしょう!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/394-d3920569

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。