苦手科目 

 IMG_3747.jpg
 ウユニ塩湖、塩のホテルの前で








私は高校、短大と受験を経験しました。
受験勉強のことは詳しく覚えてないですが、
自分の苦手分野の勉強は辛かったな~面倒だったな~
という印象があります。





結果、志望校にいけたので満足していますが
落ちていたら相当なショックだったと思うし、
自分や先生やいろんなもののせいにして後悔していたと思います。






私の夫は、ある試験の為に毎日勉強しています。
合格・不合格というより、高得点を得ようとするものです。




試験科目は数学と英語。
英語は高校からアメリカンスクール、
その後アメリカの大学・就職ということもあり得意のようです。



数学はというと、あまりなじみがないみたい。
アメリカの数学教育は日本のそれよりも低いんですって。
中学までの数学は日本人学校で学んだものの、
受験を経験せずに高校・大学と進み、アート系の勉強をしたので
数学には縁がなかったようです。





そんな夫が必死で数学を勉強しています。





数学が得意な友達に教えてもらったり、家庭教師に依頼したり、
予備校に通ったり、様々な策を講じてきましたが
なかなか点数という結果に結びつかないのです。。。




「繰り返し・暗記」教育にて理由も考えずに数学を「覚えて」きたので、
そんな数学音痴の私が教えられるものは何もなく・・・




でも、夫の為に何かしてあげたい。
ない頭を絞って具体的に力になろうとするよりも、
私のできることをしよう!
夫も望んでいることで私にできることは・・・ 
 ・彼の話を聞くこと
 ・試験・受験に慣れていないので、精神的支えとなること






この二つに絞って支えてきました。
いや、支えてきたつもりでした。
そうやって足掛け2年が過ぎました。





夫が弱音をはいても「頑張って~!大丈夫だよ!」と言っては
励まして、元気付けて、ポジティブな雰囲気にしようとしていたのですが、
時間が経つにつれ、結果がでないにつれ、
彼に対する言葉が変わっていきました。




「基礎が出来たら応用問題を解かないと・・・」
「あのブログにこういう勉強方法が載っていた・・・」など
具体的な勉強方法を言ってみたり、ネットで調べたことを伝えてみたり、
それはまだ良い方だったのですが、
彼の姿勢に対して100%支持するようなことを言えなくなってきたのです。





友達との時間も断って勉強に取り組んでいる彼とって、
テストのことを話す相手は私が主になります。
その私が彼の言葉を受け取らずに流してしまって
しかも支持しない言葉を言うなんて・・・ひどい妻です。。。




彼が私の言葉に敏感になっているのを知って、
「彼の話を聞く」、「精神的な支えになる」という
彼が望んでいることから逸脱してることに気づきました。




と言うより、気づいていなかったわけではなく、
彼の不本意な結果が出るたびに、私は自分を責めていました。
どこか後ろめたいものがあったのにも関わらず、
自分の気持ちばかりを優先してまた同じことを繰り返していました。




この年齢になって自分の苦手な数学をやり直して、
何度も結果が出なくても立ち上がって、
楽しみもお預けで頑張っている姿は、
本当に心を打たれるものがあります。




それなのに、私は言いたいことを言って
夫を支えるどころか逆に夫に受け止めてもらっている・・・
そう、私は夫を影で支えるという苦手科目を克服しようともせずに
自分本位でした。




夫と言えども自分以外の人を思い通りに変えようなんて
一種のエゴだなと思いました。





悪く言うと、私は押し付けたり見返りを期待するような
自己犠牲をしていたんだな~と思います。

 夫の為に自宅教室もしばらくやらないようにしよう、
 夫の為に三度のごはんはきちんと作ろう、
 夫の為に、夫の為に、夫の為に・・・




ありがちな自分中心な考えと行動。
今思うと夫は何度も「僕だけの為になら無理してやらなくていい」って
言ってくれていたんです。
一生懸命に頑張っている夫の為に、一生懸命支えるという行動の
力を入れるところが少々間違っていたように思います。





人それぞれの夫婦・人間関係の形があるので正解というのはないのでしょうが、
私は私と彼との間において、自分がどう変われば良いかを考えてみました。




夫はいつも
「自分のやりたいことをやればいい、それはお互いが尊重しよう」
と言ってくれています。




夫は本当はやりたくないもない勉強を一生懸命やっています。
そして私のライフワークを尊重してくれます。




だったら私もこのチャンスに、
以前から「やった方がいいけど逃げてきたこと(一杯ある!)」
に取り組み、分野は違えど切磋琢磨し合うことで、
お互いが高めあっていけるんじゃないかなって思いました。




つまりは、自分が一生懸命になること
一生懸命な彼を精神的に支えることに通じるのかなって思うのです。




そしてもう一つ大切な、「尊重する」ということ。
夫を信じることだとも思います。
夫の意思を、努力を、行動を、成果を、最大限尊重することを
心に誓いたいと思いました。




お恥ずかしいくらいのダメ嫁ですが、
こうしてさらけ出して記録に残すことで成長できるかもとも思っています。
とにかく自分が変わることはすぐにできる!
自分の魂を磨き、いい「気」を我が家に取り入れていきたいと思っています。




想像以上に気づきや発見が多い新婚生活、
これからどうなることやら。
温かく見守ってください!





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りやえのさん

コメントありがとうございました!

りやえのさんのお言葉、かなり心に響きました。
何度もうなずきながら、りやえのさんの経験をシェアーしてくださったことに深く感謝いたしました。

相手の課題に自分が苦しむことは、自分にとっても相手にとってもあまり上手く作用しないんだなと分かってきました。
その時の行動・言動にもよりますが。

まさにりやえのさんがおっしゃる通り、
「知らないうちに相手の気持ちを先回りして代弁してしまって、
 相手が素直に感情を吐き出す権利を奪ってしまうこともあります。」
という状態になってしまいます。。。

こんな自分が嫌ですが、嫌な自分を変えることに力を注ぐよりも、
自分のことに打ち込もうと思います!

こうやって吹っ切れたのも、りやえのさんのコメントを頂いたからこそ。
本当にありがとうございました!!!

これを言うと「え~」と引かれる事が多々あるのですが・・・
「結婚しようが何をしようが、人は自分の幸せしか追求出来ない」と、私は思っています

真紀子さんが旦那様にやってあげてることは「旦那様のため」のではなく「そうする自分が幸せだから」
旦那様だって「やりたくない勉強をしている」のではなく、「勉強する事によって将来得られる幸せが欲しいから」

ブログに文章にするってすごく大変なパワーを使ったと思います
頑張った分、力を抜いて下さいね♪

大好きな真紀子さんへ

こんばんは!こちらのブログを読ませて頂いてから、4、5日ずっと考えておりました!真紀子さんのこと、本当にすっごく考えてしまいました。何回も保留にしては削除し・・・・。

そして結論、真紀子さんは旦那様想いだなって思います。そして、ダメ嫁なんて、絶対に絶対にそんなことないです!いつもいつも旦那様のことを考えて・・・支えになろうと努力し。でも今まで尽くしすぎてしまったんですね。自分を責めたり納得がいかないのは、自分自身の生き方に誤りがあったからなんですね・・・。気づき反省し前向きな姿勢が、本当に良い奥様だなって思います!だから、ご自分に自信を持ってくださいね。


今は色々な気づきの中で、自分のやりたいことに打ちこもうって決心されているので、がんばって欲しいと思います。


これからは旦那様のためだけでなく、ご自分のためにがんばって欲しいです。ご自分の幸せのために・・・。真紀子さんが幸せで充実していることが、旦那様の良い人生に繋がってゆくのではないかなと思います。(幸せも喜びも幸福も伝染してゆきますし。)


お互いに神様から与えられた課題は違いますが、マイナスのエネルギーをプラスに変え、努力や苦難を楽しめたら良いですね!(のん気に言っていられないこともたくさんありますが・・・。)今は、努力をいかに楽しむかが私の課題になっています。


まだ結婚もしていない私が最近思うことは、人生で一番大切なことは愛すること、二番目は感謝すること、3番目は許すことだと思っています。私たちは、気がつかないけれど、自分を許すことを学び、人に許され人を許すことを学んでいる気がします。(悩みや苦しみの解決策は、自分も人も許すことが第一歩だと思うようになりました。)


経験の足りない私の言葉なので・・・真紀子さんに助言出来る立場ではありませんし・・・、間違ったことを言っていたらごめんなさい。聞き流してください。でも私なりに真紀子さんを理解し少しでもお力になりたいと思いました。


お互いに与えられた人生を大切に豊かなものにしていきましょうね。


真紀子さんのファンとして、どんな真紀子さんでも大好きですし、影ながらいつもいつも応援しています☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・

『自分の魂を磨き、いい「気」を我が家に取り入れていきたいと思っています。』・・・本当に本当に大切なことですね。最近、本当にそう思うようになりました。私も人にいい気を与えられるように、魂を磨いていこと思います!!

余談ですが、最近の私は、独りでいることも楽しんでいます♪そして自分の好きなことをして、楽しく過ごしています♪

usako926さん

コメントありがとうございます!

勝手な解釈かとは思いますが、usako926さんのお言葉は私の記事の行間をうめてくださった気がします。

このコメントを書くのに勇気がいったかもしれません。
貴重なコメントに大変感謝しております!!!

私もいつも思っているのは、根本にあるのは「自分・私・I」であり、私がどう思うか、私が何をするか、私が何を得るか・・・全てはそれが中心になっているんだと思っています。

今回の出来事は私が大きな学びを得た通過点となりました。

未熟さ故、頭での理解がどっかに行ってしまって曲がった方向に突っ走ることもありそうで、これからの道のりにも数々のつまづきがありそうです。

それを怖がらずに、難しく考えずに、自分を確立していきたいです。

勇気あるコメントに感謝しております!!!

ないしょ!さん

壮大なコメントをありがとうございます!!!

こうしてPC上に残る言葉って、緊張しますよね。
不意に誰かを傷つけてしまったり、勘違いされてしまったり。

私も何年かブログを書いていて、以前の記事を読むととっても恥ずかしいこととか、今は全く違う意見になっていたりということも多々あります。
その時その状況っていうのは二度と起こらないことです。
今はそう思わなくても、その時書いたことはある意味その時の正解なんだと思います。

前置きが長くなりましたが・・・

有難いお言葉、本当に嬉しく思います!!!
ないしょ!さんのお人柄が全てのお言葉に表れている気がします。

ハッとさせられた3つのこと
「愛すること、感謝すること、許すこと」
日常の中で上手に表現できたら良いなと改めて思いました。

私は自分の弱いところも得意なところも、現実をこうしてさらけ出すことが自分へのムチになっています。
(Mみたい~)

人によって磨かれて得るものは大きいです。
こちらへのコメントは、有難く受け止めて自分の気づきにさせて頂いております。

いつも周りの人に愛されて、いつも「感謝」を表現しているないしょ!さん、本当にありがとうございます!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/401-c6de4bf4