スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいメールに学んだこと 






昨日、アメリカのクシインスティテュートで長年講師をされていた
坂口直樹先生がわが家に来てくださいました。





直樹さんはKI(クシインスティテュート)を退職され、
現在は日本に拠点を移して活躍されています。




マクロの理論や哲学を学ぶにあたり、
直樹さんから鋭く、興味深いヒントや気付きをたくさん得ました。





そんな直樹さんと会うのは1年ぶり。




お互いの近況、お互いの夢、最近読んだ本、最近学んだこと、
・・・笑い声に包まれた楽しく有意義な時間でした。




今日、直樹さんからメールを頂きました。
とても嬉しくもあったのですが、良い緊張感を得ました。




 「・・・お昼もおいしかったのですが、
  以前一度だけ体験したことのあることを経験しました。



  ベケットの KI で、マドンナにクックをしたことのある
  ブレンダンという子が作る料理は、
  味よりもその次の日の精神の安定度に影響したのです。



  その時はとても驚いたのですが、昨日もそんな感じでした。
  作る人のエネルギーが如何に安定しているかということです。
  久々にあの感じを思い出させてくれて、ありがとう。・・・」





メールを読んで無条件に舞い上がっていたのですが、
「こんなにも自分の作った料理が食べた人に影響しているんだ」
と、改めて感じ一気に緊張した瞬間でもありました。





作り手は食べる人の元気も作れるし、
嫌な気持ちにさせることもできるんですよね。
味付けや見た目のキレイさだけでなく、
食べる人が受け取る影響はもっと幅広いんだなと思います。




食べてすぐの感想はよく聞きますが、
次の日の感想を聞いてみるのも勉強になりますね。




舌だけの為の料理でなく、
内臓、血液、思考、心、行動・・・などの一部になる料理でもありますので
時間が経って影響が出るものにどんな変化があるのか、
料理をした自分以外の意見にはいい気付きがあるかもしれません。





少し前から体をクリアーにしていくことに注目しているのですが、
+するよりも-することで複雑になっている体を解きほぐして
柔軟に、単純にしていこうと心がけています。




今までの知識と経験から食べ物、食べ方、エクササイズ、呼吸など
色々試してみて、体がすっきりしたのを感じていました。




体が軽くて気持ちが良いと、元々大好きな料理がさらに楽しくなります。
そのエネルギーが直樹さんに伝わったのかな?
気を負わずに特に念を入れずに料理したのが良かったのかしら?




エネルギーとか、目に見えにくいものって説明が難しいんですよね。
文章で書かれた説明を読んでも印象に残らないもの。
説明する時は自分で経験したことを実際に話すようにしています。





誰かが部屋に入った瞬間に雰囲気がガラっと変わったとか、
人ごみの中でいると何もしてなくてもぐったり疲れるとか・・・




私もまだよく分からないところがいっぱいですが、
経験したことや感じたことを元に理解していこうと思っています。





作ったものは、

 IMG_8660.jpg

・豆腐と長芋のキッシュ(土台は春巻きの皮を使って)
・混ぜごはん(小豆ごはん、大根の葉のしょうゆ漬け、黒胡麻)
・柿と大根のプレスサラダ(塩で)
・ひじきレンコン
・ゆで野菜(半生なゆで加減)
・人参のぬか漬け
・いかの塩辛(主人の力作)
・かぼちゃと豆腐チーズのサラダ(かぼちゃ、味噌漬け豆腐、マスタードなど)





食べ物全体が美味しく感じられるこのごろ。
冬に向かって体に蓄えようとしているのでしょう、
過剰な冬支度をしそうでリバウンドに注意しなきゃ~^^;




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なみさん

コメントありがとう~!!!

そろそろ秋冬のパーティしましょう♪
食べたいお料理作るから言ってね^^

春巻きの皮はいろいろ使えるからうちでは大活躍よ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/440-0b69937d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。